吸血姫美夕 (テレビアニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
吸血姫美夕 > 吸血姫美夕 (テレビアニメ)
吸血姫美夕
ジャンル ホラーファンタジー
アニメ
原作 平野俊貴垣野内成美
監督 平野俊貴
シリーズ構成 早見裕司
キャラクターデザイン 垣野内成美(原案)
門之園恵美(キャラクター設定)
寺岡賢司(神魔コンセプトデザイン)
音楽 川井憲次
アニメーション制作 AIC
製作 美夕製作委員会
放送局 テレビ東京系列
放送期間 1997年10月6日 - 1998年3月30日
話数 全26話(本放送版では全25話)
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

吸血姫美夕』(ヴァンパイア ミユ)は、1997年10月6日から1998年3月30日にかけてテレビ東京で放送されたテレビアニメ。全26話。ただし、第二話の放送が急遽中止されたために実際には計25話しか放送されず、その後に未放送の第二話を含んだVHS/LD/DVD『吸血姫美夕 Integral』(ヴァンパイア ミユ インテグラル)が発売された。なお、テレビ東京系のCSアニメチャンネルのAT-Xでは、『Integral』版が放送されていた。

概要[編集]

1988年から1989年にかけて発売されたOVA版『吸血姫美夕』とは配役が全て入れ替わっており、設定も大きく変更されている。OVA版では幻想的な雰囲気が重視されたが、テレビアニメ版では『ゲゲゲの鬼太郎』や過去の特撮映画日本映画のイメージで、神魔(しんま)に魅入られた人間の悲劇や美夕と神魔のアクションなどが重視された。完結後には続編を描いたドラマCD版が制作された。

なお、本作はOVA版のファンだった20代女性と女子中高生がターゲットである[1]


設定[編集]

主人公・美夕は監視者である。監視者は闇の世界から抜け出し、人間世界に入り込んでいる神魔(はぐれ神魔)を見つけ出し、再び闇の世界に戻すことを任務としている。そのため、美夕は永遠に14歳の姿を保ちながら、神魔が現われそうな土地の学校に中学生として潜入し、神魔の出現を待つ。ただし、美夕は神魔から人間を救うことが任務ではないので、積極的に神魔に魅入られた人間を救おうとはしない。むしろ、神魔に魅入られた時点でその人間の運命はすでに狂い出しており、ごく稀に美夕が救いの手を差し出しても、その人間が悲惨な状況に追い込まれてゆくことがほとんどである。そんな時、美夕はその人間の血を吸うことで、相手に「永遠の午睡」(えいえんのねむり)と呼ばれる状態を与えることができる。これはその人間にとって都合の良い夢を永遠に見せるということだが、周囲の人間からは精神病と判断され、その人間は精神病院へ送られることになる。

神魔の中には、監視者を守ることを任務とする守護神魔と呼ばれる一族もいる。冷羽の父親は守護神魔である。神魔は日本以外にもおり、美夕に仕えるラヴァは西洋からやって来た西洋神魔である。

美夕は神魔の姿を求めて度々転校して全国各地を回っているが、テレビアニメ版では第一話を除き、美夕は親友の井上千里(いのうえ ちさと)たちがいる時輪女子学園(ときわじょしがくえん)に山野美夕(やまの みゆ)として通学しており、事件も時輪女子学園周辺で発生する。ただし、唐突に過去の話が挿入されたり、美夕が他の土地に出かけたりして、時輪女子学園周辺以外の土地が物語の舞台となることもある。

あらすじ[編集]

美夕は永遠の14歳の監視者として、全国の学校を度々転校しては神魔を見つけ出し、闇の世界に戻していた。神魔もまた、監視者を倒すことで仲間の間での名声を高めようとして美夕に攻撃を仕掛けるなど、美夕の戦いの日々は決して終わることがなかった。

ある日、時輪女子学園に転校した美夕は千里という少女に声を掛けられ、彼女のグループと一緒に休日の街の散策に付き合うことになる。「美夕はいつも一人ぼっちだから声をかけた」と屈託なく話す千里に、美夕も好意を持つ。二人は街の露天商から友情のイコンを買って、永遠の友情を誓い合う。

