中川亜紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
なかがわ あきこ
中川 亜紀子
プロフィール
本名 和田亜紀子(旧姓中川)
愛称 あっこ、なこ、社長など[1]
出生地 日本の旗 日本 北海道札幌市
生年月日 1973年12月1日(40歳)
血液型 O型
事務所 東京俳優生活協同組合
配偶者 和田薫
活動
活動時期 1994年 -
デビュー作 マクロス7』(花束の少女、シビル)[2]
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

中川 亜紀子(なかがわ あきこ、1973年12月1日[3] - )は日本女性声優東京俳優生活協同組合所属。アミューズメントメディア総合学院声優学科卒業。北海道札幌市出身。身長152cm前後。血液型O型。夫は作曲家和田薫

来歴[編集]

北海道札幌市に生を受ける。小学校3年生の時に青森県青森市に引っ越し、青森明の星高等学校を卒業するまで在住。幼いころからみたアニメや特撮[4]、中学生時代に始めた演劇の影響で声優を志し、大学進学を機に上京。上京の際の進路相談では、教師、両親からの反対に会うも、まず担任の教師を説得して協力を仰ぎ、その後、二人で粘り強く一年かけて両親と交渉[5]。最終的には両親も、演劇をずっと頑張ってきた姿を知っているので承諾する[6]

専修大学法学部二部に在学中の、1994年に『マクロス7』で声優デビューを果たす。なお、大学は声優業をこなしつつ4年間で卒業[7]アニラジ番組のラジオパーソナリティとしても活躍し、『金田一少年の事件簿[8]、『フォーチュン・クエストL[9]などで声優としての地位を築く。トルバドール音楽事務所に所属後、エクセルフリーを経て、東京俳優生活協同組合に所属。2002年に作曲家の和田薫と結婚[10]

小泉理奈小谷伸子(現nobuko)・山口克子と、声優ガールズバンドLAMUSE』(ラミューズ)を結成していたことがある。

人物像[編集]

座右の銘は、「汝の日常を愛せよ」。

デビュー前[編集]

小学校では音楽部(器楽部との表記もある)で木琴担当。中学ではソフトボール部を辞めたあと、テニス部と演劇部をかけもち入部。これが演劇との出会いとなり、以後芝居に魅せられていく。高校は県大会に10年以上連続出場している演劇の名門校で、中川が高2の時には10数年ぶりに東北大会まで進出した。この時、生まれて初めてうれし涙を流したという。『銀河鉄道の夜』をモチーフにした<大人になれない子供たちのために>というサブタイトルがついた劇で、中川はカンパネルラを演じた[11]。大学時代は声優を目指す活動と同時に演劇同好会の旗揚げに参加し、4年間、学生演劇にも励んだ。

自分の子供時代を、無愛想、引っ込み思案、人見知りと評することが多い。自分から話しかけることはまずなく、消極的で内気で何もしゃべらず、「おとなしいね」という言葉に傷ついているような子であり、授業中に皆が手を挙げているとき、一人だけ挙げていないと逆に指されそうであるため、当てられるのが嫌でおそるおそるあげていた。友達が誘いに来ても、そのまま本を読んでいて結局行かず、日曜に友達と約束して遊びにいった記憶がほとんどない。初めて文化祭で芝居をした時は「あの中川が!」「舞台の上ではしゃべれるんだね」と言われた。音楽の時間はいつも口だけを動かして歌声は出さず、カラオケも大の苦手だったが、声優デビュー後、レコーディングやライブ等で歌う回数をかさねて克服していく。歌は声優業、演劇の延長線にあるという[12]

毎朝、般若心経を唱える祖母の隣で一緒に唱えるくらい、結構な「おばあちゃん子」だった[13]。内気な子供だったが、盆踊りは大好きであった。国語の教科書を朗読することや放送委員としてマイクの前で原稿を読むことなどは楽しめた一面もあった。初恋は、小学校3年のとき。転校間際に手紙で思いを伝えた。転校後も数回手紙を出したが、それきりになった。

中学時代はとくに自分を出せなかった時期である。教師から、おとなしいことをネガティブなニュアンスで言われたことなどを両親が心配し、高校はミッション系の女子高を選択することになる。高校は自分を出せるようになった場所であり、演劇部は、居心地のいい空間をみんなで作っていた感じだという。

