ロレント (ファイナルファイト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロレント プロフィール

ロレント (Rolento) は、カプコンベルトスクロールアクションゲームファイナルファイト』シリーズ、および対戦型格闘ゲームストリートファイターZERO』シリーズなどに登場する架空の人物。

本項では『ストリートファイターZERO』(以下『ZERO』)シリーズのロレントを基本として記述する。

キャラクターの設定[編集]

犯罪組織マッドギアの元幹部。爆薬や銃火器の扱いに精通した白兵戦のプロで、かつては特殊部隊レッドベレーに所属していた傭兵であった。カーキ色の軍服と赤いベレー帽姿で、顔には斜めに大きな傷跡があるのが特徴。一人称が「吾輩(我が輩)」など、口調も軍人然としたものである。フルネームはロレント・F・シュゲルグ[1]で、出生は西ドイツ[1]。現在はアメリカニューヨークを拠点にしている。

マッドギア壊滅後には、アメリカの国民全てを軍人とすることで、究極の国防と完璧な平和を実現するという理想を持つ。その実現のために新生マッドギアを樹立することを目標とし、元構成員のエルガド(髭を生やした中東系の男)やハリウッド(赤いベレーの男)と共に世界中を回り部下集めに奔走している。

「勝利のためには手段は問わない」という信条があり、手持ちのロッドや手榴弾、ナイフなど武器の類を多く用いている。そのやり口が卑怯と取られることがあり、『ストリートファイターZERO3』(以下『ZERO3』と表記)では春麗から「ベガと思想が同じ」、フェイロンから「狡猾だ」と言われている。本人は『ストリートファイターZERO2』(以下『ZERO2』と表記)の勝利メッセージで「卑怯者という言葉は負け犬から聞ける最高の賛辞である」としている。

『ZERO3』では、かつて敵対していたコーディーの実力に目を付けて勧誘しようとしたが、彼の堕落ぶりに落胆して諦めている。その後シャドルーのサイコドライブを奪うためベガと戦うが、エンディングでは「洗脳による統治など愚の骨頂」としてサイコドライブを破壊した。その後、マッドギア時代の同僚・ソドムが現れて「ロレントの夢である完璧な平和をどうやって果たすのか見てみたい」と言い、ロレントは彼を「同志」と呼び、理想の国家、完璧なる平和を築くと宣言した。一方ソドムのエンディングでは、ベガのサイコドライブに命をかけて突撃したソドムの生存を信じた。

『ZERO』のソドムのエンディングにて、ブレッド、J、ワン・フー、ポイズン、アンドレ、ダムドらとともに登場している。なお、彼とワン・フー以外のキャラクターは『ZERO2』のガイステージの背景にも登場。『ZERO2』のホームステージはニューヨークで、『ファイナルファイト』の彼の登場ステージと似たゴンドラになっている。このステージはエレベーター式になっていて、2ラウンド目以降は上昇して行く。また、背景には富士通の広告がある。BGMは『ファイナルファイト』において彼が登場するステージ4ではなく、ステージ5のBGMのアレンジとなっている。『ZERO3』のホームステージは迷彩塗装を施した地下鉄。背景では戦車などが輸送されている。

『ファイナルファイトリベンジ』(以下『リベンジ』と表記)では部下であるエルガドの家族を殺害したと設定されており、エルガドのエンディングにおいて隙を見せたために彼の復讐の刃を受けるところで終わる。なお、同作のマイク・ハガーのエンディングは『ZERO2』のロレントのエンディングに近い内容になっている。

ストリートファイターEX』シリーズのドクトリン・ダークのストーリーでは、ロレントの部隊はダークの所属していたガイル直属の部隊を壊滅させ、ダークに重傷を負わせている。これによりダークの性格が一変し、ガイルとロレントに対し復讐を目論むようになった。

ウルトラストリートファイターⅣ』(以下『ウルⅣ』と表記)ではS.I.N.が開発した能力強化装置の情報を得て、軍備拡張の為に強奪を計画している。

他社とのクロスオーバー[編集]

CAPCOM VS. SNK 2 MILLIONAIRE FIGHTING 2001』(以下『CvS2』と表記)では八神庵に「狂信者」呼ばわりされ、チャン・コーハン&チョイ・ボンゲからは「キム・カッファンより危険な目をしている」と言われている。また、『CvS2』ではハイデルンが率いる特殊部隊を自身の配下にするために接触を目論むが失敗に終わる(なお、『CvS2』のナイロビステージの背景にはハイデルンの特殊部隊のメンバーが登場する)。

