クッキングパパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クッキングパパ
漫画
作者 うえやまとち
出版社 講談社
掲載誌 モーニング
レーベル モーニングKC
発表号 1985年14号 - 連載中
巻数 既刊129巻(2014年9月現在)
アニメ
監督 角田利隆
脚本 雪室俊一
星山博之(第4、8、9回のみ)
キャラクターデザイン 敷島博英
音楽 佐橋俊彦
アニメーション制作 サンシャインコーポレーション
製作 ABC
エイケン
ASATSU
放送局 ABC・テレビ朝日
放送期間 1992年4月9日 - 1995年5月25日
話数 全151話(全147回)
テンプレート - ノート

クッキングパパ』 (COOKING PAPA) は、うえやまとちによる日本青年漫画作品、またそれを原作としたテレビアニメおよびテレビドラマ作品。

概要[編集]

モーニング』(講談社)で1985年11・12号と2号連続読みきりが掲載され、同年14号から連載されている[1]。1巻は1986年1月18日発売で、2014年9月現在129巻まで発売されている長寿作品となっている。

内容は、家庭や職場や学校の人間関係の中で、主人公荒岩一味をはじめ各キャラクターが料理の腕をふるうというもの。いわゆる料理・グルメ漫画の一つである。

たまにシリーズがあるものの基本的には一話完結型で、そこには料理漫画に多々ある料理勝負などはなく[2]、暖かい絆で結ばれた家族、家庭的な企業における人間の暖かさ、結婚出産や子供の成長[3]といったほのぼのとした内容や感動的な人情話が中心となりそこに家庭人としても企業人としても慕われている主人公、また料理に知恵を絞る各キャラクターが腕を振るう料理が華を添えるという展開をとっている。行きつけの店舗の主人は調理師であるが、一味は技術は高いもののプロではなく、調理師免許を持っていないとされる。一味はじめどのキャラクターも「ごく普通の人」という位置づけであり、他の作品にあるような「スーパースター」や「ヒーロー」の類はいない。作者によると「まるごとザカレー」の回を読んだ読者から「(この回を読んで)スプーンを買いに行きました」というファンレターが届き、そういう人たちのために書いていこうと心を新たにしたという。

作品の主たる舞台は博多福岡県福岡市)である。博多は実在の地名であるが、地区名である「香椎(福岡市東区)」「箱崎(同)」「大名(福岡市中央区)」をそれぞれ「花椎」「函崎」「大妙」とするなど地名を意図的に変更している場合もある。また物語の1コマ目には風景が描かれることが多いが、たとえその風景が本来「博多」とは呼べない地域(那珂川より西に当たる天神百道など[4])であっても福岡市内の風景ならば「博多」で統一されている。福岡周辺の鉄道・道路・施設・飲食店などは細かく描写されており、このことが福岡に住む人から支持されるゆえんである。また、妻・虹子の勤務先が「ニチフク新聞」となっていたり(1992年に休刊したフクニチ新聞がモデル)、キャラクターが福岡ダイエーホークス・福岡ソフトバンクホークスの帽子をかぶっているなど一部に福岡ローカルを意味する点を織り交ぜている。博多以外には、長男・まことが現在暮らす沖縄本島や一味の元部下の一人である工藤や妹夫婦である根子田一家などが暮らす東京都が舞台になる話もあるほか、各キャラクターが出張や旅行で訪れるという設定で国内外の食材・名物料理を取り上げることも少なくない。

一話毎にその話のキーとなる料理の詳細なレシピが絵入りで紹介されている。漫画に載っているレシピのページをまとめた料理本も『クッキングパパのクッキングブック』など複数存在する。また福岡周辺はじめキャラクターが出張や引越しなどで出かける全国各地に実在する飲食店商業施設観光施設、豊かな自然、特有の文化、祭り、行事などが紹介されたり、九州を中心として郷土料理が紹介されることもあり、九州をはじめ各地の食についてのガイドにもなるものである。料理・食材は高級な物も安い物も紹介される。また、後述の通り、作中に登場する料理はすべて作者のうえやま自身が実際に作って試食し、味を確かめた上で描いている[5]

