幽霊船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
幽霊船として語られるイメージ

幽霊船(ゆうれいせん)とは、怪奇現象の一つ。幽霊が操舵しているとされる船舶のことである。

怪談の一種として世界各地で語られている。

内容[編集]

葛飾北斎北越奇談』より「船頭孫助洋中にたゞよひて幽霊船を見る」。宝暦年間に新潟沖の荒海に現れたとされる幽霊船が描かれている[1]

たいていの場合、船員の口から「洋上を航行中に見た」として語られる。出現時間帯としては夜に出現することが多いが、昼間に霧が出てその霧の中から出現するというパターンもある。帆船であることが多い。船体の各部が著しく損傷している上に乗組員が全く乗っていないが、見えない何らかの力が働き、沈没せずに航行している。

航行中の船舶と船員に危害を加えることはないが、その姿を見ればいかに豪胆な海の男といえども恐怖に身をすくませ、ただ呆然と見送ることしかできないという。また避けようとして舵を切り座礁する、あるいは幽霊船を見た者がその後不幸に襲われるなどのバリエーションがある。

日本では船幽霊と呼ばれる海上の怪異が知られているが、その中でもその名の通り船の幽霊として船舶の姿で海上に現れるものがあり、これが幽霊船とも呼ばれている[2]。出没する時代に応じて帆船や汽船などが現れるといい[3]、主に夜に現れるが、夜であっても船自体が光を発しているので船体の細部まで見えるという[4]北陸地方の奇談集『北越奇談』によれば、宝暦年間で新潟沖に来た船が大風を受けて乗員が海に投げ出されたところ、ボロボロの船が死者のように痩せ衰えた者たちを乗せて現れ、一晩中出没を繰り返したという[1]

ホラー以外のパターンとして実は幽霊船を装った、あるいは幽霊船に勘違いされた海賊の船だったといったものも存在する。

実例として、沿岸から無人の船舶が波でさらわれたり、航行中に乗組員が何らかの理由で船を放棄したり、何らかの理由で乗組員が全員死亡するか行方不明となったりして、長期にわたり船舶が発見されないまま船舶が海上を漂流することがある。集団密航を計った船が漂流し、密航者が行方不明や船内で死亡したまま海上を漂流しているようなケースもある。

幽霊船が登場する作品の一例[編集]

小説・演劇など
映画
特撮
  • ウルトラQ』- 第12話「鳥を見た」に登場。998年前の船が幽霊船となり、古代怪鳥ラルゲユウスとともに時間を超えてさまよっている。
アニメ・漫画
ゲーム

関連項目[編集]

  • フライング・ダッチマンさまよえるオランダ人) - イギリスの伝承上の幽霊船。
  • メアリー・セレスト号 - 1872年にポルトガル沖にて無人で漂流しているのを発見された船。近代海洋ミステリー事件で代表的な事件の一つ。コナン・ドイルはこれを元にフィクション一篇をしたためている[5]
  • キャロル・ディアリング号 - 1921年に米ノースカロライナ州沖暗礁に座礁、無人状態で発見された。遭難状況が緊急退船避難の必要な状態では無かった為、乗組員の行方がミステリーとされた。
  • 良栄丸遭難事故 - 1926年に日本の小型木造漁船良栄丸が乗組員全員死亡した状態で遭難失踪約11か月後にシアトル沖米国で発見された事件。エンジン故障を復旧できず、救難信号を発する設備は無く、非常用設備の帆走は季節の気象状況で難航し漂流状態に陥り遭難した。
  • ベイチモ号 - 1931年に米アラスカ沿岸で叢氷に閉じ込められ、乗員避難後海上に放棄されその後30年以上無人で漂流した。

脚注[編集]

  1. ^ a b 京極夏彦 『北斎妖怪百景』 多田克己・久保田一洋編、国書刊行会2004年、124-130頁。ISBN 978-4-336-04636-9
  2. ^ 草野巧 『幻想動物事典』 新紀元社1997年、268頁。ISBN 978-4-88317-283-2
  3. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、298頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  4. ^ 多田克己 『幻想世界の住人たち』IV、新紀元社〈Truth In Fantasy〉、1990年、172頁。ISBN 978-4-915146-44-2
  5. ^ コナン・ドイル『ドイル傑作集IIー海洋奇談編』(新潮文庫 1982年)。