這いよれ! ニャル子さん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
このページの項目名には、環境により表示が異なる文字があります。公式の表記ではしんにょう)の点が一つです。
這いよれ! ニャル子さん
ジャンル コメディ
サイエンス・ファンタジー
小説
著者 逢空万太
イラスト 狐印
出版社 ソフトバンククリエイティブ
掲載誌 GAマガジン・GA文庫マガジン
レーベル GA文庫
刊行期間 2009年4月15日 - 2014年3月17日
巻数 全12巻
アニメ
OVA:這いよる! ニャルアニ
原作 逢空万太
監督 谷東
アニメーション制作 DLE
製作 ソフトバンククリエイティブ
発表期間 2009年10月23日 - 2010年3月15日
話数 全9話
その他 第1話は配信で初出
アニメ:這いよる! ニャルアニ
リメンバー・マイ・ラブ(クラフト先生)
原作 逢空万太
監督 谷東
脚本 小早川すすむ、中野守、谷東、逢空万太
音楽 SLF!!
アニメーション制作 DLE
製作 ソフトバンククリエイティブ
放送局 BS11
放送期間 2010年12月10日 - 2011年2月25日
話数 全12話(11話+TV未放送1話)
アニメ:這いよれ! ニャル子さん(第1期)
這いよれ! ニャル子さんW(第2期)
原作 逢空万太
監督 長澤剛
シリーズ構成 木村暢
キャラクターデザイン 滝山真哲
音楽 MONACA
アニメーション制作 XEBEC
製作 第1期:名状しがたい製作委員会のようなもの
第2期:名状しがたい製作委員会のようなものW
放送局 放送局参照
放送期間 第1期:2012年4月 - 6月
第2期:2013年4月 - 6月
話数 第1期:全12話
第2期:全12話
漫画
漫画:這いよれ! ニャル子さん
原作・原案など 逢空万太
作画 岡崎圭
出版社 集英社
掲載誌 ミラクルジャンプ
レーベル ヤングジャンプコミックス
発売日 2012年4月10日 - 2013年4月10日
発表号 2011年NO.3 - 2013年NO.13
発表期間 2011年5月6日 - 2013年4月10日
巻数 全2巻
話数 11話
漫画:這いよれ!スーパーニャル子ちゃんタイム
原作・原案など 逢空万太
作画 星野蒼一朗
出版社 ほるぷ出版
掲載誌 FlexComixブラッドCOMIC メテオ
レーベル フレックスコミックス→メテオコミックス
発売日 2012年4月20日 - 2014年11月12日
発表期間 2011年10月 - 2014年11月12日
巻数 全5巻
ラジオ
インターネットラジオ:にゃるラジ
配信期間 2009年8月20日 - (単発)
配信サイト HOBiRECORDS公式サイト
配信回数 全1回
配信形式 ダウンロード
パーソナリティ 阿澄佳奈松来未祐
構成作家 保志彼方
ディレクター 関根奈美
プロデューサー 柏木秀博
インターネットラジオ:這いよるにゃるラジ-OMEGA-
配信期間 2010年4月6日 - 6月24日
配信サイト HOBiRECORDS公式サイト
配信日 月2回
配信回数 全6回
配信形式 ダウンロード
パーソナリティ 阿澄佳奈、松来未祐
構成作家 保志彼方
ディレクター 関根奈美
プロデューサー 柏木秀博
インターネットラジオ:這いよるにゃるラジ だっしゅ!
配信期間 2010年9月24日 - 12月13日
配信サイト HOBiRECORDS公式サイト
配信日 不定期
配信回数 全5回
配信形式 ダウンロード
パーソナリティ 阿澄佳奈、松来未祐
構成作家 保志彼方
ディレクター 関根奈美
プロデューサー 柏木秀博
インターネットラジオ:這いよる!にゃるラジ THE MOVIE
配信期間 2011年3月18日 - 5月25日
配信サイト HOBiRECORDS公式サイト
配信日 不定期
配信回数 全5回
配信形式 ダウンロード
パーソナリティ 阿澄佳奈、松来未祐
構成作家 保志彼方
ディレクター 関根奈美
プロデューサー 柏木秀博
インターネットラジオ:にゃるラジ featuring帯刀帯
配信期間 2011年6月13日 - 7月25日
配信サイト HOBiRECORDS公式サイト
配信日 不定期
配信回数 全4回
配信形式 ダウンロード
パーソナリティ 阿澄佳奈、松来未祐
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト ライトノベル漫画アニメ
ポータル 文学漫画アニメ

這いよれ! ニャル子さん』(はいよれ ニャルこさん)は、逢空万太による日本ライトノベルイラスト狐印が担当している。GA文庫ソフトバンククリエイティブ)より、2009年4月から2014年3月まで刊行された。全12巻。

概要[編集]

逢空のデビュー作で、第1回GA文庫大賞優秀賞を受賞した『夢見るままに待ちいたり』を改題し書籍化、のちにシリーズ化したものである[1]。2012年10月19日発表の時点で累計100万部を販売している[2]

物語の内容はクトゥルー神話を元ネタにしており、あとがきによると「ラブコメ」。ただし作者曰く「ラブクラフトコメディ」の略。公式のアオリ文などでは「ハイテンション混沌コメディ」とされている。また作中にはクトゥルー神話に限らず、様々な小ネタが散りばめられている。これは作者によると本作品の根幹が「元ネタありき」であるため、首尾一貫してパロディ的な作品にしたかったからだという[3]

『GAマガジン』と『GA文庫マガジン』に番外編が掲載された。これらは単行本第7巻と第11巻にまとめられている。2009年10月にはドラマCD化がなされ、2014年3月現在第5弾まで発表されている。

2009年10月からはFLASHアニメを用いたOVA化が進められ、2010年12月にはBS放送の5分枠だがテレビ放映も行われた。

ミラクルジャンプ』第3号(2011年5月発売)より第13号(2013年4月発売)にかけて、岡崎圭作画でコミカライズが連載された[4]。また、同年10月よりスピンアウト4コマ漫画『這いよれ!スーパーニャル子ちゃんタイム』が星野蒼一朗の作画にて『FlexComixブラッド』で、2012年10月からは『COMIC メテオ』で連載されている[5][6]

あらすじ[編集]

高校生の八坂真尋はある日、夜道で怪物に襲われるも突如現れた謎の少女に救われる。その少女は、自身がクトゥルー神話に登場するニャルラトホテプそのものであると語り、また自身が宇宙人であること、真尋が他の宇宙人に狙われており、自分が護衛として派遣されたことなどを告げるのだった。

登場人物[編集]

声優は、ドラマCD(第1弾 - 第4弾)・アニメ第1期・アニメ第2期 / テレビアニメ、ドラマCD(第5弾)の順。区分なきものは全作品共通。

主な登場人物[編集]

