イタカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イタカIthaquaイタクァ またはイトハカ)は、クトゥルフ神話などに登場する架空の神格。

初出は1933年、オーガスト・ダーレスの『風に乗りて歩むもの』(The Thing Walked on the Wind)。

概要[編集]

ハスターの眷属であり、大気を象徴する神である。

人間に似た輪郭を持つ途方もない巨体、人間を戯画化したような顔、鮮紅色に燃え上がる2つの目を持ち、足には水かきがある。目撃者の中には、「眼のある紫の煙と緑の雲」と表現した者もいる。

カナダの先住民の間で、氷雪の夜に森林地帯を徘徊し、風に乗って目にも留まらぬ速さで現れ、人間をさらって行くと言われる精霊「ウェンディゴ」として知られる(クトゥルフ神話では、ウェンディゴはイタカの化身、あるいは従兄弟、ないしは眷属であるとされる)。

運悪くイタカに遭遇した人間はイタカによって空に巻き上げられ、生贄として死ぬ事なく数ヶ月に渡って地球外の遠方の地を引き回される(その後にイタカの主人たるハスターの前に引き据えられるとする文献もある)。犠牲者はやがて地上へ戻されるが、途中で死ぬか、戻される時に地表に叩きつけられて死ぬ場合がある。また、たとえ命を落とさなかったとしても、犠牲者は高空の冷気に馴染んでしまっており、暖かい地上では長くは生きられなくなっている。犠牲者の死体は、連れ去られる以前に所持していたはずのない知識体系に属する文字や情景の描かれた銘板、奇怪な石像等の謎めいた品を身に帯びていることが多い。

ミスカトニック大学のローラ・ネーデルマン教授をリーダーとするビッグ・ウッド森林地帯の調査隊は、森林の中でイタクァと遭遇している(結果としてこの時、隊員のバーナード・エプスタインが犠牲となっている)。

イタカはビルマ奥地のスン高原やマレー半島に潜むチョー・チョー人や、カナダの奥地等で(時にはウェンディゴの名で)一部の人間に崇拝されている他、イタカが生まれたともいわれるレン高原でも崇拝されているという。

別名[編集]

  • 「風に乗りて歩むもの」
  • 「歩む死」
  • 「大いなる白き沈黙の神」
  • 「トーテムに印とてなき神」

登場作品[編集]

  • 『風に乗りて歩むもの』 オーガスト・ダーレス著 (『クトゥルー 5』 青心社 ISBN 4-915333-58-2 所収)
  • 『戸口の彼方へ』 オーガスト・ダーレス著 (『クトゥルー 5』 青心社 ISBN 4-915333-58-2 所収)
  • 『イタカ』 オーガスト・ダーレス著 (『クトゥルー 12』 青心社 ISBN 4-87892-243-5 所収)

関連事項[編集]