プランク (人工衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プランク
所属 欧州宇宙機関 (ESA)
公式ページ Planck - Home Page
国際標識番号 2009-026B
カタログ番号 34938
状態 運用終了
目的 宇宙望遠鏡
観測対象 宇宙マイクロ波背景放射
打上げ機 アリアン5
打上げ日時 2009年5月14日13:12GMT
運用終了日 2013年10月23日
停波日 2013年10月23日
物理的特長
質量 1800kg
軌道要素
周回対象 太陽-地球
軌道 L2点
観測機器
LFI 低周波装置
HFI 高周波数装置

プランク (Planck) は、宇宙背景放射を観測するための高感度・高分解能の観測装置を備えた人工衛星である。ESA2000年に3番目の中規模計画として計画された。当初はCOBRAS/SAMBAと呼ばれていたが、後にノーベル物理学賞を受賞したドイツマックス・プランクにちなんで改名された。

NASAWMAP探査機が広視野・低感度であるのに対し、プランクは対照的である。相補的な成果や宇宙創生期の解明が期待される。

プランクは、2009年5月14日にアリアン5ハーシェル宇宙望遠鏡と共に打ちあげられ、7月にはL2点に投入された。2010年2月には2回目の全天サーベイを開始した。 2013年3月21日に、全天の宇宙背景放射マップが公開された。NASAのWMAPが観測したデータよりも高精度な宇宙背景放射マップが完成し、宇宙の年齢もこれまでよりやや古い約138億年であることが確認された[1]

2012年1月14日、2つの観測装置のうちの高周波数装置 (HFI) が冷却用の液体ヘリウ枯渇のため観測を終了した。以降は低周波数装置 (LFI) のみで観測を続けていた[2] 。LFIによる観測も2013年10月3日に終了し、10月9日にはスラスタを噴射してL2点からの移動を開始し、10月23日に送信機を停止して運用を終えた。プランクは、運用終了までにHFIとLFIの双方を使っての全天サーベイを5回実施した[3] [4]

観測装置[編集]

低周波数装置 (LFI) と高周波数装置 (HFI) [5]から成る2台の装置が搭載されており、両方とも30GHzから857GHzの偏波と光子を検出する。

低周波数装置[編集]

周波数
(GHz)
帯域
(\Delta \nu / \nu)
分解能
(角度分)
感度 (total intensity)
\Delta T / T, 14か月観測
(10-6)
感度 (polarization)
\Delta T / T, 14か月観測
(10-6)
30GHz 0.2 33 2.0 2.8
44GHz 0.2 24 2.7 3.9
70GHz 0.2 14 4.7 6.7

LFIは3つの帯域があり、30GHzから70GHzをカバーする。検出器はHEMTである[5]

高周波数装置[編集]

周波数
(GHz)
帯域
(\Delta \nu / \nu)
分解能
(arcmin)
感度 (total intensity)
\Delta T / T, 14か月観測
(10-6)
感度 (polarization)
\Delta T / T, 14か月観測
(10-6)
100GHz 0.33 10 2.5 4.0
143GHz 0.33 7.1 2.2 4.2
217GHz 0.33 5.0 4.8 9.8
353GHz 0.33 5.0 14.7 29.8
545GHz 0.33 5.0 147 N/A
857GHz 0.33 5.0 6700 N/A

HFIは100GHzから857GHzの間で6つの周波数帯を持つ。ボロメータで光子を検出する。4台の低周波帯では感度は線形であるが、2つの高周波帯では違う[5]

脚注[編集]

外部リンク[編集]