ナイン (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナイン』は、あだち充による野球漫画、およびそれを原作としたアニメ。『週刊少年サンデー増刊号』(小学館)にて1978年から1980年まで連載。

少女漫画誌から少年誌に移った中期の作品で、それまで原作付きがほとんどであったが、この作品はオリジナル。

概要[編集]

県下の名門青秀高校への入学が決まった新見克也は、友人唐沢進と共に野球部の試合を見学に出かけた。その途上の電車内で、美女が痴漢される現場に出くわしたが、美女は一睨みで痴漢を撃退した。

痴漢撃退の美女、および痴漢氏と球場で再会した新見たちは、痴漢氏が全国中学野球大会優勝投手の倉橋永二だと気がついた。中学時代、マウンド上の倉橋は輝いて見えたが、現在の倉橋は青白く、とても同一人物とは見えなかった。

試合は青秀高校のコールド負け。「学業では名門でも運動部は全然だめだな」と落胆する新見たちの前を、痴漢撃退の美女は落涙しつつ立ち去った。新見たちは名も知らぬ彼女のために野球部入部を誓うのであった。「彼女のあんな顔はみたくない。彼女には絶対に笑顔が似合う」と。

こうして、中学陸上短距離記録保持者の新見、中学柔道県大会個人優勝者唐沢、全国中学野球優勝投手倉橋、および痴漢撃退の美女中尾百合(青秀野球部中尾監督の娘)の高校生活がスタートするのであった。

野球漫画は強打者もしくは投手が主人公というのが定番であるが、本漫画はセンターを守る俊足1番バッターが主人公である。この設定に最も近い有名選手であるイチロー選手は、小学館文庫「ナイン」1巻(全3巻)に「このくすぐったさ、たまんないね」というタイトルでエッセイを寄稿している。

ストーリー[編集]

序盤は、互いの恋心に気づきながらも今ひとつ自分から積極的に出られない新見克也と中尾百合に対して、山中健太郎が絡んでくる三角関係。続いて安田雪美が二人に絡んで三角関係となり、さらに、そこに山中二郎が絡んでくる。

登場人物[編集]

新見 克也
- 古谷徹
青秀高校野球部員。中学陸上短距離(100m及び200m)の記録保持者。1番センター。好物は五目寿司。
克也の父親と倉橋の父親は、高校時代バッテリーを組んでいた(甲子園選抜大会で優勝)。
中尾 百合
声 - 石原真理子(第一作)、倉田まり子(第二作、劇場版)、安田成美(第三作)
青秀高校野球部マネージャー。野球部監督の一人娘。
唐沢 進
声 - 富山敬
青秀高校野球部員。中学柔道県大会個人優勝の経歴を持つ。5番ライト。
倉橋 永二
声 - 塩沢兼人
青秀高校野球部の左腕エース。トラック運転手の父親と二人暮らし。
安田 雪美
声 - 坂本千夏
青秀高校陸上部員。中学時代から克也に憧れていた。
山中 健太郎
声 - 神谷明
百合の幼馴染(1歳年上)で、5年振りにたまたま再会。武南高校野球部のエースで、甲子園優勝投手。克也の恋のライバルになる。
山中 二郎
声 - 平野義和
百合の幼馴染(1歳年下)。健太郎の弟で青秀高校野球部の新入部員。2番サード。雪美に惚れている。
山中 智美
山中兄弟の妹。健太郎と百合の仲を取り持とうとする。
中尾監督
声 - 永井一郎(第一作)、北村弘一(劇場版、第二作、第三作)
青秀高校野球部監督。百合の父親。

漫画[編集]

小学館から少年サンデーコミックス版(全5巻)のほかに、文庫版(全3巻)及びMy First Wide版(全2巻)が出ている。

アニメ[編集]

アニメは、テレビアニメが3本制作され、その内第1作目が劇場用として公開された。やがて同スタッフによって、同じあだち作品『タッチ』がテレビシリーズとして制作される。

ナイン[編集]

1983年5月4日フジテレビ日生ファミリースペシャルにて放映。

放送時間[編集]

スタッフ[編集]

オープニング・テーマ[編集]

LOVE・イノセント
歌 - 倉田まり子 / 作詞 - 売野雅勇 / 作曲 - 芹澤廣明

挿入歌[編集]

