∀ガンダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
∀ガンダム
ジャンル ロボットアニメ
アニメ
原作 矢立肇富野由悠季
総監督 富野由悠季
キャラクターデザイン 安田朗(原案)
菱沼義仁(設定)
メカニックデザイン 大河原邦男、シド・ミード
重田敦司、沙倉拓実
音楽 菅野よう子
アニメーション制作 サンライズ
製作 フジテレビ、サンライズ
放送局 フジテレビ
放送期間 1999年4月9日 - 2000年4月14日
話数 全50話
映画:劇場版∀ガンダムI 地球光
監督 富野由悠季
制作 サンライズ
封切日 2002年2月9日
上映時間 128分
映画:劇場版∀ガンダムII 月光蝶
監督 富野由悠季
制作 サンライズ
封切日 2002年2月10日
上映時間 128分
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

∀ガンダム』(ターンエーガンダム、Turn A Gundam)は、サンライズ製作のテレビアニメで、「ガンダムシリーズ」の一作。1999年(平成11年)4月9日から2000年(平成12年)4月14日までフジテレビ系列(一部を除く)で全50話が放送された。略称は「ターンエー)」。2002年に、アニメーション映画として『地球光』『月光蝶』の2本が劇場公開された。2007年にはDVDメモリアルボックスI、IIが発売された。

概要[編集]

総監督にガンダムの生みの親である富野由悠季が就き、メカニックデザインに映画『ブレードランナー』『スタートレック』のシド・ミード、キャラクター原案にゲーム『ストリートファイター』などを手がけたカプコン(当時)の安田朗が参加した。音楽は富野の前作『ブレンパワード』から引き続いて菅野よう子が担当した。

ミードの∀ガンダムのデザインは機械の合理性を強調したもので、従来のガンダムタイプとは大きく異なる外観を持つ。これは、放映当時から比較的不評であり、富野は書籍のインタビューなどで「僕がガンダムのメカ・ファンだったら『∀』は承認しない。そんなことはわかっている」「(当時)あれ以上のものを手に入れる事ができなかった」などと発言している。劇中でも∀ガンダムは「不細工だ」と言われるシーンがある。

ガンダムシリーズで唯一、外国人デザイナーがメカニックデザインを務め、2013年放送の『ガンダムビルドファイターズ』まで唯一、女性の声優が男性の主人公を演じた作品である。また、ガンダムシリーズとしては珍しく、OP中にタイトルコールが流されている。

作品[編集]

機動戦士ガンダム』誕生20周年記念作品として製作されたTVアニメシリーズであり、『機動戦士Vガンダム』以来5年ぶりにガンダムシリーズの生みの親である富野由悠季が総監督を務めた。サンライズ作品がフジテレビ系列で放送されるのは旧創映社時代に制作された「ラ・セーヌの星」以来24年ぶりだった。

」という記号は、集合論論理学で用いられる全称記号であり、「全ての〜」を意味する。「A(最初)に戻る」という意味からターンエーと読むこととした。つまり『∀ガンダム』には、『機動戦士ガンダム』を始めとした「宇宙世紀シリーズ」の歴史だけでなく、それぞれ独立した世界観を持つ「未来世紀」や「アフターコロニー」、「アフターウォー」、といった富野が制作に携わっていない作品群の歴史全てを総括したいという思いが込められている。それゆえ、「地球に住む人類と、宇宙に進出したコロニーや月に住む人類との幾多にも及ぶ戦争は、どういう結末を迎えたのか?」といった部分も作中で語られ、見方によっては本作品以前に作成されたガンダム作品が最終的に行き着く完結編と言えなくもない作品内容となっている。

富野は自分の意志とは無関係に継続・展開していく『ガンダムシリーズ』にあまり好ましい印象を持っておらず、そのために「機動戦士」という冠詞は「宇宙世紀シリーズ」以外には使用を許可していなかった。だが本作品以後は「宇宙世紀シリーズ」でなくとも「機動戦士」という冠詞の使用を許可するようになっている[要出典]

企画の時点でのタイトルは、『リング・オブ・ガンダム』であった。これは富野の、「『リング・オブ・イデオン』は無理だから、『リング・オブ・ガンダム』という名称でイデオンみたいな輪廻の物語をやりたい」という趣旨による[1]。『リング・オブ・ガンダム』というタイトルは後に30周年記念ショートフィルムとして公開された作品に用いられた。

