剛拳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

剛拳 プロフィール

剛拳(ゴウケン、Gouken)は、カプコンの開発・販売する対戦型格闘ゲームストリートファイター』シリーズに登場する架空の人物。ゲームでは『スーパーストリートファイターII X』からキャラクター設定が存在し、各種メディアミックスでも何度か描かれていた。『ストリートファイターIV』においてゲーム本編に初登場。

概要[編集]

『ストリートファイター』シリーズの主人公格であるリュウケンの師匠で、豪鬼の兄。

ストリートファイターII』(1991年)のコミカライズ作品『ストリートファイターII -RYU』(神崎将臣、1991年 - 1994年、ファミリーコンピュータMagazineに連載)に登場したのが初出で、単行本1巻に収録された設定資料にはカプコンによるラフスケッチが見られる。

その後、2008年に稼働した『ストリートファイターIV』(以下『ストIV』と表記)において、初めてゲーム本編で動くキャラクターとして登場。アーケード版では1人用ゲームで条件を満たすと最終ボス戦後に登場するCPU専用の敵キャラクターであり、家庭用移植版では条件を満たすと隠しキャラクターとして使用可能である[1]。バージョンアップ版の『スーパーストリートファイターIV』(以下『スパIV』と表記)では最初から使用可能であり、隠しボス版として服の色が異なる強化版も登場する。

『ストIV』における剛拳のテーマ曲はリュウのテーマ曲のアレンジ版。ボスキャラクター版剛拳のテーマ曲は豪鬼のテーマ曲のアレンジ版となっている。

日本国外版での豪鬼の名称は「Akuma(悪魔)」に変更されているが、剛拳は豪鬼[2]より早く初出していたため、変更されていない。アシスタントプロデューサーの塩沢夏希によると、「Akumaと変更されてしまったために、豪鬼・剛拳・轟鉄で「GOU」シリーズという関係性が分からなくなったデメリットがある」と語られている。[3]

キャラクターの設定[編集]

鍛え抜かれた肉体を持つ屈強な老人。背中に「」の文字を背負った胴着を着、首から巨大な数珠を提げ、足は雪駄履き。頭髪は後頭部を残して禿げ上がり、顔中にヒゲを生やしている。『ストリートファイターII -RYU』ではベガに殺害され、リュウが師の仇を追ってベガと戦う筋書きになっている。

1994年に稼動した『スーパーストリートファイターII X』(以下『スパIIX』と表記)からはゲームのバックグラウンドに剛拳の存在が公式に設定された。師匠の轟鉄(ゴウテツ)から受け継いだ暗殺拳を洗練して、格闘術として完成させてリュウとケンに伝授。隠しキャラクターとして登場する豪鬼は剛拳の実弟であり、轟鉄を師とする兄弟弟子でもある。

ストリートファイターZERO』(1995年)の豪鬼のエンディングでは豪鬼の回想に現れ、轟鉄とともに倒されたと語られている。このときから左眉の上に大きな十字の傷が描かれるようになった。同作のベガのバックストーリーではベガと対峙するが、己の拳の極意を悟らせないためにあえて波動の力を使わず戦い敗れている。『ZERO2 ALPHA』では、殺意の波動に目覚めたリュウが豪鬼を「師の仇」と呼んでおり、剛拳が豪鬼に殺害されたことを示唆している。

なお、かつてはダンも弟子にしていたが、彼が父親を殺したサガットへの復讐心を捨て切れていないことを拳から感じ取り、破門にしている。この時に「今まで身に付けた格闘術を悪用されぬために、破門者の拳を破壊し、格闘家として再起不能にする」という鉄の掟を彼に施すことはなかった。そんな彼を豪鬼は「格闘家としては甘い」と評しているが、それは彼の優しさゆえであり、それが弟子のリュウとケンを始めとする多くの格闘家に敬慕される所以である。

ゲームキャラクターとしての剛拳[編集]

細かい部分で従来の作品との差異が存在するが、「豪鬼との戦いに敗れ、倒れた」「無の拳」などの基本的な設定は受け継がれている。

外見デザイン上は筋肉隆々の白い髭を蓄えた老人となり、後頭部の白髪は長く伸び先端を縛ってまとめている。濃い灰色の胴着は右半分が破れてなくなり袈裟のようになっている。胴着のズボンは白(ただしCPU専用豪鬼は上下とも胴着・ズボンともに濃い灰色)。帯は豪鬼のように荒縄を締めており、両手両足にはレガースや履物などは身につけていない。

