はっぴいえんど

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
はっぴいえんど
HAPPY END
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
活動期間 1969年 - 1972年
1973年
1985年
レーベル URC
(1970年 - 1971年)
BellwoodKING
(1971年 - 1973年)
事務所 マネージメント:
風都市
(1969年 - 1973年)
音楽出版:
アート音楽出版
(1969年 – 1972年)
新興楽譜出版
(1973年)
共同作業者 小倉栄司(ディレクター)
(1969年 - 1970年)
三浦光紀(ディレクター)
(1971年 - 1973年)
石浦信三(マネージメント)
(1971年 - 1972年)
メンバー
細野晴臣ベースヴォーカルギターキーボード
大瀧詠一(ヴォーカル、ギター)
松本隆ドラムス
鈴木茂(ギター、ヴォーカル)

バッファロー・スプリングフィールド
モビー・グレープ

はっぴいえんど(HAPPY END)は、1969年から1972年まで活動した日本バンドである。

概略[編集]

バンドの作詞担当だった松本隆が、ダブルミーニングなどの技法を積極的に歌詞に取り入れ、日本語ロックと呼ばれた独特の世界を構築した。松本は後年、ジャックスの楽曲「からっぽの世界」の歌詞に影響を受けたことを公言し、この曲がなければはっぴいえんどはなかったかもしれないという趣旨の発言をしている[1]。大瀧と細野は音楽性を重視していたため、ロックに日本語の歌詞をつけるこの提案に反対した。またサウンド面においてはアメリカのバッファロー・スプリングフィールドや、モビー・グレープに影響された先進的な音であった[注 1]。メンバーは宮沢賢治に影響を受けており、その世界観が音楽性にも影響しているらしい[2]

しかし、ブリティッシュロックの人気が絶頂期を迎えつつあった当時の日本において、これらのバンドはほぼ無名であったにも拘らず、このような音楽性を標榜したのは、ブリティッシュロックはアメリカのロックをコピーして生まれたイギリスオリジナルの音楽であるため、日本のロックを作るためにはアメリカのロックをやらなければならないという考えがあったから[注 2]。はっぴいえんどがとった方向性は後続のバンドに少なからぬ影響を与え、葡萄畑乱魔堂センチメンタル・シティ・ロマンスなどの後継者を生んだ。

代表曲「風をあつめて」は、2003年のアメリカ映画『ロスト・イン・トランスレーション』と2009年の日本映画『おと・な・り』のほか、漫画『うみべの女の子』でそれぞれ取り上げられた。

遠藤賢司岡林信康加川良高田渡小坂忠らのバックバンドとしても、コンサートやスタジオ録音などを行っている。

メンバー[編集]

東京都港区白金出身。
岩手県江刺郡梁川村(現奥州市)出身。
東京都港区青山出身。
東京都世田谷区出身。

年表[編集]

1969年[編集]

  • 3月、“エイプリル・フール”結成。
  • 9月27日、エイプリル・フール、アルバム『April Fool』発売。
  • 9月、はっぴいえんどの前身“ヴァレンタイン・ブルー”結成。
  • 10月、エイプリル・フール解散。
  • 10月28日、ヴァレンタイン・ブルー、デビュー・ライブとなる“ロックはバリケードをめざす”に出演。

1970年[編集]

  • 3月6日、遠藤賢司『niyago』レコーディングに参加。
  • 3月、ヴァレンタイン・ブルー、バンド名を“はっぴいえんど”に改名。
  • 3月23日、岡林信康『見るまえに跳べ』レコーディングに参加。
  • 4月、アルバム『はっぴいえんど』レコーディング。
  • 4月12日、“ロック叛乱祭”に出演(文京公会堂)。
  • 8月5日、アルバム『はっぴいえんど』発売。
  • 8月8日、“第2回全日本フォーク・ジャンボリー”出演。
  • 10月、岡林信康とのコンサート・ツアー開始。
  • 12月1日、“岡林信康コンサート”をライヴ録音。

1971年[編集]

  • 1月16日、高田渡『ごあいさつ』レコーディングに参加。
  • 4月1日、シングル「12月の雨の日/はいからはくち」発売。
  • 4月10日、加川良『教訓』レコーディングに参加。
  • 4月14日、“加橋かつみコンサート”出演。
  • 5月7日、アルバム『風街ろまん』レコーディング開始。
  • 8月7日、“第3回全日本フォーク・ジャンボリー”出演。
  • 8月21日、“ロックアウト・ロック・コンサート”出演。
  • 11月20日、アルバム『風街ろまん』発売。
  • 12月10日、シングル「花いちもんめ/夏なんです」、大瀧ソロ・シングル「恋の汽車ポッポ/それはぼくじゃないよ」同時発売。

