アドベンチャークイズ カプコンワールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アドベンチャークイズ カプコンワールド
ジャンル クイズゲーム
対応機種 アーケード[AC]
PCエンジン[PCE]
開発元 AC:カプコン
発売元 [AC]:カプコン
[PCE]:ハドソン
人数 1人~2人
メディア [AC]:CPS-1
[PCE]:SUPER CD-ROM2
発売日 [AC]:1989年
[PCE]:1992年6月19日
その他 PCE版タイトルは「アドベンチャークイズ カプコンワールド ハテナ?の大冒険」
テンプレートを表示

アドベンチャークイズ カプコンワールド』は、カプコンが発売したクイズゲームである。

アドベンチャークイズ カプコンワールド[編集]

1989年にカプコンがリリースしたアーケード用のクイズゲーム。カプコン初のクイズゲームである。本作で確立された「すごろく式」「4択クイズを4ボタンで回答する」「お手つき制」などの要素は、自社・他社を問わず、アーケードのクイズゲームの一つの基本形となった。

本作は『アドベンチャークイズ カプコンワールド ハテナ?の大冒険』というタイトルでPCエンジン用に移植されている。1992年6月19日、PCエンジンSUPER CD-ROM2用ソフトとしてハドソンから発売された。『アドベンチャークイズ2 ハテナ?の大冒険』とのカップリング移植となっている。ボスキャラクターが一部差し替えられている(例:最終ボスのMr.T→ルシファー(『大魔界村』)など)、家庭用ゲームのためクレジット(コンティニューの回数)が有限、という点を除いて、ほぼ忠実に移植されている。

カードをめくって出た数の分だけ、すごろく式のマップを進んでいき、マスに止まるたびにクイズを出題されるという流れでゲームは進行する。クイズでは出題ごとに正解数ノルマ(3-8問)が定められ、10問目が終わるまでにそのノルマを達成しなければならない。また、誤答すると「お手つき」がマイナスされ、手持ちのお手つきがなくなるとゲームオーバーとなる。

すごろくは基本的に一本道で、各ステージの最後にボスが待ち構えている。ボスキャラクターはカプコンのゲームに関連するキャラクターとなっており、ジャンルセレクトによるクイズで対戦する。「C」「A」「P」「C」「O」「M」の各文字をかたどった6ステージを全てクリアするとエンディングとなる。

アドベンチャークイズ カプコンワールド2[編集]

アドベンチャークイズ カプコンワールド2
ジャンル クイズゲーム
対応機種 アーケード[AC]
開発元 AC:カプコン
発売元 [AC]:カプコン
人数 1人~2人
メディア [AC]:CPS-1
発売日 [AC]:1992年
テンプレートを表示

1992年にカプコンからリリースされた。前作に比べてジャンル数・問題数・ステージ数などのボリュームが大幅にアップしている。また、さまざまなカプコンのキャラクターがクイズの出題者として登場したり(Dr.ワイリーは前作から引き続きボスとして登場)、カプコンの他のゲームのBGMが使われているシーンがあるなど、より「カプコンワールド」の名にふさわしい内容となった。2004年には本作を元にした携帯電話用アプリ『クイズ カプコンワールド!!』も配信された。

基本的なゲームシステムは前作と同じだが、本作では以下の4人の中から好きなキャラクターを選択することができる。各キャラクターはそれぞれ得意能力を持っており、クイズ出題時に時々能力を発動させてプレイを楽にしてくれる。ただし、長時間ゲームを継続していると、後半戦では発動しにくくなる[1]

続いて、「ビギナーズコース」「ノーマルコース」「エキスパートコース」の中から挑戦するコースを決めると、ゲーム本編がスタートする。

各ステージの最後にいるボスを倒すと、ステージクリアとなる。また、コースの最後にはドラゴンが待ち構えており、倒すとコースのクリアとなる。1つのコースをクリアしたら残りのコースのいずれかを選択し、最終的には計3体のドラゴンを倒して、3つのクリスタルを奪い返した後に現れる真のボスを倒すのがゲームの目的である。

また、今作では10問終了してもゲームオーバーにはならず第11問以降が出題される。

プレイヤーキャラクター[編集]

戦士・ウィング
「会心の一撃!」と表示されているときにクイズに正解すると、1回の正解でノルマを2つ減らすことができる。
魔法使い・ピュア
ジャンルセレクトを発動する能力がある。
猫・ファー
ときどき、クイズを2択や3択にする能力がある。また、まれに会心の一撃が使える。
僧侶・リリック
このゲームでは一定の点数を獲得するごとにお手つきが増える(回復する)システムがあるが、その回復のスピードが他のキャラクターよりも速い。2人プレイ時にはもう片方のプレイヤーにも効果がある。

その他[編集]

  • 今作には正解率の要素が追加され、それによって各ステージクリア時に得られるボーナス得点が変化する。特に、正解率100%を維持し続けた場合のみ、それまでにクリアしたステージ数に応じた特別ボーナスが加算される。しかし、最終ボスを倒すまでプレイすると約2時間かかる程のボリュームがあるため、最後まで正解率100%を維持し続けるのはとても困難である。
  • 2人で対戦するとステージクリアーの度に春麗が現れ正解数の多いプレイヤーの旗を振る(プレイヤー1の時は青、プレイヤー2の時は赤い旗を振る)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ これと似たようなシステムは後のカプコンのクイズゲーム『クイズアンドドラゴンズ』にも導入されている。

関連項目[編集]