安田朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
やすだ あきら
安田朗
プロフィール
生誕 1964年7月21日(49歳)
日本の旗 日本北海道釧路市
所属 (有)あきまん
公式サイト akiman's blog
代表作
一般ゲーム ファイナルファイト』『ストリートファイターII
アニメ ∀ガンダム
その他 AKIMAN(別名)

安田 朗(やすだ あきら、1964年昭和39年)7月21日 -)は、日本のゲームクリエイターイラストレーターキャラクターデザイナー漫画家・元アニメーター男性北海道釧路市出身。

人物[編集]

幼少時にはダリドガなどの美術に影響を受ける。小学生のときに先生に褒められたことがきっかけで本格的に美術に目覚める。しかし、中学時代に安彦良和の戦場の絵を見て絵の方向性が変わったという。 地元には就職先が無かったため、新聞奨学生として東京デザイナー学院に入学。眠るのが好きなので、授業中に寝てたり、課題を出さないことがよくあったという。

その後、親に黙って東京デザイナー学院中退後、趣味でパソコンを使ってアニメのイラストなどを描いていたが、新聞屋を辞めて、アニメーターになる。アニメスタジオでは『コンポラキッド』や『北斗の拳』の原画を描いていたが、賃金の低さから電車賃さえなくなり、数ヶ月で辞める。この時、漫画家やイラストレーターなども考えたが諦めて、体力を使わないように毎日天井を見つめていたという。それを見た彼女に仕事を探せといわれたので、求人誌で広告の仕事を見つける。しかし、実際に行ってみると広告屋ではなくゲーム会社であり、1985年に株式会社カプコンに入社。この頃のペンネームはAKIMAN(これは「アキラマン」を省略した、『ドラゴンクエスト』のプレイネームである)。

カプコン時代はアートディレクターとして数々のタイトルに携わり、『ファイナルファイト』『ストリートファイターII』などでプランナーとしても才能を発揮。同ゲームは世界的なヒットとなった。当時カプコン東京開発室で採用担当だった岡本吉起は、パジャマ姿で面接に現れた安田のイラストをひと目見て「すごい才能の持ち主がついに目の前に現れた」と狂喜、さらに安田から「帰りの電車賃がないので今日採用してくれたら給料は日割りで欲しい」と相談され、その奇矯さも含めて「間違いなく天才だ」と確信したという。

現在はフリーランスとなり、愛称であるあきまんを主に著作者名として使用している。絵を描くにあたり影響を受けたのは安彦良和、フランク・フラゼッタN・C・ワイエスen)。本人いわく「安彦さんが好きで、アニメーターになろうとして失敗してゲーム業界に入ったようなもの」(『∀ガンダム全記録集2』より)。

キャラクターデザイナーとして有名だが、主にドット絵を制作するドッターとして手腕を発揮し、『ストリートファイターIII』のリュウ春麗などに代表される緻密で職人的なグラフィックは、ゲーム業界内外に多くのファンを持つ。ドットという制約・作業効率上、無駄な装飾や色を排して明確な記号と力強いシルエットで構成された魅力的なキャラクター達は格闘ゲームのキャラクターという枠を飛び出し、多くのファンを産み、多くのクリエーターを刺激した。しかし、その職人気質な仕事ぶりから期限に間に合わないといったことも多々あり、当時の開発現場では「安田さん待ち」という言葉が生まれたエピソードも。1992年あたりから岡本吉起に「『プリンス・オブ・ペルシャ』のようなアニメ塗りでキャラクターアニメーションさせる手法を取り入れよう」「ドットでグラデーションをつけていくよりセル塗りの方が作業効率がいい」と言われ、本人は「グラフィック自体の情報量が減る分しっかりしたデッサンが必要で、これまで以上に精緻なアニメーションパターンを作らないと間が持たない」「『キャプテンコマンドー』のときに限界までシャギー落としを減らすところまで突き詰め、もうこれ以上はやりたくないしやれない」と考えていたが、岡本にプレッシャーをかけられ仕方なく当時の新規タイトル『ヴァンパイア』からセル塗りにチャレンジした。このときの徹底したキャラクターデザイン監修の甲斐もあり、『ヴァンパイア』は実験作にも関わらず納得のいくセル塗りとアニメーションパターンになったと語っている[1]。この手法は『ヴァンパイア』シリーズの他、『マーヴル・スーパーヒーローズ』シリーズなどで活かされた。

