ルパン三世 DEAD OR ALIVE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルパン三世
DEAD OR ALIVE
監督 モンキー・パンチ
脚本 柏原寛司
原作 モンキー・パンチ
出演者 栗田貫一
納谷悟朗
小林清志
井上真樹夫
増山江威子
音楽 根岸貴幸
主題歌 media youth
「Damegeの甘い罠」
配給 東宝
公開 日本の旗 1996年4月20日
上映時間 97分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス
次作 ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE
テンプレートを表示

ルパン三世 DEAD OR ALIVE』(ルパンさんせい デッド・オア・アライブ)は、モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』の劇場版第6作。1996年4月20日公開。

概要[編集]

本作品は、原作者であるモンキー・パンチがシリーズ史上初めて監督を担当した作品でもある。また、前作『ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス』より、2代目ルパン三世の声優としてデビューした栗田貫一が、本作品でもルパンを演じている。他の映画やTVシリーズと比較して、キャラクター全員が最も原作に近い風貌で描かれている。

タイトルの意味は直訳すれば「死んでいるのか? 生きているのか?」だが、転じて「生死を問わず」となり、作中でルパンが「生死を問わず」指名手配されたことにも関連する。しかし、裏の意味は直訳のまま「死んでいるのか? 生きているのか?」であり、劇中の首狩り将軍、パニシュの正体につながる暗示でもある。

それまでシリーズの音楽を担当してきた大野雄二は、初代ルパン三世の声優の山田康雄の死去やライブ活動の多忙を理由に、本作および同年の『ルパン三世 トワイライト☆ジェミニの秘密』を降板した。代わって根岸貴幸がこの2作の音楽を担当している。

あらすじ[編集]

ズフ国は国王と王子パニシュが殺害されて以来、首狩り将軍による独裁政権が敷かれていた。将軍は国王が漂流島に隠したといわれる財宝を狙っていたが、今まで軍隊をもってしてもその財宝を手に入れられなかった。無数の白骨の転がるこの島にルパン達も足を踏み入れたが、島に備えられた驚異的な防御システムを前に撤退を余儀なくされたのだった。

この島の防御システムの正体は何なのか。ルパン達はその鍵を握るとされる将軍の娘エメラに接近するが、銭形が仕掛けたおとり作戦にはまってしまい、アジトを将軍の軍隊に急襲される。そしてエメラの囮となってルパンのアジトに潜入した女性工作員オーリエンダーはルパンたちから奇妙な話を聞かされる。将軍に殺されたはずのパニシュ王子を街で見たというのである。王子に対して特別な感情を抱くオーリエンダーは彼を求めて街へ繰り出す。同時期ルパンには100万ドルの懸賞金が懸けられ、銭形やズフ国家警察長官クライシスだけでなく、賞金稼ぎにも追われる身となる。そして物語は王子の出現に伴うズフ国の動揺とルパンの仕事とが並行して展開していく。

ゲストキャラクター[編集]

