ブライアン・ラムレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブライアン・ラムレイ
Brian Lumley.jpg
誕生 1937年12月2日(77歳)
ダラム, イングランド
職業 小説家ライター
活動期間 1971~現在
ジャンル ホラー小説, サイエンス・フィクション
公式サイト http://www.brianlumley.com
テンプレートを表示

ブライアン・ラムレイBrian Lumley1937年12月12日 - )は、イギリスホラー小説家。イギリス・ダーハム郡ホーデン生まれ。

少年時代にロバート・ブロックの『無人の家で発見された手記』(Notebook Found in a Deserted House)を読んでクトゥルフ神話に傾倒した。オーガスト・ダーレスに認められ、1968年に『アーカム・コレクター』誌に『深海の罠』(The Cyprus Shell)が掲載され小説家としてデビューする。

1971年に、アーカム・ハウス社から初期作品集『黒の召喚者』(The Caller of the Black)を刊行した。

1975年から、オカルト探偵タイタス・クロウを主人公とする一連の中短編を次々に発表した。日本では2冊の短編集が出版されている。また、未訳の長編が多数ある(タイタス・クロウの登場するクトゥルフ神話もの、ヒロイック・ファンタジーなど)。その内タイタス・クロウ・サーガに属する六つにおよぶ長編の訳出が決定している。2011年までに第一長編『地を穿つ魔』、第二長編『タイタス・クロウの帰還』、第三長編『幻夢の時計』が出版された。

短編集[編集]

  • 『黒の召喚者』 The Caller of the Black (国書刊行会/アーカム・ハウス叢書)
    • 「序文」:ラムレイ自身による
    • 「自動車嫌い」 A Thing About
    • 「深海の罠」 The Cyprus Shell
    • 「縛り首の木」 Billy's Oak
    • 「屋根裏部屋の作家」 The Writer in the Garret
    • 「黒の召喚者」 The Caller of the Black
    • 「ニトクリスの鏡」 The Mirror of Nitocris
    • 「海が叫ぶ夜」 The Night Sea-Maid Went Down
    • 「異次元の潅木」 The Thing from the Blasted Heath
    • 「魔物の証明」 An Item of Supporting Evidence
    • 「ダイラス=リーンの災厄」 Dylath-Leen
    • 「デ・マリニイの掛け時計」 De Marigny's Clock
    • 「創作の霊泉」 Ambler's Inspiration
    • 「真珠」 The Pearl
    • 「狂気の地底回廊」 In the Vaults Beneath
  • 『タイタス・クロウの事件簿』 The Compleat Crow (創元推理文庫)
    • 「タイタス・クロウについての若干の覚え書き」
    • 「誕生」 Inception
    • 「妖蛆の王」 Lord of the Worms
    • 「黒の召喚者」 The Caller of the Black
    • 「海賊の石」 The Viking's Stone
    • 「ニトクリスの鏡」 The Mirror of Nitocris
    • 「魔物の証明」 An Item of Supporting Evidence
    • 「縛り首の木」 Billy's Oak
    • 「呪医の人形」 Darghud's Doll
    • 「ド・マリニーの掛け時計」 De Marigny's Clock
    • 「名数秘法」 Name And Number
    • 「続・黒の召喚者」 The Black Recalled

長編[編集]

  • <タイタス・クロウ・サーガ[1]> (創元推理文庫)
    • 『地を穿つ魔』 The Burrowers Beneath
    • 『タイタス・クロウの帰還』 The Transition of Titus Crow
    • 『幻夢の時計』 The Clock of Dreams
    • 『風神の邪教』 SPAWN OF THE WINDS

関連事項[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 既刊である『タイタス・クロウの事件簿』もサーガに含まれる。