その間にも、美夕は時輪女子学園周辺に出没する神魔を次々と闇の世界に送り込んでいく。しかし、弱い幼児や心優しい同年代の少女などが神魔の餌食となって運命を狂わされる様子に、美夕は自身の昔の姿を重ね、悲しい表情を浮かべる。

美夕が転入して以降の奇怪な事件の頻発にともない、クラスメイトたちも美夕の素性に疑念を向け始める。そのさなか、北の地から千里の兄が帰って来る。代々の監視者を抹殺するという一族の使命を思い出し、神魔として目覚めた千里の兄は美夕によって闇に帰されるが、これは美夕を確実に抹殺する計画を実行に移すための時間稼ぎに過ぎなかった。やがて時は満ち、「最強の神魔」として目覚めた千里が美夕に襲い掛かる。千里は永遠に子供でいられることを喜びながら、最愛の兄を奪った美夕を倒すが、決して死ぬことのできない宿命を背負った美夕は、それでもなお蘇る。美夕はラヴァの手によって葬られた千里に「永遠の午睡」を与え、再びはぐれ神魔を追って旅立つ。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

美夕(みゆ)
- 長沢美樹
本作の主人公。監視者の父と普通の人間の母から生まれた吸血姫(ヴァンパイア)で、はぐれ神魔を狩る監視者の少女。炎の使い手。長い髪を一つの団子にして垂らしており、滅多にほどくことはない。人前では常に同じ制服を着用し(過去編では着物等も使用)、本来の丈の短い着物は、監視者に目覚めた時に纏っていたもの。素足の片方に赤いリボンを巻いている。OVA版では美少年を好む小悪魔的なキャラクターだったが、テレビアニメ版では弱いものや小さいものに同情を示す心優しい少女として描かれている。特に自分の昔を重ねる幼い少女には弱い。基本的にはぐれ神魔との戦いに人間を巻き込むことを好まず、助言等はするものの、積極的に逃がしたり助けたりすることはあまりない。また、独善的な考えの持ち主には非常に冷たく、死んだとしても気にしない。第二話で親友となる井上千里に対し、強い思い入れを抱く。
ラヴァ
声 - 三木眞一郎
美夕の従者。黒いマントに身を包み仮面で素顔を隠した西洋神魔。かつて日本神魔界の征服のために日本へやってきたが、美夕に阻まれた挙句に命を助けられて以降、彼女に従うようになった。
OVA版と異なる点としては、ラヴァは言葉を話すことも自由に仮面を外すこともでき、美夕に忠告したり、彼女の危機を度々救ったりする。また、武器に大鎌が追加されている。美夕に敗れた証であり、最終話まで使用されることはないが、美夕の炎も使える。
死無(しーな)
声 - かないみか
美夕と行動を共にするはぐれ神魔。ウサギのような容姿を持ち、垂れ下がった片耳が片目を隠している。その片目は真実を見抜く力を持っており、神魔の正体を見破ったりする。ドラマCD版では、これは生まれつきのものではなく、美夕と出会った際に、はぐれ神魔の持つステッキの水晶玉を奪ってはめ込んだものであることが明かされる。冷羽には美夕のペットと称される。
井上 千里(いのうえ ちさと)
声 - 白倉麻子
時輪女子学園中等部2年。愛らしい無邪気な少女。一人ぼっちの美夕を自分たちのグループに引き入れる。美夕とは意気投合し、親友となる。何の憂いもなさそうに見えるが、実の兄を一人の男性として愛するという隠れた側面も持っている。後に神魔として目覚める。
鹿島 由香利(かしま ゆかり)
声 - 手塚ちはる
時輪女子学園中等部2年。千里の友人で、腕っ節の強いボーイッシュな少女。夢見がちなことを言う千里に度々突っ込む。学園の情報をどことなく仕入れて、千里たちに聞かせることもある。物語終盤では、美夕の奇妙な雰囲気にいち早く気付く。その正体を知り、悪人ではなかったことを千里に伝えようとするも、既に神魔として目覚めていた千里に殺される。ドラマCD版では、妹に似てるからと声を掛けた由比達彦という青年に好意を寄せるなど、女の子らしい一面を見せる。
青木 久絵(あおき ひさえ)
声 - 進藤こころ
時輪女子学園中等部2年。由香利と同じく千里の友人で、図書委員の優等生。読書家で、時々薀蓄を傾けることもある。美夕の古風な言い方を教養の現われと判断し、彼女のことは割合高く評価する。物語終盤で、美夕の正体に薄々感付くも、神魔として目覚めた千里の餌食となる。
冷羽(れいは)
声 - 緒方恵美
守護神魔の父と、幼少時に亡くなった雪女の母との間に生まれた娘で、吹雪を操る力を持つ神魔。見た目は10歳前後の少女で、足下が見えない裾の長い着物を着用している。誰に対しても丁寧な話し方をする。美夕が監視者となった時、何があっても監視者を護らなければならないという守護神魔の宿命を背負わせたくない父の想いから、まだ雪女の力に目覚めておらず、守護神魔にならなかった。しかし、守護神魔であった父が美夕を守るために死に、死ぬ間際まで自分よりも彼女のことを気に掛けていたこと、また幼くして独りきりになった境遇とはぐれ神魔に襲われた恐怖により、常に誰かに護られてきた美夕に怒りを向ける。美夕とは対照的に、神魔を倒すために人間を巻き込んでも全く気に掛けないが、自分と似た境遇にある者には優しさを見せる場面もある。
松風(まつかぜ)
声 - 緒方恵美
冷羽が肌身離さず持ち歩いている御所人形。父の死に際して生じた怒りと憎しみから生まれた、冷羽の分身。少年のような人格で、非常に口が悪い。冷羽が神魔に目覚める以前のことは知らないため、彼女が時折見せる優しさにとまどうこともある。自力で動くことは滅多にないが、冷羽と同じく、空中を飛び、雪を操る力を持つ。

