モンゴル系民族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モンゴル系民族(Mongol、モンゴル文字ᠮᠤᠨᠭᠭᠤᠯ Mongɣulキリル文字Монгол)は、モンゴル高原(現在のモンゴル国中華人民共和国内モンゴル自治区を合わせたものにほぼ一致する地域)にバイカル湖~興安嶺の一帯とバイカル湖~アルタイ山脈の一帯を合わせた地域(中央ユーラシア)に居住するモンゴル諸語を母語とする民族。

大雑把な人口の内訳は、モンゴル国に200万、中国・内モンゴル自治区に400万、ロシア・ブリヤート共和国に20万である。詳細に見るとモンゴル国では人口約253万3100人のうち95%(約241万人)がモンゴル族(2004年統計年鑑)であり、中国には約1000万人(内モンゴル自治区に約400〜500万、それ以外の中国内に約500〜600万)のモンゴル族がいる。

名称[編集]

「モンゴル」という名称は初め、中国の史書に「蒙兀室韋」[1]や「蒙瓦部」[2]、「萌古国」[3]、「蒙古」[4]などと記され、ペルシア語史料[5]に「مغول Mughūl」と記された。

現在、中華人民共和国内モンゴル自治区で使われるモンゴル文字表記では「ᠮᠤᠨᠭᠭᠤᠯ Mongɣul」、モンゴル国で使われるキリル文字表記では「Монгол Mongol」となっている。

「モンゴル」の意味はラシードゥッディーンの『集史』に「モンゴルとは素朴で脆弱という意味」と記されている。あるいはモンゴル語でモン(mong、強い・勇猛な)とグル(gul、人)から[6]、あるいはムング(銀)の意味とも[7]

分布[編集]

モンゴル国および中華人民共和国におけるモンゴル族の自治区域

多くがモンゴル人のハルハと呼ばれる集団に属する。前近代からモンゴルを自称としている人々のうち、ハルハ以外の集団では、中華人民共和国が内モンゴル自治として区分するモンゴル高原の南部地方に居住するものが多い。内モンゴルをはじめとする中国領内の各地に住むモンゴル人は、中国語ではモンゴル族と呼ばれ、中国の少数民族のひとつに数えられている。

「内モンゴル」地方の北部には、伝統的にモンゴルの一員を自認しつつ、モンゴルの主流諸族とはかなり相違する言語的、文化的特徴を有するダウールバルガ族などの諸集団がある。中国人民政府が建国直後、国民の民族所属を定めるために行った「民族識別工作」においては、バルガ族が「モンゴル族」として「識別」される一方、ダウールは別個の一つの独立した少数民族に認定されている。

モンゴル系の言語を用いる諸族のうち、中国が独立の「少数民族」として識別したものとしてはダウール族トンシャン族バオアン族、などがある。

文化[編集]

遊牧民族として知られているが、いずれの地域でも、現在は牧畜をやめて都市や農村に居住する割合がかなり多い。

中国やロシアでは、モンゴル語を話せなくなった人も少なくない。

主な宗教はチベット仏教の流派で、文化的にチベットとの関わりが深い。また、シャーマニズムも存在している。

人名[編集]

伝統的には、モンゴル人は縁起の良い言葉や仏教的な言葉を選んで子供を名付ける。姓にあたるものはないが、氏族(オボク)の名称が姓に近い役割を持ち、中国の内モンゴル自治区では氏族名を姓として中国式に姓名で表記することがある。例えば、チンギス・カン家のオボクはボルジギン氏族(孛儿只斤氏)であるため、内モンゴル出身のチンギス・カンの子孫はボルジギン・某(孛儿只斤某)と称する。これに対し、モンゴル国ではロシアの影響で父の名を姓の代わりに使い、本人の名の前に置く(父称)。婚姻の際は夫婦別姓となる。

歴史[編集]

モンゴルの歴史
中国 モンゴル高原
獫狁 葷粥 山戎
月氏 匈奴 東胡
 
丁零 鮮卑
魏晋南北 高車 柔然
鉄勒 突厥
  東突厥
回鶻
五代 黠戛斯 達靼 契丹
北宋 ナイマン ケレイト
南宋 (乃蛮) (客烈亦) モンゴル
モンゴル帝国
大元
北元(韃靼)
ハルハ
中華民国 モンゴル国
中華人民
共和国
モンゴル人民共和国
モンゴル国

