劇画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

劇画(げきが)は、絵とセリフでストーリーを描く表現技法で、日本の漫画の一分野である。現在、一般的にはデフォルメされた作画の漫画に対して、写実的な作画で青年向けのシリアスなストーリーを描くものを指して劇画と呼ぶことが多い。

歴史[編集]

現在は漫画の一分野であるものの、そもそも劇画は子供向けの作品と混同されないために作られた漫画のジャンルである。雑誌の作品として発表される「漫画」に対して、劇画は貸本屋で貸し出される作品を指していた。貸本時代の「漫画」は子供向けでストーリーよりも笑いを重視した他愛のないものであり、読者対象を明確に(子供には刺激が強すぎた為)する必要から、ストーリー「」を画にしたものを劇画と呼ぶようになる。よって本来画風自体は劇画の条件では無い(後述)。

「劇画」という名称は辰巳ヨシヒロの考案によるものであり(さいとう・たかをによれば、他には「説画」などの候補があったと言う)、1957年末に貸本漫画雑誌『街』に辰巳が描いた作品「幽霊タクシー」にて、その作品表紙に「劇画」という表記が初めて使用された(なお、この頃、同じように既成の漫画とは異なる表現を追求していた松本正彦は、自身の漫画を「駒画」と呼んでいた。他には「説画」などの名称があった)。 1959年には、日の丸文庫出身の若手作家たちが「劇画工房」を結成(メンバーは辰巳、石川フミヤスK・元美津桜井昌一山森ススム佐藤まさあきさいとう・たかを松本正彦)。彼等の活躍により、「劇画」という言葉は完全に定着した。

貸本という連載作品のような形で締め切りに追われることのないメディアで展開されたため、劇画は時間をかけて執筆された作品が多く、息の長い長編作品も生まれ、1960年代 - 1970年代にかけて劇画はブームを巻き起こした。 しかしその後、「漫画」も画力・ストーリーとも急成長したことで、写実的な作画もシリアスなストーリーも「漫画」の守備範囲に含まれるものになっていった。加えて、貸本屋が衰退したことで劇画の掲載メディアも雑誌が中心になり、現在では元々の意味での漫画と劇画の境界は存在しない。従って、現在ではセックスや暴力描写をタブーとしない青年向け作品を中心に、作家や出版社あるいは読み手の任意で劇画という呼称を用いている。

いずれにせよ劇画のほとんどはシリアスなストーリー作品だが、ギャグ主体の漫画やアニメの一部に劇画調の画を取り入れる手法もしばしば用いられる。古くは赤塚不二夫藤子不二雄みなもと太郎などに見られる。また全編通して劇画調の絵による漫画やアニメ、4コマ漫画(例えば泉昌之田中圭一の初期作品や野中英次新井理恵の作品など)も見られる。


参考:昭和三四年(1959年)、「劇画工房ご案内」という7名の連名による挨拶状(はがき)150枚が、新聞者、出版社や漫画家に向けて送付された(原文は縦書き)。「劇画」の命名は辰巳ヨシヒロによる。

          劇  画  工  房  ご  案  内
常に世の中は移りつつあります。鳥羽僧正に端を発したといわれる漫画界も日進月歩、昭和
になって大人漫画と子供漫画とジャンルが二分され、大人漫画の中でも政治漫画、風俗漫画、
家庭漫画、ストーリー漫画と樹木の如く、それぞれ方向を異とするものにわかれました。
 子供漫画の世界でも同じく、その読者対象によつてその分野が広がりました戦後、手塚治虫
氏を主幹とするストーリイ漫画が急速に発達し、子供漫画の地位が向上、進歩の一途をたどり
ました。
 最近になって映画、テレビ、ラジオにおける超音速的な進歩発展の影響をうけ、ストーリィ
漫画の世界にも新しい息吹がもたらされ、新しい樹が芽をふきだしたのです。
 それが“劇画”です。
 劇画と漫画の相違は技法面でもあるでしょうが、大きくいって読者対象にあると考えられま
す。子供から大人になる過渡期においての娯楽読物が要求されながらも出なかったのは、その
発表機関がなかったことに原因していたのでしょう。劇画の読者対象はここにあるのです。劇
画の発展の一助は貸本店にあるといってもいいと思います。
 未開拓地“劇画”
 劇画の前途は洋々たるものがあります。それだけに多苦多難なこともありましょう。ここに
望まれるのは劇画ライターの一致協力です。
 この主旨にもとずいて、このたびTS工房、関西漫画家同人、劇画工房が合併、同志の劇画
ライターが協力、新しいシステムによって劇画工房なる機関が発足いたしました。
 劇画工房のあり方というものを理解下さって諸兄のご声援をおねがいします。
  劇画工房 さいとうたかを 佐藤まさあき 石川フミヤス 桜井昌一
             辰巳ヨシヒロ 山森ススム K・元美津

劇画の定義[編集]

漫画的な絵(左)と劇画的な絵(右)(古典的な表現)

さいとう・たかをによれば、本来、画風は劇画の条件には含まれていない。丸っこい絵、少年・少女向けの絵でも構わないものであった。ところが劇画黎明期を支えた面々が仕事をしなくなってしまい、さいとうのみが残ってしまったため、さいとう調の絵が「劇画」だと世間が誤解し、定着してしまったという[1]

劇画作家[編集]

出典[編集]

  1. ^ 松本正彦 『劇画バカたち』 青林工藝舎、2009年 さいとうたかをインタビューより

関連項目[編集]