それまでのガンダム作品とは異なり、悲惨な戦場の描写は少なく、政治的な駆け引きのシーンが多い。また19世紀ヨーロッパ文明(産業技術は20世紀初頭のアメリカ合衆国)をモデルにした舞台を設定しており、牧歌的で穏やかな情景描写が多い。また、物語には『竹取物語』『とりかへばや物語』『猿の惑星(第1作目)』をベースにしている部分がある。これについて富野は「SFでありがちな『恣意的につくっていく社会構造』をルーズにすることができて、作品的に成功している」「人の動きが狭いところには落ちていなくて、いつもゆったりと風が吹いているようなところがある」と語る。

月の女王ディアナ・ソレルが物語において重要な位置を占めている。他にも個性的な女性キャラクターが多数登場し、音楽は菅野よう子が担当するなど、「ガンダムシリーズではとくに女性的な作品」と言われることがある[2]

メカデザインを担当したシド・ミードは世界的に高く評価されているデザイナーであるが、日本のアニメロボットをデザインした経験は乏しく、自分の描いたカイゼル髭のガンダムが日本で受け入れられるかどうか悩んでいた。そこで友人のデザイナーの村上克司に相談した。村上は「大丈夫、まったく問題ない。俺にもこういうのがある」と自分の作品集をミードに送った。そこには頬から巨大なトゲをはやした『ゴッドシグマ』が載っていた。これに勇気づけられてミードは主役メカ、∀ガンダムのデザインを決定した[3]

∀ガンダムのデザインを見たバンダイ川口克己ははじめ違和感を覚えたものの、「Gガンの経験」(『機動武闘伝Gガンダム』はホビーショーで「ガンダムじゃない」と激しく批判されたが、夏頃には称賛されるようになった)から「ありかな」と考えた。さらに『新世紀エヴァンゲリオン』のヒット以来、バンダイ側はアニメ制作に干渉しなくなっており、∀ガンダムのデザインはバンダイ側からは特に反対されなかった(川口によるとこれは『ブレンパワード』や『ガサラキ』も同様だったという)[4]

放送当時、プラモデルはあまり売れず、バンダイの関連商品売り上げは176億円と商業的人気は大きなものとはならなかった。これについて富野総監督ら製作スタッフたちは、「普通の人(=いわゆるオタクではない人)を相手にしているから」と語っている。ガンダムファンの間では、キャラクターデザインやメカニックデザインの特徴、なにより今までのシリーズとは一線を画した内容から好き嫌いの反応がはっきり分かれている。[5]

自分の作品を褒めることの少ない富野ではあるが、本作品は褒めることが多い。なお、「月刊ニュータイプ」誌上で富野は、2005年に公開された劇場版『機動戦士Ζガンダム』と同じく、20年後に新訳の『∀ガンダム』を創りたいと述べた。そして、朴璐美(ロラン)と高橋理恵子(キエル/ディアナ)も、その時には同じ役で出たいとコメントしていた。

ガンダムシリーズ最後の非デジタル製作によるVTR映像のTVシリーズでもある。また、同シリーズで初めてDVD版が発売された作品でもあり、シリーズ最後のLD作品でもある。

ストーリー[編集]

『月の民』(ムーンレィス)のロラン・セアックは、地球先行潜入員に選ばれ、フランキースとともに地球に降下する。ハイム鉱山を目指す道すがらロランはうっかり川で溺れ、「成人式」の禊ぎのため川に居たハイム姉妹に助けられる。姉妹の姉・キエル・ハイムは月の女王ディアナに瓜二つであった。キエルの計らいでハイム鉱山に職を得たロランは、その後同家の運転手となる。フランとキースも、それぞれ新聞印刷所とパン屋の従業員としてノックスに暮らしはじめる。姉妹の妹・ソシエはどこか普通とは異なるロランに興味を抱き、なにかにつけ詮索する。そのころ、イングレッサ領主・グエン・ラインフォードはムーンレィスによるアメリア大陸への入植要請に対応していた。彼らに脅威を感じたグエンは市民軍「ミリシャ」を増強し、飛行機などの兵器の生産を急がせていた。

ロランがヴィシニティで暮らし始めて2年が経った夏至の日の夜のこと。ロランはソシエと共に「成人式」の祭りに参加していた。自分もヴィシニティの住人として認められたことに驚喜するロラン。一方、キエルはグエンの主催するノックスでの晩餐会に出席していた。そんなとき、突如として月の女王の軍・ディアナ・カウンターがノックスを襲撃する。先遣隊のポゥ・エイジはミリシャの戦闘機との交戦で禁じられていた大型ビームを放ち、街を破壊する。「ホワイトドール」の神像で儀式を行っていたロランとソシエはそれに反応して突如動き出した「ホワイトドール」(∀ガンダム)に偶然乗り込み、ビームライフルで応戦する。それはディアナカウンターとミリシャ双方に衝撃をもたらした。

