ヘンリー・カットナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘンリー・カットナー
誕生 1915年4月7日
カリフォルニア州 ロサンゼルスアメリカ合衆国
死没 1958年2月4日(42歳)
カリフォルニア州 ロサンゼルスアメリカ合衆国
職業 短編作家、小説家
ジャンル サイエンス・フィクション, ファンタジー, ホラー小説
テンプレートを表示

ヘンリー・カットナーHenry Kuttner1915年4月7日 - 1958年2月4日、ヘンリィ、ヘンリイの表記あり)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身のSF作家

1936年「ウィアード・テールズ」誌にクトゥルフ神話ものの短編「墓場の鼠」でデビュー。

1958年、心臓発作で死去。

妻は同じく作家のC・L・ムーア。1940年に結婚。

カットナーとムーア[編集]

夫妻は1940年代から1950年代にわたって多数の小説を共著しており、それらの多くはヘンリー・カットナー&C・L・ムーア、もしくはルイス・パジェット(Lewis Padgett)およびローレンス・オドネル(Lawrence O'Donnell)の名前で発表されている。

また、ムーアはカットナー名義で3本の小説を発表しているらしく、特に「Clash by Night」、「The Portal in the Picture(Beyond Earth's Gates)」の2作は彼女によって書かれたとされる。

カットナーとムーアを良く知るL・スプレイグ・ディ=キャンプによれば、彼らの協力は大変強かったため、作品が完成した後で、作品のどの部分をカットナーとムーアのどちらが書いたのか思い出すことができないことがしばしばあったという。同じくディ・キャンプによれば、二人の共同作業では、一人が書きかけた文節、あるいは文章の途中からであってももう一人が続けてタイプライターを打ち、まったく違和感なく文章を続けていくことができたらしい。

カットナーの作品で、もっとも人気があるのはルイス・バジェット名義で発表された「ギャロウェイ・ギャラハー」シリーズであった。このシリーズは、後に短編集「Robots Have No Tails」にまとめられた。彼の死後編纂されたペイパーバックの再版版の序文でムーアは、「ギャロウェイ・ギャラハー」シリーズについては全編をカットナーがひとりで執筆していたと書いている。

2007年、ニュー・ライン・シネマはルイス・パジェット名義の短編「ボロゴーヴはミムジー」を原作とした映画The Last Mimzy」(監督:ロバート・シェイ(Robert Shaye))を公開した。

カットナーが与えた影響[編集]

作家マリオン・ジマー・ブラッドリーは、カットナーから大きな影響を受けていることを公言しているひとりであり、ロジャー・ゼラズニーは、彼の作品「真世界アンバー」シリーズはカットナーのThe Dark Worldの影響を受けていると述べた。

カットナーの友人リチャード・マシスンは、彼の1954年の小説「I Am Legend」をカットナーに捧げ、彼の援助および奨励に対する感謝を述べている。

レイ・ブラッドベリもまたカットナーに対して彼の最初の本「黒いカーニバル(Dark Carnival)」を捧げ、カットナーは最も勤勉で、最も忍耐強い先生の1人であったと述べた。

クトゥルフ神話[編集]

ハワード・フィリップス・ラブクラフトの友人として(クラーク・アシュトン・スミスと同様に)カットナーはクトゥルフ神話の一部を構築するのに重要な貢献をしている。

彼は「クラーリッツの秘密」、「セイレムの恐怖」、「狩りたてるもの」 などを執筆し、神話体系に、狩り立てる者イオド(Iod)や燃え上がるものヴォルヴァドス(Vorvadoss)、ありえざるものニョグサ(Nyogtha)などの小神を付け加えた。又、「ヒュドラ」の作中で、ムーアのノースウェスト・スミスものからファロールをクトゥルフ神話に取り込んでいる。

批評家のショーン・ラムジー(Shawn Ramsey)は、「セイラムの恐怖」に登場する悪役アビゲイル・プリンは、魔道書「妖蛆の秘密」の著者であるルートウィヒ・プリンの子孫ではないかという示唆を行っている。

他のペンネーム[編集]