その他の登場人物[編集]

各話に登場するゲストキャラクターのうち、ドラマCD版やラジオドラマ版を含め複数回に登場するもの、および主要人物と特に深く関わるもの。その他のゲストキャラクターの名前と配役については#各話リストを参照。

ユイリィ
声 - 岡村明美
香港の女道士。普通の人間だが、護符やで神魔と渡り合える力を持つ。家族と恋人を神魔に殺され、復讐のため日本を訪れる。ラジオドラマ版にも登場する。東映の『女必殺拳』が元になっている。
鬼術師(きじゅつし)
声 - 大塚明夫
冷羽の父で守護神魔の頭領。大正時代、美夕が14歳の誕生日を迎えるのと同時に、守護神魔の一座を引き連れて彼女を監視者に目覚めさせた。夫婦揃ってドラマCD版にも登場。

神魔[編集]

主要人物と特に深く関わるものについて述べる。各話に登場するはぐれ神魔の名前と配役については#各話リストを参照。

西洋神魔[編集]

ガーリンネ
声 - 置鮎龍太郎
ラヴァの旧友で、神魔を蝕み命を奪う「死水晶」の術を使う西洋神魔。ラヴァには友情以上の感情を抱いている。幽霊船で日本に辿り着き、ラヴァを連れ戻そうとする。
リリス
声 - 白鳥由里
ガーリンネの手下。オカリナを吹いて相手を苦しめる。オカリナを吹くポーズが美夕と似ているため、不快感を示される。外見は少女の姿だが、本体は骸骨。
バロウ
声 - 成田剣
ガーリンネの手下。プレートアーマーをまとい、骨馬にまたがった騎士の姿をしている。鎧の中身はガス状。

[編集]

