フォーマルハウト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォーマルハウト
Fomalhaut
Fomalhaut with Disk Ring and extrasolar planet b.jpg
フォーマルハウトを取り巻くダストリングと惑星b:ハッブル宇宙望遠鏡撮影
仮符号・別名 みなみのうお座α星[1]
星座 みなみのうお座
視等級 (V) 1.16[1]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 22h 57m 39.04625s[1]
赤緯 (Dec, δ) -29° 37′ 20.0533″[1]
赤方偏移 0.000022[1]
視線速度 (Rv) 6.5km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 328.95 ミリ秒/年[1]
赤緯: -164.67 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 129.81± 0.47ミリ秒[1]
距離 25.11 ± 0.09光年[注 1]
(7.70 ± 0.03パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) 1.727[注 2]
物理的性質
半径 1.84R
質量 2.3 M
自転速度 93km/s
自転周期 1日
スペクトル分類 A4V[1]
光度 16(太陽比)
表面温度 8,500 K
色指数 (B-V) +0.09[2]
色指数 (U-B) +0.08[2]
年齢 2 ×108
別名称
別名称
みなみのうお座24番星[1]
CD-30 19370[1]
FK5 867[1], HD 216956[1]
HIP 113368[1], HR 8728[1]
SAO 191524[1]
LTT 9292[1]
■Project ■Template

フォーマルハウト (Fomalhaut) は、みなみのうお座α星みなみのうお座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つ。

概要[編集]

北半球で夜空を眺めると、空高くに夏の星座の名残として、夏の大三角を構成するベガデネブアルタイルの3つの1等星があるものの、南の空低くには明るい星が少なく、フォーマルハウトだけがポツンと光っているようにも見える。ここから、日本では、フォーマルハウトは、「秋の一つ星」や「南の一つ星」と呼ばれる。日本より緯度が高いヨーロッパ北部では、フォーマルハウトが南の地平線低く見えるため、日本におけるカノープスのように、南国への憧れを誘う星とされている。

紀元前2500年頃から、ペルシアでは、フォーマルハウトは、アンタレスアルデバランレグルスと並んで、ロイヤル・スター(王家の星)の1つとされてきた。

特徴[編集]

地球からは、比較的近距離にある恒星である。

惑星系と塵円盤の分布[編集]

フォーマルハウトは巨大なドーナツ状のの円盤に囲まれていて、フォーマルハウトから133AU - 158AUの距離に広がっている。これは惑星が形成された後に残ったものではないかと考えられており、太陽系エッジワース・カイパーベルトに相当するとみられる。この円盤は、相当量の赤外線放射している。

さらにこの塵円盤の分布の解析から、1998年には惑星の存在が推測され、フォーマルハウトbと仮称された。そして2008年ハッブル宇宙望遠鏡によって2004年及び2006年に撮影された画像を比較・分析した結果、フォーマルハウトbを視覚的に発見した。可視光による太陽系外惑星の直接観測としては史上初である。

フォーマルハウトbは木星質量の3倍以下であり、半径110AU(170億km)の軌道を870年かけて公転しているとみられている。また、惑星の光度がフォーマルハウトからの距離の割りに明るい為、土星のようなによって増光している可能性がある。なお、塵の円盤の中心はフォーマルハウトから20億km外れたところにあるが、これはフォーマルハウトbが楕円軌道(離心率0.11)で公転しているためと考えられている。

しかし、その後の赤外線の観測では、フォーマルハウトbは発見されず、フォーマルハウトbの存在を懐疑的に見る意見もある[3]。惑星に見える点は、小惑星や彗星の衝突によって発生した「塵の雲」という主張である[4]

それとは別に、2012年のアルマ望遠鏡の観測により、塵の円盤の詳細な画像が得られ、塵の円盤の幅は16AU、厚さは2.3AUであることが分かり、これまでよりも細くて薄い環であることが分かった。また、塵の環のコンピューターシミュレーションにより、環のすぐ内側と外側に、火星質量より大きく、地球質量の3倍以下の地球型惑星が「羊飼い惑星」として重力的に環をまとめていると仮定された[3][5]

フォーマルハウトの惑星
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 半径
b 0.054~3.0 MJ ~115 ~872 ~0.11
塵の円盤 133—158 AU

名称[編集]

学名はα Piscis Austrini(略称はα PsA)。フォーマルハウト (Fomalhaut) という名前は、アラビア語のファム・アル・フート (فم الحوت; fam al-ħūt) に由来する。これは「大魚の口」という意味である。その名の通り、フォーマルハウトは、みなみのうお座の口にあたる場所に位置している。英語では、hが発音されず、フォーマロウや、フォーマロウトと読まれることもある。中国では、「北落師門」と呼ばれる。「北落」は「北の垣根」、「師門」は「軍隊の門」の意味である。これは、中国の星座では、夏と秋の星座が「北方」とされたからである。長安の城の北門は、これにちなんで「北落門」と呼ばれた。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME FOMALHAUT. 2013年1月15日閲覧。
  2. ^ a b イェール輝星目録第5版
  3. ^ a b アルマ望遠鏡の該当記事
  4. ^ ナショナルジオグラフィックスの該当記事
  5. ^ アルマ最初の科学観測で、フォーマルハウトの環の詳細が明らかに

関連項目[編集]