ウガンダ・トラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウガンダ・トラ
本名 佐藤 信一郎
(さとう しんいちろう)
別名義 うがちゃん
生年月日 1952年6月6日
没年月日 2008年5月31日(満55歳没)
出生地 日本の旗 日本
東京都港区
血液型 B型 
ジャンル タレントドラマー
活動期間 1978年 - 2008年
主な作品
オレたちひょうきん族
元祖!でぶや
備考
ビジーフォーの元メンバー。
身長175cm, 体重120kg, BWH 120-120-120(1984年時のプロフィール)

ウガンダ・トラ1952年6月6日 - 2008年5月31日)は、日本タレントドラマー。本名、佐藤 信一郎(さとう しんいちろう)。『ビジーフォー』元メンバー。

東京都港区六本木出身。渡辺プロダクション→アミーパーク所属。芸名は、容姿が似ていたウガンダイディ・アミン元大統領に由来するが、それ以外にウガンダ共和国との接点はない。

来歴[編集]

浜口庫之助が経営する地元のゴーゴークラブで、高校在学中からダンサーとして働く。卒業後は、父もサポートメンバーを務めた事がある和田弘とマヒナスターズハワイアンムード歌謡に留まらず、当時はカンツォーネシャンソン等もレパートリーにあった)の、ボーヤ兼ドラマーとして下積み修行。

1971年R&B仲間の高田裕三宮本典子らと、日本のソウルファンクの草分け『スリーチアーズ・アンド・コングラッツレイションズ』に加わり、米軍キャンプや都内一流ディスコの生バンドとして腕を磨いた。

1977年、元ザ・クーガーズ島田与作が立ち上げた『いそがしバンド』に、盟友の高田"ぐっち"裕三スリム冬樹と共に参加し、トラ佐藤(後にウガンダ)の名でドラムとボーカルを担当。『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』(NET系)にセミレギュラー出演し、童謡コーナーではキャンディーズと共演した。

1979年の『金曜娯楽館』(NTV系)へのレギュラー出演と前後して『ビジーフォー』に改名。クレイジーキャッツからザ・ドリフターズへと続く、ナベプロ伝統の技巧派コミックバンドとして期待が掛けられたが、余興だったはずのものまねで売れてしまう。

1983年末「同じような曲ばかり演奏させられる生活に飽きた」との理由で、リーダー島田と共にビジーフォーを脱退。音楽活動を休止してピン芸人になり、『グッドモーニング』 (テレビ朝日系)、『鬼龍院花子の生涯』、『スーパーポリス』(TBS系)、『オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)などに出演。

『グッドモーニング』では『てん・ぱい・ぽん・ちん体操』の模範演技を披露し、マイケル・ジャクソンムーンウォークや『スリラー』のゾンビダンスも完全コピーして見せる一方、『ひょうきん族』では三波伸介の簡単なものまねでお茶を濁していた。

タレント業、ミュージカル俳優のほか、JR中央線大久保駅前で『居酒屋ウガンダの店』(後に『焼き鳥うがちゃん』)を営み、厨房・接客にも励んでいた。フリーの一般客として来店した女性と意気投合し、15歳差を押して1994年に結婚。その後、ウガンダの妻の妹が、ラッシャー板前と結婚。義理の兄となる。 同時期『ウガンダ・トラ』に改名した。

その後、『A女E女』(フジテレビ)の第3回放送にゲスト出演、得意のスティック捌きでスタジオの女性を悶えさせた。また『うたっておどろんぱ』(NHK教育)にもレギュラー出演した。

2008年に入ると体調不良が顕著になり、死期を悟ったのか一方的に離婚して店も畳んだ。Vシネマのロケ先に向かう同年5月10日の朝、「足元がふらつく」と訴えて緊急入院し、復帰叶わず5月31日に死去、55歳没。永年の鯨飲馬食による肝臓病糖尿病心臓病脳梗塞などの悪化が懸念されていたが、解剖の結果、死因は急性呼吸不全だったと6月2日に発表されている[1]

6月4日に行われた葬儀・告別式は、別れたばかりの元妻ではなく実弟が喪主を務めた。元同僚のイタッケ島田、グッチ裕三、モト冬樹らを始め、石橋貴明つのだ☆ひろコロッケ森公美子ダンカングレート義太夫ラサール石井渡辺正行山田邦子松村邦洋小林すすむらが参列し、デブキャラの後輩である石塚英彦ホンジャマカ)は、突然の悲報に泣き崩れていた。戒名は『念誉太芸居士』(ねんよたいげいこじ)。

人物と芸風[編集]

公称体重115kgの巨体を売りにするキャラクター、いわゆるデブタレントの先駆けと言われている。

太り始める前は中学高校を通してバスケ部員で、芸能人水泳大会の競泳でも当時人気絶頂の西城秀樹田原俊彦を抑えて連覇するなどスポーツ万能ぶりを発揮したが、余りのスポーツ万能ぶりにテレビ関係者には逆に煙たがられた。

特技の早食いに関しては「カレーライスは飲み物である。」と公言していた。ちなみにこの言葉が元となり、命日は芸能人仲間の間で「カレー忌」と名づけられており、毎年ウガンダ本人と親交のあった芸能人が集まりカレーやコーラを飲食しながら故人を偲ぶことが恒例となっている[2]

石塚はパパイヤ鈴木と『元祖でぶや』(テレビ東京系)の収録で『うがちゃん』を訪れ、メニューも何品か賞味している。

実父はジャズドラマーの佐藤イサオ。ウガンダも本職のドラミングでは、東京音楽祭ザ・クルセイダーズの前座を務めた際に、ジョー・サンプルから「お前のビートは良い」と一門入りを口説かれた程のテクニックを誇った。[3]

本名の信一郎の名付け親は、父の音楽仲間であった小野満である。

名言[編集]

カレーライスは飲み物
幼少時代から噛んだことがない。若い頃は3秒で飲み干すこともざらだった。『オレたちひょうきん族』の『ひょうきんベストテン』で、バックのセットの一部としてカレーライスを食べる配役をしていたところ、余りに食べるスピードが早く、思わずインタビューされてしまった時の一言から来ている。
カレーは別腹
ラジかるッ』の『彦摩呂のまんぷく道場』にて発した。
オカワリって言ったら、下品かなぁ

後任[編集]

彼の死後、持ち役を引き継いだのは以下の通り。

出演[編集]

テレビ番組[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

アニメ[編集]

ゲーム[編集]

CM[編集]

PV[編集]

  • LM.C 「Bell the CAT」

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ZAKZAK (2008年6月3日). “ウガンダさん死因は呼吸不全…夫人とは離婚していた” (日本語). 2008年6月3日閲覧。
  2. ^ 第三回 『カレー忌』 - ケイ・グラントオフィシャルブログ 2011年6月5日
  3. ^ 『スタジオボイス』誌1984年9月号の本人インタビューより
  4. ^ http://www.fortissmo.jp/page_mu_tex.html