スピッツァー宇宙望遠鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スピッツァー宇宙望遠鏡
Spitzer Space Telescope
基本情報
NSSDC ID 2003-038A
所属 アメリカ航空宇宙局 / ジェット推進研究所 / カリフォルニア工科大学
主製造業者 ロッキード・マーチン
ボール・エアロスペース
打上げ日時 2003年8月25日 [1]
打上げ場所 ケープカナベラル空軍基地 [1]
打上げ機 デルタII 7920H ELV [1]
ミッション期間 2.5 - 5年以上 [1]
(11年2か月と7日経過)
質量 950キログラム (2,100 lb)[1]
軌道 太陽周回軌道 [1]
軌道周期 1年
形式 Ritchey-Chrétien [2]
観測波長 3 - 180 μm [1]
口径 0.85 m[1]
主鏡面積 2.3 m2
焦点距離 10.2 m (f/12)
観測装置
IRAC 赤外線カメラ
IRS 赤外線分光計
MIPS 遠赤外線観測計
公式サイト www.spitzer.caltech.edu/

スピッツァー宇宙望遠鏡(スピッツァーうちゅうぼうえんきょう、Spitzer Space TelescopeSST)とはアメリカ航空宇宙局 (NASA) が2003年8月にデルタロケットにより打ち上げた赤外線宇宙望遠鏡であり、2013年8月に運用10周年を達成し、観測を継続している。打ち上げ前は、Space Infrared Telescope Facility (SIRTF)と呼ばれていた。

この宇宙望遠鏡は他の多くの人工衛星とは異なり、地球を追いかける形で太陽を回る軌道を取っている。またこの望遠鏡は、ハッブル宇宙望遠鏡コンプトンガンマ線観測衛星X線観測衛星チャンドラとならび、大規模観測計画(Great Observatories program)のうちの1機である。

望遠鏡の名前の由来となっているのは、1940年代にはじめて宇宙望遠鏡の提案を行ったライマン・スピッツァー Jr.博士である。

概要[編集]

スピッツァー宇宙望遠鏡は、軌道にのせられた赤外線観測衛星の中で、最も凝った作りをしているだろうと言われている。

望遠鏡の本体は太陽の熱をさえぎる板で守られ、軽量ベリリウムで構成された反射望遠鏡を搭載しており、高精度の赤外線観測のために液体ヘリウムを用いて5.5ケルビンまで冷却していた。地球も熱を出すので、望遠鏡は地球の近くで観測することができない。そのため、望遠鏡は地球と一緒に太陽を回る軌道にのせられ、地球を少し離れたところを追いかけている。そして、冷却材が減るにつれて、少しずつ地球から離れていっているのである。これまでに、星形成や恒星をまわる惑星、遠くの銀河なで、さまざまな分野で重要な発見を重ねている。[3]

観測装置[編集]

軽量ベリリウムで構成された反射望遠鏡を搭載しており、高精度の赤外線観測のために液体ヘリウムを用いて5.5ケルビンまで冷却していた。

IRAC (InfraRed Array Camera
4波長 (3.6 µm, 4.5 µm, 5.8 µm and 8 µm) の赤外線を同時に観測するためのカメラ。256 x 256 画素。
IRS (InfraRed Spectrograph
4波長 (5.3 µm-14 µm, 10 µm-19.5 µm, 14 µm-40 µm, 19 µm-37 µm) の赤外線を分光観測できる分光計
MIPS (Multiband Imaging Photometer for Spitzer
遠赤外線を観測するための観測装置。24 µm帯では128 x 128画素、70 µm帯では 32 x 32 画素、160 µm帯では 2 x 20画素。

冷却用のヘリウムは2009年5月に底を突き、望遠鏡の温度は5.5ケルビンから30ケルビンにまで上昇した[4]。これにより望遠鏡自体が赤外線を発するようになったため、最も長波長のチャンネルは観測に使用できなくなった。残りのチャンネルは2010年になっても「ウォーム・ミッション」として稼働を続けている。

関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Spitzer Space Telescope (2008年). “About Spitzer: Fast Facts”. NASA / JPL. 2007年4月22日閲覧。
  2. ^ Spitzer Space Telescope. “Spitzer Technology: Telescope”. NASA / JPL. 2007年4月22日閲覧。
  3. ^ 最新天文百科 宇宙・惑星・生命をつなぐサイエンス HORIZONS Exploring the Universe p105 ISBN978-4-621-08278-2
  4. ^ sorae.jp-スピッツァー、ウォーム・ミッション開始

外部リンク[編集]