神崎将臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

神崎 将臣(かんざき まさおみ、1964年8月17日 - )は、日本漫画家。代表作に『KAZE』、『重機甲兵ゼノン』シリーズなど。

人物[編集]

1985年少年ビッグコミック2号掲載の『HUNTER』でデビュー。

鋼-HAGANE-』は、国内のみならず韓国等のアジア圏で支持を集めた。カプコン対戦格闘ゲームのコミカライズである『ストリートファイターII -RYU』は、『X-メン』や『スパイダーマン』といった人気漫画さえ10万部前後というアメリカ市場で100万部を売り上げた。

神崎の作品の特徴として、斬新な設定に加え、独特ヒーロー像、バトルシーンなどの“熱さ”にある。斬新な設定の例として、今でこそ時代劇作品で時代考証を無視した出で立ち、装備は珍しくないが、これら表現は神崎の代表作である『KAZE』がさきがけであった。

横山光輝の『仮面の忍者 赤影』を原作とした『仮面の忍者 赤影 Remains』がプレイコミック秋田書店刊)にて連載、名作のリメイク作品として話題になった。

作品リスト・各概要[編集]

パソコン・MSXのイメージキャラクターを使ったコミカライズ作品。小学館週刊少年サンデー増刊号」に1987年4月号から1987年9月号まで連載。1988年1月単行本発売。
犯罪者たちに両親と妹を殺された少年が、戦いのエキスパートして成長し、組織「HUNTER」の一員として様々な依頼を請け負うアクション巨編。
主人公、佐野明男は後の作品『XENON-199X・R-』に"アイアンホース"として成長した姿で登場する。
2008年に徳間書店から『HUNTER -XENON SAGA 異聞-』として復刊。
  • KAGEROU
  • GUNCRISIS
  • KAZE
完全版(完結版)がアニメージュコミックより発売中。
重機甲兵ゼノン』と世界観を共有し、かつてのキャラクターが一部登場した作品。現在、“XENONシリーズ”の中で最も後の時代を描いたものとされている。
2008年に徳間書店から『XENON ブルーバック』として新装版単行本が発売。
体調不良により連載を休止、その後ほど無く掲載誌そのものが休刊になる。それらの事情により『XENON-199X・R-』と繋がりを持つ物語として、“XENONシリーズ”の一翼を担う作品として新たに位置付けられた。この作品単体としては未完の形となっているが、ストーリーそのものは『XENON-199X・R-』と統合する形で続行されている。
新装版のあとがきに“ゼノンの時代の後のつもりで描いていたため当初は『XENON-199X・R-』に統合する気はなかった”といった内容が書かれており、少なくとも最初の予定とは異なる形でシリーズに組み込まれたことが伺える。
『重機甲兵ゼノン』の続編。2006年9月より徳間書店「月刊COMICリュウ」にて連載。『鋼-HAGANE-』、『ブルーバック』、『HUNTER』に関係するキャラクターが登場し、クロスオーバーな世界観で物語が展開する。
少年画報社ヤングキング」22号(2009年10月27日発売)に掲載。
アンソロジー
エンターブレインより2009年3月14日に発売されたストリートファイターシリーズのアンソロジー書籍。作家の一人として描き下ろした漫画が収録されている。
ゲーム

外部リンク[編集]