ジョー・サンプル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョー・サンプル
基本情報
出生名 ジョセフ・レスリー・サンプル
出生 1939年2月1日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
死没 2014年9月12日(満75歳没)
ジャンル ジャズフュージョン
職業 ミュージシャン
担当楽器 ピアノ
レーベル ブルー・サム/ABC, MCA, GRP, ワーナー・ブラザーズ, ヴァーヴ

ジョー・サンプルJoe Sample1939年2月1日 - 2014年9月12日、本名:ジョゼフ・レスリー・サンプル、Joseph Leslie Sample)はアメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身のジャズフュージョン界で活躍したピアニスト。リリカルで透明感のあるピアノで、時折ファンキーな音色を見せるのが特徴である。息子のニクラス・サンプル(Nicklas Sample)もジャズ・ミュージシャンで、ベーシスト。

バイオグラフィ[編集]

ジョー・サンプルは5歳よりピアノを始めた。1952年、高校仲間のウィルトン・フェルダーウェイン・ヘンダーソンスティックス・フーパーとバンドを結成、1960年に『ジャズ・クルセイダーズ』の名でデビューした。 1972年、『クルセイダーズ』と改名、よりポップな路線でアプローチしたアルバムStreet Lifeが大ヒットする。タイトル曲ではランディ・クロフォードがフィーチャーされている。このアルバムが元でレーベル側と意見が分かれ、1988年に解散。

ソロ活動としてはクルセイダーズ時代に発表したRainbow Seeker(邦題:『虹の楽園』)(1978)、Carmel(邦題:『渚にて』)(1979) などがある。1988年以降はワーナー・ブラザーズと契約している。

初来日公演は1966年パーシー・フェイスオーケストラのピアニストとしてである。1980年代初頭の来日公演では、前座でドラマーを務めた『ビジーフォー』のウガンダ・トラに「お前のビートは良い」と声を掛け、スカウトした事もある。

2014年9月13日に公式フェイスブック上で、前日の12日に死去したことを家族によって公表された[1][2]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

Title Year Label
Fancy Dance 1969 Gazell
Rainbow Seeker 1978 Blue Thumb/ABC
Carmel 1979 Blue Thumb/ABC
Voices in the Rain 1980 MCA Jazz
Swing Street Cafe (with David T. Walker) 1981 MCA Jazz
The Hunter 1982 MCA Jazz
Roles 1983 MCA Jazz
Oasis 1985 MCA Jazz
Spellbound 1989 Warner Bros.
Collection 1991 GRP
Ashes to Ashes 1990 Warner Bros.
Invitation 1993 Warner Bros.
Did You Feel That? 1994 Warner Bros.
Old Places Old Faces 1996 Warner Bros.
Sample This 1997 Warner Bros.
The Best of Joe Sample 1998 Warner Bros.
The Song Lives on (with Lalah Hathaway) 1999 GRP
The Pecan Tree 2002 Verve
Soul Shadows 2004 Verve
Creole Love Call (with Nils Landgren) 2006 ACT music
Feeling Good (with Randy Crawford) 2007 PRA
No Regrets (with Randy Crawford) 2008 PRA
Live (With Steve Gadd & Nicolas Sample) 2012 PRA

テレビ出演[編集]

外部リンク[編集]