演劇を目指していたからこそ、がらっと違ったものを勉強しようと大学は法学部を選んだ。大学時代はパン屋、ケーキ屋、テレフォンアポインター、東京ディズニーランドのウェートレスなど、様々なアルバイトをこなした。ある程度決められた範囲で人に応対する接客業は好きだったという。大学の演劇同好会では、合宿で伊豆七島へ向かうとき、同好会のメンバーからパスポートが必要だと担がれ、信じて持参したパスポートを提示したことがある。

「声優になれるという自信はいつもあった。時には体力的にきつい思いをしながらも、演劇をずっと続けてきたことが気持ちの支えになっていた。」という談[14]がある。

養成所[編集]

中川が声優を目指して活動していた当時、声優になるための情報源はまだ乏しく、養成所選びには苦労した。色々と失敗もあったという。大手の声優事務所に自分で吹き込んだデモテープを直接送りつけてみたことや、声優の勉強を何も教えてくれないところに入ってしまったこと等もあった。一年半自分の足で歩き回って、アニメの養成所なんだから、アニメ雑誌を探せばいいのではないかと、はたと気づき、むかし愛読していたアニメディアと再会することになる。そこに広告が載っていた、まだ出来たばかりの原宿声優プロデュース・オフィス[15]で、月2回のレッスン、一回の授業時間は3~4時間という形で声優を目指して学んでいく[16]。一年後、オーディションで花束の少女役に合格して、遂に夢であった声優デビューを果たす。この時の気持ちを、中川は、「まさに天にも昇る気持ちでした。さっきまでいた世界とは別の世界にいるような感じ。自分が二人いるような気持ちもしました。」と語る。声優志望者に対して厳しい声優が数多くいる中では珍しく、「あやしい養成所もあるから、気をつけてね。」と気遣う一方で、「声優になるのに近道なんてない。自分でまず行動に出ること。何を目指すのもそうだけど、とにかく動くこと。声優を目指してる皆、がんばってね!!」と激励する。

愛称[編集]

いくつもの愛称がある。あっこ、なこ[17]、NAVI[18]、ぅわっこ[19]、中牌両[20]、なかっち[21]、姉さん・バイオニックアキコ[22]、アキアキ、中川っち、あこぴー[23]、社長[24]、農場長[25]、城主[26]等。一番よく用いられるのは、あっこちゃん、あっこさん。

特技[編集]

縄跳び(特に二重とび)、ドラム(憧れのドラマーは樋口宗孝[27])、バタフライ泳法。

趣味・好きなもの[編集]

