ロバート・W・チェンバース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロバート・W・チェンバースRobert W. Chambers,1865年5月26日 - 1933年12月16日)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリン生まれのホラー小説家、大衆小説家。マサチューセッツ州ロードアイランドの創設者であるロジャー・ウィリアムズの直系の子孫。

画家、イラストレータとして『ライフ』誌や『ヴォーグ』誌のイラストを描いていたが、作家に転身し、1864年に「In the Quarter」で小説家としてデビュー。ホラーのほか、ファンタジーや歴史小説、女性向けの恋愛小説など大衆小説を多数執筆。

存命中に「アメリカ」(America、1924、監督:D・W・グリフィス)など14本の作品が映画化された。

有名な著作に、クトゥルフ神話の一編にも数えられる短編『黄の印』(The Yellow Sign)がある。

短編集のタイトルにもなった「黄衣の王」(The King in Yellow)は、読んだ者に狂気と死をもたらすという架空戯曲で、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトが魔道書ネクロノミコンを創造する際の着想の元になったとされる。

著作リスト[編集]

  • 短編集『黄衣の王』(1895年)
    • 「名誉修理者」 The Repairer of Reputations
    • 「仮面」 The Mask
    • 「竜の路地にて」 In the Court of the Dragon
    • 「黄の印」 The Yellow Sign
    • 「イスの令嬢」 The Demoiselle d'Ys
    • 「予言者の楽園」 The Prophets' Paradise
    • 「四風の街」 The Street of Four Winds
    • 「初弾の街」 The Street of the First Shell
    • 「草原の聖母の街」 Street of Our Lady of the Fields
    • 「行き止まり」 Rue Barrée
  • 短編集『The Maker of Moons』(1896年)
  • 短編集『The Mystery of Choice』(1896年)
  • In Search of the Unknown (1904年)
  • The Tracer of Lost Persons (1906年)
  • The Tree of Heaven (1907年)
  • Police! (1915年)

外部リンク[編集]