グエンは地球にまだまだMSが埋まっていると考え、技術者のシド・ムンザに発掘を命じる。自宅に戻ったロランとソシエは、ディランが亡くなったことを知らされる。ショックから寝込むソシエだったが、親友のメシェーに焚きつけられ、ミリシャに入隊。キエルも父の死の知らせでおかしくなってしまった母親に心を痛めていた。

平和を願い、地球に帰化したいと考えていたロランたちは、ムーンレィスと地球人との間に戦争が起きることを恐れていた。技術的に大きく劣る地球側は、∀のパイロットとしてロランに期待を高めることとなる。

そうした混沌とした情勢の中、月の女王・ディアナ・ソレルが地球に降臨する。ロランはディアナ・カウンターの親衛隊長ハリー・オードと共にディアナを迎える。威厳に満ちたディアナは相互に理解を深めるためパーティの開催を宣言。グエンの悪趣味な計らいでMSホワイトドールの貴婦人パイロット・ローラ・ローラに仕立て上げられたロランはディアナと謁見する。ロランはディアナの考えを知り、共に平和への道を模索することを決意する。

一方、ディアナはキエルと出会い、互いに瓜二つであることに驚く。そして、戯れに二人は入れ替わり、キエルとなったディアナは地球に暮らす人々の実情を知り、ディアナとなったキエルはディアナの置かれた危うい立場を知る。イングレッサが占領され、緊張が深まることで入れ替わりを戻す機会を失ったまま二人はそれぞれの立場で行動。ディアナの真意を知るキエルは側近の求めに応じず、予定されていた「建国宣言」をとりやめ双方の和解を演説で訴えかける。

相互に戦力を増強するミリシャとディアナカウンター。ソシエとメシェーはシドの発掘したMSカプルの専属パイロットとなる。ムーンレィスにもミリシャに協力するホレスやキースのような者も現れる。また、ミリシャには隣領ボルジャーノも参戦。彼らはかつてザクと呼ばれていたMSをボルジャーノンとして部隊運用していた。その隊長・ギャバンは女だてらにMSを乗りこなすソシエに惚れ込み求婚する。

一方、ディアナカウンターには補充兵としてディアナにより禁固刑に処されていたコレン・ナンダーが加わる。コレンはロランの駆る「ホワイトドール」をガンダムと呼び執拗につけ狙う。コレンとの戦いの最中にキエルだと思っていた人物がディアナ本人であることを知ったロランは苦悩し、激しく自分を責める。また、ムーンレィスの地球先行潜入員の末裔であるレット隊がディアナカウンターに合流する。地上での戦いを熟知した彼らが参戦したことにより、ロランたちは更に苦しい戦いを余儀なくされる。

やがてディアナカウンター内部に潜り込んだ反ディアナを掲げるアグリッパ派が暗躍を始める。月の執政官・アグリッパ・メンテナーはディアナが不在のうちに月の支配権を掌握。工作員のテテスミドガルドを差し向けて、ディアナの命を狙う。キエルとディアナが入れ替わった事実を後に知ったハリーは暗殺の危機に直面するキエルを守るうち、互いに恋心を抱くようになる。

新兵器を求めてマウンテンサイクルの発掘を続ける双方は禁断の兵器である「核ミサイル」を発掘してしまう。その危険性を知るゼノアは双方に注意を呼びかけるが聞き入れられず、戦闘の最中に核爆発に巻き込まれたギャバンは戦死。「真夜中の夜明け」にロランたちは戦慄する。ゼノアは残る核ミサイルをその危険性を十分に理解するロランに託した。

ミドガルドに拉致されたキエルはディアナとして月に連行される。その行方を追うため宇宙に飛び立ったロランたちはレット隊を味方に引き入れ、その行く手を阻む月の武人・ギム・ギンガナムと対決する。封印された「闘争本能」に目覚めたギンガナムは月のマウンテンサイクルでターンXを発掘。暴走して好戦的になるギンガナムに穏健主義者のアグリッパも手を焼くようになる。月に降り立ったロランたちはアグリッパの管理する「冬の宮殿」にて黒歴史の真実を目の当たりにし、∀が月光蝶により地球文明を滅ぼしたことを知る。アグリッパを言葉巧みに籠絡して器量を見せたリリ・ボルジャーノは和平を願うディアナへの協力を約束。ディアナカウンターと各領ミリシャの全面衝突は避けられたかに思えたが、グエンは野心に取り憑かれ、密かにギンガナムと手を握り、地球の支配権を握ろうと画策。ロランをも抱き込もうとするグエンだったがロランはグエンと袂を分かつ。