飲食物
日本茶、紅茶、コーヒーが好きである。飲みながらリラックスする時間を贅沢だと感じる。レモンを絞ったトマトジュースはたまらない。上京して初めて食べたネギトロ丼は思い出の味である。ネギをたっぷり入れた水炊き鍋が好きである。乳製品は好きだが、牛乳そのままは苦手である。酒宴の席の、場の雰囲気が好きで、酒はかなり強い。得意料理はハンバーグ。
作家・芸術家
かばんに文庫本が一冊入っていると安心するという。好きだと挙げた作家には、リチャード・バックスティーブン・キング北村薫恩田陸森博嗣等がある。好きだと挙げた版画家はシム・シメール。好きだと挙げた画家は早川義孝ジム・ダインマーク・ロスコ等。
キャラクター
好きだと挙げたキャラクターには、パンシェル、『ドラえもん』のドラえもん、『ポケットモンスター』のピカチュウ、『ピーナッツ』のスヌーピー、『ゲゲゲの鬼太郎』の目玉のおやじ、『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』のサマルトリアの王子、『ドロロンえん魔くん』のえん魔くん、『赤い光弾ジリオン』のJJ[28]、『スター・ウォーズ』のR2D2、『ルパン三世』の次元大介、『ムーミン』のスナフキン、『星の王子さま』のキツネなどがある。
ゲーム
初めて買ったゲームは『フロントライン』、『アストロロボSASA』。初めて買ったCDは『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』の楽曲『Love Song 探して』。
家族でこたつを囲んで『キン肉マン』のドンジャラをよくやっていたことなどをきっかけに、麻雀好きになった。もっぱらゲームやインターネット対戦だが、社会勉強と称して、豊嶋真千子と一緒に雀荘へ行ったこともある。
ファッション
白いTシャツにジーパンが自分らしくて一番好きな服装だと、度々言ったことがある。デニムはジャケットも好む。コートにすっぽりと包まれるのが好きである。胎内回帰願望があるのかもという。サングラスは外出の時の必需品である。グラビアで浴衣姿を何度か披露した。『金田一少年の事件簿』、『フレッシュプリキュア!』のアフレコ現場では、出演声優陣で示し合わせて、浴衣での収録を行ったこともある。『炎神戦隊ゴーオンジャー』のイベントに参加したときも浴衣姿であった。
季節
四季は「どの季節も恋しく待ち遠しいが、北国育ちのせいか寒い時期が特に好き。」という。冷たい風がふいてくると、懐かしい友達にあったようですごく嬉しくなり、雪が降ってきたら応援してくれていると感じる。放射冷却現象が起きている朝の青空が大好きである。
F1
F1好きでハインツ=ハラルド・フレンツェンのファンと公言することが多かった。もみあげが気に入っている。
恐竜
恐竜が好きで、『ジュラシック・パーク』は映画を視聴後、原作小説も読了。『ディノクライシス』もプレイ済み。しかし、ヘビ、ワニ、イグアナなどの爬虫類は、嫌いではないが抱きしめられない気がするという[29]
ラジオ
斉藤洋美の『ラジオはアメリカン』の熱心なリスナーだった時期があり、公開録音に行ったこともある。
遊園地
特に絶叫マシン系が好きである。観覧車も大好きである。
花火
花火大会の打ち上げ花火の音が聞こえてくると、いてもたってもいられなくなる。一方で線香花火も好きである。
楽器
上京してライブをたくさん見るうちに、ドラムが一番気持ち良さそうに感じていった。声優デビュー後に、今からじゃ遅いかもと思いながらも習い始め、後にLAMUSEで仕事の一つになってしまう。音色が一番好きなのはピアノ。自身のライブでウクレレを披露したこともある。
場所
空港、港等、旅立つ場所が好きである。天空庭園に憧れがある。
海の生物
シャチイルカデバスズメダイマンボウオニイトマキエイ等が好きである。
金属
金銀銅では、「地球の土から生まれたってカオをしてる」と感じる銅が一番好きである。市民マラソン大会で銅メダルをもらったことがあるのだが、20位以下全員がもらえる参加賞的なものであった。

出演作品[編集]

太字は主役・ヒロイン。

テレビアニメ[編集]

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2013年

2014年

OVA[編集]

1996年

1997年

1998年

2002年

  • ヨコハマ買い出し紀行 -Quiet Country Cafe-(鷹津ココネ)

2012年

劇場アニメ[編集]

1995年

1996年

1999年

2001年

2002年

2003年

2005年

2009年

2010年

2011年

2012年

ゲーム[編集]

1997年

1998年

1999年

2001年

2002年

2004年

2005年

2009年

2011年

吹き替え[編集]

特撮[編集]

1999年

2004年

2008年

2009年

2010年

2011年

2013年

ラジオ[編集]

雑誌連載[編集]

  • Relaxation Time - 声優グランプリに連載。グラビアとポエム。
  • Cotton Candy - アニメディアに連載。声優になるまでの経緯や声優になってからの体験談を語る。
  • ぽけっと・ぱれっと、よろず屋中川 - 声優グランプリに連載。コラム。

CD[編集]

シングル[編集]

  • Sweet Pain
  • とびきりピュアラブ(真紀ちさ名義でシングルカット)
  • 夢の都 TOKYO LIFE

アルバム[編集]

  • Songs & Days
  • Winter Tales from Akiko Nakagawa
  • graduation
  • 微笑みのSoldier!
  • I.O.(ラジオ番組LUCKY FARM企画アルバム)
  • FRIENDS(自主制作のプライベートミニアルバム)

