ダッドリー (ストリートファイター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダッドリー プロフィール

  • 初出作品: ストリートファイターIII
  • 格闘スタイル: ボクシング
  • 出身地: イギリスの旗 イギリス
  • 誕生日: 1月27日
  • 身長: 185cm
  • 体重: 101kg
  • スリーサイズ: B160 W90 H100
  • 血液型: B型
  • 好きなもの: 紅茶、薔薇
  • 嫌いなもの: 無礼な輩
  • 特技: 陶器の鑑定
  • キャッチコピー:
    「拳闘紳士」(『III』シリーズ)
    「闘いの中に煌くダンディズム」(『スパIV』)
    「戦いの中にこそ礼節あり」(『ストクロ』)
  • 関連キャラクター: ギルバイソン

ダッドリー(Dudley)は対戦格闘ゲームストリートファイターIII』シリーズなどに登場する架空の人物。

キャラクターの設定[編集]

『ストリートファイターIII』(以下『ストIII』と表記)第1作から登場するイギリス出身のボクサー。短く刈り上げた髪と口髭が特徴の黒人男性。筋肉が見えるほど服装の密着度が高く、襟から襞のついたドレスシャツ(腕まくりしている)にサスペンダー付きの深緑色のズボン、蝶ネクタイで正装しているが、拳には青いボクシンググローブを装着。

父はスポーツ選手、事業家として成功を収めていた。そのため裕福な少年時代を過ごしていたが、ダッドリーが大学生の頃、父の事業が破綻してしまう(些細な失敗から、人に付け込まれ騙された)。一気にどん底に堕ちたものの、努力によりヘビー級ボクサーとして大成し、かつての財産を取り戻す。リュウいわく英国一のパーフェクトボクサーとして有名らしく、ボクサーとしては「サー」の特別称号を手にしている。

ダッドリーの両親は健在で、父親は引退してロンドン郊外で悠々自適の生活をしている[1]。父親は髪型以外はダッドリーと瓜二つである。

春麗はボクサーはみんな乱暴者だと誤解していたらしく、『3rd STRIKE』の勝利画面でダッドリーに謝罪している。

『ストIII』および『2nd IMPACT』では、奪われた父の愛車ジャガーを探し回っており、ギルが所持していた。エンディングではギルからジャガーを取り戻し、『3rd STRIKE』での対戦前デモではそのジャガーを運転して登場する演出がある。

『3rd STRIKE』ではイギリス王室の御前試合を行うことになり、そのためのトレーニングとしてストリートファイトに赴く。

開発スタッフによると『ストIII』ではマイク・バイソンとは面識がなく、ビデオの試合を見たことがある程度となっている[1]が、『スーパーストリートファイターIV』(以下『スパIV』と表記)ではバイソンがダッドリーのライバルキャラクターとして登場する。

『スパIV』では、いぶきまこととともに『ストIII』シリーズからの追加キャラクターとして登場。『ストIII』のキャラクターとしては日本国外を中心に特に人気が高く、中でもヨーロッパ圏での支持が厚いキャラクターだったとのこと。

『スパIV』本編は『ストIII』および『2nd IMPACT』から2年ほど前の時代が舞台のため、父の愛車はまだ捜索段階。世界格闘大会の主催企業S.I.N社から招待状が届いたため、前述した父の愛車を取り戻すまでの気分転換と自宅の庭園に植える新しい薔薇の苗を探す目的も兼ねて大会に参加する。『スパIV』でのライバルバトルでは現・イギリスのチャンプであるダッドリーを敵視したバイソンに戦いを挑まれ、ボクサーとして勝負を受けるが彼の乱暴かつ無礼な物言いや態度を快く思っておらず、勝利時には「君はボクサーの恥だ」「君はボクサーを名乗るに値しない人間だ」と言い放っている。

ストリートファイター X 鉄拳』(以下『ストクロ』)ではDLC追加キャラクターとして登場し、エレナとタッグを組む(PS Vita版では最初から使用可能)。

人物[編集]

