長谷有洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
はせ ありひろ
長谷 有洋
生年月日 1965年4月22日
没年月日 1996年7月30日(満31歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都
民族 日本人
職業 俳優
声優
ジャンル テレビアニメ
テレビドラマ
活動期間 1982年 - 1996年
主な作品
一条輝超時空要塞マクロス

長谷 有洋(はせ ありひろ、1965年4月22日[1] - 1996年7月30日)は、日本男性声優俳優シグマクラブ所属で、当初はプロダクション・エムスリーに所属していた。

東京都出身。日本大学鶴ヶ丘高等学校卒業日本大学藝術学部放送学科卒業

来歴・生涯[編集]

俳優で声優でもあるはせさん治の長男。父の影響で俳優を志し、劇団こまどりに入団。声優オーディションを受け、高校2年生のときに『キャプテン』の小山役、次いで『超時空要塞マクロス』の一条輝役に抜擢された(注:放送は『マクロス』の方が先)。

一時は不振に陥り、ほとんど声優の仕事がない時期もあった。しかし、1990年代に入ってからは実力も向上し、端役ながら声優・俳優として徐々に仕事を増やしていた。

1996年7月30日、実家のマンションの7階から転落し死亡しているのを午前4時頃に弟が発見。はせさん治は、テレビや『コミック・フィギュア王』のインタビューで自殺だったと語っている。31歳没。

後任[編集]

長谷の死後に製作された「スーパーロボット大戦シリーズ」などのコンピュータゲーム作品では、『超時空要塞マクロス』の一条輝役を野島健児が、『マクロス7』のゴラム役を井上剛がそれぞれ引き継いでいる。

出演作品[編集]

テレビアニメ[編集]

1982年

1983年

1984年

1989年

1991年

1992年

1994年

  • マクロス7(ボビー・ラコステ、ヒカル、ゴラム)

OVA[編集]

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1995年

  • マクロス7 アンコール(司会者)

劇場アニメ[編集]

1984年

1995年

2012年

ゲーム[編集]

1997年

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 旅路 村で一番の首吊りの木(1986年)

ラジオ[編集]

CD[編集]

  • 超時空要塞マクロス MISS.D.J. (LPレコード、CD)

その他[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『声優名鑑』、590頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783

参考資料[編集]