ニャル子(ニャルこ)
声 - 阿澄佳奈
残忍で破壊的な性格がチャームポイントな本作のヒロインにして、もう一人の主人公。
キャッチフレーズは「いつもニコニコあなたの隣に這いよる混沌、ニャルラトホテプ!」
見かけは銀髪の美少女だが、クトゥルー神話に登場する「無貌の神」ニャルラトホテプ[注 1]であり、種族特性として容姿の変化は自由自在[注 2]。頭部のアホ毛は、敵を感知する「邪神レーダー」となっているほか、イラストではニャル子本人の感情によって形を変える(驚いたときに立ったり、ハート形になったりなど)描写がある。
自ら「ニャル子とお呼びください」と言い、真尋やクー子やハス太からもそのように呼ばれている[注 3](クー子からは地球に来る以前からそう呼ばれていた模様)。本名はあるが地球人には発音しにくい上、それを知ることは男女のお付き合いを深める意味をもつという。学校では「八坂ニャルラトホテプ」を名乗っている。
「宇宙連合/惑星保護機構」に所属しており、最初は人身売買組織に狙われた真尋の保護、および取引ルート解明のため地球に来訪[注 4]する。事件解決後に惑星保護機構へ帰還した筈が、300年分の有給休暇消化を理由に真尋宅に居付く。さらにその後、2巻の事件を経て幻夢境に来る新任の神々の補佐を上司から命じられ、本格的に地球に落ち着くことになる。前述の通り惑星保護機構のエージェント、つまり社会人であり、また大学を卒業したという発言もあるため、その実年齢は地球人年齢に換算すれば20代以上だと思われるが、年齢の話になるとあらゆる手段を用いて追及を阻止し、真尋に対してもツッコミを入れてくる。
真尋に対しては最初に担当を名乗りを上げるほどの一目惚れ[注 4]で、(護衛という名目で)学校に転入までして、良くも悪くも下心全開で直球ストレートのアプローチを公然とかけている。そしてその度に真尋からスルーされたり苛烈なツッコミを入れられたりして嘆き悲しむのが通例となっている。真尋に対しては明るくておちゃらけた態度ではあるが、内心における真尋への恋心は本物。クー子と止むを得ず偽装婚約を行った日の夜は、涙ながらに本音を真尋に吐き出したこともある。ちなみに初恋の相手も、過去を修正するためにタイムトラベルした際に成り行きで宇宙小学校の担任のヨグソトス先生になりすましていた真尋であった[注 5]
地球のアニメゲーム漫画を非常に好み、地球到着後、任務名目で真っ先にアニメショップに駆けつけ、ライトノベル、同人誌、漫画、ゲーム、アニメ・特撮のBlu-ray BOXといったオタクグッズを買い漁っていた。また、無駄にオタク知識が豊富でアニメ以外に古い映画の造詣も深い。作中ではこれらの知識を用いてボケることが多々ある。また、自分が言った単語を英語に言い直す癖[注 6]がある。
真尋も認めるほどの料理上手だが、材料に外宇宙の得体の知れない食材を使うため、なかなか食べてもらえない(本人曰く、「両親の所へ(結婚の)挨拶に行く時の為に食べ慣れておいたほうがいい」との事だが、ネタでやっていることも認めている。一応害はないらしい)。
変身に並ぶ種族特性として、邪神級の戦闘能力を持つ。一応「正義の味方」だが、彼女が使用する「宇宙CQC」と称される必殺技の内容は無慈悲かつ非道であり、真尋に「僕にはお前が犯罪組織側の人間に見える」と言われるほどえげつない。作中の佳境では、仲間を「戦闘モード」に覚醒させて状況を打開することが多いが、毎回「ちょっとくすぐったいですよ。何、痛みは一瞬です」と承諾を得るのが決まりとなっている。他者に対しても基本的には丁寧語で話すが、敵対する相手(クー子など)に対しては若干ガラの悪い言い回しが混じることがある。またゲームも強いが、自分で勝手に手札や牌を改変してしまうイカサマで勝っている。[注 7]また、一応運転免許は持っている。(ただしAT限定)
ちなみに生年月日は2009年4月15日[注 8]、本籍はウィスコンシン州 ン・ガイの森と婚姻届に記載されていた。(アニメ第一期8話)
八坂 真尋(やさか まひろ)
声 - 喜多村英梨
地球に住む普通の男子高校生。宇宙犯罪組織とニャル子に狙われる本作の主人公[7][8][注 9]。メインツンデレヒロイン[9]兼被害者兼ツッコミ役。天秤座、血液型はO型。
クトゥルー神話に一通り目を通しているため、神話と現実のギャップにツッコミを入れることも多い。ツッコミの際にはたびたび「いや、その理屈はおかしい」という口癖が出る。また、ニャル子の多用するアニメや漫画ネタにツー・カーで返すほどその方面の知識にも詳しい。両親が毎年旅行で長く家を空けることから、家事も一通りできる。
普段は温厚だが、ニャル子やクー子に対しては0フレーム発生でフォークを突き刺す[注 10]という激しいツッコミを見せる。そのフォークは母親(後述)からの遺伝なのか、邪神に対してダメージを与える威力を持つ。巻を追うごとにその速度と精度は増し、ダーツの代わりにフォークを使用して最高得点を取ったことも。また、その威力も凄まじく、クトゥグアの無人砲台相手にフォーク4本を突き刺して倒したり、フルフォースフォームのニャル子にダメージを与えたり、クー子とハス太が全力でぶつかっても倒しきれなかったニャル滝(後述)の体の一部を1本突き刺すだけで破壊している。
実は時間干渉の能力を無効化する能力を持つ稀有な存在で、このため(クー子やノーデンスなど)邪神によって時間凍結をかけられても自分だけは何時も通り動くことが出来[注 11]、ニョグ太の工作によってニャル子とクー子の存在が消滅した際にはイス香と一緒に過去の邪神世界へとタイムスリップし、ニャル子たちの先生・ヨグソトスとしてニョグ太を退治した。
クー子曰く「宇宙人受けする顔」らしく、ニャル子に一目惚れされたのも(その原因となる事件に巻き込まれたのも)そのため。また、アニメではツル子が彼をテーマにした薄い本をつくるため、追っかけとして地球に密入星しており、その薄い本が地球のショップで売られていたりする。
貞操観念は固いが恋愛方面にはかなり初心なところがあり、ニャル子の両親に挨拶するという話題や珠緒からの告白で直ぐ赤面したことも。ニャル子の好意については、「普通の人間だったら嬉しい」程度のもの。ニャル子の本当の姿は知れたものでない上に彼女をはじめ宇宙人達の個人的な事情に巻き込まれる生活にウンザリしており、平穏な生活を取り戻したいと願っている。こういった態度はニャル子曰く「デレのないツン」とのこと。加えてニャル子ばかりかクー子やハス太までが同居し好意を示すに至り、目下頭痛の種。しかし巻が進むにつれて、キスされたことを意識したり、彼らを準家族くらいには認めてもいいと考えたりしており、特にニャル子に関しては「好意を持っているかは自分でもよくわからない、少なくとも嫌いでは無い」とまで述べるようになった。そしてアト子との話で自分が恋をしていると推測したり、ニャル子の結婚相手に真っ先に自分を想像するような描写まで見られるようになる。
最終的にはニャル滝の嘘で彼に従うニャル子に激しく嫉妬し、拒絶紛いの接触という己の不甲斐無さを嘆いてニャル子への好意に素直になった。
基本的に母・頼子以外の人物に対して名前を呼ぶときは『呼び捨て』であるが、クー音のみ「クー音さん」とさん付けで呼ぶ。
クー子(クーこ)
声 - 松来未祐
クトゥルー神話に登場するクトゥグアの元となったクトゥグア星人の一個体で、炎に身を包んでいる。抑揚のない小声で話すことが多く、器量良しだが無愛想・無表情。精神年齢の低い部分があり、素の挙動はしばしば幼児に喩えられる。真尋のことを「少年」と呼ぶ。
ニャル子とは幼馴染みで、幼稚園の頃に虐められていたところを同じ幼稚園に通っていたニャル子に助けられた[注 12]。それ以降ニャル子に深い愛情を抱いて、ニャル子の気を惹くために絶えず喧嘩してきた間柄。ニャル子からの攻撃によるダメージの8割が快感に変換されるほどのマゾヒストで、いつもニャル子と「検閲に引っ掛かる様なことをしたい」と吐露しては真尋から「変態」とまで呆れられる始末。小学校卒業後はニャル子と離れ離れになり連絡もとれず義務教育終了後ニートとなったが、ニャル子の地球来訪を知って犯罪組織のノーデンスを脅して用心棒に収まり、ニャル子を拉致監禁しようとする。が、真尋を恋敵とみなして殺そうとしたことがニャル子の逆鱗に触れ、本気を出したニャル子に半殺しにされた。その後、叔父のツテで惑星保護機構に就職し、エージェントとして八坂家にやってきた[注 13]。学校では「八坂クトゥグア」と名乗り、ニャル子の「妻」を宣言して物議を醸す。
ニート時代のオンラインゲーム仲間が豊富で、その幅広い人脈を使うこともしばしば。またゲームのプレイングレベルも高い[注 14]。また猫舌でもあるが、アニメ化された際にはルーヒーのたこ焼きを丸飲みするシーンが出る[10]などして、その矛盾が後から小説でもネタにされている[11]
八坂家居候後は真尋のことをLoveではなくLikeの意味で好き。しかし従姉妹のクー音が八坂家に査察に訪れた際、結婚を迫る彼女から逃れるために真尋を婚約者に仕立て上げて大騒ぎをした際、自分も真尋の優しさに惹かれていることを告白し「ニャル子と結婚し少年を愛人にする」とまで述べている[注 15]
ハス太(ハスた)
声 - 釘宮理恵関智一(「黄衣の王」形態)
「名状しがたきもの」ハスターの元となったハスター星人の一個体。
ニャル子やクー子とは同級生。2人と違い邪気のない癒し系の性格で照れ屋。3人の邪神達の中では比較的常識神であり、人間関係の緩衝材。食べ物は両手で受け取り、リスのように食べる。真尋からは弟分のように思われている。
神話に記されるごとく全身黄色づくめの服装で、小柄な体系をした美少女然の外見ながら、性別はオス(男)。見かけによらず戦闘能力はかなり高く、風を操る能力を有する。風を操る=天候を操るということから本気モードである「黄衣の王形態(サイクロンエフェクト)」では雷や氷も操ることが出来、その時はハス太が成長すればこうなるのではないかという青年の姿[注 16]になる。またニャル子と同様に「邪神レーダー」をもち、邪神の存在を感知することができる。
宇宙ゲームハードメーカー、「カルコサ・コンピュータ・エンタテインメント(CCE)」の御曹司で、「セラエノ図書館」で司書をしていた。父親から頼まれ図書館を退職して、真尋の母・頼子を捜しに来た際、「曲がり角でぶつかる」というベタなイベントを経て真尋に一目惚れし、真尋と「がったいしたい」と願っている[注 17]。その後「八坂ハス太」として真尋達の学校に編入し、八坂家第三の居候となる。その際真尋のことを「大切なひと」宣言し、クラスメイトの間で物議を醸した。現在は惑星保護機構の非正規職員のような立ち位置にいる。
一方、当初は敵対する立場にあったルーヒーとは後に心を通わせていき、いつの間にか憎からず想うようになっていった。ただし、それが恋愛感情であるかどうかは本人にもはっきりとせず、真尋への想いとの間で戸惑い、悩むことも。今の所は「傍にいると安心できる」女性という感じだがルーヒーとカップルになっていると真尋は評価している。ルーヒーの贈り物を後生大事そうにしている点から考えてもゴールインが近いかも知れない[注 18]
シャンタッ君(シャンタッくん)
声 - 金田朋子 / 新井里美徳井青空(幼女時)
ニャル子のもつカプセルペットの1匹でシャンタク鳥
ナイトゴーント戦の際に召喚される間も無く返り討ちに(ニャル子曰く「99敗1引き分け」)遭い、その時の体力消耗で愛玩動物サイズに萎縮。以後は八坂家のペット的存在となり、召喚したニャル子よりも真尋に懐く様になる。だが愛玩動物の立ち位置に甘んずる事無く、常に誰かの役に立ちたいと思いこと真尋に対しては恋愛感情らしきものも抱いている[注 19]
ニャル子の意思とエネルギー状態によりバイク形態「マシンシャンタッカー」への変形も可能。作中ではの様に卵(宇宙ではシャンタク鳥の卵は滋養豊かで貴重とされるとか)を産む描写が見られるが、性別は不明[注 19]。好物はニンジンで、とくにニンジンのグラッセが大好き。
八坂頼子(やさか よりこ)[注 20]
声 - 井上喜久子 / 久川綾
真尋の母親。乙女座。B型。年齢不詳[注 21]。高校生の息子がいるとは思えないほど若く見えるが、当人曰く「永遠の17歳」。そこに突っ込む者には、地球圏最強クラスの邪神をさえも恐怖させるほどの殺気を漲らせる。温和でおっとりとした性格だが、ニャル子たちには時として年長者らしく振る舞うことも。
真尋を抱擁することによって生成される謎の元素「ムスコニウム」を摂取しないと生きていけないほど真尋を溺愛している。長時間離れていると「ムスコニウム」が欠乏して、意味不明なことを口走る「ムスコニウム欠乏症」にかかる。また、「ダンナ酸」も摂取しないと本調子になれない。
大学時代に入りたかったゼミに入れず、たまたま空いていた「実民俗学」に入ったため、主婦離れした戦闘力を身につけ、邪神ハンターのアルバイトまでしていた[注 22]
卒業後も教授から年に一回ほど狩りの誘いがあり、そのため毎年新婚旅行という名目で年一回夫婦で世界をモンスターハント旅行している。教授が編纂した攻略本を常に携えている。危険が伴うため報酬も法外らしく、子供が生まれた直後に良物件の一戸建てを現金一括で購入できるほど。ハンターランクは下位は楽勝。上位も敵によりけりだが、ソロでもいける程度のレベル。大物は無理だが、ザコは無限に狩れるため教授らに重宝されている。但しヒプノックだけは大嫌いで、声を聞いただけでキレてアイテムを使い込む形で殲滅しにかかる[注 23]。更にゲームハード蒐集癖があり、世界各地で見つけた古ハードを真尋のお土産にしている。また若い子の恋愛を陰日向で応援する事が好き。
使用武器はいろいろと試してみた結果、フォークがしっくりきたため、愛用の武器としている。その技は息子に立派に引き継がれた模様。
暮井 珠緒(くれい たまお)
声 - 日笠陽子 / 大坪由佳
真尋のクラスメイトである女子生徒。ポニーテールをメガホンかスピーカーに似た髪留めで纏めている。どこからか噂話を入手してはあちらこちらに広めるため、つけられた通称が「歩くスピーカー」。その情報量は底知れず、妖しい媚薬の入手方法まであったりする。親友となったニャル子の恋を応援しており、短編ではニャル子と組んで真尋を籠絡するべく奮闘したが、いい加減な作戦が多い。
「イースの偉大なる種族」のイス香に精神交換させられた。その後、精神交換時の記憶を奇妙な夢として断片的に覚えている様子。後に幻夢境での出来事からイス香によってニャル子達が宇宙人である事を知った。
ニャル子の恋を応援しているが、実は初恋の相手は真尋。距離感が掴めず、踏み出せないでいたときにニャル子が現れたため、身を引いた。しかしそれは諦めとは違い「異性として好きな男の子」と「友達として好きな女の子」の恋路を誰よりも応援している。その後イス香の協力により、電界25次元で真尋と二人になった際、真尋が好きである事を告白した[注 24]
実はイースとの適合率が異常に高い過剰適合者。通常は投薬を行っても70%が精々だが珠緒は適合率98%と、宇宙で最もイースの偉大なる種族に近しい存在。そのため機械ですらその差異を認識できなく、そこを狙われてヒュプノス(後述)に幻夢境へと誘拐された。
ちなみに料理のセンスは壊滅的。作り方をその場のノリで適当かつ(悪い意味で)アグレッシブにアレンジして調理するので、まともな物が出来上がらない(真尋曰く、台所に立たせちゃいけないレベル)。ニャル子ですらその料理センスを危険視して厳重に珠緒を見張った上で作った料理を入れ替えて彼女の記憶を操作しているほど。
同作者による『深山さんちのベルテイン』に登場する宮内理々とは面識があるらしく、理々から恋愛相談を受けている。同じく『ヴァルキリーワークス』に登場する佐藤友佳は別の区に住む従姉妹である。なお同作中では上述の「歩くスピーカー」が誇張されて「妖怪スピーカー女」という都市伝説にまで発展している。
ルーヒー・ジストーン
声 - 國府田マリ子
クトゥルーの眷属、クトゥルヒ[注 25]の一個体(女性)。蛸の足のように別れた緑の長い髪が特徴。宇宙四捨五入で(つまり地球のとは異なるもので)まだ二十代らしい。
ルルイエランドを運営する株式会社クトゥルーのゲーム開発部門担当。ゲームハードシェアにおいて押され気味な自社の起死回生を図り「エックスオス」(Xoth)[注 26]の開発を指揮。エックスオスの開発にあたって、その意見を参考にするためゲームに詳しい八坂頼子[注 27]とエックスオスファンのクー子を本人の同意に基づき連れ去った。だが頼子からダメ出しされたばかりかCEOからも「テーマパーク事業に一本化する」と部門ごとリストラされたる憂き目に遭い、骨董品部門やルルイエランドに異動したものの扱いと仕事内容がひどかった[注 28]ために辞表を提出。辞表はすんなりと受理され、結局(料理はまったく出来ない中)たこ焼きだけは上手だったため真尋たちの通学路近くでたこ焼き屋本舗屋「プティ・クティ」という屋台(もしくは軽トラ屋台)を引いている[注 29]。愛車かどうかは不明だが、アニメではデロリアンらしき車に乗っていた。
登場当初こそ、「エックスオス」のためになりふり構わぬ行動が目立つ剣呑な人物ではあったが、退職後はたこ焼き屋に生き甲斐を見出したこともあってか、人付き合いに多少不器用な面を持つものの、クールで穏やかな、大人の女性としての面が目立つようになる。
種族の特徴として本来ハスターとは相容れず、かつてはクラッカー・「キューワンダイバー」としてクラッキング行為でハス太の父親の会社・CCE社へ侵入したこともあったが[注 30]、クトゥルーを辞して以降はハス太との仲はかなり良好となっている。ハス太に幻夢境の雪合戦大会を誘われて同じチームになったり仕事を早めに切り上げてプールで遊んだり順調にフラグが立ち、更に真尋の学校にルーヒーが教育実習生として乗り込んできて、二人の仲は進展中。ただし当のハス太の方が恋愛感情に疎いので空回りするシーンもちらほらと見られる。
属性は水だが主に氷や冷気を使う。その実力は高く、湯気を立てていた紅茶ごと室内を凍結させたり、自分の周囲に超低温の空間を発生させて飛来物をその場に落としたり(つまり低温で運動エネルギーを奪っている)できる。アニメでは氷の槍を無数に飛ばしたりもした。

敵対者[編集]

