デリカテッセン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デリカテッセン
Delicatessen
監督 ジャン=ピエール・ジュネ
マルク・キャロ
脚本 ジャン=ピエール・ジュネ
マルク・キャロ
ジル・アドリアン
製作 クローディー・オサール
音楽 カルロス・ダレッシオ
撮影 ダリウス・コンジ
編集 ハーヴ・シュナイド
配給 日本の旗 ヘラルド・エース
公開 フランスの旗 1991年4月17日
日本の旗 1991年12月21日
上映時間 99分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

デリカテッセン』(Delicatessen)は、1991年フランスで製作された映画作品。監督はジャン=ピエール・ジュネマルク・キャロ

ホラーではなく、ブラックユーモア風刺に満ちた作品。

独特の映像空間をつくりあげ、セザール賞新人監督作品賞、脚本賞などを受賞した。

ストーリー[編集]

舞台は核戦争15年後の荒廃したパリに一軒だけ建つ精肉屋=デリカテッセン。その精肉屋の上にあるアパートに元ピエロの青年、ルイゾンが移り住んでくる。そこには不気味な店主とクセのある住人達が住んでいた。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]