厳しいながらも心優しい老人であり、弟子たちの成長を何よりの楽しみとしている。対戦相手に対しては対戦後、相手を諭すような台詞が多く、僧侶であるダルシムムエタイの帝王サガットには敬意を持って接する。また、豪鬼に対しては「人にも鬼にもなれない甘い男」と語っている。なお春日野さくらは彼を「リュウにすごく似ているが、それよりもっと大きい」と評している。

『ストIV』では「意識回復に時間が掛かったため、(リュウとケンに)死んだと思われても仕方なかった」と本人が語っており、豪鬼に負けはしたものの死んではいなかったと判明した。また、これらの新たな設定をもとに、『ストリートファイターII -RYU』の作者である神崎将臣による短編漫画『復活 RYU-After-』も描かれた(他のメディアにおける剛拳を参照)。

『ストIV』のエンディングは、リュウが豪鬼と闘うことで殺意の波動に目覚めてしまうことを危惧し、事前に「無の拳」で殺意の波動を封印した後で、殺意の波動を嗅ぎつけてきた豪鬼と対峙する内容になっている。『スパIV』のエンディングでは、いまだにリュウとケンから師匠として尊敬されていることが伺え、二人が一人前の格闘家になったことを認めた剛拳は再び姿を消そうとするが、彼らの追跡に遭い失敗している。また、同作のエンディングで語られている水汲みの様子は家庭用版『ストIV』公式サイトのノベルで描かれている[4]

『スパIV』では殺意の波動に目覚めたリュウと狂オシキ鬼のライバルキャラクターとしても登場。殺意の波動に目覚めたリュウでは「真の死合」を求める彼を命懸けで制止し、狂オシキ鬼では自身の手で葬ろうとするが、いずれも撃破され最後は殺害されている。

無の拳/無の波動[編集]

剛拳が辿り着いた波動の境地であり、豪鬼の殺意の波動に対抗する剛拳の波動である。『ストIV』のリュウのプロローグによると「全てを無に還す拳」で、リュウが目指し、越えるべき境地でもあるという。無の波動による無の拳の詳細については不明だが、本人および豪鬼のエンディングでは、殺意の波動を封印する力を持っていることが示唆されている。

キャラクター性能[編集]

リュウやケンが共に師事し、豪鬼とは共に轟鉄に師事した同門の出という設定から、使用する技は彼らと似たものが多い。ただし一部の技に独自のアレンジが加えられており、まったく性質が異なる技になっているものも少なくない。代表的なものとして「昇龍拳」を禁じ手とし、必殺技として使用しない(スーパーコンボ・ウルトラコンボでのみ使用)ため、対空攻撃は「波動拳」と「竜巻旋風脚」を変化させたもので代用していることが挙げられる。

キャラクターの特徴としては相手を空高く打ち上げ、落ちてきたところに追撃を決めることを得意としており、リュウたちのようないわゆる「波動昇龍系」というよりも、コンボや連続技に特化したキャラクターであるといえる。また、正面から斜め上空にまで撃ち分けられる「剛波動拳」や、相手の攻撃を受けてから発動するカウンター技を使えるなど、駆け引きや先読みを重視した戦い方も特徴。反面、全体的に攻撃後の隙が大きいものが多い。

豪鬼以上の老齢ながらも、その巨体に違わず体力値や気絶耐久値はリュウやケンと同等の値を誇り、豪鬼と比較すると打たれ強い部類に属する。また、『ストIV』では唯一セービングアタック以外の「カウンター技」を使うことができるキャラクターであった。

技の解説[編集]

通常投げ[編集]

雷光投脚
相手を背負い投げで地面に叩きつけ、跳ね上がってきたところに蹴りを突き込む。相手は前方に大きく吹き飛ばされる。
天颪
相手の足を掬うようにして抱え込んだ後、大きく上空へ放り投げる。
この技自体に攻撃力はないが、相手は無防備な状態で落下してくるため空中追撃が可能。
反面、その分一般的な通常投げよりも技の発生が遅く、投げ抜け猶予時間が長めに設定されているため投げ抜けされやすいという欠点もある。

