アートミック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アートミックARTMIC)は、1978年から1997年まで存在したアニメの企画会社。社名はART-Modern Ideologist for Creationの頭字語。

略歴[編集]

タツノコプロなどでプロデューサーをしていた鈴木敏充が独立後に設立。1980年に社名を「ウィズ・コーポレーション」とするが、翌年再びアートミックに戻る。SF、メカ物を中心に企画・制作・デザイン・プロデュースなど多方面で活動し、玩具やガレージキット、広告モデルなど立体製作にも関わった。柿沼秀樹荒牧伸志らのメカニック(変形ロボット、パワードスーツ)や園田健一の活発な少女キャラクターを売りに、1980年代後半のOVA興隆期を牽引。特に『メガゾーン23』はアニメとして当時記録的な販売成績を残し、「メカと美少女」というOVA市場の流行を決定付けた。

しかし1990年代は新たなヒット作に恵まれず、バブル崩壊以降の資金繰りの悪化、OVA『ガルフォース・ザ・レボリューション』の営業的失敗で1997年に倒産。作品の版権の多くはAICに引き取られた。

主なスタッフ[編集]

鈴木敏充
代表取締役。タツノコプロ時代は『ヤッターマン』・『とびだせ!マシーン飛竜』等のプロデュースを手がける。企画・プロデュースの他にアニメ作品の原作や脚本、ノベライズを手がけたが最もその異才ぶりを示したのはイラストレーターとしてで、『超時空要塞マクロス』や自社企画作品『銀河の鷲 メガロ・ザマック』・『機甲虫隊ビートラス』・『機甲創世記モスピーダ』のプラモデルのパッケージアートでその実力を知らしめた。イラストレーターとしては日本国内以上に日本国外で高く評価されていた様で、日本国外の模型メーカー等から専属としての招聘があった際はかなり高額のギャランティを提示されたという逸話がある。
柿沼秀樹
メカニックデザイナー、脚本家、小説家。メカデザイナーとしての代表作は『機甲創世記モスピーダ』の敵・インビット側メカデザインや当時渡米していた荒牧に変わり担当した『メガゾーン23』のクリンナップ等。これらの仕事の後、徐々に脚本や小説の執筆といった著述方面へとメインの仕事をシフトしていった。原作や脚本を担当した『ガルフォース』と『デトネイター・オーガン』では自らメカデザインも兼任している。
現在は自身が代表の企画会社ダーツに所属。『ジャンクフォース』シリーズ等を小説やコミックで送り出す一方、雑誌や書籍の編集及び記事の執筆でも辣腕を振るっている。
荒牧伸志
メカニックデザイナー、演出家。『機甲創世記モスピーダ』のライドアーマーや『メガゾーン23』シリーズのガーランド、『バブルガムクライシス』のモトスレイブといったバイクモチーフの可変メカのデザインが有名。他のメカデザイン担当作品としては『機甲虫隊ビートラス』等が挙げられる。『メタルスキンパニック MADOX-01』で監督(クレジットは「原案・監督」及び「メカニックデザイン」)を手がけて以降演出方面でも活躍し、『メガゾーン23PartIII』でも監督を務めた。
現在ではメカデザインのほかフルCGアニメ『APPLESEED』とその続編『EX MACHINA』の監督として知られている。
園田健一
デザイナー。大阪での同人活動後、上京して一時期所属。『ガルフォース』や『バブルガムクライシス』といったアートミックを代表する作品でキャラクターとメカ、両方のデザインワークに携わった。
監督兼デザイナーとして手がけた『ライディング・ビーン』は、漫画家としての園田を代表する作品のひとつ『GUNSMITH CATS』の事実上のベースとなった。
夢野れい
デザイナー。園田健一の同人仲間で、その縁から入社。漫画家としても活動していた。『メガゾーン23PartIII』では物語中でしばしば登場するアミューズメント施設「サイコランド」等のデザインを手がけているが、作品が展開されていたのと同じ時期に漫画単行本『サイコランド』が出版されている。
山根公利
メカニックデザイナー。初めて履歴書を提出して入社している[1]。珍しい所では自身が関わっていない『機甲創世記モスピーダ』が後年映像ソフト化された際の版権イラスト原画を描いている。
現在はフリーとして活躍。
小泉聰
雑誌編集デザイン。『アートミック・デザインワークス』等、バンダイ発行のものを中心に自社作品のムックで編集を担当。この他トニーたけざきの漫画『A.D.POLICE 25:00』にも編集者として携わっている。『バブルガム・クラッシュ!』ではプロデューサーを務めた。
現在はダーツに所属し、柿沼と共に作品企画や雑誌・書籍の編集に携わっている。
村上豊
ロゴデザイン・彩色設計・セルワーク等。『機甲創世記モスピーダ』のアイキャッチや『メガゾーン23』の宣伝などで使われた、キャラクターシルエットを生かしたスタイリッシュなロゴも村上の手による。
アートミック解散後、有限会社エム・クリエイトを設立。
2005年6月29日 病没 享年58

過去所属スタッフ[編集]

窪田正義
『モスピーダ』や『メガゾーン23』(第1作目)でメカ・スーパーバイザーとして携わった後に独立。他には『マクロス』のプラモデルをバンダイが再発売した際同梱されたリーフレット(模型制作の簡単なアドバイス等が記述されたもの。挿絵は園田健一が担当)を手がけたりしている。現在は六月十三のペンネームでアニメやゲームのプランナー・プロデューサーとして活動中。代表作『卒業 〜Graduation〜』、『センチメンタルグラフティ
宮尾岳
『機甲虫隊ビートラス』のキャラクターデザインや『モスピーダ』の版権イラスト、『メガゾーン23(第1作目)』のメカニックデザイン及びイメージボード等を手がけた後に独立。やまとから発売された「1/15完全変形ガーランド ファクトリーカラー」は、宮尾が第1作展開当時に描いたガーランドのロールアウト直後をイメージした彩色イラストのカラーリングをモチーフとした商品。
窪田の関わったメディアミックス作品『魔物ハンター妖子』のキャラクターデザイン等を経て、現在は漫画家として活躍。
宮尾の描いた『メガゾーン23』のイメージボードは、アートミックの倒産後その殆どがヤフーオークションに出品されてしまい、散逸した。
中西明
『モスピーダ』に関わった後、独立。少年キャプテン誌で来留間慎一のペンネームで漫画家としてデビューし、アクションを機軸とした作品を発表。現在は主に秋恭摩のペンネームで、漫画の他にアニメのデザインワーク等でも活躍している。

主な作品[編集]

テレビアニメ[編集]

アニメ映画[編集]

OVA[編集]

ゲームソフト[編集]

  • ヘルファイアーS』(デザイン)※PCエンジン用ソフト
  • 『ステラアサルト』(メカニックデザイン)※SEGA スーパー32X対応ソフト
  • ガンバード』(アニメーション製作)※彩京のシューティングゲーム

特撮テレビドラマ[編集]

工業品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『アートミック・デザインワークス』(バンダイ刊)より。