メタルスキンパニック MADOX-01

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メタルスキンパニック MADOX-01』は、1988年にリリースされた日本のOVA。製作はアートミック。アメリカ合衆国ではAnimEigoがライセンスを取得した。[1] 1987年12月15日にVHSが発売され、2003年9月26日には東芝デジタルフロンティアからDVDが発売された。

あらすじ[編集]

青年・杉本紘二は、扱い方もわからぬまま大型パワードスーツに似た対戦車小型メカ・MADOX-01にうっかり乗りこんでしまう。MADOX-01から降りられなくなった彼は、軍に追われる羽目となりながらも、恋人名倉しおりと会うべく待ち合わせのビルに向かう。しかしそこにはMADOX-01に私怨を持つギルゴア中尉の戦車が待ち構えていた。 MADOX-01開発者の楠本枝里子のアドバイスを受け、紘二はギルゴアとの戦いに臨む。

登場人物[編集]

杉本紘二
声 - 松本保典
本作の主人公である機械工。
楠本枝里子
声 - 麻上洋子
エリーと呼ばれることもある。
キルゴア中尉
声 - 曽我部和恭
名倉しおり
声 - 石田有紀子
エリーの上官
声 - 池水通洋
小野瀬春男
声 - 長谷有洋
将軍
声 - 広瀬正志
司令官
声 - 加藤正之
高官
声 - 岡和男
大河崎重工の重役
声 - 塩屋浩三
司令室オペレーター
声 - 稲垣悟
ストアー店員(女)
声 - 山口浩子
暴走族A
声 - 掛川裕子
暴走族B
声 - 佐藤浩之

スタッフ[編集]

備考[編集]

en:The Best Page in the Universeの作者 George Ouzounianは、この作品に登場するパワードスーツの名をとって筆名を マドックスとした[2]

サイバーコミックス4号から6号に秋本行治によるコミカライズが掲載された。

登場人物のうち、楠本枝里子は同じ創映新社製作のプロジェクトA子3にてハウスマヌカン役でゲスト出演している(声優も同じ麻上が担当)。なお、当作品には杉本紘二とギルゴアもカメオ出演している。

脚注[編集]

  1. ^ "MADOX-01." AnimEigo.
  2. ^ Goodmacher, Chris (2003年8月31日). “Whoever Sucks the Least is King, An Interview with Maddox (Online Journal)”. PoinDexter Online. 2006年5月26日閲覧。

外部リンク[編集]