天神英貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

天神 英貴(てんじん ひでたか、1973年10月13日 - )は、日本イラストレーター声優俳優兵庫県出身。有限会社スタジオ天神代表。宇宙作家クラブ会員。

経歴[編集]

子供の頃から絵画を独学で学び、学生時代はパステル画、ポスターカラーでイラストを描いていた。ロボット工学に興味を持ち、芝浦工業大学システム工学部に入学。在学中にコンピュータグラフィック (CG) の自主制作の面白さを知り、卒業後はフリーのCGイラストレーターとしてジャケットイラスト制作、CGソフトの解説などを手がける。

小学生当時、『超時空要塞マクロス』の模型の箱絵(ボックスアート)を描いていた高荷義之に影響をうけ、趣味としてバルキリーのイラストを描き始める。その延長で個人のイラストホームページ「VF-1 Valkyrie Maniax」(現在閉鎖)を運営していたところ、知人の紹介で『愛・おぼえていますか』の監督である河森正治と知り合い、マクロス関連の仕事に携わることになる。

ハセガワのマクロス可変戦闘機シリーズのプラモデルを始め、様々な玩具・模型商品の箱絵を担当。専門は航空イラストだが、ガンダムシリーズなどロボット系のボックスアートも手がけている。その他、テレビゲームや映像ソフトのパッケージイラスト、ポスター、トレーディングカードゲームのイラストなども描いている。

また、OVAマクロス ゼロ』よりサテライトのアニメ制作作業に協力し、おもにCGパートの特殊効果を担当している。

その他デザイナー、俳優、声優、CMナレーターなどマルチな活動を行っている。声優としては『日曜洋画劇場』などで主に洋画の吹き替えを担当。ナレーターとしては『ワイド!スクランブル』のボイスオーバーもしていた。現在はカレイドスコープに所属している。

人物[編集]

作業用機材はMacintoshを使用する。ツールとして以前は3DCGソフト「Shade」や「六角大王」を使用していたが、近年はおもに「Photoshop」を使いペンタブレットで手描きしている。写実的で精密なメカニック描写を得意とし、画集やリトグラフも発売されている。

幼少の頃より武術に接し、多くの武道を学んでいる。テコンドーをやっていた際に、師範との組み手で指を折ってしまったが、折れた状態でボックスアート描いていたなどのエピソードがある。テコンドー大会のパンフレットや、ルールを無償で描いていたこともある。

極度の方向音痴であり、学生時代に就職活動をしていた頃は、時間通りに試験会場までたどり着けなかったという。

主な仕事[編集]

ボックスアート[編集]

ゲーム作品[編集]

アニメ作品[編集]

漫画作品[編集]

書籍・広告イラスト[編集]

連載[編集]

  • グレートメカニックDX(SF画家 天神英貴 天神のツボ)

声の出演[編集]

ナレーション[編集]

画集[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]