  • エドワード・J・ベリン(Edward J. Bellin)
  • ポール・エドモンズ(Paul Edmonds)
  • ノエル・ガードナー(Noel Gardner)
  • ウィル・ガーズ(Will Garth)
  • ジェームズ・ホール(James Hall)
  • キース・ハモンド(Keith Hammond)
  • ハドソン・ヘイスティングズ(Hudson Hastings)
  • ピーター・ホーン(Peter Horn)
  • ケルヴィン・ケント(Kelvin Kent)
  • ロバート・O・ケニヨン(Robert O. Kenyon)
  • C・H・リデル(C. H. Liddell)
  • ヒュー・マイペン(Hugh Maepenn)
  • スコット・モーガン(Scott Morgan)
  • ローレンス・オドネル(Lawrence O'Donnell)
  • ルイス・パジェット(Lewis Padgett)
  • ウッドロー・ウィルソン・スミス(Woodrow Wilson Smith)
  • チャールズ・ストダード(Charles Stoddard)

作品リスト[編集]

以下、日本語訳されたもののみ挙げる。

長編[編集]

  • 「たそがれの地球の砦」Earth's Last Citadel (アーゴシー, Apr-Jul 1943):C・L・ムーアと共著

クトゥルフ神話作品[編集]

  • 「ねずみ狩り」/「墓地の鼠」The Graveyard Rats (ウィアード・テールズ 1936/3)
  • 「クラーリッツの秘密」 The Secret of Kralitz (ウィアード・テールズ 1936/10)
  • 「セイレムの怪異」/「セイレムの恐怖」 The Salem Horror (ウィアード・テールズ 1937/5)
  • 「暗黒の接吻」/「暗黒の口づけ」 The Black Kiss (ウィアード・テールズ 1937/6) :ロバート・ブロックと共著
  • 「触手」/「侵入者」 The Invaders (Strange Stories1939/2)
  • 「蛙」 The Frog (ウィアード・テールズ 1939/2)
  • 「ハイドラ」/ 「ヒュドラ」Hydra (ウィアード・テールズ 1939/4)
  • 「狩りたてるもの」 The Hunt (Strange Stories 1939/6)
  • 「恐怖の鐘」 Bells of Horror

アトランティスのエラーク(Elak of Atlantis)[編集]

  • 「暁の雷鳴」 Thunder in the Dawn (ウィアード・テールズ 1938/5&6)
  • 「ダゴンの末裔」 Spawn of Dagon (ウィアード・テールズ 1938/7)
  • 「不死鳥の彼方」 Beyond the Phoenix (ウィアード・テールズ 1938/10)
  • 「ドラゴン・ムーン」 The Dragon Moon (ウィアード・テールズ 1941/1)

ギャロウェイ・ギャラハー(Galloway Gallegher)[編集]

ルイス・パジェット名義

  • 「次元ロッカー」 Time Locker (アスタウンディング 1943/1)
  • 「自惚れロボット」/「うぬぼれロボット」 The Proud Robot (アスタウンディング 1943/10)
  • 「世界はぼくのもの」The World Is Mine (アスタウンディング, 1943/6)
  • 「ギャラハー・プラス」Gallegher Plus (アスタウンディング, 1943/11)

ボールディ(Baldy)[編集]

  • 「ミュータント」:ルイス・パジェット名義
    • 「笛吹きの子」The Piper's Son (アスタウンディング, 1945/2 )
    • 「三びきのめくらの鼠」Three Blind Mice (アスタウンディング, 1945/6)
    • 「獅子と一角獣」The Lion and the Unicorn (アスタウンディング, 1945/7)
    • 「ビロードを着た乞食」Beggars in Velvet (アスタウンディング, 1945/12)
    • 「ハンプティ・ダンプティ」Humpty Dumpty (アスタウンディング, 1953/9)

ホゲベン一家(Hogben)[編集]

  • 「教授退場」 Exit the Professor (スリリング・ワンダー・ストーリーズ 1947/10)
  • 「トラブル・パイル」 Pile of Trouble (スリリング・ワンダー・ストーリーズ 1948/4)
  • 「冷たい戦争」 Cold War (スリリング・ワンダー・ストーリーズ 1949/10)

トニー・クエイド(Tony Quade)[編集]

  • 「大作<破滅の惑星>撮影始末記」 Doom World (スリリング・ワンダー・ストーリーズ 1938/8)
  • 「アルマッセン彗星」Almussen's Comet (スリリング・ワンダー・ストーリーズ, 1940/5) :A・K・バーンズ名義
    アーサー・K・バーンズの《ゲリー・カーライル》ものとのコラボレーション。

サルドポリスのレイノル王子(Raynor)[編集]

  • 「呪われた城市」 Cursed Be the City (Strange Stories 1939/4)
  • 「暗黒の砦」 The Citadel of Darkness (Strange Stories 1939/8)

日本独自編集の短編集[編集]

