ゲームリパブリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社ゲームリパブリック
Game Republic, Inc.
種類 株式会社
本社所在地 152-0031
東京都目黒区中根1-2-3
設立 2003年7月1日
業種 情報・通信業
事業内容 ビデオゲームソフトの企画・開発
代表者 代表取締役社長 岡本吉起
資本金 7600万円
従業員数 1名(2012年現在)
主要株主 2003年より変更予定の旨を公告中
外部リンク http://www.gamerepublic.jp/
テンプレートを表示

株式会社ゲームリパブリックは、ゲームクリエイター岡本吉起によって2003年7月1日に設立されたゲームソフト開発会社。

概要[編集]

テレビゲームの開発下請・デベロッパー(初期はマイクロソフトソニー・コンピュータエンタテインメント、後期はバンダイナムコゲームス)や、自社販売でのボードゲームも制作していた。

岡本の人脈と影響でかつてカプコンに勤めていたスタッフも多く所属しているため、設立して間もないにもかかわらず社員数は300名近い規模を誇っていたが、経営不振から、2010年に大規模なリストラを敢行。大阪オフィス、名古屋オフィスの閉鎖に続き、2011年6月には公式サイトが閉鎖され、東京都目黒区にあった本社オフィスも引き払われた[1]

2012年現在、社員は岡本一人の状態であり実質活動を停止している。

テレビゲーム作品[編集]

ソニー・コンピュータエンタテインメントより発売
マイクロソフトより発売
バンダイナムコゲームスより発売
自社パブリッシング

ボードゲーム作品[編集]

備考[編集]

  • 会社立ち上げ前および当初は、SCEサイトの大々的発表や、岡本がカプコン退社直後に個人で立ち上げた手作り感にあふれるサイト「岡本吉起がゲーム会社つくるぜ!!」(設立後「岡本吉起がゲーム会社つくったぜ!!」に改称)の軽妙な日記などで話題となった。
  • GENJIをリリースし、一定の売り上げは確保するがSCEの巨額の宣伝費[要出典]に見合うほどではなかった。
  • キャラクターデザインさくらももこを起用したにもかかわらず、エブリパーティは初週売り上げ約641本という大敗を喫した。この様子はファミ通のワンコーナーで「目指せ○本!」とネタにされてしまうほどであった。
  • 専門学校から多数の生徒をインターンという形で採用し、優秀な人材を正式採用する事で有名である。
  • 岡本は本社を立ち上げた当時にやりたかった事は、全て任天堂WiiDSで先にやってしまったと述べている。また、その実現には任天堂程、巨大な企業規模が必要であった事を後に気付いたとも語った[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]