つのる思い
悲しみにサヨナラ
歌 - 倉田まり子、芹澤廣明 / 作詞 - 売野雅勇 / 作曲 - 芹澤廣明

エンディング・テーマ[編集]

真夏のランナー
歌 - 倉田まり子 / 作詞 - 売野雅勇 / 作曲 - 芹澤廣明

ナイン オリジナル版[編集]

テレビ版第1作の劇場版。1983年9月16日に東宝系にて劇場公開。テレビ版で不備な点などを修正、変更している。また声優や主題歌、BGMも変更している。再放送で第2作、第3作と一緒に再放送されるときは、テレビ版ではなくこちらのほうが放送されることもある。

スタッフ[編集]

  • 脚本 - 布勢博一
  • アニメーション監督 - 前田庸生
  • 美術 - 大野広司
  • 音楽 - 芹澤廣明、槌田靖識
  • 監督 - 杉井ギサブロー
  • 製作 - 大橋雄吉、田代敦巳
  • 製作 - 東宝株式会社、グループ・タック、フジテレビ

オープニング・テーマ[編集]

青いフォトグラフ
歌 - 倉田まり子 / 作詞 - 売野雅勇 / 作曲 - 芹澤廣明

挿入歌[編集]

愛を翼にして
つのる思い
歌 - 倉田まり子 / 作詞 - 売野雅勇 / 作曲 - 芹澤廣明
涙色の季節
真夏のランナー
歌 - 芹澤廣明 / 作詞 - 売野雅勇 / 作曲 - 芹澤廣明

エンディング・テーマ[編集]

真夏のランナー
歌 - 倉田まり子 / 作詞 - 売野雅勇 / 作曲 - 芹澤廣明

ナイン2 恋人宣言[編集]

1983年12月18日にフジテレビの日生ファミリースペシャルにて放映。

放送時間[編集]

スタッフ[編集]

  • 脚本 - 白山進
  • 監督 - 杉井ギサブロー
  • アニメーション監督 - 前田庸生
  • チーフアニメーター - 前田実
  • 美術監督 - 金村勝義
  • 音楽 - 芹澤廣明
  • 音響監督 - 田代敦巳
  • 製作 - 東宝、グループ・タック、フジテレビ

オープニング・テーマ[編集]

恋人宣言
歌 - 倉田まり子 / 作詞 - 竜真知子 / 作曲 - 芹澤廣明

挿入歌[編集]

青空気分
私のYoung Boy
歌 - 倉田まり子、芹澤廣明 / 作詞 - 竜真知子 / 作曲 - 芹澤廣明

エンディング・テーマ[編集]

真夏のランナー
歌 - 倉田まり子 / 作詞 - 売野雅勇 / 作曲 - 芹澤廣明

ナイン 完結編[編集]

1984年9月5日にフジテレビの日生ファミリースペシャルにて放映。

放送時間[編集]

スタッフ[編集]

  • 脚本 - 高星由美子
  • 監督 - 杉井ギサブロー
  • アニメーション監督 - 前田庸生
  • 作画監督 - 前田実
  • 美術 - 金村勝義
  • 音楽 - 芹澤廣明
  • 音響監督 - 田代敦巳
  • 製作 - 東宝、グループ・タック、フジテレビ

オープニング・テーマ[編集]

エンドレスサマー
歌 - 芹澤廣明 / 作詞 - 売野雅勇 / 作曲 - 芹澤廣明

挿入歌[編集]

八月のゆくえ
Boys in love
歌 - 芹澤廣明 / 作詞 - 売野雅勇 / 作曲 - 芹澤廣明

エンディング・テーマ[編集]

真夏のランナー
歌 - 芹澤廣明 / 作詞 - 売野雅勇 / 作曲 - 芹澤廣明
フジテレビ 日生ファミリースペシャル
前番組 番組名 次番組
ナイン
どくとるマンボウ&怪盗ジバコ
宇宙より愛をこめて
ナイン2 恋人宣言
ナイン 完結編
ナイン2 恋人宣言
ナイン 完結編

実写ドラマ[編集]

月曜ドラマランド ナイン[編集]

1987年1月5日フジテレビ月曜ドラマランド枠にて放映。

出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 演出 - 植木善晴
  • 脚本 - 亜槍文代