特殊技[編集]

鎖骨砕き
しゃがみガード不能=中段判定の手刀を振り下ろす。リュウの使用する「鎖骨割り」とは別の技。
天魔空刃脚
前方ジャンプ時に使用可能な鋭角の急降下蹴り。基本的な性能は豪鬼のものと同じだが、構えが異なる。

必殺技[編集]

剛波動拳〔ごうはどうけん〕
掌に溜めた気を飛び道具として片手で放つ、剛拳独自の「波動拳」。
通常の「波動拳」と違って、ボタンの強弱で弾の速度ではなく発射する角度が変化するのが特徴で、前方正面から斜め上空まで撃ち分けることができる。また、ボタンを押し続けることで溜め撃ちが可能で、最大まで溜めてから放つことで技の威力を上げられる。なお『スパIV』の隠しボス版は溜めなくても最大状態の弾を撃ってくる。
EX版では、両手で前方と斜め上に向かって弾を発射する2連発になる。
閃空剛衝波〔せんくうごうしょうは〕
片足で爪先立ちになり地面を滑るようにして前方へ移動した後、片手で掌打を突き込む。アーマーブレイク属性付きで、ヒット時は相手を大きく吹き飛ばす。
移動時の動作は豪鬼などが使用する「阿修羅閃空」に近く[5]、「阿修羅閃空」同様、無敵時間も存在する。そのため相手の攻撃をすり抜けながら接近し、攻撃することも可能。
EX版では両手を使った2連撃になり、2撃目の突き上げ掌打で相手を高く浮かせることができる。
竜巻剛螺旋〔たつまきごうらせん〕
上段回し蹴りから垂直に飛び上がる「竜巻旋風脚」に移行する対空技。ヒット時は相手を巻き上げながら上昇していき、最後に蹴り飛ばす。
技の性質は豪鬼の使用する「滅殺豪螺旋」に近く、ケンの使用する「疾風迅雷脚」の後半部分でも似た動作がある。威力は大きいが、技を終えて落下している間は無防備になるため隙も大きい。
当初発動時のボイスは「竜巻旋風脚」だったが、後の『スパIV』で「竜巻剛螺旋」に変更されている。
EX版は、ヒット時に相手を巻き込んで左右に振り回しながら上昇していくようになり威力が増加する。
空中竜巻旋風脚〔くうちゅうたつまきせんぷうきゃく〕
空中で「竜巻剛螺旋」のコマンドを入力するとこの技に変化。こちらはリュウとケンの使用するものと同じく「竜巻旋風脚」系統の技だが、彼らの使用する同名の技と違い、重力や慣性を無視して必ず真横へ飛ぶのが特徴。
EX版は技中に任意で左右に移動できる。
金剛身〔こんごうしん〕
発動と同時に構えを取り、このとき対応した部位に相手の攻撃を受けると、即座に腕を振り下ろして反撃する当て身技
発動時のボタンによって対応できる高さが異なり[6]、失敗すると相手の攻撃をそのまま受けてしまう。EX版はどの高さにも対応可能。
技の最中はセービング(ハイパーアーマー)状態になるため、攻撃を受け止めた場合は自身も一時的にダメージを受ける。また、高さが合えば飛び道具に対しても反撃できるが、通常版もEX版も投げ技やアーマーブレイク属性の攻撃には無力。
百鬼襲〔ひゃっきしゅう〕
空中へ飛び上がり、そこからボタンに応じた攻撃を繰り出す奇襲技。豪鬼が使用するものと同じ技だが、豪鬼の「百鬼豪衝」の代わりに「百鬼剛壁」が使用可能。
EX版は相手の位置をサーチして跳びかかるようになり、出始めに無敵判定が付与される。
百鬼剛斬〔-ごうざん〕
着地時にその場で足払いを放つ下段技。「百鬼襲」後、何も追加入力がないと自動で発動する。
ヒット時は相手を転倒ダウンさせる。
百鬼剛壁〔-ごうへき〕
空中で身構え、相手の攻撃を1回だけ耐えることができる防御技。着地と同時に技は終了するが、着地した瞬間には若干隙がある。
セービングアタックと同じ扱いで、空中投げやアーマーブレイク属性の攻撃には無効。
百鬼剛刃〔-ごうじん〕
「天魔空刃脚」に似た急降下蹴りを放つ。
ヒット時は相手を強制的に立たせる効果を持つほか、必殺技扱いのため「天魔空刃脚」と違ってガードされても体力を削ることが可能。
『スパIV』では豪鬼の同名の技とともに、下段ガード可能に変更されている。
百鬼剛砕〔-ごうさい〕
着地地点にいる地上の相手を掴んで投げる技。投げ技のためガード不能だが、空中にいる相手には決まらない。
相手の頭部を掴んでその顔面に膝蹴りを叩き込み、再度跳び上がって手刀を打ち込んで叩き伏せる。

