岡本吉起

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

岡本 吉起(おかもと よしき、1961年6月10日 - )は、フリーのゲームプロデューサー。株式会社ゲームリパブリック代表取締役社長。元カプコン専務取締役。愛媛県南宇和郡愛南町(旧・一本松町)出身。創造社デザイン専門学校卒業。

来歴[編集]

カプコン以前[編集]

1981年コナミイラストレーターとして入社したが、デザインではなく企画の部署に回される。出世作となるアーケードゲーム『タイムパイロット』は本人の談によれば、当時の上司の「つまらない企画」(教習所をモチーフにしたドライブゲームだったという)を開発するフリをしながら完全に独断で作り上げたものだという。後戻りできない段階でようやく上司に披露して大いに怒りを買うが、そのまま発売したところ記録的な大人気を呼び、上司の態度を一変させた。他に『ジャイラス』等を開発。その後、1983年藤原得郎プログラマーのレッド有馬らと共に創業間もないカプコンに入社。 辻本憲三社長と直談判の結果、初任給約35万円からのスタートであった(直前のコナミ所属時の給与は、額面13万5千円であった)。

当時、東京都新宿区歌舞伎町の松宝ビルに入居していた東京開発室(現在のカプコン東京支社とは異なる)の責任者として、人材採用から開発までを一手に担う。この時期に採用した人材に、後に『ストリートファイター』等のキャラクターデザインで有名になる安田朗がいる。

その後、東京開発室の閉鎖とともにカプコン大阪本社に引き戻され、第三開発室の責任者となる。『ソンソン』や『エグゼドエグゼス』『ガンスモーク』『サイドアーム』『麻雀学園』などのディレクションを担当するが、『ロストワールド』を最後に開発現場を引退。その後は作品の広報担当者としてその手腕を発揮した。

1996年、同社取締役開発本部長に就任。1997年にはゲームシナリオの開発会社であるフラグシップを設立、代表取締役社長を兼任する。2001年にはカプコンの専務取締役に就任。

ゲームリパブリック設立後[編集]

2003年にカプコンを退社し、ゲームリパブリックを設立。プレイステーション2用ソフト『GENJI』とXbox 360用ソフト『エブリパーティ』などを製作した。『GENJI』発売日には、記念イベントを新宿と秋葉原のゲームショップにおいて開催。秋葉原に集まったファンは15人程度であった。また、『エブリパーティ』はXbox 360のローンチタイトルとしては最低となる初週売り上げ641本であった。

その後プレイステーション3の同時発売ソフトとして、『GENJI』の続編である『GENJI -神威奏乱-』や、宮部みゆきの同名小説『ブレイブストーリー』をベースとしたPSP向けRPG『ブレイブストーリー新たなる旅人』を製作。

これらゲーム開発のほかに、「総合学園ヒューマンアカデミー ゲームカレッジ」の学園長も兼務していたが、2007年にその座を降りる。

2010年、ゲームリパブリックは経営難になり、大規模なリストラが行われた。その結果、大阪オフィスと名古屋オフィスは閉鎖。2010年末には東京オフィスのみとなった。それと同時にボードゲーム販売のためのボードリパブリックも閉鎖。2011年6月には本社の東京オフィスも引き払われ、社員は岡本一人の状態で実質活動を停止している。

その後、コンシューマーゲーム業界からのリタイアを宣言し、携帯ゲーム制作に転向[1]

2013年、ミクシィよりリリースされたスマホゲーム『モンスターストライク』の開発に参加。

人物[編集]

  • 前述の通り、もともとはイラストレーター志望であり、アーケード版『エグゼドエグゼス』のポスターイラストも自身が描いたものである(注:ファミコン版のパッケージイラストとは別物)。
  • ガンスモーク』の開発中、バイクに乗りながらキャラクターパターンを考えていたところ事故を起こしてしまい手を骨折。筆圧のかからない赤ペンで企画書を書いたというエピソードがある。
  • 好きなものは、ボードゲームとTVアニメ、新世紀エヴァンゲリオン。また、ゲーム会社の社長であり、ゲーム専門学校の学園長をしていた事があるにもかかわらず、TVゲーム自体は好きではないと公言している。
  • ただし別のインタビューでは「『ディグダグ』や『ゼビウス』が好きなナムコファンだったが、入れてくれなかった」とも発言している。
  • 海老アレルギー。海外への出張時に、海老ばかり食べていたことが原因であると、『ゲーメスト』に連載していたコラムで語っている。これを『ドキばぐ』のネタにされたことがある。

主な開発作品[編集]

主な広報担当作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Game Republic's Yoshiki Okamoto says he's 'retired' from making console games 2012年9月19日閲覧

外部リンク[編集]