バブル景気や不況、受験戦争、福岡市内の再開発の影響など世相が反映される話も多い。また、携帯電話の普及にしても、会社持ち→携帯電話所有→高校生も所有→スマートフォンといった時代の流れを反映している。

基本的にはフィクションであるが、取材した店や特定の地域が実名で出ることがある。(福岡市の大名春吉のほか佐渡宮古島など)

料理勝負などがないことに加え、どの登場人物もスポーツなどの勝負事で「勝ってヒーローになる」ことがほとんどない。どの登場人物も失敗をすることがある。主役の一味ですら色々な意味で失敗することがある。基本的にキャラクターはすべて存在意義をきちんと示すことにする主義のようで悪役や損な役、逆に成功し続けたり有利になり続ける例はない。また、私立の小中学校に通学することは出ておらず、子供は地元の公立の学校である。

初期は、一味が会社内では料理をすることを隠しておく、妻・虹子が不器用でちゃらんぽらんであるなど、男性が料理・家事をすることの恥ずかしさをイメージする路線だったが、次第に男女各キャラクターとも料理に親しむようになった。長男・まことは一味の影響で、同年代の友人や(一味以外の)家族の中でも特に料理の腕前が高い。一味が会社で料理を好むことがばれることが路線転換になり、料理に親しむことの重要性を意味することが大きくなった。

登場人物[編集]

なお、登場人物のうち荒岩一味・広田けいこ・森山みつぐ・政さんは前作『大字・字・ばさら駐在所』からのスターシステムによる登場である[6]

アニメ[編集]

テレビアニメは1992年4月9日 - 1995年5月25日に、朝日放送(ABC)制作・テレビ朝日系列で毎週木曜19時 - 19時30分に放送された。全151話(放送回数は147回)。 脇役や吹き替えを担当する事が多い玄田哲章が主役を務める数少ないアニメ作品となった。

おおむね原作に沿っているが、放送期間等の関係で、原作とは設定や展開の変更が行われるものもある。また、原作一話分だけでは30分の放送に足りないためか、関連の薄い二つの話を組み合わせることも多かった(あるいは15分ずつの二話構成)。なお、設定の矛盾が少なからず存在しており、韓国編が放送されていないにもかかわらずキルキルさん(アニメではソンさん)といつの間にか知り合いになっているという珍事も発生している。

番組本編終了後、ストーリーに登場した料理の作り方を実写映像で紹介する「今晩のうまかもん」というコーナーが放送された。

後にスカパーの「キッズステーション」でも放送されたが、「今晩のうまかもん」はカットされている。その後、2007年4月より原作者のうえやまとちの地元・福岡(九州朝日放送)で土曜6時から再放送が開始されたが、やはり「今晩のうまかもん」はカットされた。この理由については、このコーナーがスポンサーの日本ガス協会の協力で制作されているためであり、その関係上、再放送時にはカットされて放送される場合が多い。また、2012年4月10日からはスカパーの「フーディーズTV」でも放送されている(同局の放送では、上記事項に加えSP版の場合も2回分に分離して放送するため、同じEDが2回流れることがある。また一部話数で次回予告が割愛されることがある)。なお、同局では7月23日で全150話の放送が終了した後、翌7月24日から、もう一度第1話から再放送を行う。

2005年には、i-cfとデジソニックによりDVDが発売された。これには映像特典として、「今晩のうまかもん」が収録されており、その他にも予告編や下記のテレビCMも収録された。以前は主題歌などの音楽関係にあるキングレコード発売のVHSテープもあったが、アニメ本編は収録されていない「クッキングブック」なる、実写の料理ビデオだった。

前番組の『ハーイあっこです』と同じく冠スポンサーが日本ガス協会だったのでそれとコラボレーションしたCMも一部の地域で放送された。ガスでも風呂関係のCMは少なく、やはりガスコンロなど調理に関係するCMが多かった。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • オープニング
    ハッピーハッピーダンス[7] 
    作詞:森雪之丞/作曲:池毅/編曲:石田勝範/歌:YASU
  • 前期エンディング(1話 - 69話)
    パパは何でも知っている』 
    作詞:森雪之丞/作曲:池毅/編曲:石田勝範/歌:佐々木真里
  • 後期エンディング(70話 - 最終話)
    HANDS』 
    作詞:木本慶子/作曲:尾関昌也/編曲:根岸貴幸/歌:花岡幸代