スーパーコンボ[編集]

禁じ手・昇龍拳〔きんじて・しょうりゅうけん〕
禁じ手として自ら封印していた「昇龍拳」を放つ。その場で大きく1歩退き込んでから、通常とは逆の腕で画面手前側を向くようにして放つのが特徴。
リーチは短いが威力は高めで多段ヒットする。また、発生は遅いものの無敵時間に優れる。

ウルトラコンボ[編集]

UC1 - 真・昇龍拳〔しん・しょうりゅうけん〕
「禁じ手・昇龍拳」の強化版で、リュウが使用する「真・昇龍拳」と相似である技。
最初に繰り出す「昇龍拳」が根元でヒットすると固定演出に移行し、逆の腕でもう一度「昇龍拳」を繰り出して追撃する。最初の根元で発生する攻撃判定が当たると鳩尾を、その後にもう片方の拳で顎にアッパーを叩き込み、そのまま飛び上がって相手を上空に吹き飛ばす。
なお初段がヒットしなかったときは多段ヒットする「昇龍拳」となり、威力が低下する(クリーンヒット時の70%程度)。
UC2 - 電刃波動拳〔でんじんはどうけん〕
同じくリュウが使用する「電刃波動拳」と相似である技。『スパIV』で追加された技で「ウルトラコンボ・II」として実装。
両掌を合わせ、その間に気を溜めた後、前方に電気を帯びた「波動拳」を放つ。「剛波動拳」同様溜め撃ちが可能で、発動後にボタンを押し続けることで最大5段階まで技の威力を上げられる。また、ウルトラコンボの中では例外的に相手の気絶値を増加させられるのが特徴で、ヒット時だけでなくガードされた場合でも若干の気絶値を与えることができる。
威力は「真・昇龍拳」よりも低いものの、ヒット時は吹き飛んだ相手が画面端にぶつかり跳ね返ってくるため追撃が可能。
リュウの使用する同技は、殺意の波動の気と自身の気を層状に練り対流を起こすことで帯電させているといわれており[7]、対極の存在である無の波動を使う彼が、本技を使用可能な理由は不明。

他のメディアにおける剛拳[編集]

初出となった『ストリートファイターII -RYU』以外では中平正彦によるコミカライズでも剛拳が多く描かれている。

漫画『ストリートファイターZERO』(1995年)では、少年時代のリュウとケンとともに回想シーンに登場する。同作ではゲームでの設定とは異なり、暗殺拳を格闘技へ昇華させたのは轟鉄とされている。また、「昇龍拳」を禁じ手とする設定も登場しており、そうと知らずに「昇龍拳」を放ったリュウを剛拳が厳しく叱責する場面も描かれた。おまけ漫画『その後の談(ダン)』では剛拳の墓が登場しているが、豪鬼とダンに破壊されている。

『ストリートファイターZERO 外伝 〜春麗旅立ちの章〜』のドラマCDでは春麗の父・介臣[8]と格闘のライバルでもあり友人という設定で、この繋がりがきっかけとなり、介臣を探す春麗が剛拳のいる寺に向かった時にリュウと出会う。この後、剛拳と介臣の2人を知っている爺さんと師匠のことを知っているリュウから、闘いで未熟だったベガから介臣が倒した後、サイコパワーで強化されたベガがリュウとケンの目の前で剛拳に戦いを挑んだが、剛拳が「波動拳の極意」を見破られないために、この技を封じ敗北している[9]。さらに、この戦いの直後に介臣がカンフーを辞めたエピソードが語られている。このCDでは「ゴウケン」という記述になっている。