また、後輩育成にも貢献しており、同社デザイン室から西村キヌBENGUSといった人気デザイナーを輩出。『ブレスオブファイア』のキャラクターデザインを担当し、当時『ブレスオブファイアII』の絵柄からの脱却を目指していた吉川達哉も安田のアートディレクションを受けたことで画風が一転、現在の作風になったといわれる。販促用イラストやキャラクターデザインを担当していたことでよく勘違いされやすいが、カプコン時代の安田は取締役兼デザイン統括であり、デザイン室には所属していない。

カンフー映画や荒木伸吾、『キューティーハニー』に影響を受ける。絵を描き始めると止まらないので、一枚に三週間かけることもあるという。

略歴[編集]

1980年
1983年
1984年
  • 同校中退。
1985年
  • 某アニメスタジオに入社するが金銭的な理由で退社。カプコン東京支社にアルバイトとして採用。
  • サイドアーム』のキャラデザインと背景グラフィック。このほか、ファミコン用ソフト『1942』のパッケージイラストも担当。
1986年
  • カプコン大阪本社第3企画室に転属。
1989年
  • 『ファイナルファイト』の製作に参加。ボーナスステージやキャラクター設定などでアイデアを出し、グラフィックのみならず企画でも制作に貢献した。
1990年
  • 『マジックソード』で販促用イラストを担当。アーケード版のポスターではアマゾネスの乳首が描かれていたが、スーパーファミコン版のパッケージでは乳首がレタッチされ消された。
1991年
  • 『ストリートファイターII』で春麗やガイルといったキャラクターを生み出し、プレイヤーキャラのドット画も手掛けた。同作品はシリーズ化され、カプコンのアーケード黄金期を築き上げた。
1994年
1997年
  • 『ストリートファイターIII』で全キャラクターのデザイン、プレイヤーセレクト画、リュウなどのプレイヤーキャラクターのドット画を担当。
1998年
  • 有限会社あきまんを設立。デザイン室にある机2つを分捕って事務所にしていた。
  • フジテレビ系アニメ、サンライズ『∀ガンダム』のキャラクターデザインを担当。ここで富野由悠季と親交が深まる。
2001年
2002年
2003年
  • 『レッド・デッド・リボルバー』の開発が終わり日本に帰国。その後、東京に移り住み、カプコンを退社。フリーランスとなる。
  • セガ『Kunoichi -忍-』の描き下ろしポスターを担当。
  • 角川書店『ガンダムエース』にて読み切り漫画『月の風』を発表。
2004年
  • 漫画『月の風』の連載スタート。2005年1月まで続く。
  • コミックマーケット67(冬コミ)にて初の同人コピー誌「ふゆまん」発売。
2005年
  • バンダイ『ガンダム トゥルーオデッセイ 失われしGの伝説』がリリース。メインキャラクターとパッケージイラストを担当。
  • 角川書店『ガンダムエース』にてコラム連載開始。
  • 幻冬舎コミックス『GIGA69』の表紙イラストを担当。
  • 太田出版『CONTINUE』に4コマ漫画『桜田ふぁみりあ』連載開始。
  • ソフトバンククリエイティブ『ゲーマガ』にてイラスト『あきまん堂』連載開始。
2006年
2007年
  • 復刊ドットコムなどでのリクエストが実り、『安田朗 ∀ガンダムデザインズ』が約6年ぶりに重刷された。
  • 漫画『月の風』が加筆・修正を加えて単行本化される。
  • コミックマーケット73(冬コミ)にて同人誌「ふゆまん2」発売。
2009年

主な関係作品[編集]

カプコン時代
(有)あきまん時代
フリーランス時代

著作[編集]

  • 安田朗 ガンダムデザインズ (角川書店刊)
  • あきまんカバーガールズ (幻冬舎コミック刊)
  • あきまん堂 -安田朗 画集- (ソフトバンククリエイティブ刊)
  • モーレツ宇宙海賊 あきまんデザインワークス (一迅社刊)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ストリートファイター X 鉄拳 アートワークス』P184より。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]