ノーデンス
声 - 島田敏
ナイトゴーントを操り、真尋を狙った犯人。一般に人間に好意的とされる「ノーデンス」の一個体だが、ニャル子いわく「悪い個体」ではないかとのこと。
地球の少女コミック(BLモノ)が宇宙放送業界最大手、ウボ=サスラ・ネットワークでドラマ化されるにあたり、主演の男の子(受け専)を地球人でやりたいというプロデューサーの意向に合う人物を調べた結果、美少年の真尋に白羽の矢が立った。一大プロジェクトなので、真尋の所属プロダクションを決めるオーディションを主催し、そのための人身売買であった。
1巻に登場した彼は組織の幹部中でも弱い方だったようで、用心棒として雇っていたクー子がニャル子に倒された後は殆ど何もできないままニャル子の残虐ファイトでミンチにされてしまった[注 31]
2巻にも幻夢境に勤務する同種の別個体が登場しているが、ニャル夫によって瞬殺された。こちらは良い個体らしい。容貌や声には個体差がほとんど無いようで、ドラマCD2作目で彼(3人目)と鉢合わせした真尋は大いに慌てふためいていた。
テレビアニメ第2期第12話にも、幻夢郷を管理する現場責任者として別個体が登場。初対面の真尋を見て、「BL映えしそうな顔をしている」と発言した。
声優は、ドラマCD化に際し原作者が注文した唯一のキャストである[12]
ニャル夫(ニャルお)
声 - 平川大輔 / 草尾毅
ニャルラトホテプの一個体であり、ニャル子の実兄。
幼少の頃に宇宙ゲートボールに興じていた際、ニャル子に(故意に事故を装って)頭を強打されて第一ゲートを通過させられる破目に[注 32]。それ以降頭が悪くなり、エリートコースまっしぐらなニャル子に比べ低レベル私立高校にぎりぎりで入学し、大学も四流大学を一浪したあげく単位不足で中退。家庭内で身の置き場がなくなり家出した。
家出して旅先で重ねた修行の成果により、妹を上回るフルフォースフォームを身に付けている。天王星に居た際にニャル子が地球に赴任してきたことを知り、兄より優れた妹なぞ存在しない事を証明するためだけに幻夢境で地球の神々(という名の宇宙人)を皆殺しにするという大事件を起こす。妹相手に善戦するもクー子に不意を衝かれ、肉親ですら平気で無かったことにする[注 33]ニャル子に半殺しの目に遭い逮捕された。
TVアニメ版では事件を起こした後、自ら地球に出向くが下着泥棒に間違えられて警察に追われたり、ニャル子とクー子の大げんかの流れ弾に当たるなど散々な目にあい、最後にはマシンシャンタッカーにひかれ(厳密には足指を踏まれた)吹っ飛ばされた。また、幼少期の回想には触れられておらず、妹に対するコンプレックスが強い面が強調されていた。
イス動(イスるぎ)
声 - 羽多野渉
遠い未来から精神を余市と交換し潜伏していた、“イースの偉大なる種族”であり強硬派の工作員。
未来から見て地球産エンタテイメントがもっとも花開いていたとされる現代に巨大な精神交換装置を作り、地球人すべてをそっくりイース人に入れ替え、その知識とエンターテイメントを掌中に収めるべく暗躍。真尋の友人である余市の体を使い人質をとったつもりだったが、そんな事お構いなしに殺そうとしたニャル子に戦慄する[注 34]
計画を実行したものの、実は大首領によって騙されて地球を破壊する兵器を作らされていた。全てが終わった後はイス香と共に未来に帰り、逮捕された。
現在は釈放され、穏健派イス香の部下として余市の精神アフターケアを目的とした幸せ電波を送信中。「管理局の黒い仏」と呼ばれているらしい。
大首領(だいしゅりょう)
声 - 飯塚昭三
知識の収集に手段を問わないイース強硬派を統括する影の支配者だが、実はイース人ではなく遠い未来の宇宙連合に業務委託された組織、チャイルドガードのお役人。
イス動ら強硬派を謀り地球人抹殺装置を作らせ、宇宙児ポ法[注 35]に則って児童の健全育成の名目で地球を消そうとしていた。
が、本当の目的は天下り先である自分たちの組織存続のために何か大きな実績が必要になったので、今回の地球抹消計画が立ち上げられただけであった。
TVアニメ版では名称が大総統に変更され、チャイルドガードなどの名称も変更されている。
ロイガー/ツァール
声 - 大橋隆昌(ロイガー)、伊丸岡篤(ツァール)
宇宙の邪神保護団体「スペースティンダロス」に属するロイガー星人・ツァール星人の一個体。ロイガー星人とツァール星人は個体としての差異があまり見られず(双子といわれるのもこのためとのこと)、戦闘によっては互いに合体することも可能(俗に言うツァールロイガーという形態)。[13]
保護すべき邪神がいなくなりつつあることに危機感を抱いて、自らの手で邪神を創造して保護するという「非実在邪神計画」を発動。そのために必要な『邪神様のメモ帳』[注 36]を奪おうとセラエノの古代図書館を襲撃、更にメモ帳と対になっているペンを奪取せんとアラオザルの廃墟を暴いた。ハス太から「本を傷つけてはダメ」というハンデがあったもののニャル子とクー子を圧倒するだけの戦闘力があったが、自らが創造した邪神・アラオ猿に命令を理解できる知能を手違いで持たせなかったことから、暴れるアラオ猿の一撃で自滅した。
アラオ猿
声 - 久保智史
ロイガーとツァールの手によって生み出された巨大な大猿で、厳密には空想が実体化したようなもの。戦闘モードのニャル子とクー子を圧倒するだけの戦闘力を持ち、さらに怒りモード(毛並みが赤から金色に変わる)では格段にパワーが上がり「黄衣の王」形態のハス太にニャル子とクー子との三位一体の「宇宙CQC」攻撃ですら太刀打ちできないほどの不死身な力を持つが、唯一の弱点として真尋がメモ帳のアラオ猿の記述を(ペンについていた)消しゴムで消したため、アラオ猿は消滅した[注 37]
クラーク・アシュトン・スミス
声 - 辻谷耕史
クトゥグア星人の一個体で、通称「エージェント・スミス」。
元CCE社幹部のクトゥ良木の依頼で、売り出そうとしているトレーディングカードセールスプロモーションとして真尋たちの通う学校の生徒を洗脳した。非暴力空間発生装置なるものでニャル子達の攻撃も悉く無効化され一時は優勢になるものの、大富豪麻雀ではニャル子の(手札や牌を改変する)能力に翻弄され、ダーツでも真尋に敗北。挙句に非暴力空間発生装置もハス太に取られ、クー子の火炎攻撃で黒焦げにされた。名前の由来はラヴクラフトと親交がありクトゥルフ神話成立の立役者の一人でもある作家クラーク・アシュトン・スミス
ボスミ=ゴ
声 - 玄田哲章
北極に基地を作り、レアアースの採掘作業をしていたミ=ゴ達のボスで、全長20メートルはあろうかという巨体。中生代から地球の鉱物資源に目を付けており、かつての採掘では北極大陸をプレートごと掘り尽くしてしまったらしい。当時は地球のウイルスに免疫が無いため撤退を余儀無くされたが、2度目はワクチンを打って来たためウイルスの効果が無かった。
地球中の資源を採掘してレアアースを精製し、独占販売して大儲けしようとしていた。アニメでは、金を稼ぐ理由が「ピュアな紳士の社交場」ドリームランドクラブのアマネちゃんに会いに行くためとなっていた。音楽が弱点で、ニャル子の携帯電話の着信メロディ(ユゴスよりの使者)を聞いた途端に苦しみ出し、そのまま全身が破裂した。
空鬼
クラッキング組織「ディジタル・ビーイング」のリーダー。通称D・S[注 38]。データの世界の存在で、本来なら物理的な攻撃は一切通じない。
ルーヒーのクラッカーとしての前歴を知っていて、その弱みに付け込んでルーヒーを巻き込んで宇宙の情報ネットワークを混乱に陥れようと画策。ニャル子達の攻撃も通用しなかったものの、ルーヒーが即席で作ったコンピュータウィルスによって電子世界から切り離されて現実世界に出現。「黄衣の王」状態のハスターの前に敗北し、ニャル子に拷問にも等しい尋問をされた挙句、半殺しにされた。一連の犯行は、スティギア・サセックスのネットワークゲーム、『這いニャル幻想記』がリリースを予定していた新バージョンがバグばかりで、デバッグ不可能なくらいに欠陥を抱えていたことからそれを誤魔化すためにサセックス社から依頼されたものだった。
ニョグ太(ニョグた)
ニョグタ星人の一個体。
ニャル子やクー子・ハス太とは小学校の頃から同級生で、気弱なハス太を虐めていたりしたことからニャル子とクー子から逆にお仕置きされて校庭に首から下を埋められたりした。
その後、宇Tubeに就職してシステム担当となっていたものの、時間干渉の能力を無効化する真尋の能力に注目し、是非とも自社のシステムに活用してミ=ゴミ=ゴ動画に押され気味になっていた業績を挽回しようと画策。超未来から置き去りになっていたハイパーイースターを使って過去の自分と存在を入れ替えて、因果律を乱してニャル子とクー子の存在を(真尋たちの本来いた)現代から抹殺。その歪みを正そうとして(イス香と一緒に)現代からやって来た真尋の体質が本物かどうかを見定めて[注 39][注 40]、真尋を拉致し機械に組み込もうとした(当然、組み込まれた真尋は死ぬ)。しかし(ハイパーイースターによって)増殖したニャル子・クー子・ハス太に宇宙CQCで倒された上に、真尋のフォークで止めを刺された。
大ボス風の存在であり、泰然自若とした話し方をする。しかし拷問されそうになった瞬間に暴露したり、論理の矛盾を突かれるとフランクになるなど、結局は毎度の通り自己利益目的だったと言える。
ナチャ橋
アトラク=ナクア星人の一人で、宇宙A級建築士。通称夢幻紳士
アト子と見合い相手の一人で当人もアト子が気に入ったものの、(NTR体質で他人の恋人でないと興奮できない)アト子から振られる。その傷心から立ち直ろうと匿名掲示板『5チャンネル』に入り浸っていたら、「気に入られたいなら星の1つでも征服してみろ」と言う匿名の煽りの書き込み[注 41]を真に受けて、アト子を振り向かせようとわざわざ地球を征服しようとした。だがミ=ゴが持ち込んだ家畜動物のガタノソアをテーマパークのムーSJがアトラクション用に「地球をも破壊する邪神」とした設定[注 42]そのまんまに信じてしまうなど余りに間抜けなことばかりで、加えてしつこく自分の後を追っかけてきたことがアト子の怒りを買い、殲滅させられた。
ヒュプノス
幻夢境にいる地球の神々の一人で、地球の神話に出て来る眠りの神ヒュプノスと同一人物[注 43]。彼だけが他の神々と違って明確な戦闘能力を持ち、貧弱では無い。ギリシャ彫刻のような見た目をしている。
幻夢境の脆弱さを改めるために幻夢境そのものを強化し外部からの侵入者を撃退しようという目的を持って珠緒を誘拐し、かつて使用されていた機械『大機関(メガ・エンジン)』に組み込んだ。邪魔をするニャル子達を巨大な鳥「ヒュプノス・ノヴァ」に変身して倒そうとしたが、その姿と鳴き声があまりにも頼子の嫌いなモンスターに酷似していたため彼女の全力を以て瞬殺。『大機関』の作動で反撃しようとするも、暴走した『大機関』に攻撃されて気絶し逮捕された。
その後ニャル子達からは尋問という名の拷問を受け、事の真相を洗い浚い白状。一見立派そうな大義名分を掲げていたが、実際には入れ込んでいたソーシャルゲームで手に入れた1枚しかないレアカードを守るために、電波さえ届かない強力な結界を作ろうとした[注 44]ことが発覚。あまりの身勝手さに真尋も拷問に加わりたいと言わしめるほどで、死と再生を繰り返す刑を課せられた。さらに同ゲームに課金するために幻夢境の年間予算の半分を横領していたことも発覚し、それも追及されることとなった。
ニャル滝
惑星保護機構の元メンバーでニャルラトホテプ星人の1人。コートを着た中年男性風の見た目。
実は元々真尋の護衛となるはずだった人物。土星で風邪を引き、そのままニャル子に仕事が引き継がれた形となったのが今作の始まりとも言える。
とある理由から宇宙に散らばった26のアーティファクトを回収・駆使して大勢の仲間と共に惑星保護機構に謀反を起こす。その際にニャル子からほぼ全ての記憶を奪い、適当な嘘を教えて味方へと引き込んだ。しかしそれがニャル子への好意を自覚し始めた真尋の逆鱗に触れてしまい、潜んだダンジョンに折角あった罠を全て力尽くで突破されてしまう。
27番目のアーティファクトを地球で発見し、26個のアーティファクトと共に駆使する事でクー子とハス太を追い詰めるが、真尋の告白を受けて超強化されたニャル子によって倒される。
実は27番目のアーティファクトは「(出版した事を)黒(歴史にしたい)本」から得た情報であり、誤植が直されていない初版本故の誤情報だった。また、機構に謀反を起こした理由も昔から続く2種類の対立しているお菓子内片方を公式に採用したからであった[注 45]。ニャル子を味方に引き入れようとしたのも彼女を自分と同じ菓子を愛する同士と思い込んでいたためだった。

その他の人物[編集]

地球人[編集]

余市 健彦(よいち たけひこ)
声 - 川原慶久 / 羽多野渉
真尋のクラスメイトであり一番の親友。誰に対しても丁寧語で話すため、真尋のことも君付けで呼ぶ。真尋の学年の学級委員長も務める。
人当たりが良く、周囲への気遣いも忘れない好青年だが、真尋とニャル子の関係を自己解釈し真尋との昼食を遠慮する(もちろん悪意は一切無い)など、その気遣いが真尋にとって裏目に出ることも。
「イースの偉大なる種族」のイス動に精神交換させられた。
担任
声 - 松本忍
真尋のクラスの担任教師。基本的に事なかれ主義のため、ニャル子に対する真尋の過激なツッコミもあっさりスルーする。またその他にも生物担当の女性教師(声 - 松来未祐)が登場している。
田中(たなか)
真尋のクラスメイト。次々に編入してくる宇宙人たちと真尋との関係を問う突っ込み役。
それしか出番がないのに役柄のせいで、真尋に恨まれたり、クー子に英和辞典を投げつけられたりと散々な目に遭う。
ただし、アニメとコミック版では突っ込み役は暮井が担っているため原作限定キャラクターとなる。
同作者の別作品、「ヴァルキリーワークス」に弟が登場している。

宇宙人[編集]