監視者の抹殺を宿命とするはぐれ神魔。黒衣姿の配下を使う。

トンビ
声 - 千葉繁
鳥の神魔。風車売りの男に成りすまして美夕に近づき、監視者に目覚めた直後の彼女を殺そうと企む。鬼術師と美夕の母を殺して美夕も手に掛けようとするが、監視者の血に目覚めた彼女の炎に焼かれる。モデルは原田芳雄であり、声を演じた千葉もアフレコのリハーサルで原田そっくりに演じたという。
比翼(ひよく)
声 - 関智一
鳥の神魔。使命を忘れ、千里の兄・時哉として暮らしていたが、北海道の湿原で出会った嘴貪によって神魔の力に目覚めさせられる。鏡から通ずる異空間で美夕と戦うが、それは時間稼ぎに過ぎなかった。
嘴貪(しどん)
声 - 菊池正美
鳥の神魔。監視者抹殺の計画を着々と進めていた。ラヴァと互角以上に渡り合う実力の持ち主で、配下を引き連れて追い詰めるも、ラヴァの奥の手によって闇に帰される。

第二話放送中止と表現規制[編集]

第二話「次の駅で」は本放送では放送されず、第二話前半に美夕が千里たちと出会うという重要なシーンがあったため、本来第三話となる話の前半に第二話の前半を流用し、辻褄を合わせる編集が行われた。放送中止となった理由は公表されていない。

その他、流血場面はほぼ血の色がわからないように処理され、第二十三話(本放送版の第二十二話)で冷羽の首がはねられるシーンも、本放送版では肩を切り裂かれるにとどまっている。

監督の平野俊貴は漫画『吸血姫美夕』第10巻のあとがきにおいて具体的な言及はしていないものの、「不幸な事件」が重なったために厳しい規制の中で制作せざるを得なかったことをほのめかしている[2]

主なスタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「神魔の鼓動」
作曲 - 川井憲次 / 演奏 - 神楽
オープニングナレーションは岸田今日子が務めている。
エンディングテーマ「美夕八千夜」
作詞 - 垣野内成美 / 作曲 - 寺嶋民哉 / 編曲 - 川井憲次 / 歌 - 鈴木佐江子
エンディングテーマ「まんまる手まり歌」(最終話)
作詞 - 垣野内成美 / 作曲・編曲 - 川井憲次 / 歌 - 長沢美樹
挿入歌「逢いたい」(第八話)
作詞 - 前田耕一郎 / 作曲・編曲 - 川井憲次 / 歌 - 笠原弘子

各話リスト[編集]

第二話のカットにともない、本放送版では第三話が第二話、第五話が第三話として放送され、第六話以降一話ずつ繰り上がる。

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日 主要ゲスト・神魔 - 声の出演
第一話 牙は知っている 早見裕司 平野俊貴 元永慶太郎 別所誠人 1997年
10月6日
第二話 次の駅で もとながけいたろう 門之園恵美 1998年
9月23日
(VHS
VVAS-1081)
第三話 森が呼ぶ 平野俊貴
亀垣一
元永慶太郎 本橋秀之 10月13日
第四話 冷羽が来た 西森章 山崎茂 泉明宏
別所誠人
10月27日
第五話 セピアの肖像 早見裕司
山田光洋
松村康弘 佐々木敏子 10月20日
第六話 美夕の亡霊 早見裕司 牧野行洋 敷島博英 11月3日
第七話 宿命 林民夫 山口武志 伊達勇登 田口広一 11月10日
第八話 赤いくつ 早見裕司 元永慶太郎 中島里恵 11月17日
第九話 あなたの家 久志秀彰 清水博明 11月24日
  • 高島泰寛 - 関俊彦
  • 高島沙織 - 川村万梨阿
  • 神魔・斑輝(はんき) - 一条和矢
第十話 約束の沼 山田靖智 西森章 山崎茂 泉明宏
別所誠人
12月1日
第十一話 柔らかい顔 林民夫 松村康弘 佐々木敏子 12月8日
第十二話 葦の啼く庭 平田豊 牧野行洋 関口文彦 小山知洋 12月15日
第十三話 海の光(前編) 早見裕司 まついひとゆき 伊達勇登 山沢実 12月22日
第十四話 海の光(後編) 西森章 元永慶太郎 中島里恵 1998年
1月5日
第十五話 人魚の夢 大地丙太郎 三條なみみ 山本佐和子 1月12日
第十六話 女道士 山田靖智 松村康弘 佐々木敏子 1月19日
第十七話 うつぼ舟 早見裕司 高瀬節夫 小山知洋 1月26日
第十八話 夢幻の街 村井さだゆき 西森章 藤本次朗 門智昭 2月2日
第十九話 人形師の恋 山田靖智 桜井弘明 吉田浩 清水博明 2月9日
第二十話 鱗翅の蠢惑(りんしのこわく) 小中千昭 平野俊貴
元永慶太郎
くし秀彰 西岡忍
本橋秀之
2月16日
第二十一話 神魔の旗 早見裕司 西森章 泉明宏 ささきとしこ 2月23日
第二十二話 美夕昔語り 平野俊貴 元永慶太郎 中島里恵 3月2日
第二十三話 対決のとき 西森章 藤本次朗 山沢実 3月9日
第二十四話 帰って来た男子(おとこ) まついひとゆき 安形裕篤 水野知己 3月16日
  • 井上時哉 / 神魔・比翼(ひよく) - 関智一
第二十五話 最後の神魔 松村康弘 別村陸 佐々木敏子 3月23日
  • 露店の男 / 神魔・嘴貪(しどん) - 菊池正美
最終話 永遠の午睡(ねむり) 平野俊貴 元永慶太郎 門之園恵美 3月30日
  • 美夕の母 - 荘真由美
  • 学生 - 堀川亮
  • 神魔・トンビ - 千葉繁
  • 神魔・嘴貪 - 菊池正美

