みなみのうお座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みなみのうお座
Piscis Austrinus
Piscis Austrinus
属格 Piscis Austrini
略符 PsA
発音 発音: [ˈpaɪsɨs ɒsˈtraɪnəs]もしくは/ɒsˈtreɪlɨs/、属格:/ˈpaɪsɨs ʔɔːˈstraɪnaɪ/
象徴 the Southern Fish
概略位置:赤経 22
概略位置:赤緯 −30
広さ 245平方度 (60位
主要恒星数 7
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
21
系外惑星が確認されている恒星数 3
3.0等より明るい恒星数 1
10パーセク以内にある恒星数 3
最輝星 フォーマルハウト(α PsA)(1.16
最も近い星 ラカーユ9352;(10.74光年)
メシエ天体 0
隣接する星座 やぎ座
けんびきょう座
つる座
ちょうこくしつ座
みずがめ座
観測可能地域は+55°と−90°の間
21:00(午後9:00)に最も良く見えるのは10月の間

みなみのうお座(南の魚座、Piscis Austrinus)は、トレミーの48星座の1つ。

星座の先端にあるα星は、全天21の1等星の1つであり、フォーマルハウトと呼ばれる。この星以外には明るい星はない。

主な天体[編集]

恒星[編集]

神話[編集]

ギリシア神話によれば、神々がナイル川沿いで宴会を開いていたところ、突然、怪物テュポンが現れ、驚いた神々は動物に姿を変えて逃げた[2]。愛の女神アプロディテが魚の形になって逃げたものとされる[2]。また、うお座の魚の親魚だともいう[2]

出典[編集]

  1. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME FOMALHAUT. 2013年1月15日閲覧。
  2. ^ a b c 長島晶裕/ORG 『星空の神々 全天88星座の神話・伝承』 新紀元社、2012年ISBN 978-4-7753-1038-0