ストリートファイターII MOVIE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ストリートファイターII MOVIE
映画
監督 杉井ギサブロー
制作 グループ・タック
封切日 1994年8月6日
上映時間 102分
ゲーム:ストリートファイターII ムービー
ゲームジャンル インタラクティブ・ムービー
アドベンチャーゲーム
対応機種 PlayStation[PS]
セガサターン[SS]
開発元 カプコン
発売元 カプコン
メディア CD-ROM2枚
プレイ人数 1 - 2人
発売日 PS:1995年12月15日
SS:1996年3月15日
テンプレート - ノート

ストリートファイターII MOVIE』(ストリートファイターツー ムービー、STREET FIGHTER II MOVIE)は、アーケードゲームスーパーストリートファイターIIX』を原作としたアニメ映画である。1994年8月6日公開。配給収入8億円。英語版タイトルは『Street Fighter II: The Animated Movie』。

また、このアニメ映画を元に、PlayStationセガサターンで発売されたゲームソフトのタイトルでもある(ゲーム版の節を参照)。

本作のタイトルロゴは『スーパーストリートファイターII』の「SUPER」の部分を「MOVIE」に差し替えたものが採用されている。

概要[編集]

本作はオリジナルゲーム版の発売元であるカプコンの自社製作にて、家庭用版『スーパーストリートファイターII』の発売と併せて劇場公開された長編アニメ映画となる。単館上映ながら興収8億円とスマッシュヒットを記録し、篠原涼子の歌う挿入歌もWミリオンセールスの大ヒットを記録している。当初監督は池田成と発表されたが諸事情により降板、後任は杉井ギサブローとなった。

ストーリー[編集]

リュウサガットを打ち破ってから数年後。犯罪シンジケートシャドルーの魔の手が世界中に及び、各地でテロ活動などが相次いでいた。事態を重く見たインターポールアメリカ空軍と協力し、シャドルーの壊滅作戦へと動き出す。一方、シャドルーの総帥たるベガは優れた格闘能力を持つ素体を見つける為に、「モニターサイボーグ」なるスパイロボットを各地へ配置していた。その最も有力な標的は、「自分より強い奴に会う」という目標を抱え、流転の旅を続けながらストリートファイトに励む格闘家・リュウであった。

登場人物[編集]

リュウ
声 - 清水宏次朗
主人公。比較的寡黙な人物として描かれている。ケンとは親友兼ライバル。
ケン
声 - 羽賀研二
準主人公。リュウとは対照的に明るい性格。ベガに洗脳されるが、最終的にリュウと共にベガを撃破する。
春麗
声 - 藤谷美紀
インターポールの捜査官。シャドルーとベガを追い、ガイルと協力する。
ガイル
声 - 津嘉山正種
リュウ、ケンに次ぐ本作のメインキャラクター。春麗と協力しベガと戦う。
フェイロン
声 - 船木誠勝
蘇州でリュウと闘い敗北し、友情を深める。
ディージェイ
声 - 松尾銀三
シャドルーに狙われ、春麗とガイルから「気をつけろ」と忠告を受ける。
サンダー・ホーク
声 - 飯塚昭三
強い相手を求めてアメリカの港町でケンに闘いを強要し、敗北する。
キャミィ
声 - 佐々木庸子
本作では冒頭と途中に少しだけ出演。本作ではベガに記憶を奪われている設定[1]
エドモンド本田
声 - 郷里大輔
インドでリュウと出会い、その後彼と同行しベガとの最終決戦にまで参加しバイソンと戦う。
ダルシム
声 - 岸野幸正
インドで本田と勝負し、近くにいたリュウに気を取られているところを攻撃され敗れる。
ブランカ
声 - 石塚運昇
シャドルーのカジノでザンギエフと対戦する。
ザンギエフ
声 - 金尾哲夫
シャドルーのカジノでブランカと対戦する。
老人
声 - 大塚周夫
シャドルーの科学者。サイボーグをベガに紹介する。
バルログ
声 - 塩沢兼人
シャドルーのメンバー。春麗と戦う。
サガット
声 - 笹岡繁蔵
シャドルーのメンバー。オープニングではリュウと戦い、昇龍拳を受け胸に傷を付けられる。
マイク・バイソン
声 - 中田譲治
シャドルーのメンバー。最終決戦に参加し本田と戦う。両者もみ合って崖に転落するが、本田に助けられる。
イライザ
声 - 鶴ひろみ
ケンの彼女。
司会
声 - 長沢政義
カジノにおいて、ザンギエフとブランカの試合の司会を務める。
師匠
声 - 天本英世
リュウとケンの師匠。声のみの登場。
インドの少女
声 - 豊嶋真千子
リュウがインド・カルカッタで遭遇した少女。
兵士A
声 - 幸野善之
男C
声 - 増谷康紀
電話の声
声 - 大本眞基子
VTOL操縦士
声 - 私市淳
ベガ
声 - 日下武史
本作の黒幕。エンディングでは車に乗ってリュウを轢こうとする。この時リュウが発した台詞「チェイサー!」は『ストリートファイターZERO』のドラマティックバトルでのリュウの勝利メッセージとしても使われている。

