BURN-UP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BURN-UP
OVA
原作 原案:井出安軌、神崎潤
監督 井出安軌
キャラクターデザイン 宮崎県人
アニメーション制作 AIC
製作 日本コンピュータシステム
メディアリング
発売日 1991年3月21日
話数 全1巻
OVA:BURN-UP W
監督 ねぎしひろし
キャラクターデザイン 山下敏成
メカニックデザイン 峰岸達実(FILE 1)
斉藤まさかつ(FILE 2)
杉田篤彦(FILE 2・3・4)
村田護郎(FILE 2・3・4)
アニメーション制作 AIC
製作 メディアリング、AIC
発売日 1. 1996年4月10日
2. 1996年6月26日
3. 1996年8月25日
4. 1996年9月26日
話数 全4巻
アニメ:BURN-UP EXCESS
監督 木村真一郎
キャラクターデザイン 池田裕治
メカニックデザイン 岩倉和憲高橋英樹
音楽 内田忍、並木晃一
アニメーション制作 マジックバス
製作 AIC
放送局 ディレクTV
放送期間 1997年12月12日 - 1998年7月1日
話数 全13話
アニメ:BURN-UP SCRAMBLE
原作 AIC
監督 林宏樹
シリーズ構成 植竹須美男
キャラクターデザイン 村田俊治
メカニックデザイン 小川浩、岩畑剛一、村田護郎
音楽 信田かずお
アニメーション制作 AIC
製作 BURN-UP SCRAMBLE製作委員会
放送局 放送局参照
放送期間 2004年1月12日 - 3月29日
話数 全12話
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

BURN-UP』(バーンナップ)は、OVAおよびテレビアニメとして製作されたシリーズ作品。

OVA作品である『BURN-UP』と『BURN-UP W』、テレビアニメ作品の『BURN-UP EXCESS』と『BURN-UP SCRAMBLE』がある。

BURN-UP[編集]

1991年3月21日に発売[1]されたOVA作品。全1話。

ストーリー[編集]

頻発する少女誘拐事件の捜査を続けていたTOKYO CITY POLICE DEPERTMENT(通称・CP)は、マッコイの指揮する組織犯罪に対して、決定的な証拠を欠いていた。重いCP内の空気を気にせず、レディポリス3人組のマキ、レイミ、ユカは囮捜査に乗り出す。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

エンディングテーマ「BURN UP MY HEART」
作詞 - 前田耕一郎 / 作曲・編曲 - 川井憲次 / 歌 - 柴田由美子、伊藤美紀、西原久美子

BURN-UP W[編集]

1996年に発売[1]されたOVA作品。全4話。

ストーリー[編集]

高層ホテルが何者かに乗っ取られた。緊急体勢で臨む警察だが、犯人グループの要求はあまりと言えばあまりな内容。愉快犯の可能性を探るWARRIOR。その一方でホテルの客たちに謎の“ドラッグ”を披露する男の影があった。人質解放に向けて非常手段を決意するWARRIORだが、事件の真相、そして“ドラッグ”は深く潜行していく。

キャスト (W)[編集]

スタッフ (W)[編集]

  • 監督 - ねぎしひろし
  • キャラクターデザイン - 山下敏成
  • ゲストキャラクターデザイン - 田中誠輝(FILE 2)
  • メカニックデザイン - 峰岸達実(FILE 1)、杉田篤彦(FILE 2・3・4)、村田護郎(FILE 2・3・4)、斉藤まさかつ(FILE 2)
  • 美術監督 - 桑原悟
  • 色彩設計 - 関口智子
  • 撮影監督 - 佐藤均
  • 編集 - 関一彦
  • 音響監督 - 岩浪美和
  • 音楽 - 難波弘之
  • 制作プロデューサー - 渡辺欽哉、長牛豊
  • 制作 - AIC
  • 制作協力 - ZERO G-ROOM
  • 製作 - メディアリング、AIC

主題歌 (W)[編集]

オープニングテーマ
「FLASH YOUR DREAM!」
作詞 - 原真弓 / 作曲・編曲 - 難波弘之 / 演奏 - WONDER LOVE / 歌 - 仲村知夏
エンディングテーマ
「いつもそばにいるから」(FILE 2)
作詞 - 原真弓 / 作曲・編曲 - 難波弘之 / 演奏 - WONDER LOVE / 歌 - 仲村知夏
「いつも夢だけは味方だから」(FILE 3)
作詞 - 原真弓 / 作曲・編曲 - 難波弘之 / 演奏 - WONDER LOVE / 歌 - 仲村知夏
「SURE!」(FILE 4)
作詞 - 原真弓 / 作曲・編曲 - 難波弘之 / 演奏 - WONDER LOVE / 歌 - 仲村知夏

各話リスト (W)[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 発売日[1]
FILE 1 スキンダイブ 千葉克彦 山本裕介 山下敏成 1996年4月10日
FILE 2 電脳アイドルを捜せ ごんだわら及造 黒田やすひろ 田中誠輝 1996年6月26日
FILE 3 ポリスタウン強襲!! ACT.1 植竹須美男 神田直人 渡辺和夫 1996年8月25日
FILE 4 ポリスタウン強襲!! ACT.2 石山タカ明 下坂英男 1996年9月26日