放映リスト[編集]

話数(DVD) サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
1(1-1) ガハッ!ボクの父ちゃんアゴデカ主任 雪室俊一 福富博 渡辺健一郎 越崎鉄也
2(1-2) きくっ!!うちのばあちゃんスーパーパワー 矢沢則夫 福田新
3(2) パンパカパーン!田中兄ちゃん結婚宣言 青木悠三 西山明樹彦 敷島博英
4(3) ジャーン!新入社員はお母様といっしょに! 落合正宗 大庭秀明 河合静男
5(4) ソワソワ授業参観日 星山博之 遠藤克己 渡辺健一郎 田中誠輝
ダハーッ!初ガツオ 丸山政次
6(5) いらっしゃい!味知お姉ちゃん 雪室俊一 昆進之介 西山明樹彦 野口啓生
7(6) キラキラサラサラ田舎大好き! 吉田浩 小林孝志 越崎鉄也
8(7) エーッ!みつぐ君が家出した! 星山博之 昆進之介 佐藤健一 田中誠輝
9(8) パパこっち向いて!ひとりぼっちの純子ちゃん 青木悠三 渡辺健一郎 平山英嗣
10(9) ウキウキ遠足!あした天気になぁーれ 雪室俊一 矢沢則夫 小林孝志 野口啓生
11(10) チャオ!陽気なお客さまはイタリア人!! 大庭秀昭
12(11) ガンバレ母ちゃん!イシダイ釣りに挑戦だ! 江上潔 渡辺健一郎 河合静男
13(12) うまかーっ!父ちゃんはヒミツ料理人!! 昆進之介 福多潤 越崎鉄也
14(13) 食べても食べても太らない 丘見冗二郎 小林孝志 田中誠輝
15(14) ドキドキ1人でクッキング 佐藤健一 敷島博英
16(15) ドーンと花火だ焼き鳥最高 落合正宗
17(16) 味知姉ちゃんの新しい恋人 矢沢則夫 福多潤 野口啓生
18(17) 夏だ海だ水着のプレゼント 福富博 大庭秀昭 平山英嗣
19(18) 感激さなえちゃんと盆踊り 細谷秋夫 大町繁 田中誠輝
20(19) アツアツ結婚式へご招待! 丘見冗二郎 小林孝志 野口啓生
21(20) ドッキリ父ちゃん危機一髪 青木悠三 井硲清高 夏目久仁彦
22(21) お兄ちゃんはつらいね! 新田義方 平山英嗣
23(22) ボクの妹みゆき誕生! 敷島博英
24(23) ふたりっきりでお留守番! 丘見冗二郎 田中誠輝
25(24) みゆきはゴキゲンななめ? 青木悠三 大町繁 平山英嗣
26(25) まことの相撲大会とカツ代ばあちゃん大恋愛 吉田浩
青木悠三
平山英嗣
田中誠輝
27(26) もやしっ子熱血シュート! 新田義方 越崎鉄也
28(27) みんなでみゆきをお出迎え 栗山美秀 高木敏夫
29(28) おじいちゃんからの贈り物 吉田浩 丘見冗二郎 野口啓生
30(29) なぞの料理人デーモン岩! 栗山美秀 篠田夢之助
31(30) みつぐ君のデート大作戦 青木悠三 大町繁 田中誠輝
32(31) 味知お姉ちゃんの結婚式 井上修 栗山美秀 高木敏夫
33(32) 心ほかほか愛情シュウマイ 白土武 伊東政雄 大戸幸子
34(33) 二人のおじいちゃん!? 青木悠三 渡辺健一郎 藤田宗克
35(34) かえってきたデーモン岩! 栗山美秀 高木敏夫
36(35) 大騒ぎ!みゆき会社に行く 野館誠一 渡辺健一郎 敷島博英
37(36) みゆきのサンタは押入れから? 井上修 大町繁 野口啓生
38(37) 誕生日なんて大キライ! 吉田浩 藤田宗克
39(38) ピンチ!さなえの恋人宣言 栗山美秀 高木敏夫
40(39) おめでとう!みゆき一歳! 白土武 伊東政雄 大戸幸子
41(40) 田中兄ちゃんと忠犬ベイ 野館誠一 丘見冗二郎 田中誠輝
42(41) 駄菓子屋さんへ全員集合! 栗山美秀 高木敏夫
43(42) みんなのバレンタインデー 野館誠一 大町繁 敷島博英
44(43) 父ちゃんがカゼで倒れた日 井上修 渡辺健一郎 藤田宗克
45(44) おばあちゃんのひな人形 栗山美秀 高木敏夫
46(45) デーモン岩!北海道へ! 井上修 わだへいさく 野口啓生