ドラマCD[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 詳しくは愛称の項目参照。
  2. ^ 宇宙船』vol.122 2008秋[復活3号](ホビージャパン刊)内のインタビューより。
  3. ^ オリコン・ウィーク The Ichiban』Vol.21 1999年3月29日号、オリコン、92頁
  4. ^ 子供の頃、弟と熱心に見た『太陽戦隊サンバルカン』と、高校時代、偶然見て友人と熱中した『鳥人戦隊ジェットマン』は特に印象に残っているという。『宇宙船』vol.122 2008秋[復活3号](ホビージャパン刊)より。
  5. ^ 最初、中川は東京の声優養成の専門学校を第一志望としていたが、東京で一人暮らしをしながら学校へ通うとなると経済面でも大変なので、あれやこれやとずいぶん悩み、大学の夜間部に行くという結論を出した。専門学校より経済的負担はかからないし、昼間バイトしたり声優になるための勉強も出来るとの結論だった。
  6. ^ 1998年度の『オリコンウィーク the ichiban』(オリコン刊)に短期集中連載された『微笑みのドキュメント』、『アニメディア』(学習研究社刊)1997年11月号の『Cotton Candy』より。
  7. ^ 試験前、アフレコスタジオの休憩所でノートを広げて勉強に励む中川の姿が見られたこともあった。
  8. ^ 中川は、劇場版『オペラ座館殺人事件』の犯人役のオーディションを受けにいき、美雪役に抜擢された。『名探偵コナン&金田一少年の事件簿』2008年5月28日号より。
  9. ^ 中川は高校時代、『フォーチュンクエスト』の愛読者だった。
  10. ^ 声優グランプリ』2002年12月号(主婦の友社刊)のコラムで発表。
  11. ^ 1998年度の『オリコンウィーク the ichiban』(オリコン刊)に短期集中連載された『微笑みのドキュメント』より。
  12. ^ 「気持ちを伝えるってことではお芝居も歌も同じだって、気づいたんです。ミュージカルみたいに、歌い手の気持ちを音にのせればいいんだって。声を楽器的に使うんじゃなくて、声として使って、気持ちを開放すること。それがとても楽しいことだって、今さらながらに感じてます。」と語る。『UP to boy』(ワニブックス社刊)1997年11月号より。
  13. ^ hm3』第4号(音楽専科社刊)より。
  14. ^ hm3』第4号(音楽専科社刊)、1998年度の『オリコンウィーク the ichiban』(オリコン刊)に短期集中連載された『微笑みのドキュメント』より。
  15. ^ アミューズメントメディア総合学院の前身的な存在である。LAMUSEでいっしょだった山口克子もここの卒業生である。中川は後に、アミューズメントメディア総合学院の講師を務めたこともある。
  16. ^ 「お勉強もさせていただいたけど、チャンスをもらえたのがすごく大きいです。」と中川は語る。マクロス7CDシネマ2のブックレットより。
  17. ^ 内藤寛のZigZagアンテ〜ナ』でリスナーから募集。
  18. ^ フォーチュンクッキー』でリスナーから募集。NAVIGATORに由来する。
  19. ^ マクロスワールド』で子安武人が命名。
  20. ^ ちゅんぱいりゃんと読む。『あっことめぐのまじかるエッグへようこそ』内で用いられた。麻雀牌を小道具に占う、占い師という設定。
  21. ^ 井上喜久子命名。
  22. ^ 中川・松風@熱プー大陸』で用いられた。
  23. ^ HAPPY★LESSON』のラジオ番組において、笹島かほる古山きみこ命名。
  24. ^ 中川亜紀子LUCKY FARM』で自称。中川が子供のころ好きだったアニメ、『無敵ロボ トライダーG7』に由来する。
  25. ^ 中川亜紀子LUCKY FARM』で自称。
  26. ^ かつての公式サイトであった『ふーん中川城かく1つ』、『天空の中川城』で自称。
  27. ^ VOiCE ANIMAGE』 vol.19(徳間書店刊)において対談が実現。樋口からドラムの簡単な手ほどきも受けた。
  28. ^ 実は当時中川が住んでいた青森では『赤い光弾ジリオン』の放映は無かった。初めて買った『アニメディア』(学習研究社刊)の表紙がJJであり、アニメ放映を見られぬまま思いを膨らました。ドラマ編のLPレコードを買って初めて声を聞いたときはすごく感動したという。アニメ放映を見ることはかなわなかったが中川にとって思い出の作品である。
  29. ^ TVステーション』 2009年3月7日号(ダイヤモンド社刊)の『VOICE! VOICE! voice!』より。
  30. ^ シビルの声優が中川であることは最後まで秘密とされ、エンディングクレジットでは「?」と表記されていた。
  31. ^ [金田一少年の事件簿]14年ぶり連続アニメで復活”. マイナビニュース. 2014年2月19日閲覧。
  32. ^ デカイエロー、デカピンク、ボウケンイエロー、ボウケンピンク、ブルースワロー、ホワイトスワン

外部リンク[編集]