イス香(イスか)
声 - 新井里美
「イースの偉大なる種族」の穏健派の1人。
現代に潜む強硬派の計画を阻止するために超未来から派遣されたものの、やることなすこと計画性がなく間違えて真尋とニャル子の精神を交換してしまった。しかも語尾に「〜ョ」がつく独特な喋り方に加えて彼是ご都合主義的な言い訳を並べては本来の目的よりも自らの現代への興味を優先するなど、真尋ばかりかニャル子やクー子まで翻弄されてしまった。
とはいえ、基本的には悪人ではなく、特に精神交換した珠緒に対してはかなり親身になっている。アニメでは彼女の姿をしたぬいぐるみが珠緒の部屋にある。
その後未来に帰って精神交換のアフターケアとして珠緒に幸せ電波を送信していたが、ニョグ太によって因果律が乱されてニャル子とクー子の存在が現代から消えた際に、再度登場[注 46]。真尋と共に過去の邪神世界へとタイムスリップし、事態の解決にあたった。
11巻では珠緒と直接会い、自分やニャル子達の真実を語った。
地球の神々
実は地球全人類の集合的無意識の深層保護のため、精神世界縞瑪瑙の城という砦を築いて管理していた惑星保護機構から派遣された宇宙人たちである[注 47]
ただし実に貧弱な肉体で、自分の身長と同じくらいの高さから落ちても死亡する(上記のヒュプノスのみ例外)。
銀アト子(しろがねアトこ)
声 - 片岡あづさ / 山本希望
アトラク=ナクア星人の1人で、ニャル子の友人。蜘蛛の巣柄の黒い和服を着こなし、ニャル子に言わせると「セーラー服の似合う黒髪ロングの和服美人」。
宇宙アパレルメーカーの会長令嬢で、ニャル子の依頼でニャル子の卑猥で怪しげな姿がプリントされた抱き枕カバーを大量に作ったり、試作品の武器や(音声が鬱陶しいものの)スペックがダンチのPCをニャル子に提供するくらいニャル子と親しい。また、アトラク=ナクア星人の別個体が製造したと思われる「アトラック=ナ茶」というものもある。
元々は『這いよる! ニャルアニ リメンバー・マイ・ラブ (クラフト先生)』に登場したキャラで小説ではニャル子の口の端にでるだけだったが、第10巻で初めて登場。他人の恋人でないと興奮できない略奪愛体質で、ハス太や真尋を誘惑しては「親友の好きな人を寝取ることを想像したら最大級の興奮になった」と口にして真尋とニャル子から「変態!」と叫ばれてしまう[注 48]
ちなみに真尋から「寝取ったらそこで恋愛も終わり」、ニャル子からは「真尋さんは渡さないし、寝取り趣味もない」と言われるが、「ニャル子と奪い合いをずっと続けられる」、「ニャル子が守れば相思相愛と寝取りの互いのメリットを満たせる」と切り返している(無論真尋から「変態」と突っ込まれた)。
課長
惑星保護機構の職員でニャル子とクー子直接の上司。「死人が出るフルートの演奏」「普段は寝ている[注 49]くせに怒ると宇宙が吹っ飛ぶくらい怒る」という特徴を持つ。彼のほかに課長代理補佐代理心得も居るらしいがどの程度の立場なのかは不明。
ヨグソトス
旧支配者の一つで、あらゆる時間と空間にアクセスできる存在[注 50]
あらゆる時間、あらゆる場所に存在する「ヨグソトス」は全て同一の存在であり、ニャル子たちの恩師になっていたり、ノーデンス空間からクー子を助けたり、イス香に因果律の歪みを矯正する様依頼したり様々な場面で登場する。
シュブニグラス先生
産婦人科医。なお、ニャル子の同僚にも同種族だが別個体のシュブニグラスがいて、実家では畜産農家をやっている。芸が細かい種族である。
クー音(クーね)
声 - 柚木涼香
クトゥグア星人の一個体で、クー子の従姉。
惑星保護機構の人事部からやってきた調査官で、ついでにクー子への見合い写真を持ってきたのだが、その本音はクー子自身であり、どぎついシスターコンプレックスを披露している変態。物心もろくに付いていなかった幼児時代のクー子に「意味なんて解らなくていいから」と「愛してる」「結婚する」などと言わせて録音したものを「小さい時に交わした約束だ」と強弁、過剰で異常なスキンシップを迫るためのネタにし、彼女に自分への苦手意識を散々に植え付けて来た[注 51]。しかしニャル子に対しては、クトゥグア星人の例に漏れず「SAN業廃棄物」と嫌っている。
地球にはクー子の仕事ぶりを調査するという名目で来たのだが、実はクー子に会うことと携帯ゲーム『ダゴモン』のレアモンスター「テケリ」をゲットするためというダメ邪神で、最終的にはそのしょうもない真相に激怒したクー子の制裁を受け宇宙に送還。父親にこってりと絞られ1週間の停職処分となり、社史編纂室みたいなところに異動させられたとのこと。
ルーヒーとは学生時代からの親友で、今でも時たま電話したりする。また、珠緒とメル友であるような描写も見られる。
TVアニメ第2期では結末が異なり、第5話・第6話ではクー子と携帯ゲーム機の新作『ダゴモンワールド』を二人で遊ぶために来ていた。後に一晩中遊びつくした結果、疲れて寝ている隙にニャル子によって部屋(メタフィールド)ごと隔離されてしまったが、第8話の最後の部分で脱出。第9話にて蜷川区で先着限定配布されていた限定モンスター「テケリ」をゲットし戻ってきた際、真尋とニャル子がイチャイチャしてる場面を目撃し、真尋とクー子が婚約者であるという話が嘘だと気づき、大激怒。しかしクー子が真尋にクトゥグア星人の愛の儀式である「頬の頬骨(きょうこつ)顔面孔右19ミリにチュー」をしたことで恐慌状態に陥り、狂ったように笑いながら地球から退散した[注 52]

その他[編集]

サイクロン式掃除機
声 - 若本規夫
ハス太が頼子にプレゼントした掃除機。見た目は某海外メーカーの商品に酷似しているが、使用する度にアトランダムで「サイクロン」と音声が出る。
TVアニメ2期第5話では、ニャル子がクー子と遊んでいたカードゲームの手持ちのカードを出し「ジョーカー!!」と連呼したのをうるさがった真尋が、この掃除機を使ってカードを全部吸い取った。
蕃神RX-02号機
新型蕃神(ロボット)。『蕃神RX-02号機バンシン』とも。完成は500年先と言われていたが、蕃神鍛冶の名門の現当主が完成させたHPLシステムにより、僅か一晩で作られた。フルセプタ銀フレームと最新の自立思考型OSを搭載しており、これまでの蕃神を遥かにしのぐ性能を誇る。しかし、思考パターンのモデルがニャル子だったため、実戦テスト中に暴走し、真尋に執拗に付きまとった挙句ニャル子たちに壊された。HPLシステムも凍結処理が決定したが、後にヒュプノスによって『大機関』に組み込まれ騒ぎを起こす。

原作外オリジナルキャラクター[編集]

漫画 『這いよれ!スーパーニャル子ちゃんタイム』[編集]

ナッ子
『這いよれ!スーパーニャル子ちゃんタイム』に登場するオリジナルキャラクター。種族はナイトゴーント。元々はノーデンスの一件(原作1巻の事件)でオークション会場の警備をしていたが、保管されていたアメを一瓶丸ごとつまみ食いしたことで幼女の姿から戻れなくなってしまった。そのため外回りの仕事を任せられるようになるもオークション開始直後に仲間との連絡がとれなくなり、迷子になっていたところを同じく幼女化していたシャンタッ君に助けられ以降はルーヒーと同居、仕事を手伝ったりするようになる。前述のような経緯があるため本来天敵たるシャンタク鳥のシャンタッ君とは非常に仲が良い。またルーヒーを「お姉さま」と呼び慕っている。

アニメ 『這いよる! ニャルアニ』 シリーズ[編集]

ニャル恵
声 - 原紗友里
『這いよる! ニャルアニ リメンバー・マイ・ラブ (クラフト先生)』の3話より登場した、アニメオリジナルキャラクター[12]でニャルラトホテプ星人。バットを携帯する。貧乏らしく、継ぎを当てた服を着ている。暴走するとモザイク処理のされた、ニャル子曰く燃えないゴミになる。元ネタはこちら

テレビアニメ 『這いよれ! ニャル子さん』 シリーズ[編集]

オニイトマキエイ
声 - 大坪由佳
時折登場する謎の飛行性海洋生物。元々は作者の自画像で、スタッフからは「万太ッ君」と言うあだ名で呼ばれている。主にシャンタッ君と一緒に温泉に浸かったり狩りに勤しんだりしている。
グタタン
声 - 三上枝織
TVアニメ1期第11話・第12話に登場したオリジナルキャラクター。ガタノソア財閥のご令嬢で、地球で迷子になっていた所を執事のロイ・フォガーことロイガーと共に頼子に保護される。非常に幼く、純真無垢な性格で真尋に懐くが、実は知らずにロイガーに利用され、真尋をニャル子たちから遠ざける工作に加担させられていた。
事件の後にニャル子たちと同じように真尋の高校にやってきていることがエンディングで描写されており、「また遊びに来る」というメッセージを残して帰って行った。
ロイ・フォガー
声 - 中田譲治
TVアニメ版第1期最後の敵。
原作(TV第2期)に登場した上記のロイガーとは同名の別の種族。グタタンの執事であるが、その裏で悪事を働いていた。巨大な怪物に変化する能力を持っている。目的は上記と異なり、趣味であるアダルトゲームの入手および密輸。しかしニャル子の連れである真尋をマニアと勘違いして無駄骨を折った挙句、配下共々ニャル子達に倒された。
ツル子
声 - 山北早紀
TVアニメ2期第1話・第4話・第11話に登場したオリジナルキャラクター。ウーツル=ヘーア星人で、真尋のやおい本を出した宇宙サークル四天王の一人。地球に密入星してコスプレカフェ(メイド喫茶)でバイトをしつつ、真尋に取材やサインを貰うつもりだったが、ニャル子とクー子の争いに巻き込まれて失敗。その後4人組コスプレメイドユニット「プリティプリティベルメイド隊」としてアイドル活動をしておりセンターになるほどの人気者だったが、真尋を追いかけてる途中で余市とぶつかり熱愛発覚と間違われスキャンダルになり、アイドルを降板(卒業)か?と報じられた。森の奥にある洋館で一人でオンリーイベント用の原稿を描いていたが、それが洋館に訪れたニャル子一行の騒動の元となった。その後、惚れ薬を飲んだ余市と再会し告白される。
ヌトセ=カームブル
声 - 大坪由佳
TVアニメ2期第12話に登場したオリジナルキャラクター。惑星保護機構幻夢境管理課の職員。白いドレスを着て兜をかぶった金髪の女性。新型蕃神の視察に来たニャル子たちの案内役を務めた。
バースト
声 - 羽多野渉
TVアニメ2期第12話に登場したオリジナルキャラクター。惑星保護機構幻夢境管理課の職員。黒猫の獣人の男性。ヌトセ=カームブルと共に案内役を務めた。稼働テスト中に暴走した新型蕃神を止めようとしたが、一撃で倒された。

世界観[編集]

作中のクトゥルー神話
本作の世界では、クトゥルー神話を「地球を訪れた宇宙人がハワード・フィリップス・ラヴクラフトオーガスト・ダーレスと接触した結果生まれたもの」という設定を採用している。それ故に、本作に登場する宇宙人は皆クトゥルー神話に登場する神性と同じ名を有するのだが、原著に登場するものと同一の存在とはいえない[注 50]
惑星保護機構
ニャル子や(2巻以降の)クー子が所属している、宇宙連合に参加するだけの文明レベルに達していない惑星を宇宙人の介入による急激な変化から守るための組織。
しかし、組織の人間ではないニャル夫が参謀として身分もチェックされず幻夢境に潜り込めたり、内部の作戦行動が筒抜けだったり、保護対象の惑星は侵入を監視されているはずなのに簡単に侵入されすぎだったりと、組織としてはいい加減過ぎるところがある。
宇宙の民間企業である「ヤマンソ・ドットコム」は限りある地球の資源を考慮した惑星保護機構により例外的に地球に出入りでき、配達の際は荷物を受け取るまで玄関で待ち続ける。
なお、ヤマンソとは原典においてクトゥグァの召喚に失敗したときに呼び出される存在である。
地球
科学技術の水準は銀河内でも下位であるが、 宇宙中で唯一素晴らしいエンタテイメントを生み出すことが可能な惑星として、全宇宙人憬れの星とされる。
地球産エンタテイメントはすべて宇宙人にとって注目と垂涎の的であり、その入国(星)や地球の商品の持ち出しは、惑星保護機構によって厳しく管理されている。惑星保護機構の管理の下で地球産の商品は販売、もしくはヤマンソ・ドットコムをはじめとする惑星保護機構認可の通販業者により通販されているが、数量が規制されている上、全宇宙に供給する際に仲介業者間で発生するマージンや長期的なタイムラグなどにより、どうしても貴重で高価な品物なってしまい、そこに目をつけた犯罪組織による密輸が後を絶たない。なお惑星保護機構の職員であるニャル子がこれらの品を持ち出すこともまた法に触れるが、本人は「バレなきゃ犯罪じゃない」と開き直っている。
宇宙にも一応ゲームや漫画その他は存在するが、地球産に比べると大きく劣るという。また宇宙人にはそもそも脳の構造が違うせいか娯楽を生み出すような力がないらしい。それ故、彼らを楽しませる地球はとてもとても人気がある。また、地球では休刊になった雑誌などは全宇宙にとってかけがえの無い知的損失になる場合もあり、宇宙企業がスポンサーとなって出版社と秘密裏に契約し、雑誌を全て買い取って全宇宙で出版することがあり(全宇宙に配布するため、常に品薄状態らしい)、地球の日本・秋葉原は全宇宙にとって聖地として知られている。しかし、地球(特に日本)のエンタテイメントは、宇宙人の種族によっては刺激が強すぎて全宇宙で物議を醸し出すこともあり、宇宙児ポ法で問題にもなっている。
宇宙人の中には地球の漫画に感化されて憧れ、漫画の勉強をして同人誌等を「宇宙サークル」で宇宙中に発行する者もおり、中には自身の力を試そうと地球に来て(主に密入星)同人誌を出す者もおり、地球(ソッチ系)で成功を収めた者は大先生と崇められている。
作中で真尋や珠緒達が住んでいる街が日本のどの地域かは明言されていないが、学校から数駅のエリアに日本三大がっかり名所のひとつと揶揄される時計台があること、またメディアミックスの中では落花生を用いた節分ローソクもらいの風習があるなど、北海道札幌市周辺と思われる描写がある。
結界
ご都合主義的な結界」とも呼ばれる、主に周囲の人間の認識をごまかすための空間。この中であれば異形のものと戦闘を行っても他人に気づかれることはなく、シャンタッ君のようなあからさまな地球外生命体でも誰にも不審に思われない。邪神とその眷属であれば基本的に誰でも使えるらしく、ナイトゴーントやシャンタッ君も使っている。
一定の空間内を丸ごと包むタイプと自分とその周りの人物にのみ適用させるタイプの二つがあり、時と場合によって本当にご都合主義的なフレキシブルさを見せるので、作中でも「結界じゃ、仕方ないな」、「もう結界一つでいいんじゃないかな」と言われるほど。
ただしあくまで「認識をごまかす」ためのものなので、結界内に生じた物理的損害を軽減するような効果はない。
ルルイエランド
星辰が正しい位置についたときに海底から浮上する「死せる都」なのだが、作中では「全宇宙に無数に存在する巨大テーマパーク」。地球にあるそれは地球産のアイテムの販売所も兼ねているため、チケットは高倍率の抽選になるほどの人気らしい。第1巻では闇オークションの会場が存在していた。
人気マスコットは「インスマウス」。
幻夢境(ドリームランド)
2巻に登場した、人間の集合的無意識の世界。宇宙人による精神攻撃から地球人と地球産エンタテイメントを守るために惑星保護機構が管理していたが、ニャル夫によってあっさりと破られたためにニャル子とクー子(と真尋)が向かうことになる。事件解決後はしばらくの間はニャル子たちが臨時要員として管理するようになっている。
宇宙CQC
ニャル子やクー子が習得している格闘術。本来CQCとは近接格闘を表す言葉だが、教本によると「あなたが宇宙CQCだと思うものが宇宙CQC」らしく、ニャル子の手榴弾やクー子のオールレンジ攻撃も、本人がそう主張してしまえば宇宙CQCに含まれてしまうらしい。
フルフォースフォーム
分かりやすく言えば「ニャルラトホテプの『本気』」。それぞれにとって最強と思う形態へと変身する。当然、個体ごとにその姿は異なる。ニャル子の場合は原典にて輝くトラペゾヘドロンから出現した際と同じように、三つに分かれた目、翼を思わせるマフラーをたなびかせ、尚且つ漆黒のボディスーツを纏った特撮ヒーローのような形態をとる。しかも見た目だけでなくその能力も「ちょっとくすぐったいですよ。なに、痛みは一瞬です」と言いながら他者を強制的に変身させたり、マシンシャンタッカー及びそれを変形させたスライダーモードへ搭乗したり、クロックアップ能力や、空間断裂を引き起こす(らしい)メカニカルな剣の使用や、オレンジ色のロケット型の推進器らしきものを腕に装着して突撃攻撃する等、あからさまに「日曜朝8時枠の特撮番組が元ネタ」である事が伺えるものばかりである[14]
類似のものに、周囲の環境をフォーマルハウトのそれへと強制置換するクー子のクロスファイアシークエンス、ハス太の黄衣の王形態[注 53]などがある。
また、最終巻では真尋からキスをされた嬉しさでテンションが天井知らずに上がったニャル子のオーバーフォースフォームと言う形態も登場している。
宇宙サークル
地球の漫画に憧れた宇宙人が、自らの力を試そうと活動している同人サークルの集まり。特に聖地である地球・日本(の即売会)でも大成功を収めた者は「大先生」「四天王」などと呼ばれ尊敬の的とされている。

