外なる神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

外なる神(そとなるかみ、The Outer GODS)とは、小説家ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの作品をもとにオーガスト・ダーレスが体系化したクトゥルフ神話、およびその設定を共有し書き継いだ作家たちの作品群に登場する架空の神々のうち、旧支配者とは別格の神々とされているカテゴリ。

元は単数でヨグ=ソトースの呼称であった。1980年代に、ケイオシアム社のTRPGクトゥルフの呼び声』に見られるようになったが、今日では小説やゲーム、コミックでも多用されている。

主な外なる神[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]