ジョン・フラムスティード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・フラムスティード
(John Flamsteed)
人物情報
生誕 1646年8月19日ユリウス暦
イギリスの旗 イギリス ダービー
死没 1719年1月12日グレゴリオ暦
イギリスの旗 イギリス グリニッジ
国籍 イギリスの旗 イギリス
出身校 ケンブリッジ大学
学問
研究分野 天文学
主な業績 1666年1668年に起きた日食を正確に予言
天球図譜』を編纂
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ジョン・フラムスティードJohn Flamsteed, 1646年8月19日 - グレゴリオ暦1719年1月12日ユリウス暦1718年12月31日))は、イギリス天文学者ケンブリッジ大学に学ぶ[1]フラムスチードと表記されることも多い。

1666年と1668年に起きた日食を正確に予言した。これらの功績が認められ、1675年3月4日、初代の「イングランド王室天文官 (Astronomer Royal for England)」に任命される。給料は年100ポンド。同年6月、任地のグリニッジ天文台はフラムスティード本人の手により工事が開始される。しかし、この天文台は完成後も観測器具はおかれず、フラムスティードは自費で器具を揃えた。足りない分は給料から、それでも足りない分は、副業で家庭教師をしたり、寄付でまかなった。観測器具の設計に当たっては、ティコ・ブラーエの著書を参考にし、それを望遠鏡用に改変した。フラムスティード本人はティコにちなんで自らを「宮廷付占星術師」と呼んだが、この呼称は普及しなかった。代わりに人は彼をグリニッジ天文台長と呼んだ。このため、現代のイギリス英語でも王室天文官 (Astronomer Royal) はそのままグリニッジ天文台長を指す称号として使われた。(なお、1970年代以降、王室天文官とグリニッジ天文台長が別人の時代が存在するため、この2語は正確には同義ではない)

1676年2月、王立協会フェローとなる[2]。同年、サリーのバーストー教区僧侶となりそこに住む。1684年、グリニッジに移住。

アイザック・ニュートンは、『自然哲学の数学的諸原理』(1687年)の出版にあたり、フラムスティードの観測記録を要求した。フラムスティードはこれに答えて記録を送ったが、この観測記録はニュートンの理論に合わず、ニュートンはフラムスティードが観測記録を送ってくるのが遅く、さらに故意に誤った記録を送ってきたとして非難した。しかし、実際には、地球と月の関係はニュートンの考えたような単純な2つの質点間の関係では表せず、もっと違う要素が必要なことがニュートンの死後に判明する。

フラムスティードは観測記録を『天球図譜』として出版しようと試みるが、ニュートンとエドモンド・ハレーは、フラムスティードの仕事が遅く、完成の見込みがないと判断して、新しい観測記録ではなく、手元にあったフラムスティードの古い不正確な観測記録を元に勝手に王立協会版『天球図譜』を1712年に出版した。フラムスティードは裁判に訴え、勝訴した。王立協会版『天球図譜』の在庫はすべてフラムスティードに渡され、フラムスティードはグリニッジ天文台でこれを焼却した。また、フラムスティードは、図書館等が購入した王立協会版『天球図譜』も可能な限り回収して焼却した。これでニュートンとの決裂は決定的なものとなった。ニュートンは、『自然哲学の数学的諸原理』第2版から、フラムスティードの名をほとんど削除した。

王立協会の協力が得られないと知ったフラムスティードは、自費で『天球図譜』の発刊を試みるが、生前には出版できなかった。これは没後、1725年から1729年にかけて、フラムスティード夫人らによって刊行された。

1719年、グリニッジにて死す。1720年、サリーのバーストーに葬られた。

フラムスティード版『天球図譜』は、長らく航海測量の基礎となった。日本でも1943年に再版されている。これさえあれば、グリニッジとの経度緯度の差が分かるようになったので、天文や測量の世界では自然とグリニッジ天文台が基準点となった。このためのちに本初子午線を決定する際、基準点はグリニッジ天文台に置かれた。

フラムスティード天球図譜は、恒星につけられる番号が独特である。星座の西の端から1から順に番号をつけるというもので、この方式はフラムスティード名'(またはフラムスティード番号)と呼ばれ現在も使われている。たとえば、オリオン座α星(ベテルギウス)は、フラムスティード記号ではオリオン座58番星となる。フラムスティード天球図譜では、星座の形はすべて地球から見える形で描かれた。それまでの天球図は、天球の外側から見える形で書くのが通常であった。

フラムスティードは観測の際、誤って天王星恒星として観測。この星におうし座34番星と名づけた。このため、おうし座34番星は欠番になっている。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Venn, J.; Venn, J. A., eds (1922–1958). “Flamsteed, John”. Alumni Cantabrigienses (online ed.). Cambridge University Press. 
  2. ^ Flamsteed; John (1646 - 1719)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2011年12月11日閲覧。
先代:
-
グリニッジ天文台長
1675-1720
次代:
エドモンド・ハレー