ローズ (ストリートファイター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ローズ プロフィール

ローズ(Rose)は、カプコン対戦型格闘ゲームストリートファイター』シリーズに登場する架空の人物。

キャラクター設定[編集]

ストリートファイターZERO』(以下『ZERO』と表記)で初登場した、ミステリアスな雰囲気を纏う女占い師。

イタリア・ジェノバに占いの店「神秘の館(パラッツォ・ミステーロ)」を構え、ジェノバでは知らない者はいないと言われるほど有名。その占いはよく当たると評判で、それゆえに逆恨みを受けることもある。ある日、目の前を通り過ぎていったリムジンに乗ったベガの邪悪なオーラ(サイコパワー)を感じ取って以来、彼の暴走を止めるべく、戦いの道を歩む。

スタイル抜群の美女であり、強くウェーブのかかった紫の長い髪と、身体に巻いたロングマフラーが特徴。物腰の柔らかい大人の女性であり、勝利台詞や話し言葉も相手を諭すような落ち着いたものが多い。

『ZERO』では、ベガを倒してサイコパワーを封印するも、力を使い果たして倒れた。『ZERO2』でもベガを倒したが、その後で不安を感じてタロットカードを引き、まだベガのサイコパワーを封印できていないことを感じる。

『ZERO3』のバックストーリーではローズの元にイタリア人の少年マッジオが行方不明の姉・アプリーレを探してほしいと尋ねてくるが、アプリーレはシャドルーに捕らわれてベガ親衛隊として活動していた。エンディングではベガと差し違えになり、ガイの救出により一命を取り留めるが、ベガの魂がローズの肉体に承継されてしまう。

『ZERO』と『ZERO2』ではローズとベガは直接の因縁はないとされている[1]が、『ZERO3』ではローズはかつてベガの弟子だったと設定された。

ストリートファイターIV』(以下『ストIV』と表記)の家庭用では春日野さくらキャミィと同じく、条件を満たせば使用可能になる追加キャラクターに選ばれている。

『ストIV』シリーズでは『ZERO』シリーズから数年の時が経っているが、変わらずジェノバで占い師を続けている。本作でのローズの設定は『ZERO3』のものが反映されており、かつてベガと戦い意識を失った後は、気が付くとシャドルーの基地の外に倒れていたと語っている。また、ローズ本人に自覚はないものの、彼女の体には、そのときにベガが注入したサイコパワーが蓄えられており、同作のエンディングにおいて、ベガによりそのサイコパワーを回収されて(奪われて)しまうような描写がある。

また、同作ではガイの協力者として登場するが、その理由としてプロデューサーの小野は「『ストリートファイターZERO』の同人誌でガイとローズが絡んでいるのを頻繁に目にしたから」と答えている[2]

ソウルパワー[編集]

ソウルパワーとは自分の精神エネルギーを力に変える超能力のこと。戦いの際には愛用のマフラーにソウルパワーを注入し武器として使用するほか、相手に幻覚を見せることも可能。

正義の心によってのみ使用することができ、邪悪な意思がこもるとサイコパワーと呼ばれるこの世に災いを及ぼす力となる[3]。ベガはこの二つの力を「同じパワー」「我ら2人にしか扱うことの許されぬ力」と呼んでおり、『ZERO』と『ZERO2』では「サイコパワーを封じることのできる力」だと説明された。

『ZERO』でのローズのバックストーリーでは、「ソウルパワーはお前にとって武器でもあり、弱点でもある」という趣旨の師匠(この人物がベガと同一人物だとは明示されていない)の発言を思い出すシーンがある。

CAPCOM FIGHTING Jam』のエンディングではソウルパワーを使い、パイロンをタロットカードに封印した。

キャラクターの性能[編集]

飛び道具、突進技、対空技などの必殺技を一通り持ち合わせており、基本的にはバランスの取れたキャラクターといえるが、技の性質や操作性は独特なものが多い。

ローズは、マフラーを使った特殊な攻撃が多いのが特徴で、このマフラーは体の一部ではないため、相手に攻撃されてもダメージを受けないという利点が存在する。

そのため相手の攻撃とぶつかり合った場合は一方的にダメージを与えることが可能だが、全体的に攻撃動作が大振りで隙が大きいという弱点もある。

技の解説[編集]

投げ技[編集]

ソウルドレイン
相手の頭に倒立し、オーラを流し込んでダメージを与える。掛けている最中に相手がレバガチャを行うと、ダメージが軽減される。
ソウルフェイド
「ソウルドレイン」の空中版。『ZERO3』と『CAPCOM FIGHTING Jam』で使用する。
ソウルフォール
『ストIV』の通常投げ。相手を掴んで青い炎で包んだあと前方へ叩きつける。
ソウルループ
『ストIV』の後方投げ。相手を掴んで青い炎で包んだあと背後へ叩きつける。

特殊技[編集]

スライディング
前方への滑り込み蹴り。遠くから出して技を当てると隙が減るうえに、スーパーコンボなどで相手の出した反撃を潰すことも可能。
ソウルピエーデ
『ZERO2 ALPHA』にて追加された特殊技。立ち強キックの「ソウルカルカーニョ」を出した後に前進する。攻撃後の隙は大きい。「ピエーデ」はイタリア語で「足」、「カルカーニョ」は「かかと」の意。

必殺技[編集]

