死霊の罠2/ヒデキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

死霊の罠2/ヒデキ(しりょうのわな2/ひでき)は、1992年7月11日に公開された日本映画。ジャンルはスプラッターホラーオカルト

解説[編集]

1988年公開の『死霊の罠』の姉妹編にあたる。続編の企画は以前より存在していたが、実際に起きた連続殺人事件の影響により中止となっていた[1]

監督は『LSD -ラッキースカイダイアモンド-』の橋本以蔵、主演は佐野史郎。ほか、ヒロインには中島唱子近藤理枝、物語の鍵を握る霊媒師役を池波志乃が出演したほか、平泉成きたろうら個性派、ベテラン俳優らが脇を固めた。前作『死霊の罠』でのグロテスクな描写や演出がより過激となり、血みどろな殺戮シーンにはじまり、被害者の全身は判別がつかないほどの状態を出すためSF特殊メイクを多用したほか、狂気を佐野に委ね前作で登場したヒデキという謎めいた霊体の素材を深く掘り下げクローズアップさせるなど、ストーリーや映像にも凝ったものとなった。

物語[編集]

映画館で、映写技師の職を得ているカメラマンの亜紀は、とくに誰とも口をきくわけでなく、かつて身勝手な男に騙され身体を傷つけられたという過去を持っている孤独な女性である。そんなある日、いつものように仕事を終えた亜紀は、唯一心を許せる親友で現役のリポーター絵美に誘われ夕食をともにするが、そこに現れた絵美の知人・倉橋という男がやがて常軌を逸したように亜紀につきまといはじめる。数日後、絵美が番組でリポートした事件の収録ビデオを見た亜紀は、カメラの片隅に映る謎の少年の姿を確かに目にする。その日より、亜紀と絵美、そして倉橋を巻き込んだ狂気の世界が繰り広げられる。

出演[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 石井博士ほか 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年、351頁。ISBN 4766927060