エイリアンVSプレデター (カプコン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エイリアンVSプレデター
ジャンル ベルトスクロールアクション
対応機種 アーケード
開発元 カプコン
発売元 カプコン
人数 1〜3人
メディア CPS-2
稼働時期 1994年5月20日[1]
テンプレートを表示

エイリアンVSプレデター』は、カプコン1994年5月に発売したアーケードゲーム

20世紀フォックス社によるSF映画の看板モンスターの『エイリアン』と『プレデター』のクロスオーバー作品で、ダークホースコミックス社より発売のアメリカンコミックが原作。同コミックを原作として2004年に映画『エイリアンVSプレデター』、2008年には続編『AVP2 エイリアンズVS.プレデター』も公開されたが、本作とは直接の関係はない。

概要[編集]

基本システムは同社の出した『ファイナルファイト』を踏襲したベルトスクロールアクションゲーム。標準装備している銃器や、コマンド入力による特殊技など独特のエッセンスが本作を特徴づけている。『エイリアン2』のパルスガンやスマートガン、パワーローダー、『プレデター2』の武器であるレイザーディスクといった、各作品に登場したアイテムを使用可能。また、各キャラクター間の性能に著しい差異があり、多人数プレイでは1人用とは違った戦略構築が楽しめる。

また、これまでのシリーズと違っていかなるときでも(ダウン中の倒れている敵でも)ダメージを与えられる点も新機軸。『パニッシャー』にも似たシステムがあったが、こちらはダウンした敵を持ち上げられるだけだった。

版権上の関係により、本作は家庭用ゲーム機には一切移植されていない。同タイトルのゲームは多数出ているが、全て別内容である(→エイリアンVSプレデター (ゲーム))。PCのFPSゲーム『Aliens Vs Predator2』は日本での販売代理店をカプコンが行っていたが現在はサポートを終了している[2]。また、実際はFPS版にカプコンのスタッフは全く関わっていない。

海外では1994年夏にメガドライブスーパー32X版が発表され、1995年5月にリリースが予定されていたが、結局発売はキャンセルとなってしまった[3]。32X版はカプコンの本作品に基づいたが、1993年ジョルダンが開発した、ベルトスクロールアクションのスーパーファミコン版エイリアンVSプレデターと似ており、32X版はスーパーファミコンと関連した殖民惑星VEGA-4が舞台の設定であった。なおスーパーファミコン版が本作へのポートであると勘違いされていることがある。

ストーリー[編集]

エイリアンの出現によって地獄絵図と化したアメリカの西海岸にある海上独立都市「サン・ドラド」に降り立った宇宙海兵隊であるダッチ・シェーファー(階級:少佐)とリン・クロサワ(階級:中尉)の2人の軍人が、惨劇の地と化した現場で3体のプレデターに遭遇(プレイヤーとして選択できるのは「ウォリアー」と「ハンター」の2人)。彼らはエイリアンの軍勢に対して共闘することになる。

プレイヤーキャラクター[編集]