BURN-UP EXCESS[編集]

ディレクTVにおいて、1997年12月12日1998年1月9日・2月13日・5月8日・6月1日・7月1日に、毎回2話から3話ずつに分けて放送された[2]。全13話。

ストーリー (EXCESS)[編集]

ネオ・トーキョー・シティーのベイエリアに世界最高の高さを誇る「ネオ・トーキョー・タワー」が完成した。大展望室では落成セレモニーが行われ、また地上では見物客で賑わうパレードが繰り広げられていた。そんな賑わいの中、突如として羽虫型爆弾メカが大量に現れ人々を襲い始め、同時にテロ集団「暁の陽炎」が現れて、知事を含むパーティー客たちを人質に展望室に立てこもった。彼らの要求、「服役中の同志の解放」「活動資金」「逃走用VTOL」が満たされなければ人質の命はない。タイムリミットはたったの2時間。ポリスタウンの長官はマキに≪WARRIOR≫の出動を要請する。利緒、真弥、ユージ、リリカ、ナンベルのメンバーは現場へ向かうが、一方で人質の中に紛れ込む謎の女「ルビー」は、騒動を利用して密かに「計画」を進めていた。

キャスト (EXCESS)[編集]

スタッフ (EXCESS)[編集]

  • 監督 - 木村真一郎
  • シリーズ構成 - 小出一巳
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 池田裕治
  • メカニックデザイン - 岩倉和憲高橋英樹
  • 美術監督 - 脇威志
  • 美術設定 - 佐藤正浩
  • 色彩設計 - 鈴城るみこ
  • 撮影監督 - 谷口直之
  • 編集 - 関一彦、山森重之
  • 音響監督 - 岩浪美和
  • 音楽 - 内田忍、並木晃一
  • エグゼクティブプロデューサー - 藤森治、井上博明
  • プロデューサー - 赤羽剛史、渡辺欽哉、松崎義之
  • アニメーション制作 - マジックバス
  • 製作 - AIC

主題歌 (EXCESS)[編集]

オープニングテーマ「SHOW TIME」
作詞 - 岸恭子 / 作曲 - 小西真理 / 編曲 - 根岸貴幸 / 歌 - 金月真美
エンディングテーマ「Future Dream」
作詞・歌 - 鶴田加奈子 / 作曲 - 鶴田加奈子、杉山徹 / 編曲 - 西脇辰弥

各話リスト (EXCESS)[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
EXCESS 1 WARRIOR出動! 土屋理敬 木村真一郎 池田裕治
EXCESS 2 下着でGO! 滝沢敏文 大畑清隆 山口美浩 坂本修司
EXCESS 3 砂漠より愛をこめて 土屋理敬 鈴木利正 田中穣
EXCESS 4 極道ファーザー 滝沢敏文 大畑清隆 木村真一郎 坂本修司
EXCESS 5 アイドルは眠れない… 菊池康平 石山タカ明 山口頼房 田中正弥
EXCESS 6 ランボー! ブラボー! 利緒ビンボー! 土屋理敬 石山タカ明
小村敏明
ボナンザ春輝 小林ゆかり
EXCESS 7 ショート・バケーション 滝沢敏文 牧野行洋
山口美浩
木村真一郎
山口美浩 中原清隆
EXCESS 8 ナンベル誘拐事件 出崎遠太 大畑清隆 坂本修司
EXCESS 9 スラム・タンク(前編) 小出一巳
末永光代
木村真一郎
大畑清隆
下司泰弘 柳瀬雄之
EXCESS 10 スラム・タンク(後編) 大畑清隆 八凪哲
EXCESS 11 メカコップにご用心 出崎遠太 大船航 柳瀬雄之
EXCESS 12 過去からの招待状 土屋理敬 西森章 石崎すすむ 中原清隆
EXCESS 13 訣別のラスト・ステージ 木村真一郎 池田裕治

BURN-UP SCRAMBLE[編集]

2004年1月から同年の3月にかけて放送されたテレビアニメ作品。全12話。

ストーリー (SCRAMBLE)[編集]

時は近未来。2023年の東京。社会の国際化、流通の拡大・社会の変化にともない、社会の暗部もまた変化を続けていた。犯罪の巧妙化、組織の大規模化はさらに進み、治安は悪化の一途をたどっていた。事態を重く見た時の政府は、画期的なシステムの導入を決定した。特殊犯罪対策としての超法規の警官隊を組織することである。市民の要望に素早く応え、迅速に事件を解決する少数精鋭の警官隊。それが特殊犯罪チーム、ウォーリアーズである。

キャスト (SCRAMBLE)[編集]

スタッフ (SCRAMBLE)[編集]