再び地球に舞台を移し、ディアナが不在となったディアナカウンターはギンガナム部隊とイングレッサ・ミリシャの強襲により大混乱に陥る。ロランはリリの働きかけで同盟を結成した各領ミリシャと共に彼らと対決。またディアナが戻ったことでディアナカウンターも体勢を立て直す。だが、ギンガナムの駆るターンXの猛威に苦戦を強いられる。ロランは「戦いを止める戦いのための戦い」に身を投じ、ギンガナムとの一騎打ちに臨む。

ロランがギンガナムに勝利したことで戦いは終結。∀とターンXは激しい戦いの後に自らが作り出した繭の中に埋もれた。ディアナカウンターとミリシャとの間に和平が結ばれ、地球への帰還を望む人々が帰化する一方でディアナは隠棲を決意する。

出会いの春が過ぎ、戦いの夏が終わり、和平の秋も去り、別れの冬が来た。降りしきる雪の中、人々はそれぞれの道を歩みだす。キエルは新たな「ディアナ・ソレル」としてハリーと共に月に戻ることになり、夢破れたグエンは海の彼方へと去る。そしてロランは涙ながらに止めるソシエを振り切り、ディアナとの穏やかな生活を選ぶのだった。

登場人物[編集]

登場兵器[編集]

登場勢力[編集]

登場用語[編集]

マウンテン・サイクル
ナノマシンによって形成された特殊な土壌におおわれた山。その土壌のおかげで、黒歴史時代のさまざまな機器が経年変化から守られていた。研究者のシド・ムンザはこれを「生きている遺跡」と呼んだ。鉱山師によりいくつか謎の遺物が発掘されていたが、ホワイトドール起動により、高度な兵器が埋まっていることがわかり、各地で発掘がさかんになる。
最初に発見されたマウンテン・サイクルはビシニティ鉱山で、∀ガンダム(ホワイトドール)がなかばむき出しの状態で眠っていた。∀ガンダム専用の武器格納庫らしい物もあった。
マウンテン・サイクルのうちでも鉱山師によってとくに不吉とされていたのが「ロスト・マウンテン」である。放射性廃棄物のゴミ捨て場と考えられる。
月にもマウンテン・サイクルと似たような場所があるが、人工的に埋められている。
地球降下作戦
正歴2345年、月の民(ムーンレィス)が地球に帰還すべく最初に行った作戦。放射能に侵されていた地球が住める状態に回復したことがわかり(福井晴敏の小説版では、ムーンレィスが放射能除去のためにナノマシンを投下するなどしている)、およそ300年前から帰還の気運が高まっていた。正暦2343年、身体テストを兼ねて数人の先発隊を地球に潜入させた。同時期にアメリア大陸のイングレッサ地方の支配層と交渉を始めたが、決裂し実力帰還を決行した。地球人に対する殺傷行為は禁じられていたが、結果的にイングレッサ・ミリシャ(地球人)との間で戦争状態となった。
黒歴史
太古の宇宙文明時代に永きに渡って繰り返されていた数々の宇宙戦争の歴史の総称であり、『∀ガンダム』は黒歴史最後の大災害から復興し、数千年余りの時間をかけ、ある程度の生活・文明レベルを取り戻した「正暦」の時代の物語である。
冬の城
メンテナー家によって管理されている複数の巨大な黒の球体。ムーンレィスの為に設置された人工冬眠装置で、一千万人を一度に眠らせる事が可能。内部には黒歴史に関するデータベースが存在する。

スタッフ[編集]

シリーズスタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

※2曲共に冒頭部分では過去のガンダムシリーズの映像を流した破片状のものが流れている。
ターンAターン』(2話 - 38話)
作詞 - 井荻麟 / 作曲 - 小林亜星 / 編曲 - 矢田部正 / 唄 - 西城秀樹キングレコード
ガンダムシリーズのオープニング主題歌の中で、放送期間が2クールを超えたものは2013年現在この曲が最後である。また、機動戦士ガンダムΖΖ以来、約12年ぶりに歌詞字幕が流れていない。第16話のみ最初の部分だけが流れたバージョンが放送されたことがある。
西城秀樹の起用は小林亜星の指名による。小林が本作を作成している時にふたりは「寺内貫太郎一家」の舞台で共演しており、また西城はちょうどBMG JAPAN[6]からポリドール・レコードへの移籍の狭間で契約が切れている期間だったため、キングレコードから発売することができた[7]。また、西城はレコーディングにあたり、かつて『機動戦士Ζガンダム』の主題歌を歌っていた森口博子に問い合わせを行っている。
「寺内貫太郎一家」舞台公演のスケジュールとの兼ね合いで、番組オンエアの2週間前に音源があがるという強行スケジュールだったが、富野総監督は詞をもとに大まかなあたりをつけ、先にOP映像の絵コンテを完成させるという荒技を行った(通常は音源にタイミングを合わせ構成を立てる)。
富野総監督は「ターンAターン」を非常に気に入っていたが、売り上げが良くなかったため後期OPを作ることとなった。ただしカラオケでは結構歌われている[8]
『CENTURY COLOR』(39話 - 50話)
作詞 - 井荻麟、浜口祐夢 / 作曲 - 浜口祐夢 / 編曲 - RAY-GUNS / 唄 - RAY-GUNS

エンディングテーマ[編集]

『AURA』(1話 - 15話、17話 - 40話)
作詞・作曲 - 谷村新司 / 編曲 - 菅野よう子 / 唄 - 谷村新司 (ポニーキャニオン
放送当時のアニメ雑誌で、『AURAとは、古代ギリシャ語で「夜明けに吹く一番最初の風」という意味である』と書かれていた。なお、谷村が起用された理由は、富野がファンであった為とのこと。
『月の繭』(41話 - 49話)
作詞 - 井荻麟 / 作曲・編曲 - 菅野よう子 / 唄 - 奥井亜紀
『限りなき旅路』(最終話)
作詞 - C.Piece / 作曲・編曲 - 菅野よう子 / 唄 - 奥井亜紀

挿入歌[編集]

『羽化』
作詞 - 岩里祐穂 / 作曲 - 菅野よう子 / 編曲 - 菅野よう子 / 歌 - 大塚宗一郎
『ALFA and OMEGA』
作詞 - Carla Vallet / 作曲 - 菅野よう子 / 編曲 - 菅野よう子 / 歌 - Carla Vallet
『月下美人』
作詞 - 井荻麟 / 作曲 - 小林亜星 / 編曲 - 矢田部正 / 歌 - 西城秀樹
『Until』
作詞 - Chris Mosdell / 作曲 - 菅野よう子 / 編曲 - 菅野よう子 / 歌 - Maryanne Murray
『The song of a stone』
作詞 - Chris Mosdell / 作曲 - 菅野よう子 / 編曲 - 菅野よう子 / 歌 - 大塚宗一郎

劇中歌[編集]

『月の魂(たま)』
作詞 - 井荻麟 / 作曲 - 菅野よう子 / 編曲 - 菅野よう子 / 歌 - レット隊

各話リスト[編集]