オーリエンダー
- 高山みなみ
ズフ国家警察の秘密工作員で、通称「オーリ」。また、エメラ(後述)と入れ替わり、ルパンを欺いた。実は前国王の息子パニシュと恋仲で、首から下げたペンダントにはパニシュの写真を忍ばせているが、パニシュと再会するまでは首狩り将軍に騙されており、国王がパニシュを殺し首狩り将軍がその仇を討ったと信じていた。
パニシュと再会後は、彼が率いるレジスタンスに協力して二重スパイとなった。後に、パニシュがルパンの変装であったことに気付き、最終的には過去の悲しみから吹っ切れたようで、前に進んで生きるべく、パニシュとの思い出の詰まったペンダントを自ら笑顔で海に投げ捨てた。タバコが嫌い。
名前の由来は、花は美しいが猛毒を持つ植物「夾竹桃」の英名。フランスの花言葉では「美と善良」を意味するが、イギリスの花言葉では「危険と注意」を意味する。
パニシュ
声 - 古谷徹
ズフ国王の息子で、ズフの元王子。軍事クーデターでの失脚後、首狩り将軍の命令を受けたクライシスに処刑されたかに見えたが、電波ジャックをした際に、殺害されたのは自分の影武者であり、自身はレジスタンスを率い首狩り将軍に対抗することを宣言する。既に死んだとされている現在においても、国民の中では高い人望とカリスマを持っており、電波ジャック時には民衆による大歓声が上がったほどである。また、国王の継承者である彼自身が、漂流島の財宝を手にする鍵となっていた。
その正体はルパンの変装であり、パニシュがクライシスに処刑されたのは真実であった。オーリエンダーは、タバコを吸わないパニシュからタバコの匂いがしたことから、偽者だと気付いていた。
名前の由来は、英語で「(人が)(人・悪事など)を罰する」という意味の「punish」から。
首狩り将軍
声 - 銀河万丈
ズフ国の現統治者。本名は不明。元はズフ国王の側近であったが、漂流島の財宝であるナノマシンを軍事利用するために、軍事クーデターを起こして前国王を殺害、さらにクライシスにパニシュを処刑させて政権を掌握し、独裁体制を敷いていた。ナイフ使いの達人であるうえに、ルパンに匹敵する化け物染みた身体能力の持ち主。冷酷非道な性格で、部下でも役立たずと見なせば容赦なく首を刎ねて殺害する事実から「首狩り将軍」という通称で恐れられている。
様々なナイフをコレクションしており、それらを用いて戦うもルパンに眉間を撃たれて敗北。実は首狩り将軍自身も国王に作られたナノマシンであり、敗北後は執念でルパンのアジトに現れ再度攻撃を図るも、最後はルパンと次元・不二子の一斉射撃を受け、五ェ門に一刀両断されたことで、自らの正体であるナノマシンの素材たる金に戻った。
自身がナノマシンであることは、最後まで知らないままであった。
クライシス
声 - 野沢那智
国家警察長官。首狩り将軍の右腕でパニシュを処刑した張本人でもある。長身痩躯で色白の肌をしており、銀色の頭髪。切れ長の眼から冷酷さが窺え、邪魔者は容赦なく消す。かつて自分が殺したパニシュと恋仲だったオーリエンダーを工作員に採用したが、後にパニシュ(実はルパンの変装)が生きていたこと、さらにオーリエンダーが裏切っていたことを知り激しく動揺する。最期は漂流島に首狩り将軍と共に乗り込むがナノマシンに拘束されて身動きがとれなくなった所を、ハルバートに変形した別のナノマシンに身体を真っ二つにされ死亡するという無惨な最期を遂げた。
名前の由来は、英語で「危機」を意味する「crisis」から。
エメラ
声 - 横山智佐
「将軍の娘」と言うのは表向きで、実は「漂流島」の全警備システムを作り上げた科学者ボルトスキーの娘。父親が首狩り将軍に殺される寸前に「漂流島に入る鍵は娘が生きていること」と嘘を言ったため処刑を免れ、将軍の城に軟禁状態になっていた。エメラの教育係として城に潜入した不二子の手引きで脱出し、その後の消息は不明である。
演じた横山は「ルパンに会いたくて…」(自伝の題名)声優を志したが、劇中でルパンとの「共演」はなかった。
スパンキー
声 - 千葉繁
ズフ国王の元側近。冒頭に「漂流島」の秘密を得るため、ルパンによって収監されていた刑務所を脱獄させられ、ルパン達に「漂流島」がナノマシンに守られていることを伝える。脱獄後は専ら酒を飲んで酔っ払っていたため、ルパンに「人生に酔い過ぎなんだよ」と呆れられる。

作中用語[編集]

