カラフル (2010年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カラフル
Colorful
監督 原恵一
脚本 丸尾みほ
原作 森絵都
製作 瀬田裕幸
河口佳高
杉山豊
岩上敦宏
佐野弘明
山内章弘
出演者 冨澤風斗
宮崎あおい
南明奈
まいける
入江甚儀
中尾明慶
麻生久美子
高橋克実
音楽 大谷幸
主題歌 miwa僕が僕であるために
撮影 箭内光一
編集 小島俊彦
製作会社 サンライズ
配給 日本の旗 東宝
公開 日本の旗 2010年8月21日
上映時間 126分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 未発表
テンプレートを表示

カラフル』(Colorful)は、森絵都の小説『カラフル』を原作とするサンライズ制作のアニメ映画で、2010年8月21日より全国東宝系で公開された。

概要[編集]

2000年に実写映画化もされた、森絵都の小説『カラフル』が原作である。監督は原恵一、制作はサンライズによる。『カラフル』のアニメ映画化の企画は、サンライズの内田健二社長から原に提案されたもので、原がサンライズと仕事をするのは本作が初めてだった[1]。また、主役を演じた冨澤風斗は原の監督作『河童のクゥと夏休み』のクゥ役に続いての起用であった。

キャッチコピーは「あなたは一度死にました」「ただいま、サヨナラした世界。」「もう一度、人生やり直してみませんか?」。

2010年6月17日からフジテレビのみで、5日間連続のミニ特番『豪華キャストが彩る世界』が放送された。同年8月17日以降、関西テレビ他(一部地域は遅れネット)で、メイキング特番『かつて中学生だったあなたへ』が放送されている。

ストーリー[編集]

「僕」は一度死んだはずだが、天使に「抽選にあたりました!」と言われ、生まれ変わり「小林真」という中学生としてもう一度人生をやり直すチャンスを与えられる。そして、小林真として生活が始まるのだが、さまざまな困難が立ちはだかった。

登場人物[編集]

小林真 / 〈ぼく〉
声 - 冨澤風斗
本作の主人公。前世で罪を犯していた魂で人生を再挑戦する機会を与えられ、自殺して死んでしまったばかりの中学3年生の小林真の体に入り込む。自殺する前の真は美術部に所属しており絵は好きなものの、勉強もスポーツも苦手で人一倍コンプレックスが強かった。
佐野唱子
声 - 宮﨑あおい
真のクラスメイトの少女。昔の真に思いを寄せており、真の様子が変わったことに気づく。
桑原ひろか
声 - 南明奈
真が憧れる少女で中学2年生。援助交際をしている噂がある。
プラプラ
声 - まいける
少年の姿をした人生再チャレンジのガイドを務める天使。
早乙女
声 - 入江甚儀
真のクラスメイト。
沢田先生
声 - 藤原啓治
真の担任教師。
校長先生
声 - 納谷六朗
真の通う中学校の校長。
小林満
声 - 中尾明慶
高校3年生の真の兄。成績が良い反面、皮肉屋で兄弟仲はあまりよくない。
真の母
声 - 麻生久美子
真の母親。フラメンコ教室教師と不倫をしていた。
真の父
声 - 高橋克実
真の父親。普通のサラリーマンで家庭での存在感は薄い。
まお
声 - 林愛夏
駄菓子屋の子供
声 - 矢島晶子真柴摩利
医師
声 - 田中秀幸
看護師
声 - 新千恵子
「ごめんそうろう」の店員
声 - 渋谷茂
クラスメイト
声 - 安達直人、今泉玲奈、上村祐翔内田千晶鵜澤正太郎小幡真裕小越勇輝、河口舞華、海鋒拓也、今野優月、田中雄士、高宗歩未千葉翔也黒葛原未有、三宅史、日高里菜宮里駿、森彩音、横川貴大、吉田伊吹

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

イメージソング「僕が僕であるために
作詞・作曲 - 尾崎豊 / 編曲 - Akihisa Matzura / 歌 - miwa
エンディングテーマ「青空
作詞・作曲 - 真島昌利 / 編曲 - Akihisa Matzura / 歌 - miwa

このほか合唱曲「COSMOS」、アンジェラ・アキの「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」と、はしだのりひこの「風」が劇伴音楽として使用されている(「風」はメロディーのみ)。

作品の舞台[編集]

東京都世田谷区等々力二子玉川付近が舞台とされており、等々力駅二子玉川駅高島屋玉川店などが実名で登場している。公開前の2010年7月には「地元」の東京都市大学附属等々力中学校で在校生を対象とした試写会が開かれ、原監督やメインキャストが挨拶をおこなった[2]。この中で原は「自転車で来られるぐらいの距離に住んでまして、身近な場所で作ってしまおうと思ったんです。取材も簡単だから」と舞台に選んだ理由を話している。なお、二子玉川駅前や周辺の高層マンションは再開発や建設が進められていた当時(主に2008年から2009年頃)の情景がそのまま使われており、公開時点ではすでに変わってしまっていた箇所も存在する。

本作では小林真が自殺したのは「10月11日」で、作中でも秋から冬にかけての風景が描かれている[3]。作中には11月1日が土曜日となっている11月のカレンダーが描かれる場面がある[4]

受賞歴[編集]

ソフト化[編集]

2011年4月20日に発売。Blu-rayとDVDでのリリース。発売元はアニプレックス、販売元はソニー・ミュージックディストリビューション

  • カラフル 完全生産限定版(本編Blu-ray+本編DVD+特典DVDの3枚組)
    • ディスク1:本編Blu-ray
      • 映像特典
        • 特報・劇場予告編集
      • 音声特典
        • オーディオコメンタリー(監督:原恵一×麻生久美子×アニメ評論家:藤津亮太
    • ディスク2:本編DVD
      • 映像特典:本編Blu-rayと同様
    • ディスク3:特典DVD
      • 作品を彩る魅力の三原色
      • 〜かつて中学生だったあなたへ〜
      • 豪華キャストが彩る世界 アニメ映画「カラフル」
      • 完成披露イベント スペシャルムービー
      • 中高生試写会
      • 初日舞台挨拶
      • 設定ギャラリー集(美術設定 / 美術ボード)
      • TVスポット集
    • 封入特典
      • ブックレット(40P)
      • 「真の絵」レプリカイラストカード
      • フィルムブックマーク(5コマ)
    • 特製クリアーアウターケース付き描き下ろしデジパック3枚組仕様
  • カラフル Blu-ray通常版(1枚組)
  • カラフル DVD通常版(1枚組)

出典[編集]

  1. ^ 原恵一監督 劇場新作はサンライズと 「カラフル」2010年公開目指す”. アニメ!アニメ! (2009年3月20日). 2010年7月15日閲覧。
  2. ^ 東宝映画トピックス
  3. ^ 原作では自殺のきっかけになった出来事が起きたのは9月10日。
  4. ^ 2010年からみて、この曜日と日付の組み合わせで最も近い年は2008年であるが、作中では年代についての具体的な言及はない。

外部リンク[編集]