  • 『ボロゴーヴはミムジィ』 Mimsy Were the Borogoves and Other Stories
    • 「大ちがい」 A Wild Surmise (Ed:Frederik Pohl Star Science Fiction Stories 1953):ヘンリー・カットナー&C・L・ムーア名義
    • 「今、見ちゃいけない」 Don't Look Now (スタートリング・ストーリーズ 1948/3)
    • 「幽霊ステーション」 Ghost (アスタウンディング 1943/5)
    • 「ハッピィ・エンド」 Happy Ending (スリリング・ワンダー・ストーリーズ 1948/8)
    • 「第三のドア」 Threshold (アンノウン 1940/12)
    • 「トォンキィ」 The Twonky (アスタウンディング 1942/9) :ルイス・パジェット名義
    • 「ヘンショーの吸血鬼」 Masquerade (ウィアード・テールズ 1942/5)
    • 「未来回路」 Line to Tomorrow (アスタウンディング 1945/11) :ルイス・パジェット名義
    • 「ガラスの狂気」 The Cure (アスタウンディング 1946/5) :ルイス・パジェット名義
    • 「ボロゴーヴはミムジィ」 Mimsy Were the Borogoves (アスタウンディング 1943/2) :ルイス・パジェット名義
  • 『ご先祖様はアトランティス人』 See You Later
    • 「御先祖様はアトランティス人」 See You Later (スリリング・ワンダー・ストーリーズ 1949/6)
    • 「銀河世界の大ペテン師」The Voice of the Lobster (スリリング・ワンダー・ストーリーズ 1950/2)
    • 「ジュークボックスのお告げ」 Juke-Box (スリリング・ワンダー・ストーリーズ 1947/2)
    • 「金星サバイバル」 The Iron Standard (アスタウンディング 1943/12)
    • 「地の底に棲む鬼」 A Gnome There Was (アンノウン 1941/10)
  • 『世界はぼくのもの』 The World is Mine
    • 「世界はぼくのもの」 The World Is Mine (アスタウンディング 1943/6) :ルイス・パジェット名義
    • 「どん底より」 De Profundis(The Visitors) (Science Fiction Quarterly 1953/5)
    • 「ショウガパンしかない」Nothing But Gingerbread Left (アスタウンディング 1943/1)
    • 「小人の国」 A Gnome There Was (アンノウン 1941/10)
    • 「大いなる夜」 The Big Night (スリリング・ワンダー・ストーリーズ 1947/6)

その他の短編[編集]

  • 「わたしは、吸血鬼」 I, The Vampire (ウィアード・テールズ 1937/2)
  • 「スクリーンの影」 The Shadow on the Screen(ウィアード・テールズ 1938/3)
  • 「まちがえられた後光」 The Misguided Halo (アンノウン 1939/8)
  • 「花と怪獣」 Beauty and the Beast (スリリング・ワンダー・ストーリーズ 1940/4)
  • 「著者謹呈」 Compliments of the Authou (アンノウン 1942/10) :ルイス・パジェット名義
  • 「ロボット貯金箱」 Robots Have No Tails (アスタウンディング 1942/12)
  • 「住宅問題」 House Establishment(House Problem) (Charm 1944/10)
  • 「親枝の折れるとき」 When the Bough Breaks (アスタウンディング 1944/11) :ルイス・パジェット名義
  • 「御入用の品あります」 What You Need (アスタウンディング 1945/10) :ルイス・パジェット名義
  • 「これが家だ」 This is the House (アスタウンディング 1946/2) :ローレンス・オドネル名義
  • 「黒い天使」 The Dark Angel (スタートリング・ストーリーズ 1946/3) :ルイス・パジェット名義
  • 「アブサロム」 Absalom (スタートリング・ストーリーズ 1946/Fall)
  • 「その名は悪魔」 Call Him Demon (スリリング・ワンダー・ストーリーズ 1946/Fall)
  • 「プライベート・アイ」 Private Eye (アスタウンディング 1949/1) :ルイス・パジェット名義
  • 「節日」 Year Day (Ahead of Time 1953)
  • 「不老不死を買う場合」 By These Presents (Fantastic 1953/3&4)
  • 「首狩り」 Home Is the Hunter (ギャラクシー 1953/7)
  • 「さもないと…」 Or Else (アメージング 1953/9) :ヘンリー・カットナー&C・L・ムーア名義
  • 「人造死刑吏」 Two-Handed Engine (F&SF 1955/8) :ヘンリー・カットナー&C・L・ムーア名義
  • 「こんなはずでは…」 Near Miss (Ed:Judith Merril The Year's Greatest SF and F 1958)