ディージェイ (ストリートファイター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ディージェイ プロフィール

  • 初出作品: スーパーストリートファイターII
  • 格闘スタイル: キックボクシング
  • 出身地: ジャマイカの旗 ジャマイカ
  • 生年月日: 1965年10月31日
  • 身長: 184cm
  • 体重: 92kg
  • スリーサイズ: B130 W89 H94
  • 血液型: AB型
  • 好きなもの: 叫ぶ、踊る、唄う
  • 嫌いなもの: 静寂
  • 特技: バンブーダンス(『IV』)
  • キャッチコピー:  
    • 「キック&ミュージック」(『ZERO3』)
    • 「陽気なマラカスファイター」(『IV』)

ディージェイ (Dee Jay) は、カプコン対戦型格闘ゲームストリートファイター』シリーズに登場する架空の人物。

キャラクターの設定[編集]

スーパーストリートファイターII』(以下『スパII』と表記)で追加された4人のキャラクターの内の1人。「南国の彗星」と謳われるジャマイカ代表のキックボクサーであると同時に、出すCD全てがミリオンセラーという人気ミュージシャンでもあるという異色の格闘家。その人気にもかかわらず、自分の音楽スタイルに満足できずにいたが、闘いの中で見つけた「攻撃のリズム」に新たな音楽のヒントを得て、ストリートファイトで強敵たちと戦うことでそれを見いだそうとする。エンディングでは、世界中を熱狂させる新曲を完成させ、コンサートホールに大勢の観客が詰め掛け、ディージェイの名を叫んでいる。

褐色の肌に筋骨隆々たる肉体を持つ。性格は陽気を通り越して脳天気とさえ言える。常に笑顔を絶やさず、ニッと笑った口から覗く白い歯が特徴的である。上半身裸にオープンフィンガーグローブとロングパンツ(焦茶色に白抜きで「MAXIMUM」と書かれた太いサイドラインがある)を着用。マラカスを携帯しており、勝利時には打ち振って踊る。

ストリートファイターZERO3』(以下『ZERO3』)では、ミュージシャンとしてデビューする前という設定で登場する。すでにキックボクサーとして名を馳せていたディージェイは、世界一強い男になるために闘いの旅に出る。エンディングでは、そのリズム感とノリの良さがレコード会社の目に止まり、ミュージシャンとしての道を歩み始める。

『ZERO3↑↑』のユンのストーリーでは、ディージェイとフェイロンがかつて一緒に仕事をしたことが判明する。フェイロンが麻薬取引に絡んでいるという疑惑を耳にした時は、それについて否定している。

スーパーストリートファイターIV』(以下『スパIV』)において、追加キャラクターとして登場している。世界格闘大会への参加理由は「面白そうだから」とのことで、それ以外の具体的な理由は無い。

キャラクターの原型はフェイロンの没案。開発スタッフによると、企画時はなかなか設定が決まらなかったが、ある日マーシャルアーツを使う黒人格闘家にしようと決まり、キャラクターを描いていた女性が格闘家好きということもあって最終的には蹴りが一番格好良くなったという[1]

キャラクターの特徴[編集]

必殺技は溜めコマンドで飛び道具や対空になる技が含まれるなど、ガイルに似た部分がある。立ち中・強パンチ(近遠とも)、遠距離立ち強キック、しゃがみ強パンチ・強キックなど、間合いにもよるが対空に使える通常技が多い。またジャンプ攻撃も強力。『スーパーストリートファイターIIX』(以下『スパIIX』)では長い無敵時間と空中コンボ属性を持つ「ジャックナイフマキシマム」が追加され、対空性能のみならず連続技の幅も広がった。『ウルトラストリートファイターⅣ』(以下『ウルⅣ』)のオメガエディションではタメキャラからコマンドキャラに変更され、機動力が上昇している。

技の解説[編集]

通常技[編集]

『スパIV』時のもの。

操作 立ち(近距離) 立ち(遠距離) しゃがみ 垂直ジャンプ 斜めジャンプ
弱パンチ エルボーバット ジャブ アンダージャブ ファンクジャブ
中パンチ アッパー フロントフック レッグクラッシュエルボー ファンクストレート
強パンチ カウンターエルボスマッシュ ブラストアッパー エルボーアクス ファンクブロー ファンクバウンド
弱キック ニービート ローキック アンダーウィップ ファンクウィップ クライムレッグ
中キック ミドルキック カリビアンキック グランドスクラッチ ホライズンキック フライングムエタイキック
強キック フェイスブレイカー マキシマムキック スライディングヒールアッパー ジャベリンキック フライングカリビアンソバット

投げ技[編集]

