ジャン=ピエール・ジュネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン=ピエール・ジュネ
Jean-Pierre Jeunet
ジャン=ピエール・ジュネJean-Pierre Jeunet
生年月日 1953年9月3日(61歳)
出生地 ロアンヌ
国籍 フランスの旗 フランス
配偶者 Liza Sullivan (1997-)

ジャン=ピエール・ジュネJean-Pierre Jeunet, 1953年9月3日 - )は、フランス映画監督脚本家

来歴[編集]

友人の映画監督マルク・キャロと組んで「ジュネ&キャロ」として短編映画作品などを作り、10分間の短編アニメ『回転木馬』は第6回(1980年度)セザール賞の短編(アニメーション)賞に輝いた。

単独で監督した1989年の短編映画『僕の好きなこと、嫌いなこと』ではドミニク・ピノンを起用し、この作品で第16回(1990年度)セザール賞の短編(劇映画)賞を受賞した。

1991年にはキャロと共同で長編映画『デリカテッセン』を監督、核戦争後のパリの肉屋を舞台とした騒動をドミニク・ピノン主演でブラックユーモアたっぷりに描き、フランスで大ヒット。第17回(1991年度)セザール賞で、ジュネはキャロらと脚本賞と新人監督作品賞を受賞し、この作品は全部で4部門受賞した。

1995年にはキャロと共同で『ロスト・チルドレン』を発表し、ロン・パールマンを主演に起用した。第21回(1995年度)セザール賞にこの作品は3部門ノミネートし、そのうち美術賞を受賞した。

1997年、『エイリアン4』の監督に起用され、ハリウッドデビューとなり、これが初めての続編ものとなる。

その後フランスへ戻り、2001年に『アメリ』を発表し、オドレイ・トトゥ主演のこの作品は世界的なヒットとなる。日本でも映画に登場するデザートのクレーム・ブリュレが流行するなど社会現象となった。第27回(2001年度)セザール賞で、ジュネは作品賞と監督賞を受賞し、この作品は全部で4部門受賞した。また、第74回(2001年度)アカデミー賞では、ジュネは脚本賞にノミネートされ、この作品は全部で5部門ノミネートされた。

2004年に再びオドレイ・トトゥ主演で『ロング・エンゲージメント』を発表。第30回(2004年度)セザール賞で、ジュネは作品・監督・脚本でノミネートし、この作品は全部で5部門受賞した。また、第77回(2004年度)アカデミー賞では、撮影賞美術賞にノミネートされた。

2009年ダニー・ブーン主演の『ミックマック』を発表。日本では、フランス映画祭2010でオープニング作品として上映され、2010年9月に公開された。

ジュネの作品の特徴は、独特の世界観とブラックユーモアである。また全作品に出演している常連・ドミニク・ピノンをはじめ、オドレイ・トトゥロン・パールマンヨランド・モローアンドレ・デュソリエなど個性派俳優が多数出演し、作品世界を独特なものにしている。

主な作品[編集]

短編[編集]

  • 回転木馬 Le Manège (1980年) - マルク・キャロと共同監督、アニメーション
  • 最後の突風の砦 Le Bunker de la dernière rafale (1981年) - マルク・キャロと共同監督・出演ほか
  • ビリー・ブラッコに休息なし Pas de repos pour Billy Brakko (1980年) - アニメーション
  • 僕の好きなこと、嫌いなこと Foutaises (1989年)

長編[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]