アニメ[編集]

これまでにOVAが1作、連続テレビアニメが3作の合計4作が作られている。主要声優はドラマCDと概ね共通。原作でも異なる世界線として、その内容をニャル子たちが発言する場合がある。なお、第1、2作『這いよる! ニャルアニ』シリーズと第3作以降の『這いよれ! ニャル子さん』シリーズは原作や起用声優が同じであるが別シリーズである(下記参照)。

  1. 『這いよる! ニャルアニ』 - 2009年10月から2010年3月に配信・頒布(OVA)
  2. 『這いよる! ニャルアニ リメンバー・マイ・ラブ (クラフト先生)』 - 2010年12月-2011年2月に放送。
    上記2作は各回が数分程度の短編FLASHアニメ(テレビアニメ1作目エンディングは通常の2Dアニメ)。
  3. 『這いよれ! ニャル子さん』 - 2012年4月から同年6月まで放送。
  4. 『這いよれ! ニャル子さんW』 - 2013年4月から放送。
    通常の1話30分・全編2Dアニメで、制作会社とスタッフが一新された(下記参照)。

這いよる! ニャルアニシリーズ[編集]

短編FLASHアニメ。略称「ニャルアニ」。

第1期『這いよる! ニャルアニ』
全9話のタイトルコールでは「いつもニコニコあなたの隣に這いよるアニメ」(原作のニャル子の台詞「いつもニコニコあなたの隣に這いよる混沌」のもじり)という前口上が付いている。
2009年10月23日発売のドラマCD初回製造版にはシリアルID入りキャラクターカードが同梱され第1話が先行ケータイ配信された。2009年12月19日発売の「GAマガジン Vol.3」付録DVDに2本収録。2010年3月15日発売のアニメDVD付第4巻スペシャルボックスに新作含む全9話を収録。第2期開始直前の2010年12月3日よりニコニコ動画ニコニコチャンネル “「這いよる! ニャルアニ」チャンネル”で配信されている(全話同時配信開始、第1話無料、第2話からは期間限定無料)。
第8話までは1話あたり1〜2分、最終話の第9話は約6分。オープニング曲はなく。阿澄佳奈が「いつもニコニコあなたの隣に這いよるアニメ ニャルアニ」とタイトルコールするのみ。登場人物はニャル子・真尋・クー子・シャンタッ君(シャンタッ君は台詞がないので出演者は阿澄・喜多村・松来のみ)。原作者逢空万太が全脚本を書いた。
第2期『這いよる! ニャルアニ リメンバー・マイ・ラブ (クラフト先生)』
2010年12月10日よりBS11のエンタテインメント番組『DLE HOUR』枠内で放送されたテレビアニメ。1話約4分、全11話。ニコニコ動画ニコニコチャンネル “「這いよる! ニャルアニ」チャンネル” で配信されている(第1話と最新話のみ無料)。2011年3月15日には後日談的な未公開エピソード収録の『這いよる!ニャルアニ1&2パーフェクトボックス 特別限定版』が発売されている。
「リメンバー・マイ・ラブ(クラフト先生)」は「リメンバー・マイ・ラブ」と「ラブクラフト先生」のポートマントーになっている。
EDは通常のアニメーションであるため、本編よりEDの方がキャラクターが動く。放送時間の約半分をEDが占める。サブタイトルと放送内容はほぼ一致しない。
新キャラクターのアト子とニャル恵(ニャル恵はアニメオリジナル)が登場し、声優には、2010年に阿澄佳奈ら3人で結成された声優ユニットLISPの他の2人がキャスティングされた。LISPはエンディングテーマソングも歌った。
第1期と異なり、原作者逢空は1話分のみの脚本を書く[12]

スタッフ(ニャルアニ)[編集]

  • 原作 - 逢空万太(「這いよれ! ニャル子さん」GA文庫 / ソフトバンク クリエイティブ刊)
  • キャラクター原案 - 狐印
  • 企画 - 土橋康成(第2期)、ソフトバンク クリエイティブ、DLE
  • 製作総指揮 - 北村州識
  • 監督 - 谷東
  • プロデューサー - 宮崎誠司、大橋隆昭、祝悠介(第2期)
  • アシスタントプロデューサー - 岩崎裕子、おんだかずのり(第1期)、谷洋一郎(第2期)
  • アニメーション制作 - DLE
  • 製作 - ソフトバンク クリエイティブ

第1期

  • 脚本 - 逢空万太
  • 協力 - 松本真弓
  • FLASHアニメーション - 鈴木隆輔
  • 特別協力 - 土橋康成、早坂昌彦
  • スタジオ - スタジオごんぐ、タパック
  • 音響監督 - 関根奈美
  • 音楽 - すどうゆうき

第2期

  • 脚本 - 小早川すすむ(1 – 8、10 – 12話)、中野守(1 – 8、10 – 12話)、谷東(1 – 12話)、逢空万太(9、12話)
  • グラフィックデザイン - RFV design
  • 作画 - 鈴木隆輔、西山司
  • アクションスクリプト - 福間晋一
  • 音響監督 - はたしょう二
  • 録音助手 - 八巻大樹
  • 音楽 - SLF!!
  • 協力 - 松本真弓、児池好弘、GA文庫編集部、BS11、DIVE II entertainment、サウンドチーム・ドンファン、音響ハウス

主題歌(ニャルアニ)[編集]

第1期エンディングテーマ「好き、好き、大好き。」
歌 - 阿澄佳奈 / 作詞・作曲 - すどうゆうき
2010年3月16日配信限定リリース、2011年3月15日発売『這いよる! ニャルアニ1&2パーフェクトボックス』初回分に非売品CD同梱。
第2期エンディングテーマ「恋する乙女のカタルシス」
作詞 - 池畑伸人、船迫桃代 / 作曲・編曲 - 大谷靖夫 / 歌 - LISP
2010年12月10日配信限定リリース。

各話リスト(ニャルアニ)[編集]

話数 サブタイトル
第1期『這いよる! ニャルアニ』
1 けんてい
2 忠誠心
3 抱きまくら
4 ギャルゲー
5 RPG
6 つづく?
7 クッキング
8 触れ得ざる聖域
9 初恋
第2期『這いよる! ニャルアニ リメンバー・マイ・ラブ (クラフト先生)』
1 人じゃありませんから
2 エンドレス クリスマス
3 いざ 即売会へ
4 真尋、はじめての裸エプロン
5 ニャル子と真尋のラブラブ湯けむり温泉旅行
6 生き埋め
7 きのこマスター
8 内容未定
9 銀河系を滅ぼし兼ねない危機が迫り来たとて、それを虫の知らせ程に感じとることも適わない一介の高校生である真尋にとって
明日の太陽が必ずしもいつもと同じ方角から同じ速度で同じ軌跡を辿って昇り同じ輝度で輝くなんて保証は何処にもないのだという
漠然とした不安を感じることさえ時は感情を押し流し少年は如何にして心配することをやめて少女を愛するようになったか
10 内容未定
11 リメンバー・マイ・ラブ
12 後日談的な(TV未放送)

放送局(ニャルアニ)[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
這いよる! ニャルアニ リメンバー・マイ・ラブ (クラフト先生)
日本全域 BS11 2010年12月10日 - 2011年2月25日 金曜 24:30 - 25:00 BSデジタル放送 『DLE HOUR』内
ニコニコチャンネル 金曜 25:00 更新 ネット配信

DVD付き書籍[編集]

DVD付き書籍這いよる! ニャルアニ1&2パーフェクトボックス』が2011年3月15日、ソフトバンク クリエイティブより発売。

DVDは第1期20分と第2期50分を収録(未公開エピソードあり)。阿澄佳奈(ニャル子役)・喜多村英梨(真尋役)・松来未祐(クー子役)によるオーディオコメンタリーを全編に収録。

逢空万太ほかによる書き下ろし短編集アンソロジー文庫『這いよる! ニャルアニさん』を同梱。

初回分のみ、第1期エンディングテーマ「好き、好き、大好き。」フルバージョン収録の非売品CDが付属。

這いよれ! ニャル子さんシリーズ[編集]

FLASHではない通常アニメ。

第1期[注 54]『這いよれ! ニャル子さん』
2012年4月から6月まで、テレビ東京AT-X他にて放送された。全12話。ニコニコ動画において配信された第1話の再生数は140万回を越えており、これはアニメ作品としては過去最高の記録[2]
ニコニコ公式生放送では『いつもニコニコあなたの隣に這いよる!生放送!ニャル子で~す。略してニコニャル』という『這いよれ!ニャル子さん』のキャストがアニメの最新情報を視聴者に届ける番組が放送された。Blu-ray/DVD全巻購入特典『スペシャルネクロノミコンDVD』にはオリジナルアニメとイベント「邪神生誕祭」ダイジェストを収録。
第2期『這いよれ! ニャル子さんW』(はいよれ ニャルこさんダブル)
2012年9月に公式サイト上で制作が発表された。2013年4月7日から6月30日までテレビ東京・AT-X他にて放送された。全12話。
W放映直前の2013年4月1日に公式サイトが「奥様はニャルラトホテプ」に更新され、第1話の冒頭にそのまま使われた。またBlu-ray/DVD全巻購入特典『エイボンの書DVD』にはオリジナルアニメとイベント「邪神召喚祭」ダイジェストを収録。
OVA『這いよれ! ニャル子さんF』(はいよれ ニャルこさんファイナルカウントダウン)
2014年8月17日に行われた「さらばニャル子ファイナルカウントダウン」イベントでOVAとして新作の製作が発表された。[15]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 逢空万太(GA文庫 / ソフトバンク クリエイティブ刊)
  • 企画 - 齊藤淳、勝股英夫(第2期)、下地志直、中村直樹(第1期)、北村州識、松永芳幸(第2期)、上村豊彦・八田紳作(第1期)→平岡利介(第2期)
  • キャラクター原案 - 狐印
  • 監督 - 長澤剛
  • シリーズ構成 - 木村暢
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 滝山真哲
  • プロップデザイン - 石川健朝、沓澤洋子(第2期)
  • 美術監督 - わたなべけいと
  • 色彩設定 - 谷口ゆり子
  • 撮影監督 - 堀野大輔
  • 編集 - 松村正宏
  • 音響監督 - 本山哲
  • 音響効果 - 和田俊也
  • 音響制作 - スタジオマウス
  • 音楽 - MONACA
  • 音楽制作 - DIVE II entertainment
  • プロデューサー - 田中宏幸、宮崎誠司、千野孝敏、田中利明、高篠秀一、奈良初男(第2期1話から途中まで)→細谷伸之(第2期途中から)
  • アソシエイトプロデューサー - 大胡寛二、磯輪のぞみ・長瀬奈津子(第2期)、兼光一博、大城博章、和田洋介、馬場楊子、真船佳奈(第2期)
  • アニメーションプロデューサー - 西沢正智
  • アニメーション制作 - XEBEC
  • 製作 - 名状しがたい製作委員会のようなもの(第1期)→名状しがたい製作委員会のようなものW(第2期)

