うのまこと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

うの まこと(本名:宇野 真(読みは左記と同じ)、1970年11月13日- )は、日本アニメーターキャラクターデザイナー愛知県名古屋市出身。アニメ雑誌クレジットタイトルなどにおいては、本名で表記される場合もある。

むっちりとした肉感的な絵柄が特徴。

来歴[編集]

地元・愛知のデザイン専門学校(代々木アニメーション学院名古屋校)を卒業後に上京し、1991年葦プロダクションへ入社。同年に参加した『魔法のプリンセス ミンキーモモ(第2作)』が、アニメーターとしてのデビュー作である。

同プロダクション退社後は、フリーランスを経てXEBECに移り、『ラブひな』のキャラクターデザインで一躍有名になった。

2001年にはXEBECを退社して大張正己が率いるスタジオG-1NEOへ移籍し、『超重神グラヴィオン』のキャラクターデザインに起用される。その後、スタジオG-1NEOを退社して本格的にフリーランスとなった。

2007年11月30日には、初の画集『うのまこと画集 UNO!』が集英社より発売。

参加作品[編集]

キャラクターデザイン[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 前作『超重神グラヴィオン』の続編であり、メインキャラクターもそのまま登場しているためにクレジットはされているが、実際の作業には不参加。追加設定を含め、愛姫みかんが作業を引き継いだ形となっている。
  2. ^ 崔ふみひでと共同。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]