47(46) ぼくたちの夕食大作戦! 白土武 大戸幸子
48(47) 菜の花のプレゼント 栗山美秀 高木敏夫
49(48) 奥さまはごきげんななめ 井上修 大町繁 敷島博英
50(49) 春だ!勝負だ!マラソン大会 野口啓生
51(50) みゆきとベイの大冒険! 野館誠一 渡辺健一郎 藤田宗克
52(51) 対決!危うしデーモン岩 栗山美秀 高木敏夫
53(52) めざせ水泳大会で新記録 野館誠一 わだへいさく 敷島博英
54(53) 大魔人コロッケ大王だぞ 井上修 大町繁 田中誠輝
55(54) みつぐ君が転校する!? 白土武 大戸幸子
56(55) 父ちゃんのお料理教室! 栗山美秀 高木敏夫
57(56) チームワークで逆転勝利 福岡真
58(57) はじめての兄妹ゲンカ! 野館誠一 大町繁 敷島博英
59(58) ワクワク夜釣りに行こう 井上修 渡辺健一郎 野口啓生
60(59) ゲーム大好き熱中宣言! 小林孝志 田中誠輝
61(60) みんなで星に願いを! 野館誠一 渡辺健一郎 野口啓生
62(61) さよならのホタル狩り 白土武 大戸幸子
63(62) みゆきのボーイフレンド 栗山美秀 高木敏夫
64(63) がんこ者がいっぱい!
65(64) 母ちゃんパワー全開!? 井上修 大町繁 敷島博英
66(65) 夏の河原で大パーティー 野口啓生
67(66) みんなそろって大掃除! 野館誠一 小林孝志 田中誠輝
68(67) こわくて楽しい台風の夜 渡辺健一郎 敷島博英
69(68) エッ田中兄ちゃんが入院 栗山美秀 高木敏夫
70(69) みつぐ君のお料理教室 白土武 大戸幸子
71(70) 母ちゃんの大ピンチ!? 栗山美秀 高木敏夫
72(71) お引っ越しは大変! 井上修 小林孝志 田中誠輝
73(72) フレーフレー荒岩一家! 秋の大運動会 めざせ逆転大優勝!! 大町繁
渡辺健一郎
74(73) みゆきの金魚とお散歩 栗山美秀 高木敏夫
75(74) 卵の思い出ものがたり 野館誠一 大町繁 小船井充
76(75) 初体験!お見合いの味! 栗山美秀 高木敏夫
77(76) お騒がせの田中兄弟(プラザーズ)! 白土武 大戸幸子
78(77) 秋の日は夫婦でデート 野館誠一 小林孝志 田中誠輝
79(78) ジャーン!恐怖の冷蔵庫 栗山美秀 高木敏夫
80(79) ボクのツイてない一日? 井上修 大町繁 金子匡邦
81(80) 初雪ふんわり山の宿 野館誠一 渡辺健一郎 田中誠輝
82(81) 真夜中の誕生パーティー 栗山美秀 高木敏夫
83(82) みつぐ君の勉強引退宣言 井上修 小林孝志 田中誠輝
84(83) 大きな夢!おじいちゃんのクリスマスツリー!! 白土武 大戸幸子
85(84) おめでとうおバァちゃん 野館誠一 大町繁 岡迫亘弘
86(85) 空ちゃんは人気者! 栗山美秀 高木敏夫
87(86) スキー場に全員集合!? 井上修 渡辺健一郎 田中誠輝
88(87) 無敵のアイドル登場!? 栗山美秀 高木敏夫
89(88) あこがれの女(ひと)は柔道初段 白土武 大戸幸子
90(89) 謎の手作り弁当? 野館誠一 大町繁 岡迫亘弘
91(90) 冷たくて熱い贈り物 栗山美秀 高木敏夫
92(91) 田中兄ちゃんのマリア 井上修 渡辺健一郎 田中誠輝
93(92) 春をはこぶポッポちゃん 白土武 金子匡邦
94(93) パパが作ったパパレード 野館誠一 大町繁 岡迫亘弘
95(94) 祝!未来の名コック誕生 栗山美秀 高木敏夫
96(95) 北国からのがんこ便 井上修 渡辺健一郎 田中誠輝
97(96) 春は突然お引っ越し! 白土武 敷島博英
98(97) 夫婦ゲンカがやって来た 白土武 田中和夫 嶋津郁雄
鈴木佐智子
99(98) 田中兄ちゃんのSOS! 栗山美秀 高木敏夫
100(99) 父ちゃんの大ピンチ! 森田浩光 柳瀬譲二
101(100) 政さんのひとめぼれ騒動 野館誠一 渡辺健一郎 田中誠輝
