永島慎二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
永島 慎二
本名 永島 眞一
生誕 1937年7月8日
東京都
死没 2005年6月10日(満67歳没)
東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1952年 - 1980年代
ジャンル 劇画
代表作 『フーテン』
漫画家残酷物語
柔道一直線』(原作:梶原一騎) 他
受賞 第17回小学館漫画賞1972年
第3回日本漫画家協会賞優秀賞(1974年
テンプレートを表示

永島 慎二(ながしま しんじ、1937年7月8日 - 2005年6月10日)は、日本漫画家。本名は永島 眞一(または真一、ながしま しんいち)。東京都出身。本名は、眞一だが、出版社のミスで慎二となりその後は慎二を使用。愛称はダンさん[1]

長男はギタリスト永島志基

生涯[編集]

東京板橋生まれ。生家は雑貨商であった。父を戦争で失い、空襲で家を焼かれ、一家で埼玉県群馬県に疎開し、ルンペン生活を経験する。小学校3年の頃から漫画家になることを志望し、中学校中退[2]後、家出して酒屋や洗濯屋、豆腐売り、自転車修理工など十を超える仕事を転々としながら漫画を描いていたがどれも長くは続かず、半年後に行き詰った。原稿を抱えて街を彷徨っていた(本人談)ところ、偶然再会した目黒区立第一中学校の同級生に支援され、祐天寺近辺の馬小屋の二階に住まいつつ、昼は豆腐や納豆を行商し、夜は漫画を描き、時折カット描きの稿料を得る生活を続けた。西品川で揚げ物屋を開業した母親ら家族も、反対しつつも支援してくれた。雨天が続き豆腐の行商ができない日が続くと、水しか飲まない日が数日続いたが、祐天寺から現在の山手通りを徒歩で南下し、時には倒れたりしながらも西品川に辿り着いて、店の揚げ物の残りを貰ったり、妹が家族に内緒で誤魔化した店の売り上げの一部を貰ったりしていた。

1952年、『さんしょのピリちゃん』で漫画家デビュー。このときの原稿料は、中卒の初任給が4000円の時代に6000円であった[3]。初夏のその月のうちに”馬小屋の二階”を引き払い、実家に凱旋したが[4]、「さんしょのピリちゃん」出版の半月前の七月下旬に、兄の成功を誰よりも喜んでいた前述の妹を事故(友人と行った多摩川で水死)で亡くす。

その後、トキワ荘に出入りするようになり手塚治虫の面識を得て、手塚のアシスタントとなる。のち、独立して杉村篤(当時の筆名はコンタロー)、石川球太深井国(当時の筆名は深井ヒロー)らと「むさしのプロダクション」を結成。

その後、同じ国分寺市に住まっていた、辰巳ヨシヒロさいとう・たかをや「劇画工房」のメンバーと交際。「劇画工房」分裂後は、さいとうプロダクションに入社し、絵柄が劇画風に変わる。また、新宿フーテン生活を経験。のちにその体験を題材にした漫画「フーテン」を発表している。

1961年に発表した『漫画家残酷物語』は、漫画業界の裏側に迫った作品で、永島の出世作となった。『COM』や『ガロ』などの漫画誌に数々の作品を発表し、独特の画風で“青年漫画の教祖”と呼ばれるようになった。また、1964年から1966年までは虫プロダクションに所属しており、テレビアニメ『ジャングル大帝』などで主に演出を担当した。

1972年、『花いちもんめ』ほかにより、第17回(昭和47年度)小学館漫画賞受賞。

1974年、『漫画のおべんとう箱』により、第3回(昭和49年度)日本漫画家協会賞優秀賞受賞。

1980年代以降、漫画家としては半隠居状態だった。晩年は阿佐ヶ谷に在住し、1970年頃にある若者にこっぴどく負かされたのがきっかけ(本人談)となり、将棋の駒作りを趣味にしていた。名産地である山形県天童市に出かけたり、同好の士の駒作りの会に参加したりなどしていた。将棋の駒にとどまらず物作りを趣味とし、愛煙家でありダンヒルパイプを愛用していたが、自作のパイプも制作していた。

2005年6月10日、慢性心不全のため死去。享年69(満67歳没)。長年糖尿病を患っていて、2000年からは人工透析を受けていた。

墓所は鎌倉瑞泉寺。戒名は「永閑院愼高美久居士」(高美久=コミック)。

評価[編集]

2003年放送の「BSマンガ夜話」において「漫画家残酷物語」が取り上げられ、いしかわじゅん夏目房之介らにより評されている。同番組によれば、永島は貸本劇画や『COM』などにおいて漫画を自己表現として描き、同時代の青少年読者にとっては太宰治的な影響力を持ったという。また、作家の間でも一目置かれる存在で、手塚治虫をオマージュしつつもスタイリッシュな絵柄は後の漫画史においても影響力を持ち、モブシーンの中の群集を無人格に描いたり(いしかわじゅんによる)、空虚な心理を表現する為にキャラクターの目を白目にする(夏目房之介による)などの手法は永島が始めたという。また、絵の修行の為にアメリカに渡ったこともあり(その際に連載途中であった『柔道一直線』を休載。帰国後いったんは再開したが、結局は途中放棄する形となっている)、1980年代以降は挿絵の仕事が多くなる。好きなキャラクターはピエロだった。