プレイヤーはプレデターの2人、もしくは人間タイプのキャラクター2人の計4人の中から選択してプレイする。3人までの協力プレイが可能。

プレデター・ウォリアー
宇宙の様々な星を渡り歩き、強い獲物を狩ることを生き甲斐とする異星の戦闘民族。
地球の生物を「狩る」ために地球に降り立つが、予期せぬエイリアンの大発生に遭遇し、「サン・ドラド」で戦っていたシェーファーとリンに協力することになる。
通常攻撃のスピアはリーチがある上にスキも少なく、隙が少なくて攻撃力も高い技を持ち、動きもジャンプは速度が速く緊急回避としても使える。と欠点らしい欠点が無く、全分野において高性能を誇るため、全キャラクター中で最も初心者向けなキャラクターとなっている。
武器と使用火器は映画版と同じく「スピア」と「ショルダーキャノン」。
プレデター・ハンター
ウォリアーと共に地球へ降り立った、もう一体のプレデター。ウォリアーと比べ口調が荒く猫背で、銅色の装甲、マスクを着用している。
パワーとスピードはウォリアーを凌駕し、身体を丸めて回転しながらの体当たりなど、よりダイナミックな戦法で戦う。
移動スピードが二番目に速い。使いこなすにはテクニカルな操作を要求される。
武器はゲームオリジナルである「ナギナタ」。使用火器は映画版と同様の「ショルダーキャノン」。
基本的な性能はウォリアーに準ずるが、細かい点で異なる。
リーチは全キャラクター中で最長かつパワーもあるが、スキのある技が多く、少々クセがあるので中級者向け。ガンの当たり判定がウォリアーに比べてやや小さいが、ボディプレスとジャンプキックの性能はウォリアーより優秀である。
多人数プレイ時の連携やナギナタを落として素手になった後のスピーディなプレイで、その真価を発揮する。
リン・クロサワ
本作のオリジナルキャラクター。プレイヤーキャラクターの紅一点。
宇宙海兵隊の第13独立部隊リーダーを務めるサイボーグ兵士。東洋古武術に「気」の力を付加した格闘術と日本刀を用いた剣術で戦う。
パワーはないが、空中戦においての性能が高い。歩きのスピードは全キャラクター中で最速であり、銃器は多様なコンビネーションに活用できる。
武器は基本的に素手だが、メガクラッシュおよびコマンド技の滑刀波(かっとうは)には「サムライソード」を使用する。使用火器は「大口径ハンドガン」。
機動力は高いが攻撃力が低く、ハンドガンのリロード中は動けないといったハンデを持つために扱いづらい面もある。通常の投げ技がない(そもそも敵を掴むことができない)が、空中投げの隼落投(しゅんらくとう)を使用できる。高いジャンプからの下突き連打→隼落投や、双剄破(そうけいは)など対集団戦に向き、仲間との連係もしやすい。使い慣れれば強さを発揮する中級者向けキャラクター。
ハンドガンのリロードキャンセルを活用すれば、初心者でも強力なキャラクターである。また空中投げは、敵が浮いていさえすればかなり拾えるため、味方が攻撃→吹っ飛んだところを空中投げ→ダウンしたところに味方が攻撃して浮かせる→再び空中投げなど、味方と協調した際のコンボはかなり強力。
ダッチ・シェーファー
異星生物との戦闘を目的に造られたサイボーグ兵士。過去にエイリアンとの戦闘で右腕を失い、修復時に現在のマシンアームへ換装した。
映画『プレデター』に登場するダッチ・シェイファー(演:アーノルド・シュワルツェネッガー)と同姓同名、かつ外見も酷似しているが、同一人物であるとの言及はゲーム上ではされていない。
攻撃力は全キャラクター中で最高だが歩行スピードが遅い。ジャンプ(ドロップキック:ジャンプ自体が攻撃力を持つ)はほかのキャラクターに比べて遅く低いが、ダッシュ(ダッシュタックル)は速度がとても速く、移動距離も長い上にそれ自体が攻撃力をもち、コンビネーション技のハンマーナックルとあわせて使うと大量の敵を一度にまとめてダウンでき、威力も高い。スライディングパンチの隙も小さくそのままハンマーナックルにつなぐこともでき、強力な連携となる。投げ技のネックブリーカーとアースクエイクボムは大量に敵を巻き込むことができ、歩行速度の遅さをこれらでカバーできる。
武器は基本的にサイボーグ化した「」。使用火器はその腕に内蔵された「スマートガン」。
武器アイテムの使い勝手も他のキャラクターに比べて高難度に調整されている。投擲武器のパイプやプレデターが落とした槍をシェーファーだけは握って殴り武器として使用できる。リーチと破壊力は大きいが、1ヒットごとに敵がダウンしてしまい、攻撃回数が減るデメリットがある。使い捨て火器は他のキャラクターより発射位置が極端に変わるため、間近の敵に当てることができず、間合いの調整が必要になる。
対個別では強いが、移動の遅さなどから対集団ではかなり辛い。敵の配置パターンを全て記憶するだけでなく、動作中は無敵となる2種類の投げ技の使い所を覚え、「ジャンプボタン 同時押しレバー後ろ」によるバックステップを駆使した機動力の向上が不可欠など、攻略には非常に綿密なパターン構築が必須となる上級者向けキャラクター。

