カンツォーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カンツォーネ (Canzone) は、イタリア語では単にを指す単語である。しかし、日本国内においては主に19世紀末から20世紀初頭に書かれたイタリアの大衆歌曲、特にナポリのもの(カンツォーネ・ナポレターナ、Canzone napoletana)を指すことが多い。これらはイタリア民謡とよばれることもあるが、古くより伝承された作者不詳の歌ではなく、近代において専門的な作曲家によって作曲された流行歌であるため、「民謡」と呼ぶのは適切ではないとする意見もある[誰によって?]。この他、1960年代1970年代に日本で流行したイタリアのポップスのこともカンツォーネと呼ばれる。

小規模のカンツォーネのことをカンツォネッタ (Canzonetta) と呼ぶ。

主な曲[編集]

有名な日本人歌手[編集]

その他[編集]

ヴェネツィアとカンツォーネ[編集]

ヴェネツィア歌謡としてのカンツォーネに愛しのわが子などがある。

執筆の途中です この「カンツォーネ」は、イタリアに関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正等して下さる協力者を求めていますP:イタリア/PJイタリア)。