ストリートファイターIII』のコミカライズ『RYU FINAL』(1997年 - 1998年)では、剛拳と豪鬼の一騎打ちで山野が崩れ、森がなぎ払われる激しい戦いが描かれた。豪鬼が勝利した後、剛拳の数珠を持ち去っている。

UDONによるアメリカンコミック『ストリートファイター ザ・コミック』では豪鬼に殺害されている。墓には数珠がかけられていたが豪鬼によって奪われた。リュウの回想にも登場し豪鬼と戦っているが、その時は勝利を収めている。

OVA『ストリートファイターZERO ジェネレーションズ』ではゲームやコミカライズとは風貌が異なる。この作品では豪鬼と共に若き日の姿が描かれている。

『ストリートファイターIV』発売後に発行された『ストリートファイター アート・コミック・アンソロジー』において、『ストリートファイターII -RYU』の作者である神崎将臣の短編漫画『復活 RYU-After-』が描かれ、剛拳が登場している。同作において剛拳の生死については「殺意の波動をまともに受けて遺体が残らなかったと勘違いした=剛拳の死を確認したわけではなかった」とされており、剛拳の墓も実際に遺体が埋葬されているわけではなく「剛拳が最期を遂げたとされる廃寺が墓の代わり」ということになっている。

その他[編集]

  • 『ストIV』稼動前の2008年4月1日には、公式ブログにて「シェンロン」と呼ばれる新キャラクターがシルエットだけ公開された[10]。これはエイプリルフールのジョーク記事だった[11]が、シルエットには『ストIV』の剛拳が使用されている。シェンロンとは主に英語圏のプレイヤー間で都市伝説的に存在が噂されていたキャラクターで、『ストリートファイターII』でリュウの台詞中にある「昇龍拳」の「昇龍」を中国語読みの「Sheng Long」と誤訳したことがきっかけで発生し[11]、ゲーム誌 Electronic Gaming Monthly のエイプリルフール記事に何度か取り上げられて定着した。また、一部の作品ではリュウ達の師匠が「Sheng Long」として記載されるなど、剛拳と同一の存在として扱われることもあった。
  • 『ストIV』で隠しボスキャラクターとして登場した後にプレイヤーキャラクターになった剛拳ではあったが『ストIV』における剛拳自体の登場は、アーケード版稼動に先駆けて公開されたアニメーションムービー『オリジナルアニメーション1 feat.リュウ』の方が先である。ムービー中では、かつて行われた豪鬼との戦いの様子が描かれているほか、ムービーラストでは死んだはずの剛拳と思しき男が、拳を突き上げて滝を穿つ姿で締めくくられており、後のゲーム本編での登場を匂わせる演出がなされていた。
  • 『ストIV』開発時にイケノにより起こされた剛拳のラフ案には「ゴウケン生きてた説」と書かれていて、左目と左鎖骨部に豪鬼による大きな傷跡が描かれているがゲームでは採用されていない。

声優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ STREET FIGHTER IV (ストリートファイターIV):PLAYSTATION3/Xbox 360版
  2. ^ 豪鬼の初登場は1994年の『スーパーストリートファイターII X』。
  3. ^ スーパーストリートファイターIV・オフィシャルブログ『質問に答えちゃうシリーズ(11)』より。
  4. ^ 家庭用版公式サイト・ストリートファイターIV・ビギニング(剛拳)より。
  5. ^ ストリートファイターEX』シリーズの「阿修羅閃空」の構えとほぼ同じもの。
  6. ^ 『ストIV』と『スパIV』では高い位置と低い位置の2段階、『スパIV・AE』ではそれらに加え、その中間の位置への3段階。
  7. ^ ゲーメストムック『ストリートファイターIII ファンブック』のオフィシャル回答より。
  8. ^ 実際は「ワン・カイシン」と名前を言っているが、ブックレットには正確な名前が記述されていない。
  9. ^ この時に喰らった技はヘッドプレス。
  10. ^ 公式ブログ4月1日
  11. ^ a b 公式ブログ 4月2日の記事

参考文献[編集]

関連項目[編集]