# 放送日 サブタイトル 脚本 演出 コンテ 作画監督
SP 1999年
4月2日
∀ガンダム直前スペシャル
『ターンAターン』
-
1 4月9日 月に吠える 星山博之 渡邊哲哉 斧谷稔 土器手司
2 4月16日 成人式 千葉克彦 森邦宏 佐久間信一
3 4月23日 祭の後 浅川美也 南康宏 鈴木藤雄
4 4月30日 ふるさとの軍人 高橋哲子 西森章 佐久間信一
5 5月7日 ディアナ降臨 星山博之 岩崎良明 斧谷稔
菱田正和
戸部敦夫
6 5月14日 忘れられた過去 千葉克彦 池端隆史 横山彰利 しんぼたくろう
中田栄治
7 5月21日 貴婦人修行 浅川美也 森邦宏 佐久間信一
8 5月28日 ローラの牛 高橋哲子 渡邊哲哉 横田和 鈴木藤雄
9 6月4日 コレン、ガンダムと叫ぶ 星山博之 西森章 佐久間信一
10 6月11日 墓参り 高山治郎 山口美浩 斧谷稔
菱田正和
しんぼたくろう
中田栄治
11 6月18日 ノックス崩壊 千葉克彦 池端隆史 川瀬敏文 佐久間信一
12 6月25日 地下回廊 星山博之 杉谷光一 横田和 うのまこと
13 7月2日 年上のひと 浅川美也 岩崎良明 斧谷稔
横山彰利
戸部数夫
菱沼義仁
14 7月9日 別離、再び 高山治郎 西森章 しんぼたくろう
中田栄治
15 7月16日 思い出は消えて 高橋哲子 渡邊哲也 斧谷稔 佐久間信一
16 7月23日 ターンAのすべて 総集編(クレジット無し)
17 7月30日 建国のダストブロー 浅川美也 森邦宏 鈴木藤雄
18 8月6日 キエルとディアナ 高山治郎 山口美浩 斧谷稔
菱田正和
佐久間信一
19 8月13日 ソシエの戦争 星山博之 北川正人 斧谷稔
川瀬敏文
杉光登
20 8月20日 アニス・パワー 高橋哲子 西森章 しんぼたくろう
中田栄治
21 8月27日 ディアナ奮戦 星山博之 渡邊哲也 横田和 佐久間信一
22 9月3日 ハリーの災難 高山治郎 森邦宏 戸部敦夫
23 9月10日 テテスの遺言 大河内一楼 山口美浩 斧谷稔
工堂紘軌
佐久間信一
24 9月17日 ローラの遠吠え 高橋哲子 南康宏 斧谷稔
金剛寺弾
しんぼたくろう
中田栄治
25 9月24日 ウィルゲム離陸 太田愛 北川正人 斧谷稔
鳥羽聡
杉光登
26 10月1日 悟りの戦い 高山治郎 渡邊哲也 アミノテツロー 佐久間信一
27 10月8日 夜中の夜明け 鳥羽聡
森邦宏
斧谷稔 後藤雅巳
菱沼義仁
28 10月15日 託されたもの 星山博之 西森章 しんぼたくろう
中田栄治
29 10月28日 ソレイユのふたり 山口美浩 斧谷稔
横田和
佐久間信一
30 10月29日 胸に抱えて 浅川美也 北川正人 斧谷稔
工堂紘軌
杉光登
31 11月5日 追撃! 泣き虫ポゥ 高橋哲子 南康宏 斧谷稔
小原正和
佐久間信一
32 11月19日 神話の王 太田愛 池端隆史 横山彰利 しんぼたくろう
中田栄治
33 11月25日 マニューピチ攻略 森邦宏 斧谷稔
西本由紀夫
森邦宏
戸部敦夫
34 12月3日 飛べ! 成層圏 高山治郎 山口美浩 川瀬敏文 佐久間信一
35 12月10日 ザックトレーガー 斧谷稔
星山博之
西森章 斧谷稔
西森章
しんぼたくろう
中田栄治
36 12月17日 ミリシャ宇宙決戦 大河内一楼 南康宏 佐久間信一
37 12月24日 月世界の門 高橋哲子 池端隆史 横山彰利 佐久間信一
38 2000年
1月7日
戦闘神ギンガナム 浅川美也 森邦宏 高田淳 しんぼたくろう
中田栄治
39 1月14日 小惑星爆烈 高山治郎 山口美浩 奥田誠治 佐久間信一
40 1月21日 月面の海戦 大河内一楼 渡邊哲也 アミノテツロー 戸部敦夫
菱沼義仁
41 1月28日 戦いの決断 星山博之 西森章 佐久間信一
42 2月4日 ターンX起動 浅川美也 南康宏 奥田誠治 しんぼたくろう
中田栄治
43 2月11日 衝撃の黒歴史 高橋哲子 池端隆史 赤根和樹 佐久間信一
44 2月18日 敵、新たなり 高山治郎 森邦宏 日高政光 戸部敦夫
45 2月25日 裏切りのグエン 大河内一楼 鳥羽聡 奥田誠治 佐久間信一
46 3月3日 再び、地球へ 星山博之 渡邊哲哉 奥田誠治
斧谷稔
しんぼたくろう
中田栄治
47 3月10日 ギンガナム襲来 高橋哲子 西森章 斧谷稔
西森章
佐久間信一
48 3月17日 ディアナ帰還 高山治郎 南康宏 奥田誠治
斧谷稔
49 3月24日 月光蝶 池端隆史 斧谷稔
横山彰利
しんぼたくろう
中田栄治
50 4月14日 黄金の秋 浅川美也 森邦宏 斧谷稔
川瀬敏文
後藤雅巳
菱沼義仁

サウンドトラック[編集]

キングレコードより発売

  • オリジナルサウンドトラック1
  • オリジナルサウンドトラック2「ディアナ&キエル」
  • オリジナルサウンドトラック3「COCOA」
  • 劇場版「惑星の午後、僕らはキスをした」
  • ∀ガンダムwith菅野よう子コンサートライブ(通常版、DVD付期間限定)

放送局[編集]

純然たる再放送を除き、ガンダムのテレビシリーズがテレビ朝日系列以外で放送されるのは初となる。

関連作品[編集]