SNK VS. CAPCOM 激突カードファイターズ』全シリーズ(トレーディングカードゲーム版も含む)ではプレイヤーキャラクターカードとして登場している。

ストリートファイター X 鉄拳』(以下『ストクロ』と表記)では「パンドラの箱」を破壊するために、いぶきに協力を要請する。

『ファイナルファイト』でのロレント[編集]

ステージ4のボスとして登場。エレベーター内で決戦を挑む。序盤は部下のエルガドに加えて、ポイズンアンドレなどが攻撃し、自身もエレベーターの外にある梯子を上りながら手榴弾で攻撃してくる(その一方で回復アイテムや武器がゴンドラの上から落ちてくる)。エレベーターが頂上まで着くと、ロレント自身もエレベーターの中に降り、プレイヤーキャラクターと直接の勝負となる。

残像がつくほどの素早い動きが特徴で、プレイヤーが油断していると棒による攻撃や飛び蹴り、投げによって体力を一瞬で削られてしまう。また、体力が少なくなると縦横無尽に駆け回りながら大量の手榴弾で攻撃してくる。倒された時には自らに向かって投げた手榴弾によって自爆するが、この時の爆風に当たり判定は無いため、プレイヤーキャラクターが近くに居てもダメージを受けない。

ロレントの出現するステージ4は容量の問題によりスーパーファミコン移植版(『ファイナルファイト・ガイ』も同様)では削除されている。後に『ファイナルファイト2』にもステージ5のボスとして登場する。

ゲームボーイアドバンス移植版である『ファイナルファイト ONE』ではステージ4が移植されており、ロレントも登場する。ソドムと同様に『ZERO3』と同じ顔グラフィック、口調で主人公との会話デモがある。隠しキャラクターである『ZERO3』バージョンのコーディーとのデモでは、スーパーファミコン版でステージ4がカットされていたことに関して「警察官(ステージ3のボス、エディ.E)をぶっ倒した後、そのまま海沿いを歩いた」とコーディーが言及し、ロレント自身は彼に全く話を聞いてもらえないという一幕もあった。

キャラクターの特徴(『ZERO』シリーズ以降)[編集]

ロッドを使った攻撃はリーチは長いが、連射可能な技がなく、もっともスキの少ない弱パンチでもシリーズによっては連続ヒットすることはない。防御力が低いうえに反撃に有効な技が少ないため、相手と直接殴り合うのは苦手。また、通常のジャンプも遅い。必殺技には普通に攻撃するものよりも、通常より高く遠くへ飛ぶハイジャンプや、「メコンデルタアタック」のような奇襲的な性質のものが多い。そのため、とくに空中での機動力は高い。

攻撃力はそれほど低くはなく、連続入力技の「パトリオットサークル」は連続技に組み込むことで威力を発揮する。スーパーコンボの「テイクノープリズナー」や「マインスイーパー」はクリーンヒットすれば大ダメージを与えることができる。とくにLv.3の「テイクノープリズナー」は、遠距離で飛び道具を出した相手に使うことで絶大な効果を発揮する。

技の解説[編集]

投げ技[編集]

カーネルキャリア
相手を掴んで投げ飛ばす。受け身を取られても相手より先に動くことができる。
デッドリーパッケージ
相手に手榴弾を巻きつけ、素早く後方へ飛ぶと同時に爆破させる。受け身を取られると手榴弾が爆発せず、全くダメージを与えられない(『ZERO3』ではわずかに与えられる)。
フェイタリティーパッケージ
『ZERO3』で追加された空中投げ。空中の相手を捕えて手榴弾を体に引っ掛け、爆発させる。

特殊技[編集]

フェイクロッド
体を浮かすようにしてロッドを垂直に立てる。相手の投げ技や足元への攻撃を回避できるが、隙が大きい。
スパイクロッド
空中でロッドを下に突く。この技を使用すると、ジャンプの軌道が変わる。
トリックランディング
ロッドを使って跳ねる。ジャンプの着地直前に使用可能。

必殺技[編集]