雑魚キャラクター[編集]

エイリアン[編集]

海上都市「サン・ドラド」に大量発生したモンスター。登場するエイリアンたちは一部を除き、ゲームオリジナルである。

ストーカー(STALKER)
エイリアン』のビッグチャップ。体色は茶色。
耐久力は全エイリアン中で最も低い反面、攻撃判定の発生が他種に比べて速く、判定そのものも強力である。思わぬ所で隠し顎や尻尾攻撃をしたり、ボディプレスで飛び掛ってくる。
ステージ1「地獄の都市」ボス戦から登場する。
ウォーリアー(WARRIOR)
『エイリアン2』のエイリアン・ウォーリアー。体色は紫色(ステージ1「地獄の都市」前半では緑色や橙色も存在する)。
パンチや尻尾攻撃の他に突然現れて口から強酸を吹きかけたりする。通常時でも、その場でジャンプをした場合のみ強酸を吹きかけてくる。
ステージ1「地獄の都市」から登場するが、前半ではほとんど攻撃を仕掛けてこず、体力もかなり低い。
スマッシャー(SMASHER)
ゲームオリジナルエイリアン。体色は緑色。
見た目はウォーリアーに似ており、引っかきや隠し顎の攻撃力が高く、突然現れてダッシュ頭突きをする。また、その場で2〜3回鳴いて頭を振りプレイヤーに向かってダッシュ頭突きをする。混戦時にウォーリアーとの複合攻撃を受けると思わぬダメージを負いかねない。
ステージ3「強行突破」から登場するが、この時は飛び掛って攻撃してくるのみ。本格的に戦うのはステージ4「クィーン掃討作戦」から。
ディフェンダー(DEFENDER)
ゲームオリジナルエイリアン。体色は水色。
見た目はストーカーに似ており、攻撃パターンもストーカーと同じだが、ガード能力を備えており、こちらの打撃や実弾攻撃をガードすることができる。しかしコマンド技や火炎放射器等の炎、炸裂系の武器、連続技の最終段、シェーファーのハンマーナックルは通用し、背後からの攻撃はガードできない。普段はあまり攻撃を仕掛けてこないがガードをしている後ろで主にウォーリアーやロイヤルガード等の攻撃が待ち構えている事もある。他の成体エイリアンに比べると登場数は少ない。
ステージ4「クィーン掃討作戦」から登場する。
アラクノイド(ARACHNOID)
ゲームオリジナルエイリアン。体色はステージ2「地下通路の戦い」では水色。ステージ3「強行突破」とステージ6「生化学研究所の悪夢」からは赤紫色。
驚異的なジャンプ力を持つエイリアン。雑誌『ゲーメスト』で命名された「エイリアンサマー」(サマーソルト攻撃)は体力の4割を奪うほどの攻撃力を持つ。
ステージ3「強行突破」ではボスとして登場。ステージ2「地下通路の戦い」から登場するが、サマーソルトは仕掛けてこない。本格的に手ごわくなるのはステージ6「生化学研究所の悪夢」から。
ロイヤルガード(ROYAL GUARD)