映画[編集]

2002年2月9日より全国一斉公開された劇場版。TVシリーズの全50話に新作カットを加え、全2部作の劇場用アニメとして再編集。日本映画界では初の試みとなる、2部作を日替わりで上映する「サイマル・ロードショー」方式がとられた。キャッチコピーは「人は癒され、ガンダムを呼ぶ!」。

『劇場版∀ガンダムI 地球光』
(第1話 - 第27話)
『劇場版∀ガンダムII 月光蝶』
(第28話 - 第50話)
  • エンディングテーマ
    『AFTER ALL』
作詞 - Chris Mosdell / 作曲・編曲 - 菅野よう子 / 唄 - Donna Burke
  • 備考
    • 「地球光」は物語の開始から核ミサイルの爆発による「真夜中の夜明け」事件とギャバンの死までを描き、「月光蝶」はミドガルドに拉致されたキエルを救い出すためロランたちが戦艦ウィルゲムで宇宙に進出する場面から終幕までを描いている。
    • TVシリーズの中盤に当たる部分が抜け落ちる形となっており、「地球光」のエンディングロール内でソシエが戦死したギャバンのために彼の贈ったウェディングドレスを身に纏うシーンがあるのみで、キエルの拉致については補足らしい補足がなく、「地球光」終盤で敵として戦ったレット隊が「月光蝶」の開幕時は味方として参加しているなど劇場版のみを鑑賞しただけでは理解出来ない点も多い。
    • TV版第一話で川で水遊びをしていたロランが誤って川で溺れ、キエルとソシエに助けられるシーンではTV版とTV版を収録したDVDでは三人とも全裸なのに対し、劇場版と劇場版DVDではそれぞれ下着を身につけている。
    • 終幕でソシエと別れのキスを交わしたロランがその後、隠棲したディアナに付き添って暮らす場面についてはTV版とほぼ同じ内容となっており、ファンの間でロランとディアナの関係について憶測(コーヒーを飲むディアナの左手薬指に銀の指輪があることから二人は結婚したのではないかというもの)が交わされていたが、それについても謎のままとなっている。

小説[編集]

  • ∀ガンダム(著:佐藤茂、発行:角川書店角川スニーカー文庫]、1999年-2000年)
    • 1巻「初動」
    • 2巻「騒乱」
    • 3巻「百年の恋」
    • 4巻「火と月」
    • 5巻「月光蝶」
    • 「Episodes」
    ※1から5巻までの挿絵は萩尾望都が担当。番外編の「Episodes」は鶴田謙二が担当。TVアニメ版をベースにしながらも、ブラックドールや、ナノマシンによる性転換など、富野原案にあったハードな要素も取り入れている。
  • ∀ガンダム(上・下)(著:福井晴敏、発行:角川春樹事務所[ハルキ・ノベルス]、2000年)
    2001年に『月に繭 地には果実』(上・中・下)と改題され幻冬舎文庫から出版された。また2005年に『月に繭 地には果実 From Called "∀" Gundam』として(幻冬舎)からハードカバーで出版された。さらに2007年に講談社BOXから『∀ガンダム 月に繭 地には果実』(上・下)として出版された。ハルキ・ノベルス版の表紙はキエルとディアナのコスプレ写真、幻冬舎文庫版の表紙は天明屋尚により描かれた武者絵巻風の作品(2007年現在個人蔵[9])「スターウォーズ」、幻冬舎ハードカバー版は安田朗によるキエルとディアナのイラスト、講談社BOX版は同じく安田のイラストという風に、再出版のたびに装幀の趣向が変化している。
    TVアニメ版と異なり、中盤以降は戦争による大量虐殺や都市破壊が描かれるなど、かつて富野が執筆した「宇宙世紀・ガンダムシリーズ」のノベライズを思い起こさせるハードな内容となっている。「GUSOH」など福井作品でおなじみの兵器が登場したり、TVアニメ版では詳細に語られなかった熱核反応炉に代わるモビルスーツの主機関縮退炉や、Iフィールド駆動機構などの細密な描写、ニュータイプの概念、(TVアニメ版では映像を引用するだけだった)黒歴史を綿密に描いている。また、結末も大きく異なっている。
    江戸川乱歩賞受賞作家がアニメ作品のノベライズに取り組んだということで話題を呼んだ。文庫化の際に「ガンダム」の文字が外されたのは、『亡国のイージス』等で認知された新進作家・福井のオリジナル作品として売ろうとした幻冬舎の意向によるものである。福井は「俺の印税が減ってもいいからガンダムの名前を残したい。その方が若い読者を獲得できる」と主張した。各版において内容の変更はない。

