モーリン・コックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モーリン・コックス
生年月日 1946年8月4日
没年月日 1994年12月30日(満48歳没)
出生地 イングランドの旗 イングランドリヴァプール
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国シアトル
国籍 イングランドの旗 イングランド

モーリン・コックス Maureen Cox Starkey Tigrett, (1946年8月4日 - 1994年12月30日)は、ビートルズのドラマー、リンゴ・スターの最初の妻。彼らは1965年に結婚し、1975年に離婚した。2人の間には、ザック、ジェイソン、リーの3人の子供がいる。1994年12月30日白血病による合併症で死去(48歳)。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

イギリスリヴァプールにて、船員だった父、ジョセフ・コックス (Joseph Cox) と母、フローレンス・バレット (Florence Barrett) の一人娘として生まれた。出生時の名前は「メアリー・コックス」 (Mary Cox) であったが、16歳の時に学校を中退し、美容師見習いに転向した。その際に名前をモーリンに変えている。親しい友人の間では、彼女の愛称モー (Mo) と呼ばれていた。

モーリンがキャバーン・クラブの常連だった頃、しばしばビートルズが演奏を行った。彼女は、ビートルズの新しいドラマー、リンゴに熱を上げ、サインを得たが、モーリンがリンゴの注意を引くまで3週間かかった。その後は休みの間も一緒に過ごす仲となった。

ビートルズのメンバーの注意を引こうと争う多くのファンとの間でしばしば凶暴な争いが起こり、モーリンとリンゴがデートをしているのを知った多くのファンたちに脅かされる事となった。1963年2月14日、ビートルズがその夜演奏したロカルノの会場の外に止めてあったリンゴの車の脇で待っていたモーリンの顔をファンに引っかかれると言う事態が発生した。

1963年9月に、モーリンの両親の許可を得て、リンゴとポール・マッカートニー、ポールのガールフレンドジェーン・アッシャーと共に、ギリシャで休暇をすごしたが、これ以降はビートルズがさらに有名になりプライバシーがほとんど無くなる前の、最後の平和なひと時となった。

1965年1月に、リンゴはロンドンのAd Libクラブで、モーリンに結婚を申し込んだ。

リンゴとの結婚[編集]

18歳になったモーリンは、1965年2月11日にリンゴと結婚した。彼らの最初の子供ザック・スターキーは、1965年9月13日に誕生した。その後もう2人の子供たち(1967年8月19日のジェイソンと1970年11月11日のリー)が誕生した。この間、モーリンはリンゴにとって大きな人生の一部であり、二人は常に共にあった。モーリンは、『ホワイト・アルバム』に収録されている「ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル」でオノ・ヨーコと共にサイドボーカルを担当し、また1969年に映画『レット・イット・ビー』でのアップル屋上コンサート最後の「ゲット・バック」演奏終了後のシーンで喝采を送り、ポールが「ありがとう、Mo」と言っているのを聞く事ができる。

ビートルズがアップル・レコードとして出したカタログの最初の曲は、フランク・シナトラが個人的にリンゴのファンとして、1968年のモーリンの22歳の誕生日にプレゼントした、極めてプライベートな物だった。

フランク・シナトラは、シナトラの大ファンだったモーリンのために、サミー・カーンローレンツ・ハートの歌詞を特にモーリン個人向けに書き直した「The Lady Is a Tramp」をロサンゼルスで録音した。そのマスターテープは消去されたが数点のコピーは残された。

リンゴは、1968年8月4日にこのユニークなシングルを発表してモーリンを驚かせた。ビートルズ/シナトラの共作と言う記念すべきこの作品は、現存する数少ないレコード及びコピー版の中でも特にコレクター間では貴重な物として扱われている。音質の悪い海賊版がコレクター間で出回り始め、現在でもいくつかの海賊版のアルバムで聞く事ができる。カーンが手を加えた歌詞をシナトラが熱唱する間、カーンはピアノを演奏した。それはわずか2人だけのパフォーマンスだった。

フィラデルフィアのラジオ局 WMGK のアンドレ・ガードナーが2005年に元ビートルズマネージャ、ピーター・ブラウンに行ったインタビューの際、ブラウンは、シナトラのレコーディングを成功させる事に於ける彼自身の役割を広範囲に解説した。

パティ・ボイドの自伝「Wonderful Tonight」で言及されている、モーリン自身の不倫問題の様な二人が直面した結婚問題の全てにもかかわらず、モーリンは決して離婚を望んではいなかった。しかしリンゴは離婚を希望し、結局モーリンは離婚を承諾した。1975年7月17日、離婚は、リンゴとアメリカ人モデルのナンシー・リー・アンドリュースとの問題を理由に決定付けられた。

離婚後[編集]

モーリンは自分自身と子供たちのために徐々に新しい生活を作り始めた。しかし、スターキー一家はそのまま家族として残った。ある友人は「モーリンは、決してリンゴの心から離れる事はなかった。リンゴはただ、モーリンと恋に落ちたその相手を忘れるだけだった」とコメントしている。1978年の彼らの離婚の3回目の記念日に、彼らの子供たちと一緒のリンゴとモーリンは、共にパーティーに出席した。モーリンは、モナコで1989年5月27日ハードロックカフェのオーナーアイザック・ティグレットと結婚し、1987年1月4日テキサス州ダラスにて一人娘オーガスタ・キング・ティグレットが誕生した。

死去[編集]

モーリン・ティグレットは、ワシントン州シアトルにあるフレッドハッチンソン癌研究センター1994年12月30日に白血病の治療中、合併症で死亡した。[1]モーリンは、息子ザックから骨髄移植を受けた。彼女の臨終に際し、彼女の4人の子供たち、母フローレンス、夫アイザックと先夫リンゴ全員がベッド脇に集まった。リンゴは彼女の死に直面し、ただ呆然とするばかりだった。友人が代わりに報道機関に次のようにコメントしている。「モーリンはリンゴの心の大部分を占めていたほとんどの物を持ち去ってしまった。彼は、モーリンだけが彼の心の中を長年に渡って占め続けた、とても多くの物を失ってしまった。」

ポールはモーリンのために彼の1997年のアルバム「フレイミング・パイ」の中で、「リトル・ウィロー」を彼女の子供たちにささげている。

引用[編集]

外部リンク[編集]