IRAS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
IRAS
IRAS
IRAS
所属 NASA, NIVR, SERC
観測波長域 赤外線
軌道 太陽同期軌道
打上げ 1983年1月25日
運用停止 1983年11月21日
質量 (fill in)
冷却剤 720L 液体ヘリウム
Web NASA
物理的特徴
望遠鏡
直径 0.57m
受光面積 ~1m2
有効焦点距離 5.5 m, f/9.6
観測装置
主掃天装置 65個の検出器からなるアレイ
LRS 低分解能分光器
CPC

IRASInfrared Astronomical Satelliteアイラス)は、アメリカNASAオランダNIVRイギリスSERCが共同で計画した赤外線天文衛星である。1983年1月25日に打ち上げられ、10ヶ月間で25万回もの観測を行った。

一般に赤外線天文衛星では観測装置を絶対零度近くまで冷却する必要がある。IRASの場合、720リットルの液体ヘリウムを冷却剤として搭載し、これが蒸発することで観測装置を1.6Kに保っていた。しかし1983年11月に冷却剤が尽きたため、運用終了した。

成果[編集]

IRASは12μm、25μm、60μm、100μmの波長で全天の96%を走査し、地図を作成した。解像度は12μmで0.5、100μmで2′である。この観測により、およそ50万の赤外線源が発見され、IRASカタログとしてまとめられている。また観測の副産物として彗星や小惑星も発見している。

発見した非周期彗星[編集]

発見した周期彗星[編集]

発見した小惑星[編集]

発見した銀河[1][編集]

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『クェーサーの謎 宇宙で最もミステリアスな天体』

関連項目[編集]