中平正彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中平 正彦(なかひら まさひこ)は、日本漫画家高知県高知市出身。大阪芸術大学芸術学部美術学科を2年で中退。


概略[編集]

小学館から発行されていた増刊少年サンデーにて『RUNNING WILD』でデビュー。同誌にて読み切り数本を執筆の後、『学園帝国 俺はジュウベイ!』『RATS』などを連載。

新声社から発行されていたアーケードゲーム専門誌『ゲーメスト』、コミック誌『コミックゲーメスト』などでカプコン対戦型格闘ゲームストリートファイター』シリーズのコミカライズを担当し、これで評価を得る。安田朗を始めとしたゲーム製作側が、漫画で用いられたオリジナルの設定を公式設定に取り入れたり、漫画オリジナルのキャラクターがゲーム本編に登場したりといった「逆輸入」が行われるなど、原作であるゲームにまで影響を与えるほどであった。

また、オリジナル作である『破壊魔定光』は、WOWOWでアニメ化もされた。

作品リスト[編集]

※『ストリートファイターZERO』『さくらがんばる!』『RYU FINAL』はジャンプリミックス『ストリートファイターII』の1、2、3として再発売された。

師匠[編集]

アシスタント[編集]

外部リンク[編集]