  • 原作・アニメーション制作 - AIC
  • 監督 - 林宏樹
  • シリーズ構成 - 植竹須美男
  • キャラクターデザイン - 村田俊治
  • 総作画監督 - 石本英治
  • メカニックデザイン - 小川浩、岩畑剛一、村田護郎
  • 美術監督 - 小山俊久
  • 色彩設計 - 友野亜紀子
  • コンポジットディレクター(撮影監督) - 佐藤正人
  • 編集 - 西重成
  • 音響監督 - 亀山俊樹
  • 音楽 - 信田かずお
  • プロデューサー - 川村仁、森下直文、川瀬浩平、山本信之、松本正義
  • アニメーションプロデューサー - 松嵜義之
  • 製作 - BURN-UP SCRAMBLE製作委員会(東芝エンタテインメントジェネオンエンタテインメント、GENEON ENTERTAINMENT USA Inc.、メモリーテック、AIC)

主題歌 (SCRAMBLE)[編集]

オープニングテーマ「ACTION!〜THEME FOR BURN-UP SCRAMBLE」
作曲・編曲 - 佐橋俊彦
エンディングテーマ「0 or ∞-Love or Unlimited-」
作詞 - 桑原永江 / 作曲・編曲 - 佐橋俊彦 / 歌 - あてな☆(豊口めぐみ・釘宮理恵・能登麻美子)

各話リスト (SCRAMBLE)[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
Scramble-1 ウォーリアーズ 暁に出撃す!! 植竹須美男 林宏樹 羽生尚靖 箕輪悟
Scramble-2 倒せ!! 強奪車両『マッドガンダー!!』 飯村正之 一川孝久
Scramble-3 ウォーリアーズ 爆死五秒前!! 谷田部勝義 飯飼一幸
Scramble-4 激走!! 大東京7万km!! 石平信司 上野史博 服部憲知
Scramble-5 愛と哀しみの粉塵爆破!! 花田十輝 岩間貴 羽生尚靖 桝井一平
Scramble-6 ウェスタン札幌 〜知床地獄篇〜 植竹須美男 飯村正之 熨斗谷充孝 吉田秀之
Scramble-7 撃墜 悪夢のエアポート2023 花田十輝 中村主水 谷田部勝義 今木宏明
Scramble-8 大銀河からの超メッセージ 植竹須美男 南康宏 木下由美子
平山英嗣
Scramble-9 黒いシージャック!! 海上大激突!! 花田十輝 上野史博 しまだひであき
三浦和也
西井正典(メカ)
Scramble-10 大東京全滅!? さらばウォーリアーズ!! 植竹須美男 殿勝秀樹 信田ユウ 服部憲知
Scramble-11 ラストマッチ ウォーリアーズ超決戦!! 石平信司 谷田部勝義 飯飼一幸
ひのたかふみ
今木宏明
Scramble-12 行け、ウォーリアーズ!! 永遠の果てに!! 花田十輝 南康宏 日昇清正
西井正典(メカ)

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
千葉県 ちばテレビ 2004年1月12日 - 3月29日 月曜 25:25 - 25:55 独立UHF局
兵庫県 サンテレビ 2004年1月13日 - 3月30日 火曜 24:00 - 24:30 幹事局
神奈川県 tvk 2004年1月14日 - 3月31日 水曜 24:05 - 24:35
愛知県 メ〜テレ 水曜 27:08 - 27:38 テレビ朝日系列
日本全域 AT-X 2004年1月15日 - 4月1日 木曜 11:00 - 11:30 CS放送 リピート放送あり
埼玉県 テレ玉 2004年1月17日 - 1月31日
2004年2月7日 - 3月30日
土曜 25:20 - 25:50
火曜 24:30 - 25:00
独立UHF局

コミカライズ[編集]

BURN-UP W
作画は大暮維人1997年第二期OVAのタイアップとして『月刊少年キャプテン』に掲載されるも連載二回目で掲載誌が休刊となり、翌年『アニメージュ』増刊号の読みきり掲載を経て、1998年に単行本化。2008年に再単行本化された。
成年漫画出身だった作者の初の一般誌掲載作品。「とにかく明るくて楽しくてちょっぴりバイオレンスで、かわいいHで」という編集部の方針と、それまでの成年漫画の作画法とで折り合いをつけるのに苦心したことが、2008年版単行本のコメントで綴られている。

ラジオドラマ[編集]

  • BURN-UP EXCESSのテレビアニメ放送に合せて、1997年11月より文化放送系ラジオ『CLUB db STATION』にてBURN-UP EXCESSplus放送開始(1998年3月まで)。
    放送されたラジオドラマはKONAMIよりドラマCD化され発売されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c リスト制作委員会 『ロマンアルバム Animage アニメポケットデータ2000』 徳間書店(原著2000年7月1日)、初版、119頁。ISBN 4-19-720114-1
  2. ^ リスト制作委員会 『ロマンアルバム Animage アニメポケットデータ2000』 徳間書店(原著2000年7月1日)、初版、45頁。ISBN 4-19-720114-1

関連項目[編集]

外部リンク[編集]