ズフ
劇中の舞台になった国。かつてはナノマシンを研究・実用化するなど科学の進んだ国だったが、2年前に首狩り将軍が軍事クーデターを起こして国王と王子を暗殺し元首に就任する。現在でも食料が不足するなど市民生活は困窮しており、王宮の近くにある町には闘いの傷跡が残り戦車等の残骸が散乱している。終盤にレジスタンスによって首狩り将軍の政権が打倒された。
漂流島
ズフの財宝を保管しているドーナッツ状の孤島。湖になっている島の中心部に黄色い丘とナノマシン研究所を乗せた巨大空母がある。
ナノマシン
漂流島の警備システムの中核をなしている機械装置。マグナム弾では傷すらつかない強固な外装と、壊されても瞬時に修復する自己修理機能を備えており動力は太陽光、材料はを原子レベルで変化させた物が使われている。漂流島の空母内部に制御装置があり、内部に入ってアクセスすれば誰でもナノマシンを自由に操ることができる。パニッシュ以外の侵入者をセンサーで探知すると空母内のあらゆる場所から先端を鋭利な刃物やハンマーに変えた赤銅色をしたツルのような物を出し、対象を殺傷する。ズフでは平和利用を目的とした研究が進められていたが、国王が軍事利用への転用を目論む首狩り将軍の進言を却下した事が2年前のクーデターのきっかけになっている。

登場する武器[編集]

ワルサーP38
ルパンが使用。
H&K HK69
終盤でナノマシンに対処するため次元が使用。
レミントンM31
不二子が使用。ソードオフモデル。
モスバーグM500
ルパンの命を狙ったシルバーが使用。
デザートイーグル
ルパンの命を狙ったブラックが使用。
スタームルガーMkI
クライシスが使用。ゴールドメッキ。
AKM
首狩り将軍の軍隊及びレジスタンスが使用。
RPG-7
序盤で刑務所から逃走する際にルパンが使用。他にも、首狩り将軍の軍隊がルパンのアジトを攻撃する際に使用した他、レジスタンスがレーダー、防空ミサイル等の設備を破壊する際に使用している。
H&K MP5A4
首狩り将軍の軍隊が使用。
マカロフ
モーゼルHSc

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「Damegeの甘い罠」
作詞 - 松井五郎 / 作曲 - KIYOSHI / 編曲 - KAZZ&media youth / 歌 - media youth

その他[編集]

本作のスタッフに名を連ねている漫画家「モンキー・パンチ応援団」の主要キャラクターがモブキャラとして本編内に登場している。

外部リンク[編集]

ルパン三世の劇場映画
通番 題名 公開日 監督 脚本 主題歌 歌手 興行収入
実写版第1作 ルパン三世 念力珍作戦 1974年8月3日 坪島孝 長野洋 恋のチャンス ポピーズ
TV第2シリーズ
から再編集
ベネチア超特急 1978年3月18日 - 今野譲 (主題歌なし)
アニメ版第1作 ルパン三世 ルパンVS複製人間 1978年12月16日 吉川惣司 大和屋竺
吉川惣司
ルパン音頭 三波春夫 9.15億円
アニメ版第2作 ルパン三世 カリオストロの城 1979年12月15日 宮崎駿 宮崎駿
山崎晴哉
炎のたからもの ボビー 6.1億円
アニメ版第3作 ルパン三世 バビロンの黄金伝説 1985年7月13日 鈴木清順
吉田しげつぐ
大和屋竺
浦沢義雄
MANHATTAN JOKE 河合奈保子
アニメ版第4作 ルパン三世 風魔一族の陰謀 1987年12月18日 - 内藤誠 セラヴィと言わないで 麻倉未稀
アニメ版第5作 ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス 1995年4月22日 白土武 柏原寛司
伊藤俊也
愛のつづき 坂上伊織
アニメ版第6作 ルパン三世 DEAD OR ALIVE 1996年4月20日 モンキー・パンチ 柏原寛司 Damegeの甘い罠 media youth
アニメ版特別作品 ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE 2013年12月7日 亀垣一 前川淳 (主題歌なし) 42.5億円
アニメ版第7作 LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標 2014年6月21日 小池健 高橋悠也 Revolver Fires Gary Stockdale
実写版第2作 ルパン三世 2014年8月30日 北村龍平 水島力也 (主題歌なし)