格闘は完璧を目指し、クリーンファイトを好む。弱点は詰めが甘い点。

如何なる時でもボクシンググローブを装着している。紅茶を飲むとき、新聞を読むときは勿論、車の運転の時までも例外ではない。

自宅には薔薇園を所有している。その薔薇園は広大で、脱出するのに数時間も掛かる可能性がある。

好物は紅茶。勝利時に執事であるオルトー・K・ゴッチ[1][2]ヘリコプターから紅茶を持ってくる演出がある。

ゲーム上の特徴[編集]

ボクシングで闘うため、蹴り技はなくキックボタンでもパンチを出す。またターゲットコンボを多数持つ。

同じボクサーであるバイソンがリーチの長いパンチや突進技などで強引に押し込んでいく戦法をとるのに対し、ダッドリーは接近できる機会をうかがいつつ、接近したら多くのターゲットコンボや優秀な特殊技などを用いて、手数が多く威力も高い強力なラッシュを仕掛けるキャラクターになっている。

『3rd STRIKE』では2強(ユン、春麗)に次ぐ強キャラクターのうちの1人として数えられ、ツボにハマったときの破壊力は抜群である。欠点は、下段攻撃に難があり、攻撃が上中段に偏りがちになるため、上段ブロッキングから反撃をされやすいこと。

技の解説[編集]

通常技[編集]

『スパIV』時のもの。

操作 立ち(近距離) 立ち(遠距離) しゃがみ 垂直ジャンプ 斜めジャンプ
弱パンチ ジャブ フック ジャブ
中パンチ ライト(レフト)ストレート 屈みストレート ストレート パワーフック
強パンチ 踏み込みストレート アッパーカット ブローアッパー ストレート
弱キック ライト(レフト)フック アンダージャブ エルボージャブ クラッシュエルボー
中キック レフト(ライト)アッパー トリックパンチ エルボーブロー ジャンピングエルボー
強キック ライト(レフト)ボディアッパー ボクサースロー ラウンドエルボー

パーソナルアクション[編集]

相手に背中を向けつつバラを取り出して投げる。これにより次の攻撃の威力が高められ、また投げたバラに攻撃判定がある。バラは地面に落ちて少し経つと消えるが、それまでにパーソナルアクションを出すとバラを投げず掲げるだけになり、追加効果も得られない。

通常投げ[編集]

レバークラッシャー
相手を掴んで、腹に数発ボディブローを叩き込む。
ダイナマイトスルー
相手を放り投げる。左右に投げ分けが可能。

特殊技[編集]

スリッピングジャブ
前に屈みつつジャブを出す。
ステップストレート
前進しつつ、ストレートを出す。
レバーブロー
腹部へのボディブロー。
ダートショット
中段属性のダウンブロー。
ストマックブロー
『3rd STRIKE』からの技。「レバーブロー」と逆の手で出す腹部へのボディブロー。
勝利の薔薇
『スパIV』で特殊技となった、『3rd STRIKE』でのパーソナルアクション。攻撃判定はあるものの、ダメージは0でさらに前述の追加効果も得られない。挑発に近い技となっているが、ローズの「ソウルサテライト」を消すことができる。

ターゲットコンボ[編集]

コマンドは右向き時のもの(左向き時はレバー入力を逆にする)。パンチはP、キックはKと表記する。

→弱P・中P
屈み弱K・立ち中K
→強K・立ち中K
立ち弱P・立ち中P・立ち中K
立ち中P/→中K・立ち中K・立ち強P
屈み弱K・屈み中P・屈み強P
立ち中K・立ち強K・立ち強P
立ち弱K・立ち中K・立ち中P・立ち強P

必殺技[編集]