102(101) コッペパンは青春の味! 栗山美秀 高木敏夫
103(102) ボクと父ちゃんの星空 白土武 金子匡邦
104(103) 夢子姉ちゃんのお見合い 若林常夫 柳瀬譲二
105(104) 思い出の味を探せ! 野館誠一 渡辺健一郎 田中誠輝
106(105) お爺ちゃんとハンバーグ 栗山美秀 高木敏夫
107(106) 天下無敵のお嬢様主婦? 白土武 鈴木佐智子
108(107) 空ちゃんタコヤキ子守唄 笠山葉一 本木久年
109(108) 奥様はカネカリギャル? 野館誠一 渡辺健一郎 田中誠輝
110(109) UFOからの贈り物 栗山美秀 高木敏夫
111(110) えっちゃんはお料理ママ 白土武 茂野清高 金子匡邦
112(111) 夢を運ぶオンボロバイク 森田浩光 柳瀬譲二
113(112) みゆきと豆の木 松浦錠平 渡辺健一郎 田中誠輝
114(113) とうふ修業はきびしいぞ 牧野滋人 茂野清高 鈴木佐智子
115(114) みつぐ君の名コック宣言 志村錠児 柳瀬譲二
116(115) ごめんね!父ちゃん!! 栗山美秀 高木敏夫
117(116) みゆきの空飛ぶイチジク 野館誠一 渡辺健一郎 田中誠輝
118(117) 母ちゃんの料理は度胸! 栗山美秀 高木敏夫
119(118) みつぐは不幸な星の下 井上修 高田淳 古池敏也
120(119) 田中流!カツ丼の食べ方 森田浩光 山田章夫 柳瀬譲二
121(120) ソーセージ大騒動!! 白土武 金子匡邦
122(121) 激走!124キロ熊本へ 白土武 茂野清高 鈴木佐智子
123(122) ハゼより愛をこめて・・・ 野館誠一 渡辺健一郎 山崎隆生
124(123) ああ!憧れのマツタケ 栗山美秀 高木敏夫
125(124) うれし楽し!学園祭
126(125) ヨーイ!どんぶり!! 森田浩光 柳瀬譲二
127(126) 母ちゃんのスマッシュ!
128(127) 初恋はラムネ色・・・ 井上修 古池敏也
129(128) 田中兄ちゃんの婚約!? 白土武 茂野清高 鈴木佐智子
130(129) タコ焼きはいらんかね? 森田浩光 志村錠児 柳瀬譲二
131(130) みつぐ君、屋台に行く! 野館誠一 渡辺健一郎 山崎隆生
132(131) サンタの落としもの? 森田浩光 敷島博英
父ちゃんの聖・ずる休み? 栗山美秀 高木敏夫
母ちゃんのスイートメモリー 森田浩光 杉本道明
イブの素敵なプレゼント 山本清
133(132) 待ちくたびれた年賀状 野館誠一 渡辺健一郎 山崎隆生
134(133) ヒヤヒヤ!餅もち歓迎会 栗山美秀 高木敏夫
135(134) カキとカキのお話!?
136(135) 夢子お姉さんの大ピンチ 井上修 古池敏也
137(136) 男涙の田中兄ちゃん 笠山葉一 山本清
138(137) 謎なぞチョコレート!? 白土武 茂野清高 金子匡邦
139(138) ドラム息子の青春なべ 井上修 古池敏也
140(139) 決闘!博多の夜はふけて 栗山美秀 高木敏夫
141(140) 田中兄ちゃんのプロポーズ 森田浩光 志村錠児 福岡庸志
142(141) ホワイトデーの天使 野館誠一 井上修 山崎隆生
143(142) その結婚ちょっと待った 栗山美秀 高木敏夫
144(143) おめでとうのドラケーキ 森田浩光 柳瀬譲二
145(144) 落第先生がやって来た! 白土武 牧野滋人 鈴木佐智子
146(145) アツアツ!新婚家庭訪問 栗山美秀 高木敏夫
147(146) 新入社員はキレイ好き! 森田浩光 山本清
148(147) 兄ちゃんのコーンスープ 鈴木吉男 古池敏也
工藤さんのほのぼの名刺
149(148) ドキドキ恋のケーキ授業 笠山葉一 柳瀬譲二
150(149) おばあちゃんカッコいー 栗山美秀 高木敏夫
夢子お姉さんの重大発表
151(150) おめでとうがいっぱい 森田浩光 山本清