1972年[編集]

  • 5月6日、“第2回春一番コンサート”出演。
  • 6月25日、大瀧、ソロ・シングル「空飛ぶくじら/五月雨」発売。
  • 7月1日、“ラスト・はっぴいえんどツアー”開始。
  • 10月、渡米してロサンゼルスでアルバム『HAPPY END』をレコーディング。
  • 11月25日、大瀧、ソロ・アルバム『大瀧詠一』発売。
  • 12月31日、はっぴいえんど、正式解散。

1973年[編集]

  • 2月25日、アルバム『HAPPY END』、シングル「さよならアメリカ さよならニッポン」同時発売。
  • 5月25日、細野ソロ・アルバム『HOSONO HOUSE』発売。
  • 9月1日、ベスト・アルバム『CITY ⁄ HAPPY END BEST ALBUM』発売。
  • 9月21日、はっぴいえんどラスト・ライブ“CITY -Last Time Around”に出演。
  • 9月25日、細野ソロ・シングル「恋は桃色/福は内鬼は外」発売。

1974年[編集]

  • 1月15日、“CITY -Last Time Around”での模様を収録したライブ・アルバム『ライブ・はっぴいえんど』発売。
  • 6月25日、ベスト・アルバム『SINGLES』発売。

1985年[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

KING
  1. 12月の雨の日 (1971年4月1日) - EP:BS-1366 ※両曲ともアルバムとは別ヴァージョン
    • 12月の雨の日
    • はいからはくち
  2. 花いちもんめ (1971年12月10日) EP:BS-1467
    • 花いちもんめ
    • 夏なんです
Bellwood ⁄ KING
  1. さよならアメリカ さよならニッポン (1973年2月25日) - EP:OF-10
    • さよならアメリカ さよならニッポン
    • 無風状態
URCTOSHIBA-EMI
  1. あしたてんきになあれ1999年11月26日) - CD-S:TOCT-22045

オリジナル・アルバム[編集]

URC
  1. はっぴいえんど1970年8月5日) - LP:URL-1015
  2. 風街ろまん1971年11月20日) - LP:URG-4009
Bellwood ⁄ KING
  1. HAPPY END1973年2月25日) - LP:OFL-8

ベスト・アルバム[編集]

Bellwood ⁄ KING
  1. CITY ⁄ HAPPY END BEST ALBUM1973年9月1日) - LP:OFL-15
    コーラスに小坂忠参加の「はいからはくち」の別ヴァージョン、第3回全日本フォークジャンボリーのライブ音源の「かくれんぼ」を収録。
  2. SINGLES1974年6月25日) - LP:OFL-26
    A面に大瀧詠一と細野晴臣それぞれのシングル、B面にはっぴいえんどのシングル曲を集めたベストアルバム。

ライブ・アルバム[編集]

  1. ライブ・はっぴいえんど (1974年1月15日) - Bellwood ⁄ KING LP:OFL-20
    1973年9月21日文京公会堂で行われた“CITY -LAST TIME AROUND”での模様を収録した、はっぴいえんど唯一のオリジナル・ライブ盤。すでに解散していたので実質的には再編という色合いが強い。三部構成のイベントのうち、はっぴいえんどのメンバーがプロデュースを務め、風都市がこれから売り出そうとする吉田美奈子南佳孝ムーンライダース、ココナツ・バンクの曲は同日発売のライブ・アルバム『1973.9.21 SHOW BOAT 素晴しき船出[注 3]に収録。
  2. THE HAPPY END (LP:1985年9月5日 CT:1985年11月3日)- CBS/SONY LP:18AH-1933, CT:18KH-11755
    1985年6月15日国立競技場で行われたイベント“ALL TOGETHER NOW”での再結成ライブを収録。LPは45回転盤。
  3. はっぴいえんど GREEEATEST LIVE! ON STAGE (1986年7月15日)
    ロック叛乱祭」(1970年4月12日)、「第3回全日本フォークジャンボリー」(1971年8月7日)、「加橋かつみコンサート」(1971年4月14日)での演奏を収録。
  4. はっぴいえんど LIVE ON STAGE (1989年8月25日)
    CDでのみ発売。「第2回全日本フォークジャンボリー」(1970年8月9日)、「ロック・アウト・ロック・コンサート」(1971年8月21日)、「加橋かつみコンサート」(1971年4月14日)、「第3回全日本フォーク・ジャンボリー」(1971年8月7日)での演奏を収録。

ボックス・セット[編集]