チンギス・カン以前のモンゴル[編集]

「モンゴル」という名の部族が歴史上に初めて登場するのは7世紀のことで[8]、中国の歴史書に室韋という集団の一部族として「蒙兀室韋」[9]、「蒙瓦部」[10]という漢字名で記された。彼らは当時大興安嶺山脈の北、アルグン川渓谷に住んでおり、草原の大帝国である突厥可汗国に従属していた。11世紀になると、草原の支配者は契丹族の遼帝国に代わり、かつては一部族にすぎなかった「蒙瓦部」も「萌古国」という一つの国として遼帝国に朝貢するようになった[11]。このころからモンゴル族はザバイカリエ(後バイカル地方)に西進しており、そのころの指導者はトンビナイ・セチェンと考えられる。1125年女真族の金帝国が遼帝国を滅ぼした頃、モンゴル国の初代カンとなったのはトンビナイ・セチェンの子カブル・カンであった。彼は金朝に朝貢した際に罪を犯したり、タタル族と抗争したりしたため、次のアンバガイ・カンの時にその恨みが返って来て、アンバガイ・カンは金朝に処刑された。その後を継いだクトラ・カンはアンバガイ・カンの仇を討つべく、モンゴル諸氏族を率いて金朝に攻め入り、敵軍を破って多数の略奪品を持ち帰った。これによって彼はモンゴルの吟遊詩人が熱愛する英雄となった。クトラ・カンの後、モンゴルのカンは空位となり、代わってクトラ・カンの甥にあたるイェスゲイ・バアトルキヤン氏族とニルン諸氏族をとりまとめた。彼はその他のモンゴル氏族や金朝やタタル族といった諸勢力と戦争を繰り返したが、志半ばで命を落としてしまう(イェスゲイの死については『元朝秘史』に詳しい)。[12][13][14][15]

モンゴル帝国の形成[編集]

イェスゲイの死後、一時は支配下の部民に見放されるなどの苦労を重ねつつタタル部やタイチウト氏、ジャダラン氏などのモンゴル部内の敵対勢力と戦って独力で勢力を築き上げたテムジン(チンギス・カン)は、やがてモンゴル部族の大部分を統合してそのカン(チンギス・カン)となっていた。この力を背景にチンギス・カンは、1203年に高原中部のケレイト1205年に高原西部のナイマンを滅ぼし、南部のオングト、北東部のオイラトなどの諸部族を服属させてモンゴル高原の全部族を統合し、1206年に大(イェケ)モンゴル・ウルス、すなわちモンゴル帝国を築いた。これ以降、モンゴルはもともとモンゴル・ウルスに所属した遊牧民のみならず、チンギス・カンとその子孫の歴代カアン(ハーン)の統治する大モンゴル・ウルスに集った全ての部族の総称に転化する。

モンゴル帝国以降のモンゴル[編集]

モンゴル高原の側では、中国を支配したモンゴル帝国()がモンゴル高原に北走して北元となった後、北元のクビライの王統に従った諸部族と、これから離反してオイラト族を中心に部族連合を形成した諸部族の二大集団に分かれた。後者はドルベン・オイラト(四オイラト)と呼ばれるようになり、前者はこれに対してドチン・モンゴル(四十モンゴル)と称される部族集団となる。明は、四十モンゴルを韃靼(タタールの漢訳名)と呼んだため、この時代のモンゴルのことはタタールと呼ばれることが多いが、自称はモンゴルのままであり、代には蒙古(モンゴル)の呼称が復活する。清はモンゴルを服属させ、チベット仏教による徹底的な弱体化策を行った。