エピソード[編集]

  • アニメでは、ビバルディの『春』やベートーベンの『第九』などクラシックのアレンジがBGMに多用されていた。
  • 作者のうえやま自身も料理が大好きであり、作中で紹介される料理はすべて、うえやまが実際に作って味を確かめている。うえやまの仕事場では、漫画の製作だけでなく、うえやまが作った料理を試食・批評することもアシスタント達の仕事の一部になっている。
  • 前記の通り本作の出版元は講談社であるが、アニメ放送が始まった際には小学館の学年別学習雑誌の『小学二年生』にて新アニメ番組のコーナーに載ったことがある。このコーナーでは、他にもクレヨンしんちゃんなどが出版社の枠にとらわれることなく紹介されていたという。
  • 20年以上に渡る長期連載のため、世相の移り変わりを見ることができる。現在では男が料理することは何でもないことであるが、80年代においては珍しいことであった。また、バブル時代の猛烈な仕事ぶりと遊び方が描かれたり、貯金を全くしなくとも気にしない若き日の田中、フリーターを自由人として謳歌する花田、現在ならセクハラで大問題となる行動をするティートなども当時としては珍しいものではなかった。初期の巻末のコラム漫画でも伊勢海老やフグ、ステーキを作者が食べるなどバブル時代の影響がある。

ネット局[編集]

  • 台湾:ROCK TV(1997年)、SETTV(2000 - 2002年) 、MUCH TV(2005年5 - 12月)
  • 香港TVB(1996年)
  • 韓国MBC
  • アラビア諸国:(stub)

無印 = 同時ネット局 ※ = 時差ネット局

スペシャル版[編集]

放映期間中に以下のスペシャル番組が放送された。

  • 春のスペシャル
  • クリスマススペシャル
  • 秋のスペシャル
ABC制作・テレビ朝日系列 木曜19:00 - 19:30枠
前番組 番組名 次番組
ハーイあっこです
(1989年4月 - 1992年3月)
クッキングパパ
(1992年4月 - 1995年5月)
H2(アニメ版)
(1995年6月 - 1996年3月)

パチンコ[編集]

奥村遊機より「CRクッキングパパY」、「CRクッキングパパZ」、「CRAクッキングパパW」の3種類の台が登場している。アニメ版をモチーフとしているが、まことが大学生、みゆきが小学生の設定である。

菓子パン[編集]

2012年5月1日から10月31日の期間、西日本を拠点とする製パン会社・リョーユーパンコラボしたパンが発売された[8]。作者の企画・監修によるオリジナルパンは、「肉じゃがパン」「いしがき蒸しぱん」「つぶあん&珈琲クリーム」「グリーンカレーパン」「トマトジャム&マーガリン」「マドレーヌクリームパン」「ベルリーナドーナツ」「おみそのケーキ」「揚げピザ<チーズ>」「沖縄紅芋あんぱん」「ライス入り生地のカレーパン」「塩麹あんぱん」「黒糖ちんすこうスナック」が発売された。