主題歌[編集]

第1期
オープニングテーマ
太陽曰く燃えよカオス
作詞 - 畑亜貴 / 作曲・編曲 - 田中秀和MONACA) / 歌 - 後ろから這いより隊G(ニャル子〈阿澄佳奈〉、クー子〈松来未祐〉、暮井珠緒〈大坪由佳〉)
エンディングテーマ
ずっと Be with you」(第1話 - 第11話、OVA)
作詞 - 藤林聖子 / 作曲・編曲 - RAMM / 歌 - RAMMに這いよるニャル子さん
「禍々しくも聖なるかな」(第12話)
作詞 - 畑亜貴 / 作曲・編曲 - 帆足圭吾 / 歌 - 後ろから這いより隊
劇中歌
黒鋼のストライバー」(第1話、第12話)
作詞 - 藤林聖子 / 作曲 - 岡部啓一 / 編曲 - 永谷喬夫、岡部啓一 / 歌 - 後ろから這いより隊B(喜多村英梨羽多野渉
第2期
オープニングテーマ
「恋は渾沌の隷也(こいはカオスのしもべなり)」
作詞 - 畑亜貴 / 作曲 - 田中秀和 (MONACA) / 歌 - 後ろから這いより隊G(ニャル子〈阿澄佳奈〉、クー子〈松来未祐〉、暮井珠緒〈大坪由佳〉)
OVA版のみSEが付加されている。
エンディングテーマ
「よってS.O.S」(第1話、第2話、第6話、第11話、OVA)
作詞 - 藤林聖子 / 作曲・編曲 - RAMM / 歌 - RAMMに這いよるニャル子さん
「Wonderナンダ?片思い」(第3話、第8話)[16]
作詞 - 藤林聖子 / 作曲・編曲 - RAMM / 歌 - RAMMに這いよる邪神さん
「嫌いなワケLychee」(第4話、第7話)
作詞 - 藤林聖子 / 作曲・編曲 - RAMM / 歌 - RAMMに這いよる珠緒さん
「Sister, Friend,Lover」(第5話、第9話)
作詞 - 藤林聖子 / 作曲・編曲 - RAMM / 歌 - RAMMに這いよるクー子さんとクー音さん
「愛クルセイダース†ストライバー」(第10話)
作詞 - 藤林聖子 / 作曲・編曲 - RAMM / 歌 - RAMMに這いよる真尋さんと余市さん
「キミのとなりで」(第12話)
作詞 - 藤林聖子 / 作曲・編曲 - RAMM / 歌 - RAMMに這いよるニャル子さん
劇中歌
「太陽曰く燃えよカオス」(第1話)
作詞 - 畑亜貴 / 作曲・編曲 - 田中秀和(MONACA) / 歌 - 後ろから這いより隊G(ニャル子〈阿澄佳奈〉、クー子〈松来未祐〉、暮井珠緒〈大坪由佳〉)
「Blast of Fate 〜疾風の行方〜」(第3話)
作詞 - ヤスカワショウゴ / 作曲 - 揚慶豪 / 編曲 - 原田ナオ / 歌 - 後ろから這いより隊B(八坂真尋〈喜多村英梨〉、余市健彦〈羽多野渉〉)
「嫌いなワケLychee(ツル子 ver.)」(第4話)
作詞 - 藤林聖子 / 作曲・編曲 - RAMM / 歌 - RAMMに這いよるツル子さん
「ユゴスよりの使者」(第10話)
作詞 - 生田真心 / 作曲・編曲 - RAMM / 歌 - The Mi-go hunters

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 使用原作
第1期
第1話 第三種接近遭遇、的な 木村暢 長澤剛 池田重隆 滝山真哲 第1巻
第2話 さようならニャル子さん 兵頭一歩 高田耕一 政木伸一 宗崎暢芳
第3話 八坂真尋は静かに暮らしたい 石田健幸 のなかかずみ 大野和寿 鷲田敏弥 第2巻
第4話 マザーズ・アタック! 待田堂子 きみやしげる 桜井利之 能條理行、原田峰文 第4巻
第5話 大いなるXの陰謀 原田浩 安藤健 菅野智之、徳永さやか
第6話 マーケットの中の戦争 木村暢 麦野アイス 石井和彦 原田峰文、辻浩樹
重松しんいち
第7話 碧いSAN瑚礁 桜井弘明 森義博 小澤円、梶浦紳一郎
鎌田均
オリジナル
第8話 ニャル子のドキドキハイスクール 兵頭一歩 政木伸一 宗崎暢芳
第9話 僕があいつであいつが僕で 待田堂子 堀之内元 安藤健 菅野智之、松岡謙治
岡本達明
第3巻
第10話 超時空の覇者 兵頭一歩 高田耕一 石井和彦 谷口元浩、重松しんいち
第11話 星から訪れた迷い子 木村暢 政木伸一 宗崎暢芳、辻浩樹
原田峰文
オリジナル
第12話 夢見るままに待ちいたり 堀之内元 長澤剛 滝山真哲、石川健朝
OVA[17] やさしい敵の仕留め方 長澤剛 大野和寿 滝山真哲 第11巻
第2期
第1話 進撃の邪神 木村暢 長澤剛 池田重隆 小野和美、西谷泰史 オリジナル
第2話 セラエノ図書館戦争 兵頭一歩 政木伸一 谷口元浩、辻浩樹 第5巻
第3話 超邪神黙示録 田所修 安藤健 岡本達明、松岡謙治
第4話 恋愛の才能 木村暢 佐々木真哉 矢野孝典 小澤円、中山初絵 第7巻
第5話 嘘だと言ってよクー子 高田耕一 近藤一英 谷口元浩、板倉健
大高美奈、五味伸介
第6巻
第6話 エンジテミル 田所修 石井和彦 沓澤洋子、小野和美
第7話 プールサイド、血に染めて 山田靖智 西嶋かな 安藤健 しんぼたくろう 第7巻
第8話 小さな恋のうた。 あみやまさはる 政木伸一 高田昌宏 岩田芳美、辻浩樹
重松しんいち、大高美奈
第9話 ハイスクール・オブ・ザ・ヒート 山田靖智 池田重隆 鷲田敏弥、中山初絵 第6巻
第10話 ユゴス・アタック! あみやまさはる 高田耕一 近藤一英 谷口元浩、板倉健
原田峰文
第7巻
第11話 とあるキャンプの悪霊の家 木村暢 松林唯人 安藤健 岡本達明 オリジナル
第12話 さようならニャル子さんW 吉川博明 長澤剛 沓澤洋子、小野和美
河島久美子、辻浩樹
大高美奈、板倉健
第11巻
OVA[18] Wにさよなら/この温泉に恋の渾沌を あみやまさはる 長澤剛 沓澤洋子、鷲田敏弥
小沢久美子、滝山真哲
オリジナル
使用原作[編集]
  • 第1期
    • 第1話:第1巻1章「第三種接近遭遇」、2章「未知なる学舎に夢を求めて(ロマン的な意味で)」を脚色。
    • 第2話:第1巻3章「地球の静止する日」を脚色。
    • 第3話:第2巻をベースに脚色。原作とはストーリーが異なる。
    • 第4話:第4巻1章「Mother's Counter Attack」、2章「ちょっとぶつかってみただけの異邦人」を脚色。
    • 第5話:第4巻3章「『C』の思惑/真尋はそれを理解できない」を脚色。
    • 第6話:第4巻4章「マーケットの中の戦争」を脚色。
    • 第7話・第8話:オリジナル回
    • 第9話:第3巻1章「SANデーモーニング」、2章「僕があいつであいつが僕で」を脚色。
    • 第10話:第3巻3章「時空の覇者」、4章「壊す者と守る者」を脚色。
    • 第11話・第12話:オリジナル回
    • OVA:『GA文庫マガジン』Vol.1収録「やさしい敵の仕留め方」(第11巻1章に再掲)を脚色。
  • 第2期
    • 第1話:一部パートにおいて第5巻1章「昼間の戯言」、『GAマガジン』Vol.2収録「世界の合言葉は萌え」(第7巻1章に再掲)を使用したオリジナル回。
    • 第2話:第5巻2章「セラエノ図書館戦争(誇張アリ)」、3章「潜伏するもの共を追跡するもの共(ルーインチェイサーズ)」を脚色。
    • 第3話:第5巻4章「超邪神黙示録」を脚色。
    • 第4話:Aパートは、一部第9巻1章「SAN値無用 in LOVE(クラフト)」、アンソロジー『這いよる!ニャルアニさん』収録「シャンタックエスト」を使用したオリジナル回。Bパートは第7巻3章「恋愛の才能」を脚色。
    • 第5話:第6巻1章「部屋とお風呂と着信メロディ」、2章「嘘だと言ってよクー子」を脚色。
    • 第6話:第6巻3章「エンジテミル」を脚色。
      • 以降第9話まで、使用原作の順序が入れ替わっている為、原作とは一部ストーリーが異なる。
    • 第7話:第7巻4章「プールサイド、血に染めて」を脚色。
    • 第8話:『GAマガジン』Vol.4収録「ちいさな恋のうた」(第7巻断章に再掲)をベースに脚色。原作とはストーリーが異なる。
    • 第9話:第6巻4章「学園炎舞録ハイスクール・オブ・ザ・ヒート」を脚色。
    • 第10話:第7巻5章「ユゴス・アタック」を脚色。
    • 第11話:オリジナル回
    • 第12話:『GA文庫マガジン』Vol.4収録「さよならニャル子さん」(第11巻2章に再掲)をベースに脚色。原作とはストーリーが異なる。
    • OVA:オリジナル回

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
第1期
関東広域圏 テレビ東京 2012年4月9日 - 6月25日 月曜 26:00 - 26:30 テレビ東京系列
日本全域 AT-X 2012年4月10日 - 6月26日 火曜 10:30 - 11:00 アニメ専門CS放送 リピート放送あり
ニコニコ生放送 火曜 25:00 - 25:30 ネット配信
ニコニコチャンネル 火曜 25:30 更新
愛知県 テレビ愛知 2012年4月12日 - 6月28日 木曜 27:00 - 27:30 テレビ東京系列
大阪府 テレビ大阪 2012年4月13日 - 6月29日 金曜 27:10 - 27:40
日本全域 バンダイチャンネル 2012年4月16日 - 7月2日 月曜 12:00 更新 ネット配信
GyaO! 2012年5月28日 - 7月2日 第1話と第7話以降を配信
第2期
関東広域圏 テレビ東京 2013年4月7日 - 6月30日 日曜 25:05 - 25:35 テレビ東京系列
日本全域 AT-X 日曜 25:10 - 25:40 アニメ専門CS放送 リピート放送あり
愛知県 テレビ愛知 2013年4月8日 - 7月1日 月曜 27:05 - 27:35 テレビ東京系列
日本全域 ニコニコ生放送 2013年4月9日 - 7月2日 火曜 24:00 - 24:30 ネット配信
ニコニコチャンネル 火曜 24:30 更新
大阪府 テレビ大阪 2013年4月13日 - 7月6日 土曜 26:30 - 27:00 テレビ東京系列
日本全域 バンダイチャンネル 2013年4月16日 - 7月9日 火曜 12:00 更新 ネット配信
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
富山県
石川県
京都府
鹿児島県
香港
アメリカ
ブラジル
ゴーゴーカレー 2013年4月 - 6月 月曜 10:55 更新 店内ビジョン リピート配信あり

イベント[編集]

  • 2012年8月5日にSHIBUYA-AXで『這いよれ!ニャル子さん「邪神生誕祭」(昼の部)』と『這いよれ!ニャル子さん「邪神降臨祭」(夜の部)』が開催された。8月3日~12日までの10日間にわたって連日開催されるa-nation music weekの一環として、アニソンをテーマとする”ANISON GENERATION”に合わせ開催。ミニライブはもちろん、本編の制作裏話や主題歌誕生秘話などもトークされ、イベント会場限定のオリジナルグッズも販売。
  • 2013年4月7日ベルサール秋葉原で無料大型イベント『愛・ニャル子博2013』が開催された。会場は限定販売グッズの販売や、関連グッズの展示コーナーのほか、特設されたステージでのコスプレ大会、ニャル子役の阿澄佳奈を始めとするゲストが登壇するトークイベントなども開催[19]
  • 2013年8月11日にZepp DiverCity(TOKYO)にて『這いよれ!ニャル子さん「邪神召喚祭」(昼の部)』と『這いよれ!ニャル子さん「邪神再誕祭」(夜の部)』が開催された。
  • 2013年10月17日に新宿ロフトプラスワンにて『這いよれ!ニャル子さんW 名状しがたいお疲れ様会のようなもの』が開催。
  • 2014年8月17日にディファ有明にて『さらばニャル子 ファイナルカウントダウン』が開催され、昼の部と夜の部が行われる。

関連商品[編集]