パトリオットサークル(パトリオットストライク)
ロッドを高速で回転させて攻撃する。連続入力技であり、3回まで入力可能。3回転目の攻撃後は前方へ大きく踏み込むが、隙がより増大する。『ZERO3』からはコマンドごとに若干前進するようになった。
『リベンジ』ではロッドを回転させない「パトリオットストライク」に変更されている。
スティンガー
最初にコマンドを入力するとナイフを持って垂直に飛び上がる。飛ぶ高さは押したキックボタンの威力が強いほど高くなる。その後、キックボタンを押すとボタンに応じた方向にナイフを投げる。キックボタンの威力が高いほど、ナイフを投げる際の角度は鈍角となる。飛び道具だが、ナイフは相手の攻撃判定とも打ち消し合うため、パンチなどで打ち落とされてしまう。
ローズの「ソウルリフレクト」で吸収・反射されることはないが、『ZERO3』では攻略本などに記載されている情報とは違い、吸収・反射されるようになった。
メコンデルタアタック
後ろに宙返りして攻撃を避け、ボタンを押すと高速で前転して攻撃。
メコンデルタエアレイド
後転して距離をとり、ボタンを押すと前方に飛び上がってロッドを叩きつける。ジャンプ強パンチとよく似たモーションだが、『ZERO2』では相手がしゃがんでいると当たらない。
メコンデルタエスケイプ
後ろに大きくジャンプして三角飛びする。三角飛び後は通常のジャンプと同様の行動が取れる。ただし『ZERO3』ではいくつかの制限を受ける(空中投げやスパイクロッドが出せない)。『ZERO2』(『ALPHA』含む)ではジャンプのスピードが異常に早かったが、『ZERO3』ではスピードが遅くなり相手が移動中の場合は三角飛びが発生しないことが起きるようになり性能が弱体化した。
スカイダイバー
『リベンジ』でのみ使用する突進技。体を丸めて回転しながら、空中から急降下する。
ハイジャンプ(スカウタージャンプ)
下→上or前方上に入力すると前方へ、下→後方上に入力すると後方へ通常よりも鋭く距離の長いジャンプを行う。
 『CvS2』では「スカウタージャンプ」に名称が変更され、前述の入力で大ジャンプを行うため、コマンドが変更されている。
なお、『ZERO3』のX-ISMでは通常のジャンプがなく、ジャンプが常にハイジャンプとなる。

スーパーコンボなど[編集]

テイクノープリズナー
地面からワイヤーを引っ張り、ワイヤーが命中するとワイヤーが相手の首に結ばれ、上にいるハリウッドが持つフックにワイヤーを引っ掛けて相手を首吊りにする。レベルが上がるごとにワイヤーの射程距離が伸び、相手が飛び道具を出したときのカウンター技としても使用可能。
『ZERO3』ではX-ISM対応のスーパーコンボ。『リベンジ』のスーパームーブとしても使用する。『ウルIV』ではウルトラコンボIIとして使用。
『ZERO2』『ZERO3』ではガードのできる投げ技扱いのため、通常技をキャンセルしてコンボに組み込むことができない。
マインスイーパー
手榴弾をばら撒きながら後転。次々と手榴弾を爆破して攻撃するスーパーコンボ。手榴弾は空中ガード不能で、爆発が当たるごとに相手はロレント側に引き付けられていく。
初代『ファイナルファイト』の攻撃が元となっている技だが、『ZERO3』ではZ-ISM専用。
『ウルⅣ』でもスーパーコンボとして使用し、発生が『ZERO』シリーズより早い。
スティールレイン
『ZERO3』で追加されたスーパーコンボ。複数のナイフをロッドでまとめてから上空に放り投げ、一定時間後、「技を入力して画面が暗転したときの相手の頭上」へ落下させる。見た目と違い、しゃがみガードが可能。
ヘルスナイパー
『リベンジ』でのスーパームーブ。「マインスイーパー」同様に手榴弾をばら撒き、爆発を相手が喰らうとロレントがヘリに乗り込み機銃で攻撃する。
パトリオットスイーパー
『ストクロ』のスーパーアーツで、『ウルⅣ』ではウルトラコンボⅠとして使用。「パトリオットサークル」を食らわせた後、ロッドを真上に放り投げながら宙返りで飛び上がり、空中から複数の手榴弾を投げ落とす。『ストクロ』では、手榴弾が爆破し、相手が吹き飛んだ時点でフィニッシュだったが、『ウルⅣ』ではその後に相手が地面に落ちたときになっている。

担当声優[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『ストリートファイターZERO2』のシークレットファイルによる設定。

関連人物[編集]