漫画[編集]

  • コミックボンボンときた洸一講談社ボンボンコミックス・全2巻
    原作のアニメ版に準じた内容になっているが、月刊誌ということもあり、省略されているエピソードも多い。発掘されるモビルスーツの機種に関しても多少異なり、ムットゥーに代わりバウンド・ドック、コレン専用カプルに代わりガンダムアスクレプオスが登場する。放送前の時点でかなりのネタバレをしていたが、『機動戦士ガンダムSEED』以降では放送より遅れてエピソードが描かれる事になる。
  • マガジンZ曽我篤士講談社マガジンZコミックス・全5巻
    ボンボン版と同じく月刊誌での連載だが、アニメ版が放送を終了した後も連載が続けられた。そのため後半は岩瀬昌嗣が描いた『機動戦士ガンダムSEED』シリーズが平行して掲載されることとなる。前半はアニメ版に沿った形でストーリーが進行していくが、後半からオリジナルエピソードが挿入されるなど漫画版独自の展開を見せ、アニメ版では死亡するキャラが生存していたり、逆に生存しているキャラが死亡していたりする。また、ラストに至る一連の展開もアニメ版とは違っている。
  • 月の風(著:あきまん角川書店カドカワコミックス・エース・全1巻
    アニメ本編のキャラクターデザインを手がけた安田朗による本編のプロローグ的エピソードを描いた完全オリジナル作品。著者明記は「あきまん(安田朗)」となっている。アニメ終了後に『ガンダムエース』誌で連載された。物語は地球に降りる前の降下訓練中のロランを中心に展開し、ライバルの訓練生シャルル・グレイなどのオリジナルキャラクターも登場する。諸事情により単行本化が延期されていたが、加筆・修正をした上で『∀ガンダム 月の風』のタイトルにて、2007年6月26日に発売された。『ガンダムSEED』シリーズの時間軸である「コズミック・イラ」が黒歴史に含まれることについて言及している。

ゲーム[編集]

一部シナリオとキャラクター、機体のみが隠し要素として登場。
初めて、本作のシナリオが本格的に再現された。
本作の主人公機体のみ登場で最終ボス。能力や演出がゲーム独自のものになっており、∀ガンダムが新たな解釈で描かれている。
原作の機体の他に、『SPIRITS』の∀ガンダム(黒歴史)が登場。
黒歴史の真実を伝えるために遙か遠い未来から時空を飛んで登場する。
ガンダム無双1ではロランとホレスのみ、ガンダム無双2ではロラン(ローラ・ローラ)、ギンガナム、ディアナが登場する。
前作の舞台の遠い未来に登場する。「機動新世紀ガンダムX」や「戦闘メカ ザブングル」とのクロスオーバー要素が多い。
7年ぶり、2度目の登場。
『スーパーロボット大戦Z』の続編。
一部の機体とキャラクターが隠し要素として登場(シナリオ本編は再現しない)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『イデオンという伝説』大田出版
  2. ^ 『オーバーマン・キングゲイナー・イントロダクション―富野由悠季、新作を語る!!』p40-41など。
  3. ^ 『電撃 HOBBY MAGAZINE』 2008年5月号、角川グループパブリッシング、2008年
  4. ^ 『G2O』 Volume.6、アスキー、1999年
  5. ^ 『大人のガンダム 完全版』日経BP出版センター
  6. ^ 現在はソニー・ミュージックエンタテインメントに吸収された。
  7. ^ シングル裏ジャケットには「HIDEKI SAIJO by the courtesy of RCA ARIOLA/BMG JAPAN,INC.」の表記があり、厳密にはボーカルとして作品に参加しているという扱いである。
  8. ^ 『∀の癒し』より。
  9. ^ 長野県信濃美術館「描かれた武士(ヒーロー)たち 武者絵の世界展」目録による

参考文献[編集]

  • ニュータイプ100%コレクション ∀ガンダム Vol.1・2 - 角川書店、2001年
  • ∀の癒し - 富野由悠季によるエッセイ
  • ∀ガンダム 全記録集1・2
  • ∀ガンダム フィルムブック1 - 5
  • ∀ガンダム DVD付属解説書
  • MEAD GUNDAM - シド・ミードによるメカニックデザインのラフイラスト

外部リンク[編集]

フジテレビ 金曜17時台前半
前番組 番組名 次番組
(17:55までドラマ再放送枠)
※月-金から月-木に縮小
∀ガンダム(1-49話)
(1999年4月 - 2000年3月)