ソウルスパーク
前方にマフラーを伸ばしつつ、先端からソウルパワーの気弾を撃ちだす飛び道具。マフラーに攻撃判定はないものの、触れた相手を押し返す効果がある。
後述する「ソウルリフレクト」で相手の飛び道具を吸収した場合、次の一回分だけ威力が強化される。
ソウルリフレクト
ソウルパワーをまとったマフラーをすばやく振る。打撃技として使う以外にも、相手の飛び道具を吸収したり跳ね返したりする効果を持つ。
飛び道具を吸収すると吸収した回数に応じて1発だけ(例外あり)「ソウルスパーク」「オーラソウルスパーク」の威力が上昇する。
ただしダンの「震空我道拳」を除くスーパーコンボ系飛び道具は1発分しか吸収・反射できない。コーディーの「バッドストーン」は消すだけに終わる(『ZERO3』でのロレントの「スティンガー」は吸収・反射可能)。
『ZERO2』では、この技の弱で飛び道具を吸収するごとに、次に放つ「ソウルスパーク」の威力が上昇する(最大7回まで)という特殊な効果があり、この状態でオリジナルコンボを発動して「ソウルスパーク」を使用すると、そのオリジナルコンボ中のみ吸収した分の威力のままとなる。最高の7回まで吸収した状態でオリジナルコンボを発動し、「ソウルスパーク」を当てつづければ相手の体力を一気にゼロにすることも可能。
ソウルスルー
飛び上がって空中の相手を掴みにいき、捕らえた相手を地面に投げ落とす。
『ZERO』では出際に無敵時間があり、対空技としても機能した。地上の相手には無効。
ソウルスパイラル
『ZERO2』にて追加された技。ソウルパワーをまとったマフラーをらせん状に腕に絡ませ、前方へ踏み込みつつ突き出すように攻撃する。『ZERO2』では「ソウルイリュージョン」を使用中に当てると、威力の上昇が顕著になる。
中平正彦の漫画『ストリートファイターZERO』でベガに対して使用する描写がある。

スーパーコンボ[編集]

オーラソウルスパーク
「ソウルスパーク」を強化した技。レベル1は複数ヒットする密度の高い「ソウルスパーク」を放つだけだが、レベル2は前方へ滑るように突進しつつ連続攻撃を決めて最後に「ソウルスパーク」を放つ。レベル3になると「ソウルリフレクト」の動作を行ってから多段ヒットする「ソウルスパーク」を放つ。レベル3の「ソウルリフレクト」部分はスーパーコンボの飛び道具も反射可能。
こちらも「ソウルスパーク」同様「ソウルリフレクト」の吸収能力を使うことで、ダメージのアップが可能。『NAMCO x CAPCOM』では上記のレベル2のものが「オーラソウルスパークLV3」として使用されているほか『ストIV』シリーズではレベル1のものがスーパーコンボとして使用されている。
オーラソウルスルー
「ソウルスルー」を強化した技だが、レベルごとの変化が激しい。レベル1は無敵時間のある「ソウルスルー」(初代『ZERO』の「ソウルスルー」と性能はほぼ同じ)を放つもので、無敵時間はシリーズが進むにつれて短くなった。レベル2はしゃがみ強パンチの「ソウルリフト」を叩き込んで相手を浮かせたのち、「ソウルスルー」で捕えるもの。レベル3は最初に掌底を叩き込んで「ソウルリフト」で打ち上げてから「ソウルスルー」で止めを刺す。最後の「ソウルスルー」を食らった相手は、青白く燃えるオーラに包まれながらダウンする。『ZERO3』でのローズのX-ISM対応スーパーコンボである。
ソウルイリュージョン
ローズ自らの分身を作りだす。分身は本体と同じ行動を取り、攻撃が当たれば相手に連続でダメージを与える。レベルが高いほど分身が出ている時間も延びる。分身の攻撃値はそれぞれ専用の数値であり、空中連続ヒット効果を持つ。また、飛び道具と投げ技は分身の影響を受けない。
この技を発動すると、分身が消えるまでは相手の攻撃をくらうことを除いて、どんな技を出してもローズのスーパーコンボゲージは増えなくなる。

ウルトラコンボ[編集]

UC1 - イリュージョンスパーク
前方にマフラーを伸ばして、ヒット時は相手をロックしてダメージを与える技。技が成功するとマフラーを相手の腕に巻きつけた後、大量のソウルパワーを直接注入する。
相手を掴むタイプの技だがガードは可能。発生は遅いが、リーチの長さと無敵時間に優れる。なおマフラーには飛び道具を掻き消す効果がある。
UC2 - ソウルサテライト
ソウルパワーで球体を作り出し、一定時間ローズの周りを飛び回るサテライト=衛星を2つ出現させる。
この球体は攻撃力は高くないものの攻撃判定を持ち、接触した相手にダメージを与えることができるため、攻撃にも防御にも使えるサポート的な役割を果たす。2つの球体は、一度でも相手に接触したり、相手の放った飛び道具を相殺したりした時点で消滅する。

その他の技[編集]

タロットカード
『NAMCO x CAPCOM』での攻撃技。魔力属性を持ったカードを相手に投げつける。

担当声優[編集]

  • 宮村優子(ストリートファイターZERO、ZERO2)
  • 田中敦子(CAPCOM FIGHTING Jam)
  • 根谷美智子(ストリートファイターZERO3、NAMCO x CAPCOM)
  • 折笠愛(OVA『ストリートファイターZERO - THE ANIMATION -』)
  • 渡辺明乃(ストリートファイターIV、鬼武者Soul)

登場作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ゲーメストムックVol.47『ギャルズアイランド スイートメモリー』の開発者インタビューより。
  2. ^ 『ストリートファイターIV/スーパーストリートファイターIV オフィシャルコンプリートワークス』より。
  3. ^ 『ALL ABOUT カプコン対戦格闘ゲーム 1987-2000』電波新聞社、p313、323。

関連項目[編集]