スタッフ[編集]

主題歌・挿入歌など[編集]

エンディングテーマ
「GooD LucK」(歌:篠原涼子 with t.komuro)
挿入歌
「CRY」(歌:BIG LIFE桐嶋直志))
「傷つきながら熱くなれ」(ALPH-LYLA
恋しさと せつなさと 心強さと」(歌:篠原涼子 with t.komuro

関連商品[編集]

ストリートファイター2 DVD
SMEビジュアルワークス(現:アニプレックス)から2000年に発売されたDVD。本編のほか、ストリートファイターIIザ・ヒストリーや劇場予告なども収録。
ハイパーストリートファイターII 〜アニバーサリーエディション〜
PlayStation 2版に映像特典として本編映像が収録されている。ただしゲームソフトの一部としての収録のため、春麗のヌードシーンなどはソニーのガイドラインに沿って編集されている。

ゲーム版[編集]

ストリートファイターII ムービー』として、1995年12月15日PlayStationで、1996年3月15日セガサターンで、それぞれカプコンから発売された。当初は3DO版も発売される予定だったが、発売中止となった。なお、アーケードゲームの『ストリートファイター ザ・ムービー』とは別物。

プレイヤーは闇の秘密結社「シャドルー」が開発したモニターサイボーグに戦闘能力を身に付けさせた新型のバトルサイボーグを操り、アニメ映画を元にしたムービー映像から、世界中の格闘家たちの戦いの様子を「サーチ」してその能力を成長させ、最終的に伝説の格闘家「リュウ」と対決するのが目的。サーチに成功すると、例えば蹴り技を繰り出しているシーンならば「キック」の能力が上昇するなど、場面に対応した能力を自動的に抽出し成長していく。1ステージ中でサーチできる回数には制限があり、残り回数が0になるとそのステージ内ではそれ以上記録できなくなる。

育成シミュレーションゲームのように進行させていくが、リュウとの対決時のみ対戦型格闘ゲームのように実際に戦うことになる。『スーパーストリートファイターII X』と同じくスーパーコンボゲージの存在するバトルシステムで、それまでに成長させた能力によって、実際にサイボーグを使用した時の性能に影響が出る。サイボーグの必殺技は「波動拳」、「昇龍拳」、「竜巻旋風脚」、スーパーコンボの「昇龍裂破」が使用可能と、ケン・マスターズの技構成がベースとなっている。

育成したサイボーグの能力はセーブデータとパスワードで記録され、リュウの仮想イメージとの模擬戦や、パスワードによるサイボーグ同士の2P対戦も可能となっている。

この他、映画に登場したキャラクターたちのデータを見られる設定資料モードも搭載している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ストリートファイターII MOVIE 映画資料全集』より。

関連項目[編集]