CD[編集]
発売日 タイトル 規格品番
2012年5月23日 太陽曰く燃えよカオス AVCA-49666(CD+DVD)
AVCA-49667(CD)
ずっと Be with you AVCA-49666(CD+DVD)
AVCA-49669(CD)
2012年7月25日 邪神曲たち AVCA-49837/8(OST付盤)
AVCA-49839(通常盤)
2013年2月20日 這いよれ! ニャル子さんW WWWキャラクター・ソングシリーズ01 ニャル子 AVCA-62122
這いよれ! ニャル子さんW WWWキャラクター・ソングシリーズ02 真尋 AVCA-62123
2013年3月20日 這いよれ! ニャル子さんW WWWキャラクター・ソングシリーズ03 クー子 AVCA-62124
2013年4月10日 這いよれ! ニャル子さんW WWWキャラクター・ソングシリーズ04 ハス太 AVCA-62125
2013年3月27日 這いよれ! ニャル子さんW WWWキャラクター・ソングシリーズ05 暮井珠緒 AVCA-62126
這いよれ! ニャル子さんW WWWキャラクター・ソングシリーズ06 余市健彦 AVCA-62127
2013年4月10日 邪名曲たち〜這いよれ! ニャル子さん クトゥルーカバーミニアルバム〜 AVCA-62285/6(初回限定盤)
AVCA-62287(通常盤)
2013年4月24日 恋は渾沌の隷也 AVCA-62333/B(CD+DVD)
AVCA-62334(CD)
這いよれ! ニャル子さんW エンディングソングシリーズ1 RAMMに這いよる XXX AVCA-62335/B(CD+DVD)
AVCA-62336(CD)
2013年5月22日 這いよれ! ニャル子さんW エンディングソングシリーズ2 RAMMに這いよる YYY AVCA-62337/B(CD+DVD)
AVCA-62338(CD)
2013年7月17日 這いよれ! ニャル子さんW エンディングソングシリーズ3 RAMMに這いよる ZZZ AVCA-62339/B(CD+DVD)
AVCA-62340(CD)
2013年10月16日 邪礼曲たち AVCA-62969(初回限定盤)
AVCA-62970(通常盤)
Blu-ray / DVD[編集]
発売日 巻数 収録話 初回限定版付属CD
第1期『這いよれ!ニャル子さん』
2012年6月22日 第1巻 第1話、第2話 ミニドラマ「宇宙麻雀大会#01」、「太陽曰く燃えよカオス」ニャルラトホテプver.
2012年7月27日 第2巻 第3話、第4話 ミニドラマ「宇宙麻雀大会#02」、「太陽曰く燃えよカオス」クトゥグアver.
2012年8月24日 第3巻 第5話、第6話 ミニドラマ「宇宙麻雀大会#03」、「太陽曰く燃えよカオス」暮井珠緒ver.
2012年9月28日 第4巻 第7話、第8話 ミニドラマ「混沌とした名状しがたい女子会」、「太陽曰く燃えよカオス」這いより隊G'ver.
2012年10月26日 第5巻 第9話、第10話 ミニドラマ「学祭ゆーとぴあ 余市ストレート」、「太陽曰く燃えよカオス」クトゥルーver. (Instrumental)
2012年11月30日 第6巻 第11話、第12話 ミニドラマ「美少女ゲームは眠らない」、「太陽曰く燃えよカオス」another ver.
第2期『這いよれ!ニャル子さんW』
2013年5月31日 第1巻 第1話、第2話 這いよれ!ニャル子さんW 名状しがたい特別版ラジオのようなもの 1
2013年6月28日 第2巻 第3話、第4話 這いよれ!ニャル子さんW 名状しがたい特別版ラジオのようなもの 2
2013年7月26日 第3巻 第5話、第6話 這いよれ!ニャル子さんW 名状しがたい特別版ラジオのようなもの 3
2013年8月30日 第4巻 第7話、第8話 這いよれ!ニャル子さんW 名状しがたい特別版ラジオのようなもの 4
2013年9月27日 第5巻 第9話、第10話 這いよれ!ニャル子さんW 名状しがたい特別版ラジオのようなもの 5
2013年10月25日 第6巻 第11話、第12話 這いよれ!ニャル子さんW 名状しがたい特別版ラジオのようなもの 6

ドラマCD[編集]

HOBiRECORDSから発売。

  • 2009年10月23日 第1弾『ドラマCD 這いよれ! ニャル子さん』
  • 2010年6月25日 第2弾『ドラマCD 這いよれ! ニャル子さんEXエクストラ 〜ドリーミー・ドリーマー〜』
  • 2010年12月24日 第3弾『ドラマCD 這いよれ! ニャル子さんDXデラックス 〜ウィンターウォーズ〜』
  • 2011年5月25日 第4弾『ドラマCD 這いよれ! ニャル子さんGXジェネックス 〜フェイタルアトラクション〜』
  • 2014年3月15日 第5弾『ドラマCD 這いよれ! ニャル子さんMXマキシマム 〜アンリミテッドファイアワークス〜』

ナレーションは4弾まで古谷徹、5弾では新井里美が担当している。いずれも原作者逢空書下ろし。第1弾は原作1巻に沿ったストーリーだが、第2弾(『EX』)からはオリジナルストーリーで、第2弾は原作4巻の後日談に当たる[20]

第1弾初回版には、1分の携帯電話向けFLASHアニメ(第1期第1話)が視聴できる「シリアルID入りキャラクターカード」が同梱された。

第3弾(『DX』)初回版には、PCゲーム『這いよる!ニャル子さん大富豪Mini』(企画・開発 キャラメルBOX)がダウンロードできるシリアル入りダウンロードカードが同梱された。

第4弾(『GX』)初回版には、ニャル子と真尋が唄うオリジナルデュエットソングがダウンロードできるシリアルカードが同梱。

各巻のCLUBHOBi予約特典として、ウェブラジオ『にゃるラジ』の非売品DJCD『にゃるラジCD』が頒布された。

第5弾(『MX』)は、原作12巻ドラマCD付き限定特装版に付属。声優はテレビアニメ版のものに変更となった。

Webラジオ[編集]

HOBiRECORDSのドラマCD公式サイトより、各巻リリース前にそれぞれ『にゃるラジ』『這いよるにゃるラジ-OMEGA-』『這いよるにゃるラジ だっしゅ!』『這いよる!にゃるラジ THE MOVIE』が配信された。

正式タイトルは4シーズンとも『ドラマCD「這いよれニャル子さん」を10倍楽しく聴く方法!?[21]で、番組内では「ドラマCD「這いよれニャル子さん」を10倍楽しく聴く方法!? 略して、[シリーズごとのタイトル]」とタイトルコールされる。ドラマCDのページからのメニューでは2nd・3rdシーズンも『にゃるラジ』で統一されている。1stシーズンの配信ページには『ドラマCD ニャル子さんを10倍楽しく聴くラジオ?』と書かれている。パーソナリティは阿澄佳奈(ニャル子役)と松来未祐(クー子役)。

ダウンロード方式。全話バックナンバーがダウンロード可能。番組専用のメールアドレスを持たず、ふつおたtwitterのみで募集しており、「ふついったー」(表記は不明)と称している。

にゃるラジ
2009年8月20日配信の全1回。ドラマCD第1弾(10月23日)の販促宣伝番組。
全1回。
這いよるにゃるラジ-OMEGA-
2010年4月6日4月20日5月7日5月24日6月8日6月24日配信の全6回。ドラマCD第2弾(『EX』、6月25日発売)の販促宣伝番組。第5回と第6回には喜多村英梨(真尋役)がゲスト出演。
這いよるにゃるラジ だっしゅ![22]
2010年9月24日10月19日11月2日11月29日12月13日配信の5回と2011年2月10日配信の反省会からなる全6回。ドラマCD第3弾(『DX』、12月24日予定)の販促宣伝番組。第4回と第5回には喜多村英梨がゲスト出演。第1回で『ぱにぽにだっしゅ!』とのコラボレーションを一方的に宣言したのち、『ぱにぽに』漫画作者の氷川へきるから事後承諾を得た。
這いよる!にゃるラジ THE MOVIE
2011年3月18日4月19日5月2日5月19日5月25日更新の全5回。ドラマCD第4弾(『GX』5月25日発売)の販促宣伝番組。第4回と第5回には金田朋子(シャンタッ君役)がゲスト出演。
にゃるラジCD(這いよるにゃるラジ おかわり)
非売品DJCD。ドラマCD各巻のCLUBHOBi予約特典。『にゃるラジCD』・『にゃるラジCD VOL.2』・『にゃるラジCD VOL.3』・『にゃるラジCD VOL.4』が頒布済み。
新録。1枚目に金田朋子(シャンタッ君役)、VOL.2に古谷徹(ナレーション)、VOL.3に國府田マリ子(ルーヒー役)、VOL.4に井上喜久子(八坂頼子役)がゲスト出演。
にゃるラジ featuring帯刀帯
2011年6月13日 - 7月25日の全4回。
ドラマCD「かんなぎ家へようこそ! featuring帯刀帯」[23]の販促宣伝番組となっている。
這いよれ! ニャル子さんW 名状しがたいラジオのようなもの
2013年4月15日から8月5日まで、音泉HiBiKi Radio Stationにて隔週月曜日更新。パーソナリティは阿澄佳奈(ニャル子役)と大坪由佳(暮井珠緒役)。[24]
2013年6月2日サンシャインシティで『這いよれ!ニャル子さんW 名状しがたいラジオのようなもの 公開録音イベント』が行われた[25]

ゲーム[編集]

這いよれ!ニャル子さん ザ・カオス
ソーシャル・カードゲーム。2012年11月22日にそらゆめによりMobageFPSP両対応)にて利用提供。同社により2013年5月2日にFPmixiゲーム、同年5月20日にSPmixiゲームでもサービス開始、同年6月25日にGREEFPSP両対応)に対応。そらゆめがプラットフォームとして提供しているジュゲム!でも利用可能。
這いよれ!ニャル子さん 名状しがたいゲームのようなもの
TVアニメ第1期のエピソードをベースにしたPlayStation Vita用ゲームソフト。5pb.の制作で2013年5月30日に発売された。通常版の他に限定版「輝くトラペゾヘドロンBOX」も同時発売された[26]
這いよれ!ニャル子さんW(ry
ソーシャル・シューティングゲーム。2013年9月23日よりYahoo!モバゲーでサービス開始。

その他出演作品・コラボレーション[編集]

  • 『カードコレクション 嫁コレ』にてニャル子とクー子のボイスカードが配信。
  • 『這いよれ!ニャル子さん ザ・カオス』のサービス開始を記念してソーシャル・カードゲーム『戦国SAGA』内でコラボレーションも行われた。
  • ヴィクトリースパーク』に『這いよれ!ニャル子さん』『這いよれ!ニャル子さんW』が参戦した。
  • 『燐光のレムリア』にて『這いよれ!ニャル子さんW』のコラボレーションが実地された。
  • Le Ciel Bleu 〜ル・シエル・ブルー〜』にて『這いよれ!ニャル子さんW』のコラボレーションが実地された。
  • 『這いよれ!ニャル子さんW』とカードバトル位置情報ゲーム『ジョリーロジャー 〜謎の文明と海賊島〜』がコラボレーションをおこなった。
  • 『超嫁大戦』に『這いよれ!ニャル子さんw』が参戦した。
  • 『ELSWORD』にてアバターやクエストに『這いよれ!ニャル子さんw』が使用された。
  • 『這いよれ!ニャル子さん』OP曲の「太陽曰く燃えよカオス」が『pop'n music Sunny Park』に使用された。
  • タイトーアーケードゲームグルーヴコースター』に『這いよれ!ニャル子さんw』OP曲の恋は渾沌の隷也が収録されている。

出版物[編集]

既刊一覧[編集]

各巻表紙イラストは第1巻を除き、「仮面ライダーシリーズ」の変身ポーズや決めポーズをモチーフに取られている。2012年発行分以降は帯にもライダーの決め台詞などが元ネタとして取り入れられている。

巻数 タイトル 初版発行日付
(初版発売日付)
ISBN
1 這いよれ! ニャル子さん 2009年4月30日
(2009年4月15日[27][28]
ISBN 978-4-7973-5414-0
2 這いよれ! ニャル子さん2 2009年7月31日
(2009年7月15日[28]
ISBN 978-4-7973-5540-6
3 這いよれ! ニャル子さん3 2009年10月31日
(2009年10月15日[28]
ISBN 978-4-7973-5635-9
4 這いよれ! ニャル子さん4 2010年3月31日
(2010年3月15日[28]
ISBN 978-4-7973-5782-0
5 這いよれ! ニャル子さん5 2010年8月30日
(2010年8月15日[28]
ISBN 978-4-7973-6148-3
6 這いよれ! ニャル子さん6 2010年12月31日
(2010年12月15日[28]
ISBN 978-4-7973-6292-3
7 這いよれ! ニャル子さん7 2011年4月30日
(2011年4月15日[28]
ISBN 978-4-7973-6407-1
8 這いよれ! ニャル子さん8 2011年10月31日
(2011年10月15日[28]
ISBN 978-4-7973-6644-0
9 這いよれ! ニャル子さん9 2012年4月15日 ISBN 978-4-7973-6891-8
10 這いよれ! ニャル子さん10 2012年10月12日 ISBN 978-4-7973-7186-4
11 這いよれ! ニャル子さん11 2013年4月15日 ISBN 978-4-7973-7333-2
12 這いよれ! ニャル子さん12 2014年3月17日 ISBN 978-4-7973-7559-6
  • 短編類
    • 「世界の合言葉は萌え」 - 『GAマガジン』Vol.2(2009年5月21日発売[29]ISBN 978-4797353136、pp.114-123)掲載、単行本第7巻に収録。
    • 「幻夢境の一存」 - 『GAマガジン』Vol.3(2009年12月19日発売[30]ISBN 978-4797357691、pp.40-50)掲載、単行本第7巻に収録。
    • 「ちいさな恋のうた」 - 『GAマガジン』Vol.4(2010年8月10日発売[31]ISBN 978-47973-6038-7、pp.34-44)掲載、単行本第7巻に収録。
    • 「シャンタックエスト」 - 『這いよる! ニャルアニ1&2パーフェクトボックス』同梱のアンソロジー小説『這いよる! ニャルアニさん』掲載。
    • 「やさしい敵の仕留め方」 - 『GA文庫マガジン』Vol.1掲載、単行本第11巻に収録。
    • 「さよならニャル子さん」 - 『GA文庫マガジン』Vol.4掲載、単行本第11巻に収録。

コミカライズ版[編集]

這いよれ! ニャル子さん

這いよれ! スーパーニャル子ちゃんタイム

這いよれ! ニャル子さん コミックアンソロジー

関連書籍[編集]

フリーペーパー[編集]