※1997年12月29日は年末年始により放送休止

関連作品[編集]

ドラマCD[編集]

いずれも1998年発売。発売元はビクターエンタテインメント

スペシャル・ドラマ I - II
『I』は千里、由香利、久絵の3人に焦点が当てられ、『II』は美夕と死無の出逢いと、冷羽の生い立ちが明らかにされている。
話数 サブタイトル 脚本 収録盤 主要ゲスト・神魔 - 声の出演
第一話 夏の炎 山田靖智
山田健一
スペシャルドラマI
  • 老人 / 神魔・臥縁(がえん) - 青野武
第二話 幻の響き
  • 由比達彦 - 関智一
  • 神魔・霊樹(りょうじゅ) - 高木渉
第三話 思い出の瞳 早見裕司 スペシャルドラマII
第四話 冷羽―風の中で
  • 冷羽の父 - 大塚明夫
  • 冷羽の母 - 水谷優子
  • フクロウの神魔 - 沢りつお

ラジオドラマ[編集]

CDシネマ I - IV
ラジオ番組『瞳と光央の爆発ラジオ』内で放送されたラジオドラマを収録。テレビアニメ版完結後の物語で、第三話ではユイリィとの再会、第七話では冷羽との再対決が描かれている。テレビアニメ版とは異なる主題歌があり、シングルCDも発売されている。
話数 サブタイトル 脚本 収録盤 主要ゲスト・神魔 - 声の出演
第一話 幻を待つ海 山田健一 CDシネマI
第二話 瞬きの街 山田靖智
第三話 帰ってきた女道士 CDシネマII
第四話 霧に消えた肖像 山田健一
第五話 美夕夜話 小中千昭 CDシネマIII
第六話 キジムナーの島 早見裕司 CDシネマIV
第七話 冷羽ふたたび
  • 人形師の老人 / 神魔・形擬(ぎょうぎ) - 糸博
主題歌
オープニングテーマ「吸血姫 美夕」
作詞 - 垣野内成美 / 作曲 - 川井憲次 / 歌 - 鈴木佐江子
挿入歌「冷羽ひとり」
作詞 - 垣野内成美 / 作曲 - 川井憲次 / 歌 - 緒方恵美

脚注[編集]

  1. ^ 『マーチャンダイジングライツレポート』1997年10月号
  2. ^ 『吸血姫美夕 十』秋田書店、2002年、p.209
テレビ東京 月曜25:15 - 25:45枠
前番組 番組名 次番組
HARELUYA II BØY
(1997年4月7日 - 9月29日)
吸血姫美夕
(1997年10月6日 - 1998年3月30日)
時空転抄ナスカ
(1998年4月6日 - 6月29日)