同時代に『ガロ』で作品を発表した同年齢のつげ義春とは若木書房で貸本漫画を描いていた16歳の頃からの付き合いで[5]、研究者の間では何かと比較される事が多く、一時期つげが永島の絵に影響を受けていたとする説がある(いしかわによる)。

1970年前後に活動した日本のロックバンドはっぴいえんどの作品の世界観に大きく影響を与えている。

主な作品[編集]

主な単行本リスト[編集]

  • ひまわりキッド(1953年、中村書店
  • 三日月童子(1954年、太平洋文庫
  • なぞの白仮面(1954年、若木書房
  • 愛犬タロ(1954年、若木書房)
  • 道中双六(1955年、若木書房)
  • 丹兵エ行状記(1955年、若木書房)
  • コロの物語(1958年、鈴木出版
  • 三人の暗殺者(1958年、つばめ出版
  • ひな子ちゃん・旅路(1958年、島村出版
  • 少女マリ(1961年、若木書房)
  • 港野郎に気をつけろ!(1961年、東京トップ社
  • 死人作り(1962年、東京トップ社)
  • 狼城(1963年、東京トップ社)
  • 殺し屋人別帳(1967年、東考社
  • 漫画家残酷物語 全3巻(1967年、朝日ソノラマ
  • 人間劇場(1968年、朝日ソノラマ)
  • 首(1968年、朝日ソノラマ)
  • 源太とおっかあ(1968年、朝日ソノラマ)
  • 愛と死の詩(1968年、朝日ソノラマ)
  • 青春裁判(1968年、虫コミックス虫プロ
  • 挑戦者AAA(1968年、少年画報社)
  • 柔道一直線 全11巻(1968年、少年画報社)
  • 風っ子(1971年、青林堂
  • フーテン(1972年、青林堂)
  • 四畳半の物語(1973年、朝日ソノラマ)
  • はだしのブン 全2巻(1973年、朝日ソノラマ)
  • うらしま(1973年、朝日ソノラマ)
  • 東京最後の日(1973年、朝日ソノラマ)
  • まんが公園(1973年、朝日ソノラマ)
  • 漫画のおべんとう箱(1973年、青林堂)
  • 若者たち(1973年、双葉社
  • 旅人くん(1975年、インタナル出版
  • そのばしのぎの犯罪 全2巻(1977年、青林堂)
  • 花いちもんめ(1978年、青林堂)
  • 少年期たち(1978年、朝日ソノラマ)
  • サトコは町の子(1978年、翠楊社
  • リリィのブルース(1979年、青林堂)
  • 独りくん 全2巻(1980年、オハヨー出版

エッセイ[編集]

  • 永島慎二共和国(1981年、大和書房
  • 真夜中のせんたく(1983年、創樹社美術出版)
  • 阿佐谷界隈怪人ぐらいだあ(1984年、旺文社

映像化作品[編集]

テレビドラマ

映画

弟子[編集]

 あだち充は永島のアシスタントになる予定であったが、あだちが上京したタイミングで永島が仕事放棄の上で海外に逃亡しており、結果としてアシスタントになることはなかったが、永島の追悼企画本を発案したのはあだちであり、同書に追悼原稿を寄せている。

その他[編集]

  • 藤子不二雄の自伝的漫画『愛…しりそめし頃に…』の3巻「おそるべき新人」で新人時代の永島が描かれている。
  • 桜井昌一『ぼくは劇画の仕掛人だった』 - 「劇画工房」メンバーとの交際時を中心とした、永島の様々なエピソードが描かれている。
  • 映画や音楽からの名前から付けられた作品名が多い。例として「ククル・クク・パロマ」「あにいもうと」「地下鉄サム物語」など。
  • 後に『巨人の星』等で有名になった川崎のぼるは永島を尊敬しており、アシスタントや師弟関係こそ無かったものの、(特に絵柄の)影響を受けている。[6]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日ソノラマから刊行されたサンコミックス版の短編集は愛称にちなんで『ダンさんコレクション』と銘打っている。
  2. ^ 自主的に行かなくなっただけであり、後日馬小屋の二階に住んでいた頃、中学の先生が訪ねてきて、復学するよう説得している。
  3. ^ 70頁で描き上げた原稿を飯田橋鶴書房に”置いてきた”ところ、後日連絡の葉書が届き、64頁の単行本として出版。6000円のうち3000円が前金で支払われ、出版後に残り3000円が支払われた。
  4. ^ この前後で増えていた荷物は、漫画の単行本一冊だけだったと語っている。
  5. ^ 永島慎二「わが青春の風暮し」
  6. ^ 朝日ソノラマから刊行されたサンコミックス版『源太とおっかあ』(ダンさんコレクション1)の冒頭に「大先輩永島慎二さん」というコラムを寄稿している。