ゲームオリジナルエイリアン。体色は黄緑色と水色の2種類。
クリサリスと同じく巨大な体躯のエイリアン。主に1〜2体で出現する中ボス的な存在。ジャンププレス攻撃、つかみからの噛み付き、尻尾攻撃、尻尾での巻きつけ攻撃をする。また、ダウンした後に強酸血液をまわりに振りまいて(ただし距離は短い)起き上がる。中間距離ではこちらのガンや空振りに尻尾攻撃を合わせてくる。
ステージ2「地下通路の戦い」から登場する。
エッグチェンバー(EGG CHAMBER)
エイリアン・クィーンが産み落とした卵。近づくとフェイスハガーを放出する。フェイスハガーを出す前は耐久力が高いが、フェイスハガーを出した後は著しく耐久力が落ちる。混戦時に近づくとフェイスハガーの攻撃を受ける可能性がある。
ステージ4「クィーン掃討作戦」のみ登場する。
フェイスハガー(FACE HUGGER)
エッグチェンバーから放たれる蜘蛛のような生物。犠牲者の顔に取り付き寄生体を宿す。ゲーム中ではレバガチャをして振りほどかないと体力ゲージが一気に減る。それ以前に攻撃が一切不可能となるので他のエイリアンの接近を許してしまう。チェストバスターと違い、素早く振りほどければノーダメージで済む。なお、耐久力を持たないため、どんな攻撃でも一撃当てれば倒せるが、飛び道具やジャンプ攻撃で倒すとスコアが入らない。
ステージ4「クィーン掃討作戦」のみ登場する。
チェストバスター(CHEST BUSTER)
フェイスハガーが犠牲者に植え付けた寄生体が成長した鋭い牙を持つ蛇のようなエイリアンの幼体。飛び掛かって喰らい付いてくる。背景の繭と化した人間やインフェクトイドの体を喰い破って登場したり、頭上から落ちてくる。フェイスハガー同様、ゲーム中ではレバガチャをして振りほどかないと体力ゲージが徐々に減る。それ以前に攻撃が一切不可能となるので他のエイリアンの接近を許してしまう。どんな攻撃でも一撃当てれば倒せるが、飛び道具やジャンプ攻撃で倒すとスコアが入らない。
ステージ4「クィーン掃討作戦」から登場する。
インフェクトイド(INFECTOID)
チェストバスターを宿した兵士の成れの果て。皮膚が青白くなっており、フラフラと接近してくる。武器を有している者もいるが使用はしてこない。プレイヤーを掴んで離さないだけだが、素早く振りほどかないと腹部からチェストバスターが生まれ、チェストバスターの攻撃を受けてしまう(通常のチェストバスターの喰らい付き攻撃よりもダメージが大きい)。一定のダメージを与える毎に身体が破損していき、頭や腕を失っても向かってくるゾンビのような存在だが、貫通する攻撃や炸裂系の武器に弱い。なお、しばらく放っておくとチェストバスターが誕生して倒れる。出現するシーンが限られており、登場数は多くない。
ステージ4「クィーン掃討作戦」から登場する。