ファンキーシャウトスルー
相手を掴んで、内股の要領で前方もしくは後方へ投げ飛ばす。
モンキーフリップ
相手に跳びついて両脚で挟みこみ、巴投の要領で投げ飛ばす。投げた後は素早く体勢を整える。
『スパIV』時の技名は「フリップスルー」。
エアモンキーフリップ
『ZERO3』でのみ使用する空中投げ。「モンキーフリップ」の空中版。
スイングオーバーランチ
『スパIV』での技。相手の肩口に手をかけ飛び上がり、蹴りを放つ。

特殊技[編集]

ニーショット
空中で片方の膝を前方に突き出す。攻撃判定が強く、地上・空中を問わず相手の攻撃に潰されにくい。また低い位置で当てやすいため、着地後は連続技に繋げやすい。

必殺技[編集]

エアスラッシャー
飛び道具技。高速でフックを振り抜き、発生させた衝撃波を飛ばす。ガイルの「ソニックブーム」と比較すると、衝撃波の発生は早いが撃った後の隙が大きい。『スパIIX』ではやや隙が減っている。『スパIV』でのEX必殺技では、両腕から2連続で放つ。
ダブルローリングソバット
前方にステップしつつ繰り出す回し蹴りから、さらに逆足で後方回し蹴りを叩き込む。弱で出すと名前に反して最初の1回しか蹴らないが、攻撃が出る直前まで下半身が無敵なので下段攻撃をかわせる。
マシンガンアッパー
高速でアッパーカットを連打する。コマンド入力時のパンチボタン連打によって攻撃がより早く、より多く出るようになり、最大で4発ヒットする(ボタン連打が遅いと連続ヒットしない)。『スパII』では上半身が無敵のため、対空技としても使用可能。『スパIIX』では「ジャックナイフマキシマム」の追加に伴い、上半身無敵が削除された。
ジャックナイフマキシマム
『スパIIX』にて追加された斜め上に跳び上がりつつ繰り出す連続蹴り。弱は1回のみ、中は2回、強は3回蹴る。出掛かりに無敵時間があり、中と強は空中の相手にも連続ヒットする。『ZERO3』では、Z-ISMのみ必殺技ではなくゼロカウンターとして使用する。
ワニングムーン
飛び上がり半月軌道で足を振り下ろしながら蹴る。

スーパーコンボ / ウルトラコンボ[編集]

ソバットカーニバル
『スパIIX』および『ZERO3』では「ダブルローリングソバット」を連続で繰り出し、『スパIV』では様々な種類の蹴りを放つ、合計4発の回し蹴りによるスーパーコンボ。途中で空振りになって連続ヒットしないこともあるが、「ジャックナイフマキシマム」で吹き飛んだ相手に追い打ちとして使用したり(逆も可)、1回目のソバットが完全無敵であることを利用して相手の飛び道具技を回避しつつ攻撃できる。『ZERO3』ではX-ISM対応のスーパーコンボである。
クライマックスビート
『ZERO3』で追加されたスーパーコンボで、「マシンガンアッパー」の強化版。無数のアッパーカットを叩き込み、相手をはるか上空に吹き飛ばす。
『スパIV』ではウルトラコンボIIに設定されている。こちらは「マシンガンアッパー」で打ち上げてから両手でアッパーカットの連打を叩き込み、最後は横へ大きく吹き飛ばす。
テーマオブサンライズ
『ZERO3』で追加されたスーパーコンボで、「ジャックナイフマキシマム」の強化版。連続蹴りを放ちながら高く上昇する。
ソバットフェスティバル
『スパIV』のウルトラコンボI。4発連続の蹴りを浴びせた後、衝撃波を纏ったアッパーでとどめを刺す。

登場作品[編集]

他のメディアでのディージェイ[編集]

映画[編集]

ゲームに準拠した設定で登場。自分の音楽にケチをつけたストリートギャングを倒すシーンがある。名のある格闘家を集めているシャドルーにマークされているため、ガイルや春麗から気をつけるよう忠告される。
ゲームの設定とは異なり、金目当てでバイソン将軍の部下になっている。劇中終盤に大金の入ったケースを手に入れるが、中身はバイソンが独自に発行した紙幣だった。

コミック[編集]

ゲームの設定とは異なり、ガイルの部隊に送り込まれたシャドルーの戦士として登場する。作中では「ドナルド・ジャクソン」を名乗るが、本名か偽名かは不明。

4コマ漫画等では、歯やマラカスに関するネタが描かれることが多かった。

担当声優[編集]

  • 松尾銀三(ストリートファイターII MOVIE)
  • 大塚芳忠(ストリートファイターZERO3)
  • 浜田賢二(ストリートファイターIVシリーズ)
  • 中田和宏(実写映画『ストリートファイター』日本語吹き替えソフト版)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 月刊ゲーメスト2月号増刊『スーパーストリートファイターII』より。

参考文献[編集]