20世紀の初頭に清が崩壊すると、清朝末期の辺境への漢人殖民政策に苦しんでいた内蒙古人が外蒙古のハルハ諸侯に働きかけ、まずもともと清の支配が比較的緩かった北モンゴルでボグド・ハーン政権が樹立された。そして隣国ロシア帝国に援助を求めた。内蒙古各部族も帰順の動きを見せたが、露中蒙の協議の末、南モンゴルの中華民国帰属、北モンゴルの中国宗主権下の自治へと後退した。ロシアが十月革命を経てソビエト連邦となると、北モンゴルではロシア内戦に乗じて中華民国軍、白軍が侵入するが、北モンゴルが今度は赤軍の援助を得て再独立。ボグド・ハーンの死後、共産主義国家のモンゴル人民共和国を建てた。これが現在のモンゴル国となる。一方、南モンゴルの諸部族はモンゴル人民共和国への帰順や自主独立の動きがありながら、結局中華人民共和国の領内に残り、現在の内モンゴル自治区となった。また、新疆ウイグル自治区や青海省に多いオイラトは、中華人民共和国の成立にともなって蒙古族の民族籍を与えられ、中華民族の一部とみなされるようになった。

モンゴルの遊牧民が居住に使う移動式天幕住居をモンゴル語でゲルと呼ぶが、内モンゴル自治区では公用語が漢語であるため、「パオ(包)」と呼ばれる例も多い。

構成氏族・部族[編集]

チンギス・カンがモンゴル帝国を建設した後、モンゴル族起源の人民に区別が設けられた。チンギス・カンと同じ起源に出る諸部族は、アラン・ゴアが光線の作用によってはらんだ諸子の子孫であったために、その純潔を示すため「ニルン」という姓で呼ばれた。その他の諸部族は「ドルルキン(平民)」と呼ばれた。ドルルキンはエルゲネ・クン山中にこもっていたヌグズとキヤンの子孫であった。[16]

ボルテ・チノからボドンチャルまでの初期モンゴル部族の系図。
ボドンチャルからカブル・カンまでのボルジギン氏の系図
カブル・カンから始まるキヤト氏の系図と、アンバガイ・カンから始まるタイチウト氏の系図

ニルン諸氏族[編集]

ドルルキン諸氏族[編集]

モンゴル化したテュルク諸部族[編集]

ラシード・ウッディーンは『集史』において「現在はモンゴルと呼ばれているが、以前はそれぞれの別名を持ち、独立した首長を持っていたテュルク部族」をいくつか挙げている。[17]

[18]

ダヤン・ハーン後のモンゴル[編集]

モンゴルを再統一したダヤン・ハーンの子孫によってトゥメン(万人隊)と呼ばれる6つの大部族が形成された。トゥメンはゴビ砂漠東北の「左翼」と、砂漠西南の「右翼」に分かれていた。[19]

左翼[編集]

右翼[編集]

その他[編集]

外蒙古・内蒙古の諸部[編集]

張穆が著した『蒙古游牧記』には、内蒙古六盟四十九旗、外蒙古ハルハ八十六旗が記されている。

内蒙古六盟[編集]

外蒙古四部八十六旗[編集]

その他[編集]

[20]

現在のモンゴル系民族[編集]

モンゴル諸語の分布図

脚注[編集]

  1. ^ 旧唐書』列伝第一百四十九下 北狄
  2. ^ 新唐書』列伝第一百四十四 北狄
  3. ^ 遼史』本紀第二十四 道宗四
  4. ^ 元史』以降
  5. ^ 『タリーフ・イ・ジャハーン・グシャーイ(世界征服者の歴史)』、『ジャーミ・ウッ・タワーリーフ(集史)』
  6. ^ 本保正紀 (1995), “モンゴル国”, 外国地名由来事典, 能登印刷出版部 
  7. ^ “モンゴリア”, コンサイス 外国地名事典, 第3版, 三省堂, (1998) 
  8. ^ 宮脇2002,p26
  9. ^ 『旧唐書』列伝第一百四十九下 北狄
  10. ^ 『新唐書』列伝第一百四十四 北狄
  11. ^ 『遼史』本紀第二十四 道宗四
  12. ^ 佐口1968,p27-31
  13. ^ 村上1970,p46-95
  14. ^ 宮脇2002,p36-43,66-67
  15. ^ 白石2006,p31-34
  16. ^ 佐口 1989,p312
  17. ^ 宮脇 2002,p137
  18. ^ 佐口 1989,p309-311
  19. ^ 宮脇 2002,p149
  20. ^ 宮脇 2002,p224-226

参考資料[編集]

関連項目[編集]