宇宙海兵隊[編集]

本作の敵では唯一の人間側のキャラクターたち。

プライベート(PRIVATE)、コーポラル(CORPORAL)、サージェント(SERGEANT)
それぞれ順番に兵卒、伍長、軍曹の意味。各キャラクターは外観が異なるだけで行動上の差異はない。
様々な武器を使用し、武器を落とすと落ちている武器(ナイフまたはパルスガン、スマートガンのいずれかのみ)を拾いに行く。拾える武器がない場合は退却する。武器はこのゲームの中では通常攻撃より強い。
ナイフ、パルスガン、スマートガン、手榴弾など多彩な武器を持っている。武器で直接殴ってきたり、キックを浴びせてくることもある。通常は武器を手にゆっくりと登場するが、突発的にナイフか手榴弾を投げて逃げたり、パルスガンを数発撃ってから逃走する兵士などもいる。
ステージ5「最強の生物兵器」から登場する。
セントリーガン(Sentry Gun)
『エイリアン2』に登場した自動制御の機関銃。映画と同じく範囲内に入ったキャラクターに向かって機銃を放つが弾幕には一台ごとに隙間がある。固定キャラクターの為、必ずしも倒す必要は無い。耐久力は無く、一撃で破壊可能。正面から倒すよりは、プレデターのショルダーキャノンによる一掃、または背後に回り込んでの打撃でノーダメージで倒せる。
ステージ5「最強の生物兵器」とステージ7「最後の標的」に登場する。
カーネル(Colonel)
宇宙海兵隊の大佐でシェーファーやリンの上司にあたる。ステージ5、ステージ7でその姿を見せるが、直接戦うことはない。
ウェイランド社と手を組みエイリアン生物兵器化計画を推し進めるが、海上独立都市「サン・ドラド」で大量発生させてしまい、化学兵器部隊を投入するものの全滅の憂き目を見る(ステージ4「クイーン掃討作戦」後半で全滅した部隊が登場する)。冷酷な性格で、都市を滅ぼしてしまったことを何とも思っておらず、終盤ではプレデターをも兵器として利用したため、プレデターたちにも命を狙われることになる。
自らの保身のために「サン・ドラド」や軍港に残る兵士たちを見捨てて宇宙へと逃れようとするが、宇宙船でのコントロールルームで怒り狂ったエイリアン・クィーンにより殺害され、無惨な最期を遂げる。

ステージ紹介[編集]

ステージ1「地獄の都市」[編集]

オープニングの続きから始まる。序盤に出てくるのは雑魚エイリアンばかりだが、いくら倒してもキリがない。やむをえず倉庫の中に逃げ込む彼らだが…。

BOSS クリサリス(CHRYSALIS)
ゲームオリジナルエイリアン。背中が硬い皮膚で覆われた巨大な体躯を持つ。ガード能力を備えた回転アタックと尻尾攻撃が得意。不利になると鳴いて仲間を呼び寄せる。
ステージ7ではカラー違いが雑魚として計4体も登場する。また、ボスの時より多少強くなっている。

ステージ2「地下通路の戦い」[編集]

都市から脱出するため地下通路から脱出を試みるが、そこもエイリアンが待ちかまえていた。通路奥では兵士が惨殺されており、瀕死の兵士ケビンが「尋常じゃない速度のエイリアンがここにいる。逃げろ。」と警告して息絶えた。

BOSS レイザークロウ(RAZOR CRAWS)
ゲームオリジナルエイリアン。色と姿はアラクノイドに似ているがはるかに大型で、カミソリのような爪を持ち、ものすごいジャンプと高速ダッシュで動く突然変異型。ダウンさせても起き上がりと同時に鋭い巨大な爪で攻撃してくる。

ステージ3「強行突破」[編集]

際限無しに湧き出すエイリアンを駆逐するには、大元であるクイーンを倒す必要があると忠告するプレデター。彼らの言葉に従い、クイーンが居る「巣」に向かうため軍の装甲車で強行突破する事になった。

なお、このステージは飛び跳ねてくるエイリアンをひたすら各キャラクターが標準で装備する火器(このステージに限り打ち放題となっており、ボス以外は一撃で倒せるようになっている。)で狩るだけの半ばボーナスステージとなっている。しかし飛び跳ねてくるエイリアンに当たるとダメージを受けるので、油断すれば死ぬこともある。

また、このステージのみメガクラッシュを使っても体力は減らないようになっているが、ボスであるアラクノイドにメガクラッシュが当たれば体力は減る。

BOSS アラクノイド(ARACHNOID)
驚異的なジャンプ力を持つエイリアン。装甲車に飛び乗って攻撃をしかけてくる。他のステージでは雑魚扱いだが、このステージではボスとなっており、数発攻撃を当てないと倒せない。

ステージ4「クィーン掃討作戦」[編集]

エイリアンの巣はエイリアンの卵、「繭」となった兵士の成れの果て、護衛のエイリアンなどで溢れていた。数多くのエイリアンを駆逐し、遂にクィーンと対峙する。

BOSS エイリアン・クィーン(ALIEN QUEEN)
映画『エイリアン2』の最後の敵。エイリアンの「女王」にして、プレデターが求める最高の「獲物」。
本来なら極めて戦闘力が高い強敵だが産卵管が地面に固定されているため、その場から動く事ができない。それでも長い尻尾、伸びる顎、強酸血液など、様々な手段でプレイヤーを苦しめる。