ジェットアッパー
アッパーカットで突き上げながら飛び上がる技。相手に当てると錐揉み回転で降下していく。
マシンガンブロー
踏み込んでから素早いジャブの連打を打ち、最後にショートアッパーを打つ。
EX版はショートアッパーから、さらに逆のアッパーを繰り出し、ヒット時は吹き飛んだ相手に空中追撃を狙える。
クロスカウンター
だらりと両腕を下げたポーズを取り、このときに相手の攻撃を受けると一瞬仰け反った後にカウンターパンチを決めて反撃する。
いわゆる当て身返し技だが、相手の攻撃によるダメージは受ける。ダメージ計算が特殊な技で、受け止めた技の攻撃力+クロスカウンターのダメージを与えるため、状況次第では非常に高いダメージを叩き出すこともある。
また特殊なコマンド入力により、立ちパンチを当てた後キャンセルするより早くこの技を出すことができ、「パンチアンドクロス」と呼ばれている。
ダッキング
上半身を沈めて前進する移動技。追加入力で以下の技に派生できる。
ダッキングストレート
ダッキングからストレートを繰り出す。
ダッキングアッパー
ダッキングから2段ヒットするアッパーカットを打つ。
サンダーボルト
『2nd IMPACT』からの技。高く上空に飛び上がった後、垂直に錐揉み降下しながら拳を叩きつける。
後の『3rd STRIKE』では削除されたが『スパIV』において再び実装された。
ショートスイングブロー
『3rd STRIKE』からの技。後ろに下がった後、素早く前方に踏み込んでボディーブローを打つ。

スーパーアーツ / ウルトラコンボ[編集]

SA1(ストIII)・SC(スパIV) - ロケットアッパー
  • ストック数 [1st-2/2nd-2/3rd-2] ゲージの長さ [1st-88/2nd-88/3rd-96] (単位:ドット)
「ジェットアッパー」を2度繰り出し、そこからさらに錐揉み回転しての「ジェットアッパー」を決めるSA。相手を画面端で追い詰めたときの爆発力は高く、「ロケコン」といわれる連係が非常に強力である。
『スパIV』ではスーパーコンボとして使用。
SA2(ストIII)・UC1(スパIV) - ローリングサンダー
  • ストック数 [1st-1/2nd-1/3rd-1] ゲージの長さ [1st-112/2nd-112/3rd-112]
「ダッキング」の動作で踏み込み、デンプシー・ロールでボディブローを連打して最後にアッパーカットを決める。発動後、追加入力で相手に接触するまで「ダッキング」を繰り返す。『2nd IMPACT』では強制停止が非常に長く、あらゆる状況からコンボにつながる程の高性能であったが、『3rd STRIKE』では大幅に弱体化した。
『スパIV』ではウルトラコンボ・Iとして使用。こちらは3〜5発目のボディブローがヒットすると相手をロックし、左右の連続フックを叩き込んでからアッパーで締めくくるという演出に変化する。突進速度は速いが、「ダッキング」の移動距離やヒット数が増加することはない。
『ストクロ』でも同様の演出で使用している。
SA3 - コークスクリューブロー
  • ストック数 [1st-3/2nd-3/3rd-3] ゲージの長さ [1st-80/2nd-80/3rd-80]
腕を捻り回して打つ強烈なストレート。コマンド入力時のボタンにより踏み込む距離が変化する。ゲージが短く、ストック数も3と多い。
『ストクロ』ではクロスアーツ発動時の攻撃に本技を使用している。
UC2 - コークスクリュークロス
『スパIV』で追加された新技で、ウルトラコンボ・IIとして使用。「コークスクリューブロー」を放った後、吹き飛んだ相手に更に接近し、先ほどとは逆の腕でもう一度「コークスクリューブロー」を打ち込んで追撃する。一撃目を受けた相手はパンチの遠心力により空中に浮き上がり、凄まじい勢いで縦回転を始めた後、二撃目を受けた直後に勢い良く縦逆回転で吹っ飛ばされて壁に叩きつけられる。一撃目の「コークスクリューブロー」の根元で当たらなければ、二撃目の「コークスクリューブロー」は発動せずに技が終了する。

担当声優[編集]

  • Bruce Robertson (〜『2nd IMPACT』)。なお『2nd IMPACT』まではギルやナレーションボイスも兼任している。
  • Francis Diakewsky (『3rd STRIKE』)
  • 楠見尚己(『ストリートファイターIV』シリーズ、『ストリートファイター X 鉄拳』)

その他の登場作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c ゲーメストムックVol.81 『ストリートファイターIII ファンブック』のオフィシャル回答より。
  2. ^ 『ALL ABOUT カプコン対戦格闘ゲーム 1987-2000』電波新聞社より。

外部リンク[編集]