  • HAPPY END (1993年5月25日)
    レコード各社共同企画の“シンガー・ソングライター・ルネッサンス”の一環として発売された4枚組ボックス・セット。ライブも含めたオリジナル・アルバム4作とブックレット付き。その内『風街ろまん』『HAPPY END』の2枚は、吉野金次によるオリジナル・マルチトラック・マザー・テープを使用したリミックス盤で、発売当時、物議を醸した。またこのリミックス盤については、その内の数曲が細野のボックス・セット『HOSONO BOX 1969-2000』に収録されたのみで以後、再発売されていない。
  • はっぴいえんどBOX (2004年3月31日)
    ボックスセット。オリジナル・アルバム『はっぴいえんど』『風街ろまん』『HAPPY END』、ライブアルバム『ライブ・はっぴいえんど』『THE HAPPY END』と、はっぴいえんどがバックで演奏を務めた楽曲を集めた『バッキング音源集』、未発表ライブ音源を多数収録した『ライブ・ヒストリーvol. 1』『同vol. 2』がセットになっている。

関連作品[編集]

  • はっぴいえんど (1983年6月)
    センチメンタル・シティ・ロマンスによるカバー・アルバム[注 4]
  • はっぴいえんどに捧ぐ (1993年9月9日、再発: 2004年11月3日、2010年12月15日)
    SME所属アーティストによるカバーを収録。ジャケットのイラストは、つげ義春の短編漫画「紅い花」の主人公キクチサヨコ。2010年12月15日にボーナス・ディスクを追加した2枚組CD『はっぴいえんどに捧ぐ +』として再々発。吉田美奈子矢野顕子清水ミチコ太田裕美ピチカート・ファイヴ小坂忠葡萄畑などがライブでカバーした曲を追加収録。ブルースペックCD仕様。
  • HAPPY END PARADE〜tribute to はっぴいえんど〜 (2002年5月22日)
  • はっぴいえんどかばあぼっくす (2002年5月31日)
    5枚組CDボックスセット。はっぴいえんどが現役当時に発表した3枚のスタジオアルバムと1枚のライブアルバム全曲を、本ボックス発売元のOZ disc所属アーティストを中心に、様々なアーティストがカバー。さらにボックス・セット収録の未発表曲までカバーされている。ライブ・アルバム「ライブ・はっぴいえんど」のカヴァーについては、1973年9月21日に行われたライブ「CITY - LAST TIME AROUND」を、2002年1月10日に同じ文京シビックホールにて完全再現またはカバーを行っている。ライブ・アルバム未収録の「CITY - LAST TIME AROUND」参加アーティストの曲もカバー。それらは『-はっぴいえんどかばあぼっくす外伝-素晴らしき船出かな』に収録され、ボックスには未収録。また、「レア・トラックス」と題されたボーナスCDには、はっぴいえんどが当時ライブで演奏していた曲のカバーが収録されている。Oz discで予約注文および注文を行うと、はっぴいえんどのシングル3枚をカバーしたアナログシングル盤3枚と、ベスト盤『CITY』のカヴァーを収録したCD-Rが特典として配布された。
  • ひっぴいえんど(2009年2月18日、CD+DVD:COZP-354【初回限定盤】, CD:COCP-35382【通常盤】)
    加藤和彦坂崎幸之助のユニット「和幸」(かずこう)の2枚目のアルバム。はっぴいえんどのバンド名や曲名、アルバム名をもじった曲を収録。
  • CITY COVER BOOK (2010年12月15日)
    はっぴいえんどのベストアルバム『CITY』を丸ごとカヴァーしたアルバム。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ もっともこの時期には、日本でもすでにプログレッシブ・ロックが注目されており、バッファロー・スプリングフィールドは過去のものとなりつつあった節がある。しかし、1970年の洋楽専門雑誌では、特集で彼らが回顧されており、その音が全くの時代遅れではなかったことがわかる。
  2. ^ 細野がアメリカ音楽からの影響を強く受けていたことや、単に売れている物を否定するというアンチの精神もある。
  3. ^ 1974年1月15日発売 SHOW BOAT ⁄ TRIO LP:3A-1014
  4. ^ ファースト・アルバム『センチメンタル・シティ・ロマンス』(1975年)では細野がチーフ・オーディエンスとしてクレジットされている。

出典[編集]

  1. ^ 『TJ MOOK 聴け! 伝説の日本ロック1969-79』(宝島社、2004年、ISBN 4-7966-3862-8)p.32
  2. ^ 劇場アニメ『銀河鉄道の夜』(LD解説書の細野の発言)

関連項目[編集]