ステージ5「最強の生物兵器」[編集]

軍の輸送機が墜落する瞬間を目撃した一行は墜落現場を確認しようとするが、何故か軍の部隊が立ちはだかる。そして彼らは軍とウェイランド社による「エイリアン生物兵器化計画」を知るのであった…。

BOSS パワーローダー(POWER LOADER)
映画『エイリアン2』に登場したパワーローダーそのもの。操縦者はプライベート。
打たれ強く、普通に殴ってもダウンせずかなりの連撃を加えないとダウンしない。ハサミ型のアームと敵味方問わずダメージを与える火炎放射器を備えている。こちらの攻撃をガードする事もあり、さらに高速でダッシュタックルをしてくることもある。
アイテムのパルスガンやスマートガン、手榴弾を使わないと肉弾戦では無傷で倒すことは難しい。
ステージ7ではカラー違いが雑魚として2体登場するが、能力は同じ。

ステージ6「生化学研究所の悪夢」[編集]

軍の計画を阻止するため、一行は生化学研究所と向かう。内部では多くのエイリアンが標本にされていたが、実はまだ生きており、突然カプセルを破壊して脱走し兵士たちに襲い掛かり、研究所は阿鼻叫喚の地獄へと化す。途中で暴走エレベーターを止めるために制御BOXを破壊するボーナスステージがある。時間内に破壊できない場合はノーボーナスの上、天井に激突して大ダメージを受けてしまう。

BOSS マッド・プレデター(MAD PREDETOR)
突然、襲いかかってくる狂ったプレデター。マスクは着けていない。インフェクトイド同様、皮膚が青白くなっており、灰色の装甲を着けている。
リストブレイドや連射可能なショルダーキャノン、三角飛び蹴り、クローキング(透明化)などを駆使して襲いかかってくる。画面奥のフェンスを使って繰り返し攻撃もする。
一対一ならさほど手強くは無いものの、アッパーカットなど素手での攻撃威力が非常に高い。
複数人プレイでは2体も出現して、狭いフィールド内で同時に戦わなければならないため、かなりの強敵となる。
プレイヤーに倒されると、ナイフを取り出しみずから腹を斬り自決する。

ステージ7「最後の標的」[編集]

プレデターが狂った原因は、体内にチェストバスターが植え付けられていたからであった。軍はプレデター族をも兵器化しようと目論んでいたのである。生化学研究所からリフトで軍港へ繋がっていることを知った一行は、軍の計画を阻止し、かつ仲間の敵をとるため、最後の戦いに赴く。軍港や宇宙船を舞台に、無数のエイリアンと軍隊を相手にした激戦が繰り広げられる。

BOSS エイリアン・クィーン(ALIEN QUEEN)
自分の子を殺されて怒り狂い、宇宙船の中まで追ってきたエイリアン・クィーン。
最初に出会った時とは違い、自由に動けるので想像を絶する強さを発揮する。ひっかきや強酸血液の吐き掛け、隠し顎攻撃の他に、映画と同じく尻尾で串刺しにする攻撃をする。その攻撃を回避しても、ジャンプして攻撃判定のある下降体当たりを行う。
2体のクリサリスを引き連れて登場。その後ウォーリアー、スマッシャー、ストーカー、最後は2体のロイヤルガードと次々とエイリアンたちを呼び寄せ、プレイヤーたちを苦しめる。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ゲーム起動時の表記による。
  2. ^ http://www.capcom.co.jp/support/faq/information_general_037126.html
  3. ^ 32X - Alien vs Predator
  4. ^ 『ALL ABOUT ストリートファイターIII THE FIGHTING BIBLE』に記述。