  • 『這いよれ! ラジ館 』 フリーペーパー「ラジ館」とのコラボレーション(2013年MAY号外伝)。2013年5月8日発刊

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 本作では「ニャルラトホテプ」とは種族名であり、つまり宇宙人である。小説という形で人類に記録されたニャルラトホテプとは別人である(ニャル子曰く「自分はあれほど性格悪くない」)。
  2. ^ この外見を取るようになったきっかけは過去にタイムトラベルした真尋にあるらしい
  3. ^ この呼び名を使うようになったのにも過去にタイムトラベルした真尋が関わっているらしい。
  4. ^ a b もともとは後述するニャル滝が担当するはずだったが、真尋の容姿がニャル子の好みであったことからわざわざ頼み込んで代わって貰っている。
  5. ^ ニャル子は過去修正を知覚していない(できない)ので、真尋が現代に戻った後は「(ヨグソトス先生が)突然人が変わってしまった」と感じている。
  6. ^ 大半は直訳であるが、既存作品の必殺技や主題歌といった用語になることも多い。
  7. ^ ただ、ニャル子自身はイカサマではないと強弁し、クー子も指摘した側が証拠を示せない以上イカサマとは言えないと言っている。但し、「偶然」ゲームの後で友人が減っているとのこと。
  8. ^ 第1巻の初版発売日付と同じである
  9. ^ 1巻 pp. 266-267「あとがき」には、「主人公のニャル子」と記されている。
  10. ^ この技の元ネタの初出作品、魔夜峰央パタリロ!』に於けるバンコラン同様に、次の瞬間には相手にフォークが突き刺さっていると云う、実際には非常にショッキングな絵面の特技である。
  11. ^ そのためニョグ太からその能力を狙われて、危うく生体解剖寸前までいってしまうことになった。
  12. ^ 実は過去の邪神世界にやってきた真尋に唆されてニャル子が助けた、というよりいじめとも言える遊びをニャル子が壊し、それを真尋が「助けてくれたんじゃないのか」とリードした。
  13. ^ なお「最初から叔父のツテを頼っていれば、悪事に加担する必要もなかったんじゃないか?」という、真尋の至極もっともな疑問に対しては彼女曰く「次言ったら命は無い」のだそうである(作者自らの脚本によるFLASHアニメ第8話より)。
  14. ^ ゲームセンターでハメ技を使って18連勝したり、パズルゲームでは開始直後に真尋に勝利する、など。
  15. ^ 但し、自分はニャル子の赤ちゃんを産むので自分の赤ちゃんは真尋に産んで貰うつもりでいる。ただ、アニメ版第2期では純粋な恋愛感情を示すかのような描写が多々見られる。
  16. ^ ニャル子とクー子が喧嘩になった際には、この形態で止めていた。但し宇宙小学校時代に「黄衣の王形態」と通常時のギャップから同級生だったニョグ太(後述)に苛められていたトラウマもあって、ハス太自身は自分からこの状態に変身するのは嫌がっていた。しかし、ルーヒーが空鬼によって連れて行かれ相対した時はルーヒーを説得するため自分から変身し、ニャル子が無理矢理変身させた時よりも強力な見た目になっていた。
  17. ^ ちなみに宇宙の「なまらすげー技術」によると同性であろうと非生産的ではない、とハス太は言っている。
  18. ^ 黄衣の王形態の方はかなり明確に好意を抱いているようで、8巻で空鬼についていった彼女を連れ戻す際には、熱烈な愛の告白とも取れるような言葉で説得している。
  19. ^ a b 「小さな恋のうた。」(GAマガジンvol.4掲載・文庫本第7巻所収、アニメ第2期第8話)ではクー子のドロップで幼女に変身したが、それがドロップの効果なのかシャンタッ君自身がメスなのかは不明、ただしスピンアウトコミックである「這いよれ!スーパーニャル子ちゃんタイム」では「ふしぎなアメで幼女になれるのだ」と記載されたり、性別を聞かれたナッ子が「我もシャンタッ君もついてないほうじゃ」と発言したり、ルーヒーやナッ子と一緒に銭湯の女風呂に入る一幕が書かれている。
  20. ^ 名前こそ明記されていないが、同作者の別シリーズ『深山さんちのベルテイン』にも彼女らしき女性(呼び名は「よりより先輩」)が登場している。
  21. ^ 息子である真尋にすら教えていないという徹底振りである。
  22. ^ 但し、どちらかといえば地球原産の土着のモンスターが多いらしい。
  23. ^ そのため似た見た目と鳴き声を持ったヒュプノスは無残にも瞬殺された。
  24. ^ それでも彼女は真尋にはニャル子が似合うと言っている。しかし自分が真尋を好きなのは別の問題だとイス香に後押しされた事もあって割り切り、真尋にその悩みを託した。
  25. ^ クトゥルヒの属性は「水」のため、もし八坂家に入り浸るようになればダーレス的に「土(ニャルラトホテプ)」、「火(クトゥグァ)」、「風(ハスター)」の四属性をコンプリートすることになる。
  26. ^ ちなみにクトゥルー神話では、通常Xothは「ゾス」と読む。この名前は、家庭用ゲーム機"XBOX"の読み方に倣ったもの。
  27. ^ 宇宙でも、基本的には地球産のハードの方が人気だという理由。
  28. ^ なおドラマCDでは、ルルイエランドの仕事振りについて客のウケは良かったようで、会社に戻って続けて欲しいと頼まれた上に、かつての部下たちにまで泣き付かれ、やむなく嘱託の顧問として職場復帰したことになっている。
  29. ^ 価格はたこ焼き8個で300円とお手頃。ただし具がタコかどうかは不明。一応、地球人が食べても問題は無い。本人曰く「地球産のものしか使ってない」
  30. ^ なおエックスオスも、宇宙のゲームハードシェアからいけばハス太の父親の会社・CCE社のハードである「HS3」と人気を二分するとのことで、当初彼女もハス太のことをCCE社の一員と思い敵視していた。
  31. ^ ただし組織で彼より上位に位置する大幹部たちも、直後にニャル子が放った光線で蒸発させられている。
  32. ^ ちなみに原作では怒り狂うニャル夫を眼前にニャル子が認めているが、CDドラマではニャル夫が一方的に主張していることになっている。
  33. ^ この一件以降、ニャル子はニャル夫を「野良ニャルラトホテプ」と言って兄の存在を無かったことにしている。
  34. ^ 無論ニャル子は真尋に突っ込まれた。
  35. ^ ただし何が害悪か否かについてはガイドラインなどなく、彼らの「良識」で決定される。
  36. ^ ただし書物というより、自らの空想をメモすると実体化するノートみたいなもの。有体に云うと、『ウイングマン』の"ドリムノート"と同じ機能を有する。
  37. ^ この弱点も"ドリムノート"の弱点(即ちウイングマンの弱点)と同じものである。
  38. ^ 空鬼の原語、ディメンショナル=シャンブラー(Dimensional Shambler)から。[要出典]
  39. ^ まだ真尋の体質は仮説だったため、証明が必要だった。時間を行き来するにはその時間の生物と存在または精神を交換する必要があるが、真尋は3度の時間移動の全てにおいてその法則を無視したため、理論は証明された。
  40. ^ 真尋を拉致する際、最も厄介な存在を消すという目的もあったらしい。
  41. ^ ちなみに書き込んだのはクー子。真尋のみ気付いたが、秘密にしている。
  42. ^ このアトラクションの設計にはアト子の母も関わっていたが、ルルイエランドとの競合に敗れたばかりか彼女の案が軽視されたことから自らアトラクションを自爆する挙に出ている。
  43. ^ クトゥルー神話ではクトゥルーたちと敵対する旧神の一柱とされ、ラヴクラフトの短編にも『ヒュプノス』(『眠りの神』)というのが存在する。
  44. ^ ヒュプノスがやっていたゲームは、データが個々の端末に記憶されるタイプのものだった。
  45. ^ 解決後に惑星保護機構の上層部は「まさかここまでの事態を引き起こすとは思わなかった」と頭を抱え、採用を取り消したらしい。
  46. ^ この時は二頭身半のフィギュア姿だったが、実は(イス香に因果律の歪みを矯正する様に依頼した)ヨグソトスの生体端末である。ヨグソトスは時間と空間そのものなので、交換の必要が無く時間移動ができる。
  47. ^ ときどき夢やお告げで地球人の前に現れる神の姿は、「地球人ならこう思うに違いない」という心を投影したものだとか。
  48. ^ 高校時代からの付き合いのニャル子は知らなかった。なお、当時からNTR好きだったらしく、何度も女子から彼氏を寝取られた件について呼び出しをくらっていた(全員別れてしまったため、興味は冷めてしまったらしいが)。
  49. ^ 寝ながら複数の電話に対応できる能力を持っているとのこと。
  50. ^ a b 基本的に本作の場合、原著における神性の名は種族名と考えて差し支えないのだが、ヨグソトスに限っては例外であり少なくとも能力面においては原典からの乖離が殆ど無い。
  51. ^ 真尋からも「清々しいくらいえげつない」とまでダメ出しされたが、彼女本人にそんな自覚は全然無い。
  52. ^ なお原作においてもほぼ同じ展開だが、アニメではクー子に燃やされるシーンはまるまるカットされている。
  53. ^ ただしニャル子やクー子は形態が変わるだけで人格は同一だが、ハス太の黄衣の王形態は人格そのものが変貌する。
  54. ^ FLASHアニメから数えると3作目であるため、ネットでは「第SAN期」と呼ばれている。

出典[編集]

  1. ^ 第1回GA文庫大賞選考結果発表2009年5月30日閲覧)
  2. ^ a b ニャル子さんが「俺修羅」を応援!? 人気アニメがニコ動でコラボ”. RBBTODAY (2012年10月19日). 2012年10月23日閲覧。
  3. ^ GA文庫 「這いよれ! ニャル子さん」著者インタビュー(2012年10月23日閲覧)
  4. ^ 週刊ヤングジャンプ増刊・ミラクルジャンプ N°03
  5. ^ FlexComix ブラッド2011年9月16日閲覧)
  6. ^ GA文庫ブログ9月16日
  7. ^ GA文庫「這いよれ! ニャル子さん」特設ページ”. 2014年1月20日閲覧。
  8. ^ テレビ東京・あにてれ 這いよれ! ニャル子さん”. 2014年1月20日閲覧。
  9. ^ 1巻 pp. 266-267「あとがき」
  10. ^ 第1期第11話
  11. ^ 第11巻233ページ
  12. ^ a b c 「這いよれ!ニャル子さん」 アニメ化記念作者インタビュー
  13. ^ ツァールロイガーのデザインは「仮面ライダーW」に登録したルナジョーカーのパロディ
  14. ^ 2013年3月27日発行「オトナアニメ Vol.28」(洋泉社より)
  15. ^ 新作OVA制作決定!「這いよれ!ニャル子さんF」
  16. ^ 3話のエンディングクレジットでは「Wonderなんだ?片思い」と表記
  17. ^ 全巻購入特典。
  18. ^ 全巻購入特典。
  19. ^ ニャル子の愛で秋葉原が混沌の色に染まる!? アニメ『這いよれ!ニャル子さんW』のイベント「愛・ニャル子博2013」開催! アニメイトTV 2013年4月7日(2013年5月23日閲覧)
  20. ^ ドラマCD 這いよれ! ニャル子さんEX 〜ドリーミー・ドリーマー〜 FAQ
  21. ^ 表記は『にゃるラジ』(無印) メタデータ、『這いよるにゃるラジ-OMEGA-』配信ページより
  22. ^ 表記は『這いよるにゃるラジ だっしゅ!』 メタデータ より
  23. ^ ドラマCD「かんなぎ家へようこそ! featuring帯刀帯」
  24. ^ 這いよれ! ニャル子さんW 名状しがたいラジオのようなもの”. 音泉. 2013年5月22日閲覧。
  25. ^ 這いよれ!ニャル子さんW 名状しがたいラジオのようなもの」公開録音をレポート! SAN値が削られまくりなイベントの様子をお届け!アニメイトTV 2013年6月10日(2013年7月11日閲覧)
  26. ^ 這いよれ!ニャル子さん 名状しがたいゲームのようなもの公式サイト”. 2013年2月10日閲覧。
  27. ^ GA文庫 新人情報局(2009年5月30日閲覧)
  28. ^ a b c d e f g h GA文庫「這いよれ! ニャル子さん」紹介ページ(2011年5月1日閲覧)
  29. ^ GA Graphic:書き下ろし満載のGAマガジンVol.2が5月21日発売!!
  30. ^ GA Graphic:「ポリフォニカ まぁぶる」も付いたGAマガジンVol.3が12月19日発売!!
  31. ^ GA Graphic:コーティ抱き枕カバー&ニャル子が表紙のGAマガジン第4号発売!

関連作品[編集]

  • 深山さんちのベルテインヴァルキリーワークス - いずれも逢空の別作品。当作と関連する記述が存在する。
  • クトゥルフ神話TRPGリプレイ - 『るるいえばけーしょん』(著者:内山靖二郎、挿絵:狐印)の挿絵にニャル子と真尋の後ろ姿が描かれている他、自作『るるいえばーすでい』でも本作との繋がりを匂わすような発言が(冗談めかして)挿入されている。
  • うちのメイドは不定形 - 2巻において明確にクー音が挿絵に描かれている他、作中でも彼女と分かる人物が姿を見せている。
  • LIPS (漫画) - ニャル子役阿澄佳奈をモデルにした声優漫画。タイトルが実名で登場しドラマCDの収録風景などが描かれ、1巻(小説)が写ってる。

関連項目[編集]

  • a-nation - avexが主催する真夏のメガライブ。2012年8月にはアニメ3期のイベント『邪神生誕祭』/『邪神降臨祭』が、このライブの一環として開催される“ANISON GENERATION”に合わせて行われた(“ANISON GENERATION”についてはリンク先を参照のこと)。
  • A&G 超RADIO SHOW〜アニスパ!〜 - 文化放送で放送されているラジオ番組。アニメ3期第11話にて劇中で放送されるラジオ番組として本作用に収録した物が流されている。

外部リンク[編集]

インタビュー類

テレビ東京 月曜26:00枠
前番組 番組名 次番組
這いよれ! ニャル子さん
テレビ東京 日曜25:05枠
這いよれ! ニャル子さんW