テレビドラマ[編集]

2008年8月29日に初の実写版テレビドラマとして、フジテレビ系「金曜プレステージ」で放送。漫画の舞台である福岡県を放送地域とするテレビ西日本 (TNC) の開局50周年特別番組として制作された[9]。まことが小学生、田中と夢子が結婚前などおおむねコミックス35巻前後の頃の設定を基本としたオリジナルストーリーとなっている。視聴率9.8%。 なお提供クレジットはフジテレビジョン のものを表示している。

制作サイドのこだわりとして、主要キャスト・音楽・主題歌に福岡出身の芸能人を起用している。原作に登場する主なキャストはクッキングパパの登場人物を参照。

内容はシナリオ重視で原作の魅力である料理へはほとんどスポットが当てられず、また登場人物の大半が原作の設定・キャラクターを無視されてしまい荒岩夫妻以外の原作キャストはほとんど全くのオリジナルキャストと化してしまった(とくに「きんしゃい屋」のママと夢子は、原作とは全くの別人格になってしまった)。しかし、一味役の山口智充が関西出身であることから博多弁のセリフにやや物足りなさを感じたとする一方で、地元出身の中尾ミエが演じたカツ代についてはさばさばした性格が原作のキャラとシンクロしていてかなりのはまり役であったとの評価もある[10]。ただし、カツ代らしかぬ料理への感想もあった。

書誌情報[編集]

2014年9月現在

  • クッキングパパ(モーニングKC、129巻)
  • クッキングパパセレクション(KCデラックス)
  • クッキングパパの特選レシピ 1 旬の食材編(KCデラックス)
  • 荒岩流クッキングパパ 極貧・スピードお助け料理編(プラチナコミックスmini)
  • クッキングパパのレシピ366日(講談社プラスアルファ文庫)
  • クッキングパパの超カンタン超うまいレシピ230(講談社プラスアルファ文庫)
  • クッキングパパの絶品ひとり暮らしレシピ(講談社プラスアルファ文庫)
  • クッキングパパの幸せレシピ(講談社プラスアルファ文庫)
  • クッキングパパの優雅なひとり暮らしレシピ1年分(講談社)ほか多数

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ なお連載開始以前に『モーニング』誌上で行われた漫画賞「コミックオープン」1984年後期で秀作に入賞し同年48号の『モーニング』に掲載されたが、現在の一味の設定が大きく異なっている。職業が画家で自由人といった風体になっており、顔もしゃくれた下アゴではない(丸顔にヒゲをたくわえ、髪を後ろで束ねている)。名字も「荒岩」ではなく「土田」となっている。虹子とまことの設定は変わっていない。「父と子の暖かい対話を、ほのぼのとしたムードの中に、みずみずしく描いたファミリー漫画」であり、作品の中で料理はそれほど大きな位置づけとはなっていない。
  2. ^ 例外は2度あり、一味の出身大学の学園祭で模擬店のメニューで売り上げを争ったことと、一味とまことがタコ料理で対決したことがあるが、明確な勝負はつけていない
  3. ^ 作中では現実の約半分のスピードではあるが確実に年月が流れており、一部の漫画のように『キャラクターが歳をとらない』ということがない
  4. ^ この場合の「博多」の定義については当該項を参照のこと。
  5. ^ クッキングパパの料理を食べてきた
  6. ^ 田中一も『大字・字・ばさら駐在所』の主人公ではないかと思われるが、髪型等が微妙に異なる。また、政さんは容姿・性格はもとより居住地や職業まで前作と全く同じ設定で登場する。
  7. ^ 47話からオープニングアニメがリニューアルされ、曲のサビ部分のリピートも省略されている
  8. ^ 『クッキングパパ』うえやまとち企画・監修のオリジナルパンが本日発売!
  9. ^ 「クッキングパパ」テレ西制作でドラマ化!”. 2008年6月5日閲覧。
  10. ^ 2008年9月5日読売新聞「セリフ考」

外部サイト[編集]